カテゴリー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

2021年6月12日 (土)

伍年麺硬

210612sora03

横浜駅西口地下街のどん詰まりのような場所にあるエキニア横浜と呼ばれるビルの地下階に以前からラーメン店が開店準備中とは聞いていた。先日訪問した町中華の店『龍味』の更に奥の店舗で店名は『伍年食堂』。その時も準備中のままだった。先月オープンの予定がまん延防止処置延長等の影響なのかずるずると開店は後ろ倒しされてようやく緩く開店試運転を始めたらしい。ソフト営業って何だよ?正午ちょっと前に店に行くとちょうど並んでいた客が順番に入店していくところだった。急いで後に並ぶ。入口脇の券売機で食券購入。狭い店内狭い厨房。その中に男の店員2人と女の店員1人。店員は慣れていない感が出ていて店主クラスの店員が丁寧な口調で教えていた。客席は厨房周りにL字型カウンター7席。1席ごとに感染防止用アクリル板設置。我でちょうど満席。後客は外待ち。給水器はカウンター端に有るがスペースが無いので満席だとセルフ給水は至難の業だ。しかも紙コップだし。カウンターには色々うんちくらしいものが書いてあった。店名は「5年頑張ろう」というかなりシビアで現実的な目標から来ているそうだ。

210612gonensyokudou00210612gonensyokudou01拉麺 伍年食堂 『中華そば』 800円

基本メニューっぽいものを注文。他につけ麺もあった。麺はストレート細麺で『丿貫』並みのボキボキのかたさ。今日は替え玉無料との事だったが注文しなかった。具はきざみネギ、紫タマネギのきざみ、小さいスプラウト、ワカメ、海苔1枚、メンマ数本、大きめのチャーシュー1枚。スープは鶏ガラベースに煮干し、鰹、椎茸を入れているとの事。ちょっと変わった後味があるのは椎茸のせいかな?まあまあ満足。ソフト営業が終わり使い勝手が良い営業時間になったら再訪もあるかもしれない。

210612sora02

桜木町に移動しサミットで食料品を買って帰宅。徐々に青空が広がり暑くなってきた。

今日父が2回目のワクチン接種を無事すませた。ようやくここまで来たか。副作用は2回目の方が強く出ると聞いているので少し心配だ。

2021年6月 4日 (金)

舎鈴冷麺

日の出から日の入りまでずっと雨、雨、雨。じめじめした空気。不快指数はうなぎのぼり状態。こんな日は在宅勤務だったらどんなに…とも思ったけど早朝出社した。でも出社するから退社した時金曜の夜の開放感も味わえる。帰宅途中横浜駅で途中下車。久々東口地下街ポルタへ。昨年12月23日に開店した『舎鈴』横浜ポルタ店が今日の狙い。この店はつけ麺の超有名店『六厘舎』のグループ店で我は新横浜の店には訪問した事がある。我は量産型『六厘舎』店舗だと理解している。隣には『玉泉亭』、斜向いには『一風堂』がある激戦地帯になっている。早速入店。入口脇にタッチパネル式券売機。厨房には男の店員3人と女の店員1人。内装は外観と同じく明るい色の木材を使用して清潔感がある。客席は厨房周りにL字型カウンター10席、テーブル席は4人卓が2卓と奥に8人卓が1つ。食券を渡すと一番奥の8人卓の隅の席に案内された。客入りは6~7割くらいだったかな。

210604syarin000 210604syarin03舎鈴 横浜ポルタ店

『冷やかけ』 590円+『焼豚めしハーフ』 300円=890円

つけ麺では味が想像の範囲内でつまらないので券売機の季節限定メニュー?にのってみた。同じ画面に表示されていた焼豚めしハーフも合わせてまんまとのってみた。

210604syarin001

冷やかけ。メニュー名もシンプルだけど内容もシンプル。だけど結論を言ってしまえばとても美味しかった。我はどちらかというと冷たいのより温かい方が好きなはずなんだけどそれでも美味しいと感じた。今日のような不快指数が高い日に食べたから余計に美味しく感じたのかも知れないけどね。煮干しや鰹を感じるけど香味油も使われているのでしっかりラーメンの魅力を感じる。具は多めの薬味ネギ、きざみのり、太メンマ数本、大きめに短冊切りされたチャーシュー3本くらい。かけラーメンというわりに具は十分入っている。大きめの氷も2つ入っている。我らしく類似ご当地ラーメンで例えるとやっぱり「山形冷やしラーメン」になるよな。でもこの一杯の魅力はやはり冷たく締められた縮れ太麺だ。麺が主役。この小麦の麺のモチモチブツン!という食感はラーメンの麺でしか味わえない。しかも冷やしても美味いというのは驚きだ。流石はつけ麺筆頭グループだと関心した。我が今まで食べた冷やしラーメンの中ではトップクラスで美味しかった。いや「値段」は我の評価の中で重要なポイントではあるけど、今回に関しては安い高い関係なしでの評価だ。

210604syarin02

続いて焼豚めしハーフ。やはり冷たい食べ物だけでは十分に満足出来ない我がいる。チャーシュー美味しい、ネギ美味しい、その舌のご飯、もっと美味しい。このセットで完璧。店側にまんまとハマった形で注文したが、結果的に完璧、大満足だった。

あとは少し買い物をしてから即家路についた。早く風呂に入ってサッパリしたかった。今週も終わり!明日は休日だ!

2021年5月21日 (金)

梅雨前雨

今日も雨。雨の日続きだ。これでまだ梅雨入りしていないというのは単に言葉の上だけの気がする。

帰宅途中用事があるため横浜で途中下車。面倒な手続きをしなければならない日々が続いている。日本は電子化が遅れていて嫌になるなぁとつくづく思ってしまう。窓口対応者から感じの悪い対応をされた為気分が悪くなった。手続き申し込み後30分待たされる事になったのでその合間で晩飯を食べる事にしよう。選んだのは『せんだい』。昨年12月17日以来の訪問になる。待ちなし。早速入店。店内中央にあるタッチパネル式券売機で食券購入。厨房には男の店員2人と女の店員1人…たぶん。先客5人後客も5人…たぶん。

210521sendai00210521sendai02 らーめん家 せんだい 横浜西口店

『ラーメン味噌(麺かため・油多め)』780円+『味玉』 100円+『小ライス』 100円=980円

いつもの味噌に味玉、ライス付き。この店の濃厚な味噌豚骨とブリブリの太麺は大好物でほぼ無心で食べていた。面倒な手続きと待ちで結構荒んだ精神状態だったのだが、この一杯によって大分癒やされたよ。やっぱり美味しいものを腹に入れ空腹を満たすというのは精神的にも効果絶大だなあと改めて関心したよ。それほど満足出来た。

210521sendai01

その後手続きはすんなりと出来て一安心。少し買い物をしてから家路についた。

2021年4月17日 (土)

類似出店

210417minatomirai02

物足りなかったのでカレーとラーメンの危険な連食を敢行。同じく昨日『つけめんTETSU』に行った時に見つけた『AFURI』へ訪問する事にした。両店共横浜地下に出店しているけど何でこんな近い距離で同じ店出店させるのかね?ともかく入店。厨房には黒服の店員が男3人女1人。接客は良好。店内隅に券売機。厨房周りに変形J型カウンター14席くらい。先客6人くらいだったのですぐ着席出来た。これなら横浜駅より入りやすいかなと思ったが、正午近くになるにつれ来客は相次ぎ店外に行列が生じていた。何だ結局横浜駅店と同じではないか。

210417afuri00210417afuri01AFURI 横浜ランドマークプラザ店

『柚子塩らーめん(まろ味・炙り豚)』 1080円

面白そうなメニューがあればそれにするつもりだったけど見つからなかったので安定の筆頭看板メニューを注文。柚子塩といえばこの店!と言わざるを得ないレベルの一杯。千円超えのメニューだけど納得。満足の退店。

桜木町駅に出てサミットで買い物をして帰宅した。しばらくして雨が降り出した。

2021年4月16日 (金)

地鶏浸麺

このところみなとみらい駅を集中的に食べ歩いている。新たな開拓地というか、久々に歩いてみたら色々な店が目に入ってきてね。今日もその気になった店のひとつに訪問。ランドマークプラザ1階にある『つけめんTETSU』だ。もう約9年も前に遡るが我は一度訪問済。その後リニューアルの為しばらく営業休止状態だったが今年3月2日にリニューアルオープンしたそうだ。横浜駅地下にも出店していたのでてっきり移転したものとばかり思っていたら歩いていたら見かけたのでちょっと驚いてしまった。店外入口にタッチパネル券売機が設置されていたので食券を購入して入店。厨房には店長と記されたバッチを付けた男の店員1人だけで回している。客席は厨房前に一列のカウンター8席と2人がけテーブル席3卓。先客3人だったが来客は相次ぎ後客8人くらい入ってきた。これで店長一人で回せるのかよ…と思っていたら我が食べている間に男の店員2人がいつの間にか厨房に入っていた。

210416tetsu00210416tetsu02つけめんTETSU 横浜ランドマークブラザ店

『濃厚味噌地鶏つけめん(大盛)』 900円

基本メニューを頼んでも面白くないと思い店頭で宣伝されていた期間限定メニューを注文。大盛り無料。麺はつけ麺にしてはやや細めの太麺。具は麺側に平メンマ数本とスプラウト、味玉丸1個、厚く切られた鶏モモチャーシュー3切れ。つけ汁側に玉ねぎのみじん切り。スープは名古屋コーチンの鶏白湯と寛永2年創業の青源味噌と合わせたものだと書いてあった。濃厚味噌とあるが味も濃度もさっぱりしたものだった。

210416tetsu01

卓上からフライドオニオン、唐辛子を追加した。麺が我の好みとは違いやや細いし、麺を持ち上げると麺同士くっついてきて食べにくい印象。味玉は黄身トロリ。鶏チャーシューは美味しかったよ。

210416tetsu03210416tetsu04麺を半分くらい食べたところで明らかにつけ汁が冷めてしまった。ここでこの店の特徴である焼石を口頭でお願いした。すぐ提供されたので早速投入。つけ汁が煮えたった。復活したつけ汁で残りの麺を食べきり、役目を終えた焼石をどかして割りスープを注ぎ飲み干した。満足して退店し家路についた。明日はまた雨の週末になるようだ。

2021年4月14日 (水)

太一風堂

210414ippudo03

『博多一風堂』が期間限定で極太麺を使った家系風ラーメンを提供していると聞いて興味本位で食べてみる事にした。横浜駅にある2店舗でも提供されているらしいがこういうラーメンで並ぶのは嫌なので東急スクエア店を目指した。5日前にも来たばかりだが複雑難解ダンジョン化して人混みのある横浜駅は避けたかったし。帰宅後調べたらこの店舗には約8年ぶりの訪問だった。待ちなしで入店。店員は男が3人女が1人。客席は厨房周りにL字型カウンター10席。テーブル席が2人卓2つと4人卓5つ。客入りは3割程度。口頭で注文。感染症拡散防止の意味だろう、辛味もやしは卓上ではなく注文すると提供された。

210414ippudo00210414ippudo02

博多一風堂 みなとみらい東急スクエア店 『醤油豚骨(並)』920円

並を注文。麺のかたさなど聞いてみたが選択出来なかった。当然油や味も選択不可。あまり待たずに着丼。具の構成はほうれん草と海苔とチャーシューなので一見家系に似てはいるが、スープと麺を見たら別物とわかった。そもそも『一風堂』自身は一言もこのメニューを家系と謳ってはいない。「醤油豚骨」としてあるだけだ。多加水でモチモチしたやや縮れた太麺でまるでかために茹でたうどんのようで弾力が強かった。スープはかなりニンニクの風味が前面に出ている味付け。鶏油でコーティングしているのではなく混ぜた状態になっている。これは完全に家系のスープではない、昔よく見かけた、我が「エセ家系」と呼んでいた類の豚骨醤油だ。具は薬味ネギとほうれん草。海苔はごく普通のでフニャフニャになっているのが2枚。巻きバラーチャーシューは2枚。ライスは問答無用で適量が提供される。でも卓上にはおろしニンニクも豆板醤もない。それに並で900円超えだしね。コスパは良いとは言えない。家系と思って食べると不幸になるけど、別の豚骨醤油ラーメンと考えればニンニクが強く出ていたからそれなりに満足して平らげたよ。なので今回は『一風家系』のタイトルは取り下げる。そもそも『一風堂』に家系を求める方がおかしいしね。

210414ippudo01

Suicaで支払いを済ませ家路についた。

2021年4月 9日 (金)

香家麻婆

我は麻婆麺が好き。近辺に麻婆麺を提供する店を見つけたので早く上がれた会社帰りに寄り道して立ち寄る事にした。場所は東急みなとみらい線みなとみらい駅。ここは近場だけど我は用もないので降りる事がまずない駅だ。でも東急グループが力を入れて都市開発しているので大きな商業施設が集まっている。午後5時過ぎという時間なのに結構人通りが多い。我は横浜暮らしが長いので横浜駅の再開発をずっと見ていたせいなのだろうか、新しい商業施設というものにウンザリした気持ちと抵抗感が自然に出てきてしまう。だからこの新しく現れたこの街に関心がなさ過ぎた。実際改めて見てみると横浜駅よりずっと整っていて立体的だけどわかり易い。でもまあハリボテ感は拭えないけど。証明写真ボックスを見つけたので利用してみた。マイナンバーカード申し込みに必要だったので探していたところだ。スマホとかでも出来るようだけど調整が難しそうでこっちの方が印刷を含めて手っ取り早い気がしていたから。それに撮った画像はスマホに取り込めるようになっていた。こういう事に新鮮な驚きを感じてしまう我はすっかり歳を取ったなーと実感するよ。撮影終了後ポンパドウルを見つけたのでパンを買った。それからようやく目的の店へ。

クイーンズスクエア…とは今はもう言わないんだっけ?東急スクエアの地下1階にあるレストラン街の一角にある担々麺専門店『香家』が本日の目的店。この店昔は横浜駅ダイヤモンド地下街…とはもう言わないのか、横浜駅西口地下街にあった。結構美味しかったので何度か訪れた記憶もある。こっちに移転していたことすら知らなかった。早速入店。厨房はよく見えなかったが女店員ばかり3人くらい見えた。客席は一列のカウンター4席と2人がけテーブル席11卓と4人がけテーブル席2卓。店内にはシャンソンのような曲がかかっていた。先客5人後客4人。冊子メニューを見てブザーで店員を呼び口頭で注文。

210409koya00210409koya02極上担々麺 香家 みなとみらい東急スクエア店

『極上麻婆麺』 1100円+『ごはん』 100円=1200円

メニューを見ている内に「久々この店の担々麺もいいなー」とか思ったけど初志貫徹、当初の目的通りのメニューを注文。あまり待たずに提供された。

210409koya01

麺は中華料理店でよく見るのと同じ柔らかめに茹でられた細麺。スープはサラサラ。ニラと唐辛子が見えるね。そして大量の山椒!わかり易く例えるなら四川風だけど汁ありな担々麺に挽き肉の代わりに豆腐が入っている麻婆麺。先日食べた新潟麻婆麺とは異なるこの店オリジナルの麻婆麺となっている。辛さよりも大量の山椒による痺れが強い。体が内側からポカポカして汗をかいてしまった。ご飯にもスープをかけてミニ麻婆丼をつくって食べた。美味しくて満足。この店の担々麺を久々に食べたくなったのでまた近い内に来てみるのもいいかなと思った。

210409minatomirai01歩いて桜木町駅に向かう。あれ?雨降ってるよ。傘持ってきてないよ。早足で駅へ向かい家路を急いだ。

2021年3月14日 (日)

雷雨明日

昨日は日中ずっと雨が降って時折雷鳴もあったほど。元々そういう天気予報だったので最初から外出するつもりはなかった。朝ゴミ捨てに出た以外は家から一歩も出なかった。布団にくるまりながら窓を叩く雨音や遠くに聞こえる雷鳴に耳を傾け眠るというのも乙なものだ。こういう休日があっても良い。夕方には雨が止み虹も見れた。

210313niji01

翌日は快晴。雪化粧をした富士山も良く望めた。朝から洗濯と布団干しをして家を出て横浜駅へ向かった。今日は暖かくなりそうだ。

210314fuji01

買い物を済ませ久々に『東池袋大勝軒』へ訪問する事にした。この店は以前よく訪問していたが、訪問する度価格上昇とサービス減少で訪問する事が減っていた。元々つけ麺に対して消極的なので前回訪問したのは約2年半前だ。久々に原初のスタイルのつけ麺が食べたくなった。店に到着したのは11時5分前くらいだったが既に営業して客が入っていたよ。店外券売機で食券購入。入店すると女の店員が食券を取りに来て席を指定された。厨房には男の店員2人。席は以前から間引かれて仕切りがつけられたカウンター9席と4人がけテーブル席1卓。2階の客席は使っていないようだ。後客は続々入店し空席待ち席まで満席。店外待ちが生じていた。やっぱり根強い人気があるんだね。

210314taisyouken00210314taisyouken01東池袋大勝軒 横浜西口店 『もりメンマ』 1150円

かつてのお気に入りのメニューを注文。やっぱり値上がっていたね。基本メニューが850円だよ。

210314taisyouken02210314taisyouken03つけ汁の方は酸味があって望んでいた味わい。流石に品質は安定していて美味い。具は薬味ネギと海苔、メンマだけかと思ったけど半茹で玉子と大きめのチャーシューが底に設置されていた。並盛りでも結構ボリュームがあり満足出来た。

2021年2月19日 (金)

冬新坦々

このところ暖かい日が続いていたが昨日あたりからまた2月らしい気温になってきた。『ニュータンタンメン本舗』のタンタンメンを食べるには良い夜だ。ラーメン食べ歩きをする前はてっきり全国チェーン店だと思っていた。近所だけではなく都内でも結構店舗を見かけていたからね。まさか川崎発祥のローカル地麺だとは思っていなかったよ。こんな近場に地麺があったとは!って驚いた事を思い出す。そんな事を考えていたら我はすっかりニュータンタンメンモードになっていた。横浜店に向かう。ここには5年以上前の開店当初に一度訪問したっきりだ。午後6時頃に到着。この店舗は中休みがあり午後6時から営業再開だと思っていたが、3月7日までの期間夜8時まで通し営業になっていたようだ。

210219newtantan00210219newtantan03元祖ニュータンタンメン本舗

『餃子セット(タンタンメン中辛+焼餃子5個、小ライス)』 1150円+『ニラ』= 1300円

まだ焼餃子を欲している状態だったのでBセットを注文。麺大盛or小ライスがサービス。辛さは中辛、ニラをトッピング。

210219newtantan02

焼餃子、美味かった!あんまり上等ではなく、こういうのが我の駄舌にはちょうど良いのかも知れない。正油とラー油と酢で美味しく食べられた。

210219newtantan01

タンタンメン、見た目美味そうだったんだけどね。食べる前に我がハードルを上げ過ぎたのか、思ったより辛さもニンニクもパンチを感じられなかった。これなら大辛、ニンニクダブルでも良かったと思うほど。トッピングで追加したニラも値段の割りに少量だったし麺も柔らかかった。とは言え腹は満たされ体も温まり汗もかいたので満足かな。支払いを済ませ退店した。

2021年2月10日 (水)

金目白湯

今月2日、また横浜駅周辺に『はやし田』系列の新店が開店したという情報を得た。先週訪問しようか迷ったが一杯500円の開店サービス中で混雑が予想されたので後回しにしていた。今夜はもう混んでいないだろうと訪問することにした。場所は『たまがった』横浜西口店の対面、以前『横濱ハイハイ樓』というラーメン店が入っていた所だ。あの店は結構長くあの場所で営業していたが今回の騒動で万策尽いてしまったのだろうか?新たに入る店の店名は『金目鯛らーめん鳳仙花』。我は同ブランドの綱島店には訪問した事がある。店に到着したのは午後5時半くらい。割烹料理店みたいな格調高い印象の内外装だ。早速入店。入口脇に券売機。奥にある厨房には白い割烹着姿の男の店員2人と女の子店員1人。アルバイトと思しき新人女子店員はおじさんの店員に丁寧に指導されていた。客席はコの字型カウンター16席。先客ゼロ後客2人。

210210housenka00210210housenka03金目鯛らーめん 鳳仙花 横浜店

『金目鯛白湯らぁ麺』850円+『マキシマムTKG』 300円=1150円

綱島店で筆頭基本メニューは食べていたのでもうひとつの金目鯛白湯とマキシマムTKGというのを注文した。

210210housenka01

鶏白湯はよく聞くが金目鯛白湯というのは初めての遭遇かも知れない。麺は中細ストレート。具は紫玉ねぎのみじん切り、スプラウト、穂先メンマ、柚子片、折りたたまれた低温調理チャーシューと炙った鯛の身をほぐしたものがいくつか。スープは金目鯛白湯と予め言われていたらその通りと納得するしかない感じで鯛出汁の味わいを感じる事が出来る。白湯なので豚骨スープみたいな後味というか食感なだけで基本の清湯塩と味はそれほど変わらない。だから美味しいと感じたよ。ただ過去の経験のせいか「繊細な味わいの魚介塩は清湯」という先入観が我の中で顔を出して邪魔をした。

210210housenka02

マキシマムTKG。卵かけご飯はご飯がホカホカである事が重要。流石わかっているなー。メインの生卵は、何がマキシマムなのかは知らないが玉子の黄身が濃いオレンジ色なんだよ。ご飯に混ぜた後大げさに言うとチキンライスのような色になった。濃厚ではある。提供時店員から「最初から味付けされています」と説明を受けた。おそらくラーメンスープを作ったものと同様の鯛出汁を使っているのだろう。でも我の駄舌では上品過ぎて僅かに物足りなさを感じてしまった。鰹節の味に負けている気がする。卓上に出汁醤油が欲しかったが調味料類は何も無かった。普段家ではドバドバかけているからあの味に慣れ親しんでいる自分の問題だとはわかっているけど。でも流石INGS系というか、標準以上のレベルを提供してくれている事はわかった。お腹も満たされて満足だ。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) ラーメン(神奈川県>鎌倉市) ラーメン(神奈川県>藤沢市) ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) ラーメン(神奈川県>平塚市) ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) ラーメン(東京都>23区南部>大田区) ラーメン(東京都>町田市) ラーメン(東京都>多摩地域&島嶼部) ラーメン(北海道地方) ラーメン(東北地方) ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) ラーメン(東海地方) ラーメン(甲信越・北陸地方) ラーメン(関西地方) ラーメン(中国地方) ラーメン(四国地方) ラーメン(九州・沖縄地方) カレー(神奈川県) カレー(東京都) カレー(東京&神奈川以外) 孤独のグルメ 心と体 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき