カテゴリー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

2021年5月15日 (土)

駒岡鷄昆

白っぽい青空だが暑くなりそうな土曜休日。新店情報が入ったので臆面もなく向かう事にした。我としては遅い朝10時頃に家を出て東横線綱島駅へ。駅前のバス停から川崎駅へ向かうバスに乗車し揺られること約10分、駒岡十字路というバス停で下車した。こんな僻地と言っていいところに今月11日開店したのは『TORIKOM』というラーメン店。「とりとこんぶのラーメン屋」だそうだ。到着したのは開店30分前。早く到着し過ぎたのでちょっと離れたところにあるコンビニで飲み物を買いに向かい、開店20分前くらいに店に戻ってみると既に先客2人が待っていた。その後に続き開店を待つ。我の後にも開店迄に7人以上の行列が生じていた。開店直前に店員が手の検温が入り定刻に開店。入口脇に券売機。厨房には店主と思しき男と接客担当の女の店員1人と男の店員1人。接客は丁寧。水はセルフで順番に着席。内装はセンスを感じるおしゃれな雰囲気。厨房の壁はレンガ調になっている。客席は厨房周りに間隔を空けたカウンター7席だけ。壁側には待ち席の長めのソファーが設置されていた。後客は続々来店し店外に行列が生じていた。

210515torikom00210515torikom01TORIKOM~とりとこんぶのラーメン屋~

『塩』 920円+『味玉』100円=1020円

筆頭は醤油だったが塩を選択。塩の方が20円だけ高い。最近我は塩優先になってきた。流行りの和え玉とかもメニューにあり他客のほとんどはそれも注文していたけど、我は我慢して味玉トッピングだけして単品注文。3杯づつ作るようで本日最初のロットにありつけた。小袋が添えられていて「ご縁がありますように」と書かれていた。中には5円玉が1枚入っていた。麺は複数の国産小麦から作った自家製の細麺ストレート。適度な硬さがあり麺自体が美味しいと感じる品質レベル。具は白髭ネギ、穂先メンマ、海苔1枚、炙り豚チャーシュー1枚と鶏チャーシュー2枚。トッピングの味玉は黄身の中心部だけややとろみが残りあとはしっとりという絶妙な仕上がり。そしてスープなのだが一口啜っただけで「ああ、これは今日このスープを残さず飲み干すなあ」と確信した。昆布と貝柱から旨味を抽出したカエシと、鶏100%と利尻昆のダブルスープからなるものらしい。昆布出汁というとどうしても和風な仕上がりになりそうだけどこのスープは違った。旨味の深い塩スープ。塩を選択して良かったなーと思ったよ。いやいずれ醤油も食べてみたいけど。店主はとても新人とは思えない落ち着いた手際だった。突発の和え玉注文にもそつなく対応していたし。経験値が高そうな店主がこの駒岡という僻地を選んだのは、家賃だけではなく行列も想定していたからなのではと推測した。今日も行列だけどおそらくこれからもっと凄い行列になってしまうだろう事は想像がついた。ラオタ達にはすぐ見つかる。そして常時行列が生じると近所対応がやっかいになるだろうしね。方向性は違うけど『ラーメン日陰』のように。麺、具、スープ、どれも美味い。最初の予感通り麺と具を平らげスープも一滴残さず飲み干し完食マークを出した。美味しい冷茶を飲んで大満足で店を後にした。

道路を挟んだ反対側にあるバス停に移動しバスで川崎駅へ向かった。

2021年3月31日 (水)

北咖喱麺

210331tsurumi01

年度末。3月最終日。定時退社日。帰宅途中に本日開店した新店を訪問してみる事にした。場所は京急鶴見駅から花月総持寺駅方面へ徒歩3分くらいの場所。店名は『北ノ麺 もりうち』。札幌スパイシーラーメンを名乗っているところに興味を惹かれた。午後5時半くらいに店に到着した。本日開店の新店らしい真新しく明るく清潔感があるガラス張りの店舗だ。早速入店。入口近くに券売機。厨房にはおじさん店員3人。オフィシャルHPによると札幌円山にある『寅乃虎』という店の暖簾分け的な事が書かれてある。客席はL字型カウンター10席。感染防止用の仕切り有り。各席にトレイと箸、蓮華が予め設置してある。先客1人後客5人。

210331moriuchi00210331moriuchi01札幌スパイシーラーメン 北ノ麺 もりうち

『札幌スパイシーラーメン さらうま(辛さ普通)』 890円

筆頭看板メニューを注文。「さらうま」と「こくうま」の2種がある。「さらうま」の方が券売機ボタン配置で左上隅にあり、他より大きなボタンになっていたので、店としてはこちらがお勧めなのだろうと推測し選択した。辛さは普通・中辛まで無料で選べる。それ以上になると有料トッピング扱い。しばらく待って提供された一杯は想像通りにカレーの香りがする熱々の一杯だった。というより店に入った瞬間からカレーの香りが店内に漂っていたから。カレーラーメンと名乗らずあえてスパイシーラーメンとしているところがこの店の戦略なのだろう。しかも札幌スパイシーの名の通り普通のカレーではなくスープカレー。薬膳系の味わいのあるスープ。野菜の代わりに麺を入れたような感じ。だから店は「さらうま」推しだったのか。麺は札幌ラーメンの系譜に沿ったように黄色い縮れ中太麺。具は刻み葱とメンマ数本、糸唐辛子、網目のついた柔らかい炙りチャーシュー1枚。カレーうどん的なカレーラーメンは今までも食べた事はあったが、スープカレーとラーメンを合わせたものはありそうで無かった気がする。スープカレーもラーメンも両方好きな人にとってみたらとてもよい一杯なのではないだろうか。我は面白いと思った。スープカレーと同じようにスープに薬膳的な味わいがあるのでついついスープを飲んでしまった。完飲には至らなかったけど。満足して店を出た。

横浜に立ち寄った後家路についた。

2021年2月 6日 (土)

鶴見花葵

210206sora00

京急鶴見駅から第一京浜沿いに向かったところに先月26日煮干しラーメンの店が開店したというので行ってみた。開店20分前くらいに到着してしまったが、当然店のシャッターは降りており人の気配もしなかったので近くのローソンで時間を潰し開店6分前くらいに再び店に行くと2人組が待っておりその後に続いた。開店までには我の後ろに3人並んだ。ほぼ定刻にシャッターが上がり開店したので安堵した。男の店主1人だけで対応するようだ。この店主、蒲田の煮干しラーメンの有名店『宮元』等の関連を匂わせる記述が食べログに書かれていたので、ラオタ大行列が出来ているのかな?と思って早めに来たらそうでもなくて読めないものだ。早速入店。店内中央に券売機。客席は厨房周りにL字型カウンター8席。店内は明るい色の木材を配し新店らしく清潔感があった。後客5人で満席になったが待ちは生じなかった。

210206hanaaoi00210206hanaaoi01煮干し中華そば ハナアオイ

『煮干し中華そば』 750円+『味玉』 100円=850円

『宮元』と同じく普通の煮干しそばと濃厚煮干しそばがあった。あと塩煮干しそばと煮干しつけ麺というラインナップ。我は今回筆頭メニューの味玉付きを選んだ。麺は断面長方形の中細ストレート。具はザンギリ青ネギと穂先メンマ、折りたたまれた低温調理チャーシュー1枚と小さなバラチャーシュー1枚。トッピングの味玉は黄身トロリ。スープ表面には魚粉が若干浮いていて、鶏油なのかやや甘い味わいの煮干し醤油。普通を選んだからか強烈さはない。でも今の我は凶暴な濃厚煮干しを欲していないのでこの感じでちょうど良い。でも若干甘さが目立つのでもう少ししょっぱさを出した方が良い気がする。開店したばかりなのでこれから調整される可能性はある。満足して退店した。

2020年7月 1日 (水)

本鶴嶺峰

先週土曜日に訪問した『らー麺土俵 鶴嶺峰 山~ZAN~』。2時間半にも及ぶ長い長い待ち時間の間、過去自分がこの店訪問した履歴を調べていた。すると我はこの店の看板メニューのつけ麺を実食していない事がわかった。初訪問時は開店間もない頃の荒削りならー麺だったし、2回目は『かくれ麺匠TOMOKI』の鶏豚ラーメンだったし、3回目は『鶴嶺峰のにぼとん木村です』のにぼとんらー麺だった。そして先日はイベントのニンニク背脂の山 ZANらー麺だった。だから近い内に改めて基本のつけ麺を食べて評価したいなと思った。

雨が降ったり止んだり、でもジメジメムシムシするこの時期らしい気候。もう今日で今年も後半に突入だ。時差出勤の定時退社日を良いことに帰宅途中鶴見に寄り道。駅を降りると幸いにも雨は降っていない。店に到着したのは開店10分前。既に3人の待ち客がいる。定刻2分遅れで開店。その頃には後客4人がいてちょうど満席。厨房には店主を含め男の店員2人。入り口脇に券売機。食券を買い着席。後客はその後も続いている。提供されたのは着席してから20分経過した後だった。先日2時間半待った原因は客席が8席しかないだけではなかった事がわかった。

200701kakureihou00200701kakureihou01らー麺土俵 鶴嶺峰

『鶴嶺峰つけ麺(小結)』 900円+『もち巾着』 100円

麺量350gの大盛(小結)に、先日美味しく思ったチャーシュー2枚を追加。もち巾着という変わったトッピングも付けた。全粒粉入りの白く四角い極太麺。もちもち食感。つけ汁はドロドロってほど濃厚さは無く、かといって物足りなさも感じないのは流石だなーと思った。具はつけ汁側に三つ葉と花びら型のかまぼことつみれ1個。麺側には豚バラ肉数枚とほうれん草の胡麻和えという異色トッピング。これもなかなか良い。追加したもち巾着は想像していたものより中の餅が液状化していた。

200701kakureihou02

+『眠りチャーシュー(2枚)』 150円=1150円

先日食べて美味しかったこの店のチャーシューに期待して頼んだ。眠りチャーシューとは1週間ほど寝かせて作った故のネーミングらしい。でも先日食べたものと違っていたなあ。トロットロとした食感ではなかった。味付けは意図的にはされていない、自然な感じ。肉に食らいつく喜びみたいなものは感じられた。

大盛りだと麺とつけ汁のバランスが取れている。魚介豚骨の旨味たっぷりのつけ汁に極太麺をズバズバ啜る。食べ終わったところで残ったつけ汁はわずか。それでも割りスープは頼んでスープも完飲。大盛りで腹がいっぱいだ。満足の食事となった。この店の本筋の一杯を知る事が出来て良かった。

店を出るとザーザー降り。しかも強風。駅まで戻る途中、強風に負けて傘を閉じて走った。

2020年6月27日 (土)

鶴嶺峰山

京急鶴見駅近くにある『らー麺土俵 鶴嶺峰』。2012年11月末に開店し普段魚介豚骨つけ麺をメインにしている店。以前は定休日に屋号を変えて店員が別のラーメンを出すイベントをやっていた。それが最近は月イチでニンニクと背脂の二郎インスパイアなラーメンを提供するイベントを店主自らやっているらしい。イベント名は『らー麺土俵 鶴嶺峰 ZAN~山~』。先月は緊急事態宣言下だったので持ち帰り販売だけだったので、2ヶ月ぶりの開催だそうだ。他にこれといって訪問したい店も見つからなかったし、面白そうだから行ってみる事にした。それがあんな事になるとは…。

200627tsurumi01

雨は降る気配はないが空は灰色。開店予定の15分前の10時35分くらいには店に到着出来たと思う。そうしたら店の横に30人を超える大行列が出来ていた…。えっ!そんな人気イベントだったの!?だいたい30分待ちくらいの範囲で入店出来るものと想定していたのだがとんでもない!開店時刻になってもほとんど行列の前進がみられない。その間順番に店内券売機で食券を購入しまた列に戻る。客席がカウンター8席だけだからだ。結局店内に入れたのは13時。ラーメンが提供されたのは開店15分前に行列に並び始めてから2時間半経過した後だった。我の経験の中でも最長待ち時間だったと思う。自分はどうしようもないラオタなんだなーと自虐的に実感する瞬間だ。でもそれ以上に行列に並んでいる他の人達も文句も言わず静かに待っているのが凄い。我の後ろの行列は、我が開店前に選んだ時よりも長く伸びている。なので我以上に待つ事になるのだ。皆忍耐力と執念、凄いなーと関心したよ。

厨房には元力士の店主と男の店員2人。カウンター8席には自作と思われる仕切りが席ごとにセッティングされていた。

200627kakureihouzan00200627kakureihouzan03らー麺土俵 鶴嶺峰 山~ZAN~ 『鶴嶺峰 山らー麺(小結)』 850円

こんだけ待たされたら小結(=大盛 250ḡ)を注文するよ。らー麺とつけ麺が選択出来る。他客はつけ麺注文ばかりだった。でも我はぶれずにラーメン注文。麺量がつけ麺より100g少ないんだね。大盛り注文しておいてよかった。ついでにサイドメニューの味噌のっけ丼ミニも注文。二郎のようなコール麺は極太ストレート。つけ麺と同じサイズ?具は青ネギの小分け切り、玉ネギの角切り、おろしニンニク、茹でもやし、揚げ玉、細切りメンマ、つみれ1個、大きなチャーシュー1枚。背脂も単なるチャッチャではない上質な背脂だとわかる。スープは魚介豚骨なんだろうけど醤油強めでニンニクと合わさりほぼ二郎な味わい。二郎インスパイアな一杯に似つかわしくない大きなチャーシュー。見た目固そうだし減点ポイントかな、と食べる前までは思っていた。でも何故か最後に残しておいたこのチャーシューを食べると驚くことにしっとりと柔らかかった。単なる二郎インスパイアに終わっていないところが良かった。
200627kakureihouzan01200627kakureihouzan02 +『ミニ力士味噌のっけ丼』 150円=1000円

続けてサイドメニュー。脂身の多い炙りサイコロチャーシューと白髭ねぎ、そして我の好きな南蛮味噌が添えられている。これは我が好きな食べ物だ。食べ終えて満足だ。

今日は実にラオタらしい1日になってしまった。あとは早々に家に帰ってゆっくりと過ごそう。

2020年6月12日 (金)

豚山味噌

1日休んだだけでこんなにもというくらい出社したら仕事が待っていた。定時退社日だけど少々残業をしてから退社。雨は降っていないが少し動いただけで蒸した暑さが襲ってくる。帰宅途中に足を運んだのは鶴見。このところ出店の勢いが凄い『ラーメン豚山』。鶴見店は先週訪問した白楽店に先駆け今年4月20日に開店したらしい。駅西口から徒歩1分程度、『鹿島家』鶴見店の隣に店舗を発見。店前に5人の行列。でもその間ウーバーイーツが何度となく入ってくる。10分ほど待って入店。券売機で食券を購入。厨房には男の店員4人。2人は半ばテイクアウト担当のようだ。客席はL字型カウンター12席。飛沫感染防止のアクリル板の仕切り有り。後客は続々、順次入店を促していた。

200612butayama00200612butayama01ラーメン豚山 鶴見店

『小ラーメン(ニンニク・ヤサイ・アブラ・アレ)』 780円+『味噌玉』 100円=880円

横浜店で基本のラーメン汁無し、白楽店でつけ麺を食べていたので、今度は味噌味にしてみようと味噌玉をトッピングしてみた。それと『ラーメン豚山』個々の店舗でその日限定の無料トッピング「アレ」というのもあり注文してみた。今日は我の好きな玉ねぎと聞いていたからなんだけど。結構待たされてようやくコールを聞かれる。全マシにしょうかなと思ったけど味噌玉を入れるのでカラメは止めておこう、と考えてそれ以外はマシで注文し着丼。そうしたら玉ねぎは入っておらず花鰹が入っていた。またトッピングしていた味噌玉らしきものが見えないので店員に確認すると「最初からスープに溶かしてあります」との回答。そのせいなのかスープの量がやたら少ない。汁無しに間違えられたのか?と何だか疑念ばかりの提供だった。その疑念は食べ終わるまで続いたのですっきりしない食事になった。確かに味噌っぽい味がするような気がする。でもガツンではない。ニンニクが強烈なのでそうなるんだろう。花鰹もちょっと主張してきて普通の二郎とは一風違う感じ。量は本家に匹敵するので満腹になり満足は出来たけど、やっぱり麺がダマになっていた。

明日から休みだけどずっと雨降りらしい。引き篭もりの週末になるかな。

2020年3月19日 (木)

生麦凰櫻

今月3日に生麦駅付近に開店したという『とんこつラーメン 凰櫻』へ帰宅途中に立ち寄ってみた。店名から店主は『らーめん大桜』出身なのかな?と思うのは単純過ぎるか。昨日訪問した『麺屋ぬまた』と対象的に、ラオタ達のセンサーには何故かあまり反応しないようで、食べログにすら紹介されていない。それでも駅から徒歩2分くらいの路地裏に店を発見。時差出勤だったので6時前に到着出来た。店外に券売機が設置してある。食券を購入し入店。新店だけに内装は明るく清潔感がある。厨房には金髪店主と女店員の2人。客席は厨房前に一列7席のみ。先客1人後客1人。

200319ouzakura00200319ouzakura01 とんこつラーメン 凰櫻

『味噌豚骨ラーメン』 880円+『味玉』 100円+『一口ライス』 100円=1020円

筆頭は豚骨醤油ラーメンで、何となく家系ラーメンだろうとつまらなく感じ、2番目の味噌豚骨を選択。マジックで「黒こがしにんにく」と書かれていた。麺は中細平打ストレート。具はもやし、平メンマ数本、結構肉厚のチャーシュー2枚。トッピングの味玉丸1個。スープは真っ黒。マー油をかけるのではなく最初からスープに投入して作っている。しかも結構多め。なのでマー油の味が支配的で後味に味噌の味が追いかけてくる感じ。香ばしい味噌マー油ラーメン、なかなか良い感じだ。昨夜みたいに食べ過ぎないように一口ライスを注文。100円だが本当に一口サイズ。でもラーメンとセットだとちょうど良く感じた。食べている間にふと顔を上げてカウンター内をみるといつの間にか女の店員が2人増えていた。そしてしばらくするとその女店員2人の姿が消えていた。どうも2階が居住空間になっていて家族ぐるみで経営している様子。頑張って欲しいと思える店だった。満足して退店した。

2020年3月18日 (水)

鶴見夕塩

鶴見駅近くに一昨日開店したばかりの新店『麺屋ぬまた』へ訪問する事にした。何でも店主は『信楽茶屋』で長く店長を努め、更に『ロ麺ズ』でも経験値を上げたらしい。こういう有名店を渡り歩いている店主の店の情報はラオタセンサーには敏感なようで、既に多くのレビューで紹介されている。ただこの店夕方5時から営業ということでちょっと敷居が高い。でも我は今早出の時差出勤敢行中なので定時上がりで午後5時半過ぎにはJR鶴見駅に到着出来ていた。京急鶴見駅方面に進んで脇道に逸れ路地に入ると目的の店を発見。早速入店。入口脇に券売機。厨房には男の店主1人のみ。後から若い男のバイト店員が出勤してきた。厨房前に一列のカウンター6席と4人がけテーブル1卓。2人卓は2つあったがピッチャーやコップが並べられていた。つまり水セルフ。先客6人後客4人。

200318numata00200318numata01 麺屋ぬまた 『塩らー麺』 780円+『味玉』 100円=880円

醤油が筆頭で、塩、味噌、坦々と並ぶ。我は先週から珍しく塩モードなので味玉付きの塩を注文。麺はかために茹でられた平打中太ストレート。ツルツルした食感。具は青ネギの小分け切り、スプラウト、メンマ数本、彩りのあられ、丁寧に炙られ香ばしい2種のチャーシュー、トロリとした黄身にしっかり味が着いた味玉。スープは塩のしょっぱさは控えめに、塩の旨味が前面に出ていて、その奥に魚介出汁を感じる。薀蓄には浅利、宍道湖の蜆、白ワインなどから塩ダレを作っているとか。油感もあるのでラーメンスープとして満足が出来る。ネオ中華そば塩味って感じで美味いね。満足して退店出来た。

2020年3月13日 (金)

信楽貝塩

春一番が吹いた後、やはり今までとは違い寒い日は少なくなり「ちょっと暑いな」とすら感じる日が増えてきた。今年の冬は暖冬にもほどがあるだろうとおもったくらい、とても短く感じた。

先月食べた『琥珀』@雑色のしじみラーメンに影響されて、今我の中でプチ貝塩ブームが起きたようで、今夜それを求め会社帰りわざわざ鶴見まで足を運んだ。狙いは1999(平成11)年創業の『信楽茶屋』だ。店舗がある場所は江戸時代本当に信楽茶屋という茶屋があったからこの屋号だという。我は2010年7月3日以来の訪問になる。ラオタっていうのはそんなものだ。早速入店。店内隅に券売機。厨房にはおじさん店員1人だけ。客席は厨房を囲む変形コの字型カウンター13席。先客2人後客3人。200313shigarakichyaya00200313shigarakichyaya01らーめん 信楽茶屋 『塩岩のり煮玉子らーめん』 980円

実際店前の看板で紹介されている筆頭メニューを注文。色々なメニューがあったが、我にとってこの店の印象はこのメニュー。麺は中太縮れ麺。具は刻み葱、岩のり、穂先メンマ数本、巻バラチャーシュー1枚、半分に切られた味玉1個。ホタテやアサリの旨味を感じる塩味スープ。美味い。岩のりはスープと味が合っていると思うが、食感という意味ではちょっと違うかなという印象。よく浸して食べる方がよさそう。満足出来た。
200313shigarakichyaya02+『担々ごはん』 290円=1270円

サイドメニューは煮豚ごはんを狙っていたんだけど券売機に☓マークがついていたので仕方なく担々ごはんを注文。担々麺のスープがかかったものではなく、若干辛味がついたそぼろご飯。これは意外と食がすすみよい感じだった。いい晩飯をとることが出来た。

2019年12月 6日 (金)

矢向浜一

先週訪問する予定だった店へ訪問。矢向駅から徒歩6分、『絶の味』より更に進んだ場所に11月22日に開店した二郎系の新店『麺屋浜一』だ。店前に待ちはなし。早速入店。入口すぐのところに券売機。厨房には男の店主1人。厨房前に一列8席のカウンター席のみ。奥にスペースはあったが塞がれ空席待ち客用の椅子が数脚置いてあった。満席でその空席待ち席に1人いる状態。8分くらい待って案内された。食券を渡す。後客5人くらい。それとこの店なんだか注意書きが多いね。威圧感はないけどさ。ワンオペだから仕方がない…ていうのは完全に店側の都合だからなー。まあいいや、協力はしてあげよう。
191206hamaichi00191206hamaichi01
麺屋 浜一 『味噌ラーメン(ヤサイ・ニンニク・アブラ)』 780円

味噌ラーメンもあったので注文してみた。二郎系の味噌はきざみニンニクにかき消されほとんど意味が無いということを知っていながら…。実際そうなったね。完全にラーメン二郎の味でした。麺は平打太麺ストレート。麺量は235gだから二郎インスパイアとしてはおとなしい方か。ヤサイはもやしだけではなくキャベツもちゃんと入っている。ただしこの店、ヤサイ増しは無料だがヤサイ増し増しにすると60円の有料となる。この辺りが微妙な地雷になって客は戸惑う。普通のヤサイ増しコールでこの量があれば一般人なら満足出来るだろう。チャーシューはやや厚めの柔らかチャーシュー。二郎の豚と言われるようなものではない普通サイズ。スープはなみなみと注がれ表面に油層がある。これはいきなり天地返しは無理なので少々ヤサイを片付けてから実施。二郎インスパイアとしてはなかなかのレベル…だと思う。我はジロリアンではないので当てにならないけどね。入店時は警戒したけど接客も悪くはなく、満足して退店出来た。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) ラーメン(神奈川県>鎌倉市) ラーメン(神奈川県>藤沢市) ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) ラーメン(神奈川県>平塚市) ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) ラーメン(東京都>23区南部>大田区) ラーメン(東京都>町田市) ラーメン(東京都>多摩地域&島嶼部) ラーメン(北海道地方) ラーメン(東北地方) ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) ラーメン(東海地方) ラーメン(甲信越・北陸地方) ラーメン(関西地方) ラーメン(中国地方) ラーメン(四国地方) ラーメン(九州・沖縄地方) カレー(神奈川県) カレー(東京都) カレー(東京&神奈川以外) 孤独のグルメ 心と体 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき