カテゴリー

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

2021年6月 5日 (土)

川先上塩

 210605sora01

十分満足出来なかったのでついつい連食を狙ってしまった。味がかぶらない家系の『北里家』に行ってみようかと思ったがよく考えると同じ濃厚な感じがかぶりそうだったので店前で踵を返して他を探す事にした。思い出したのが開店直後に訪問したっきりの『川の先の上』。あそこならすっきりした塩ラーメンが食べられるだろうと再訪を決めた。正午をまわった頃だったので行列覚悟だったが何と待ちなしで入店。入口脇の券売機で食券購入。厨房には男の店員4人。水はセルフ。店内は流石に8割の席が埋まっていた。タイミングが良かったようだ。

210605kawanosakinoue00210605kawanosakinoue01川の先の上 『らーめん塩』 850円

前回の初訪問時はらーめん正油だったので当然塩は初。麺は自家製中太丸麺ストレート。具はきざみネギ、細切りメンマ数本、筒切りねぎ1個、チャーシューはロースとバラの2種各1枚。このチャーシューは美味しかったね。スープは貝出汁なのかな?旨味も感じるがそれ以上にハッキリくっきりとした塩味。味わいが濃いね。麺も主張が強い。美味しいとは思うが今我が求めていた優しい味わいのラーメンとは違った。やっぱり突発的に店に入るのはあまりよろしくなかったかも知れない。

その後すぐ帰宅した。もう2杯連食しただけでお腹いっぱいで午後は昼寝してしまったよ。晩飯はお茶漬けにした。永谷園の梅茶漬け。久々食べたけどとても美味かった。

大公咖喱

辿り着いた土曜休日。今日は朝イチに予約していた床屋へ向かった。夏を前にしてサッパリしてもらった。まん延防止期間中なので遠出も出来ないので三週連続になってしまうが上大岡に出た。週末の人出も横浜駅よりは少ないかなという判断からだ。天気予報では曇りの1日と言いながら青空が広がる良い天気。これなら布団干して家を出れば良かったよ。最近天気予報外れる事が多い気がする。

210605sora02向かったのは先週土曜に訪問したばかりの『拉麺大公 上大岡』。先週は特別営業で煮干しラーメンを食べてしまったが、今日は別の限定メニュー狙いだ。店に到着したのは開店10分以上前。店前にはまだ誰もいなかったので先頭で待った。しばらくして家族客が数組現れた。定刻の1分オーバーで暖簾が出されて入店。券売機で食券を買い店員に渡すと席を指定されたのでコップに冷水を注いで着席。後客は続々来店してきたが満席にはならなかったようだ。

210605taikou00210605taikou02 拉麺大公 上大岡

『マッスルイトーの焼き味噌チーズカレーラーメン』 1000円

「焼き味噌」「チーズ」「カレー」「ラーメン」と我の好きなものが4つもメニュー名に並んだら興味を惹かれてしまうよ。数週間前からこのメニューが提供されていて実は先週もこのメニューが狙いだった。しかも追い飯付き。迷わず注文した。

210605taikou01

麺は縮れ強めの中太平打麺。具は玉ねぎと複数の豚バラ肉。粉チーズとトマトペーストかな。濃厚なカレーラーメンで平打ち縮れ麺が合っている。脂身の多い豚バラ肉たっぷりなのは我の好きな『バーグ』のスタミナカレーに通じるところがある。ただこの店の特徴である焼き味噌感を感じる事が出来なかった。ほぼカレーに支配されてしまっていて、それもちょっとしょっぱすぎに感じたがこれがもしや焼き味噌効果だったのかも知れない。料理は複数の好きなものが合わさったからと言って美味しさが倍々で美味しくなるとは限らず、打ち消し合ってしまう事もある。その負の部分が出てしまったのかも知れない。とは言えカレーとしては美味しかったので残ったカレースープと豚バラ肉を追い飯側の茶碗に投入し、ミニ茶碗カレーを作って完食した。次回訪問の際は基本の焼き味噌に戻って注文する事になるだろう。あれは厨房から漂ってくる香りでもうたまらなくなるから。

2021年5月29日 (土)

煮干大公

天気予報は晴れと言っていたけどほぼ曇りと言っていいほど空には雲が多い土曜休日。緊急事態宣言&まん延防止処置が6月20日迄まで延長される事が決定している状況。やはり遠出は控えなくてはいけない状況が継続となった。先週末と同じになってしまうが近場と言っていい上大岡駅方面へ出かけた。

210529italiyayama01

そんな状況なので近場の店の重複を避けるのは難しく、今日は普通のラオタっぽく限定狙いをする事にした。狙ったのは焼き味噌拉麺が看板の『拉麺大公』上大岡店。本日はマッスルイトー限定営業とすると言う。マッスルイトーとは上大岡店の店長の愛称のようだ。到着したのは開店開始約7分前。昨年12月29日以来の訪問となる。店前には既に7人の行列が生じており急いでその後に続いた。我の後ろにも行列は延びる。定刻に開店。入店し入口脇の券売機で食券購入。水はセルフ。厨房には男の店員2人と接客担当の女の店員2人。

210529taikou00210529taikou01拉麺大公 上大岡 『鎬紅葉』 900円

限定メニューは鶏白湯と煮干しをかけ合わせた「鎬紅葉」…って「刃牙」じゃんか。じゃあ「マッスルイトー」っていうのも別に筋肉中毒者の事ではなく「プロレスの向こう側」由来なのか?まあいいや。麺はパツパツした食感のかために茹でられた細麺ストレート。でも『丿貫』ほどゴワゴワな感じではない。具は玉ねぎの角切りと細切りメンマ、岩のり、肉厚の吊るし焼きチャーシュー1枚。これが香ばしく柔らかくて美味しかった。スープはニボニボ感満載だが鶏白湯を合わせているので苦味は抑えられている気がした。また後半は玉ねぎと岩のりの影響からか燕三条ラーメンのような味わいになったね。美味しかった。

210529taikou02+『煮干しの和え玉』 250円=1150円

煮干しラーメンだから…なのかは知らないが『丿貫』スタイルを踏襲し和え玉も提供していたので注文していた。ラーメンを半分以上食べ終えた頃に提供された。同じ麺を使用している。具はきざみのり、玉ねぎのスライス、きざみ焼豚。こちらは結構醤油が効いており、更に魚粉ときざみ海苔の相乗効果でかなり味が濃かった。なので残ったラーメンのスープを使いつけ麺のように食べた。腹は満たされたけど厨房から漂ってくるレギュラーメニューの焦がし味噌がより食欲をそそったというのが正直なところ。限定狙いなど自分らしくない行動をとってしまった事を少しだけ反省。まあこういう日もあるさ。

早々に家路についた。午後は昼寝をしてしまった。

2021年5月23日 (日)

晴七志訪

まるで梅雨の合間の晴れ間のように久々に青空が顔を出した5月末の日曜休日。こんな天気が良い日でも「感染病変異種まん延防止」の観点から遠出はせず近場での移動に限定する。そうなるとなかなか今日我が行くべき店を決めかねていた。結果、久々に『とんこつらーめん七志』へ行ってみようかという気持ちになった。以前石川町駅前にあった店舗があった頃には度々訪問してはいたけど、港南台に移転してからはめっきり訪問出来ていない。そのくせその間借りラーメン店にはよく訪問していた。オリジナルのラーメンを久々に味わってみたくなったというわけだ。一番近い店舗を調べると上大岡駅近くにあるらしい事が判った。日曜は食料調達が必要だったし上大岡はそれが可能なので目的地は決定。洗濯物や布団干しを終わらせてから家を出た。

210523kamioooka01

朝10時前には上大岡駅に到着。早速フジスーパーや京急百貨店で買い物を済ませる。目的の店舗はヤマダ電機のあるmioka6階のレストラン街にあった。こんな場所にあったら今まで上大岡に『七志』があったなんて気がつかないのも当たり前だ。開店10分前くらいに到着してしまった。買い物袋が重かったのでそのまま店前にあった待ち席に座って開店を待った。他に人は来なかった。定刻に開店。するとどこからか我に続いて2人ばかり入店してきた。客席は厨房周りに一列のカウンターが6席と4席。テーブル席は2人卓が4つと4人卓が2つ。テーブル席を進められたので着席。店員は男ばかり3人。接客は丁寧。口頭で注文。こんな場所ではあまり客が来ないのでは?という我の予想は外れて開店早々に後客5人。人気のようだ。

210523nanashi00210523nanashi01とんこつ専門店 らーめん七志 上大岡店

『全部のせラーメン(七志)』 1160円

豪華に全部のせを注文。スープは「七志」「こくまろ」「白醤油」「魚介」の4種の中から選択する必要がある。我は久々に「七志」を堪能する為にやって来たので当然屋号を冠した筆頭スープを選択。麺はツルツルした中太ストレート。具は分葱、きざみねぎ、山くらげ、筍メンマ3つ、海苔3枚、薄く切られたチャーシュー2枚、分厚い角煮1個、黄身の中心部だけトロリとした味玉丸1個。スープは臭みのないまろやかな豚骨。味は『七志』自慢の大蒜と胡麻油からなる焙煎ダレが支配する。熊本ラーメン以上の香ばしさと独特の苦味を感じる。中盤くらいにニンニク絞り器でダメ押しのニンニク投入。麺が少し我の好みから外れたけど久々の七志を堪能出来て満足出来た。食後のオリジナルブレンド茶は美味しかったね。あんな強烈ニンニクラーメン食べた後なのに口の中は爽やかになった気がする。Suicaで支払いを済ませようとしたが機器の不調で使えず現金で支払った。

今回生玉子を買っていたので早々に家路についた。昨日ワクチンを接種した父は念の為外出を控えさせていたし。特に体調の変調等ないようで安心した。

2021年3月26日 (金)

港南鶏塩

210326oookagawa01

金曜の定時退社日。会社帰り久々の新店開拓。久々に市営地下鉄の港南中央駅にやって来た。この辺りも昔はいくつかラーメン店があったと思うが次々と姿を消した。新店登場は久しぶりだと思う。

場所は駅の出口から歩いて1分ちょっと。屋号は『ラーメン屋コカトリス』。コカトリスとは鶏と蛇をかけ合わせたようなヨーロッパの伝説上の生物の事。何でそんなものを屋号にしたのか?午後6時ちょっと前に到着。入口脇の券売機で食券購入。男の店主とおばちゃん店員の2人。客席は厨房周りにL字型カウンター6席と奥に座敷があり4人卓があった。カウンターには感染予防の仕切り有り。先客2人後客ゼロ。カウンター前に貼ってあった薀蓄を読むと店主は『麺屋武一』出身と書いてあった。薀蓄に出身店まで書くのは珍しいな。

210326kokatoris00210326kokatoris01ラーメン屋 コカトリス 『濃厚鶏塩ラーメン(麺かため)』800円

筆頭は「濃厚鶏醤油」だったがあえて「濃厚鶏塩」を選択。経験上鶏白湯の醤油を頼んで満足出来た例があまり無いからだ。推測するに我には家系ラーメンが染み付いており、類似のラーメンを食べると感覚的に家系と比較して評価を判断してしまうからだろう。麺は四角い中太ストレート。きざんだ青ネギと玉ねぎの角切り、糸唐辛子、鶏つくね、豚バラチャーシュー1枚、鶏ムネ肉チャーシュー1枚。スープは濃厚ではあるが味は普通に美味しい鶏白湯。

210326kokatoris02

+『贅沢玉子かけご飯』 250円=1050円

サイドメニューを注文。何が贅沢なのかといえば鶏チャーシューのきざんだのが入っているから…だと思う。ちょっとごま油で味付けされている。でも醤油も一緒に提供された。

普通に美味しかったけど個性や習慣性は感じる事が出来なかった。

2021年3月 7日 (日)

別所精龍

今日は母の命日。年老いた父を連れて墓参り。昨日とは打って変わって寒い曇り空の下墓の掃除をして花を供え線香を上げた。雨に降られないで良かった。あの日からもう5年の月日が過ぎ去ったのか…。

210307sora01

父は外食を嫌いすぐバスで帰宅。我は蒔田から上大岡まで歩く事にした。こう歩いてみると閉店したと思っていた店が営業しているのを見たり、逆に営業していると思っていた店が閉店していたりという発見をすることが出来る。今日は未訪問の町中華探訪。鎌倉街道の蒔田から上大岡の間にある『精龍軒』という店。昔からこの辺りにあるのは知っていたが今まで興味を持った事は無かった。今日何故か訪問したくなりわざわざ歩いてやって来た。店に到着したのは11時40分くらい。暖簾は出ている。早速入店。年季を感じる町中華然とした店内。奥にTVが設置されていた。プラ板だがメニュー札が厨房周りの上に置かれている。厨房には年季の入った店主夫婦と思しき男女2人。客席は厨房周りにL字型カウンター9席。先客2人後客2人。口頭で注文。

210307seiryuuken00210307seiryuuken03精龍軒 『ラーメン+半チャーハン』 850円

背後の黒板に書かれた「おすすめ提供品」のAセット、ラーメンと半チャーハンを注文。半カレーにも出来るようだ。

210307seiryuuken01

ラーメンはシンプルな醤油ラーメン。柔らかめに茹でられたやや縮れた細麺。具は大きめに切られたネギ、スプラウト、平メンマ数本、チャーシュー1枚。スープは塩気は少なめで飲みやすい正油味。生姜でごまかさないので好印象。普通に美味しい一杯だった。

210307seiryuuken02半チャーハン。パラパラチャーハンでややあっさりした味付けだけど不満は感じない。紅生姜が良く合う。安心して食べられる絵に描いたような町中華のラーメン半チャンセット、満足で支払いを済ませ退店した。

鎌倉街道をはさみ反対側のやや上大岡寄りのところに肉うどんをメインにした店を発見。『まる藤』ここはかなり昔『ラーメン蓮華』があった場所だよな…。ちょっとだけお腹に余裕があったので入ってみた。横向きのうなぎの寝床のような店内。右側に厨房があり見えないが男女二人の店員。中央に一列8席のカウンター席と左側奥に4人がけテーブル席1卓。そのテーブル席に4人とカウンターに2人の先客がいた。そのせいか店員が少しテンパリ気味。後客ゼロ。

210307marufuji00210307marufuji01肉うどん まる藤 『肉うどん』650円

筆頭基本メニューを注文。しばらく待ってもうもうと湯気が立っている一杯が提供された。やわやわのうどん、鰹出汁の濃い汁。完全に関東風のうどんだ。久々外食で関東風うどんを食べた気がする。家でももう随分うどんを作って食べてなかったので懐かしい気持ちがこみ上げてきた。具は脂身のあるチャーシュー4切れと薬味ネギ、きざみ海苔。きざみ海苔はいらなかったな。うどんについてはすっかり『丸亀製麺』に代表される関西風のものに飼いならされた我がいたよ。今日は寒いので体が温まったのは良かった。支払いを済ませ店を出た。

2021年2月 7日 (日)

鳥八三塩

210207oookagawa01

今日も雲ひとつなく晴れた気持ちの良い朝で始まった日曜休日。この時期としては暖かい。薄めの上着を出したよ。

上大岡の顔と言っても過言ではない中華料理店『佐野金』。駅を挟んで2店舗あったが残念ながら南店はシャッターの降りたままの状態が続き昨年末には唐揚げと手羽先の店に変わっていた。その店が先月くらいから鶏白湯ラーメンも提供し始めたと言うので訪問してみる事にした。食べログでは11時開店とあったがシャッターは降りたまま。店前に行ってみると11時半から営業開始と書いてあった。仕方なく付近をぶらぶら。珍しい地方の食料品が置いてある店や生パンを売っている店などが集っているフロアがあったりして結構面白くていくつか衝動買いしてしまった。時間になり店に行ったらシャッターは上がり営業中の札が出ていた。早速入店。厨房には男の店員と女の店員1人づつ。客席は逆L字型カウンター8席と3人がけテーブル席2卓。先客ゼロ後客2人組。口頭で注文。

210207torihachisan00210207torihachisan01からあげと手羽先と鶏白湯ラーメンの鳥八三

『鶏白湯ラーメン(塩味)』 750円

筆頭基本メニューを注文。醤油か塩か味が選べる。今まで鶏白湯の醤油味がハマった試しがないので塩を注文。麺は四角い中太ストレート。具は紫玉ねぎの角切り、シソ1枚、穂先メンマ1本、低温調理鶏チャーシュー2枚。スープは油分も感じて鶏の旨味もしっかり味わうことが出来た。専門店ではないからどうかなぁと警戒していたけど美味しかった。満足する事が出来た。

2021年1月23日 (土)

北里家早

小雨の降る寒い朝を迎えた緊急事態宣言下三度目の土曜休日。午後になると更に雨脚は強まる予報になっていたので早々に出かけて早々に帰宅し午後はゆっくり家で過ごすに限る。選んだ店は昨年9月に上大岡駅近くに開店した家系ラーメン店『北里家』。開店直後は営業開始が正午と遅かったのだが、緊急事態宣言下に前倒しで朝10時から営業開始してくれているからだ。それに前回は開店直後で店主がテンパっててその時は印象が良くなかったのだが、コメントでその男は店主ではなく、周りで気が利く接客をしていた若い男の店員が実は店主だったと知った。次回は店主が厨房に入った時に再訪問したいと思っていたからだ。開店5分前くらいに店に到着。既に1人先客が店外待ち。我も後に続く。すると前回厨房に立っていたおじさん店員が食券を買うよう促してきた。先客から順番に店内で食券を買ってからまた店外で待つ。後客も1人来た。定刻に開店。男の店員2人と女の店員1人。今回は若い男の店主が厨房に入っており安心した。

210123kitazatoya00210123kitazatoya03

ラーメン 北里家

『ラーメン(麺かため・油多め)』 650円+『味玉』 100円=750円

今日は連食予定ではないので味玉でも付けてみた。先行して無料のライスが到着。サービスでチャーシューの切り落としがふるまわれトッピング。これ美味いんだよなー。ただでさえ消費税10%時代で家系ラーメン一杯がこの値段で食べられるのは少ないというのに、更にサービスしてくれるのだから本当にありがたいよなと思う。

210123kitazatoya02

後からラーメン到着。こころなしか前回訪問時よりスープが濃厚に見える。安定してきたのかな?

210123kitazatoya01

前回同様、見た目は店主修行先の『武蔵家』というより『たかさご家』に近いラーメンの印象を受ける。我の好みからすると麺がちょっと弱い気がするのだが、スープの濃度が高いのでそれを補って余りある満足度が得られた。海苔とスープで家系海苔巻チャーシュー入りを作って食べるのに夢中になった。こういう寒い日はラーメンの旨さが体に染み入るようだ。満足して退店した。

帰りに薬局とスーパーで買い物をしてから午前中に帰宅。午後は温かい部屋で引き篭もった。

 

2020年12月29日 (火)

大公徳島

201229hinode01 待ちに待った年末休暇。引きこもる気満々だったのだが、急遽PC関連のものを幾つか買う必要が生じたのでヨドバシカメラ上大岡に行く事にした。横浜駅より密になってないだろうと思って上大岡にした。でも地下鉄につながる京急百貨店の地下食料品街とかは混雑していたねー。焦ることもないのでゆっくり買い物を楽しんだ。

買い物を終え京急百貨店を抜けて屋外に出て『拉麺大公 上大岡』へ向かった。今年8月15日に初訪問した時以来の訪問になる。開店15分も前に到着したが誰もいなかった。だからそのまま店入口で開店を待った。すぐ後に人が並び始め8人くらいの行列が生じた。定刻に開店。暖簾が出された後入店を促された。店内中央に設置してある券売機で食券を購入。カウンターの一番奥窓際に案内された。厨房には男の店主と女の店員2人。後客は10人くらい。我の退店時まで満席にはならなかった。

201229taikou00201229taikou01拉麺 大公 上大岡

『マッスルイトーのトクシマ風背脂ニンニク醤油ラーメン(背脂ニンニク増し)』 950円

味噌を食べる気満々でやって来たが、背脂ニンニク、そしてトクシマの文字に惹かれて限定メニューを注文。マッスルイトーって何?食べログによるとこの店の店主の愛称だとか。背脂とニンニクは増量サービスというので両方増しでお願いした。提供された一杯は正に徳島ラーメンのようだ。麺は意外にも細麺ストレート。具は刻み葱、茹でもやし、甘辛い味付けの薄く切られた豚バラ肉、中央に生卵。ここまでは徳島ラーメンっぽいけどスープは全然違う。ガツンとニンニクが効いてしかも背脂もたっぷり。もやしも相まってどちらかというとラーメン二郎に近い味わい。徳島らしい甘辛さは豚バラ肉のみ。そのまんま二郎系をやられても今やいたるところで食べられる昨今、こういう工夫された方が面白い。味も文句なし!スープまで完飲の完食マークを出した。この店は今日で本年最終営業で年明けは3日から営業だそうだ。

その後薬局とフジスーパーに立ち寄ってすぐ帰宅。午後はゆっくりと家で過ごした。

2020年9月 5日 (土)

佐野金冷

先月半ばに『拉麺大公 上大岡』に訪問した際、上大岡の老舗『佐野金』に行って連食するつもりだった。久々に町中華の店で古典的な冷やし中華が食べてみたくなってね。だけど盆休みで営業していなかったんだよ。それを思い出し今日行ってみる事にした。もう9月に入ったので冷やし中華の提供が終わってしまう可能性がある。暑い日が続く間に食べておきたかった。『北里家』を出た後上大岡駅に戻りしばらく買い物をした後に総本店の方に訪問した。南店の方はシャッターが降りていたからだ。店前の冊子メニューを確認したが冷やし中華はのっていない。よく見たら店頭に「冷やし中華」と書かれた幟があるではないか。早速入店。狭い店内に2人がけテーブル席が8卓くらいあり、更にガラスで仕切られた喫煙室に2人がけテーブル席が8卓くらいあったかな?だから昔からの喫煙常連客の為作ったようでそこには4人くらい客がいた。厨房はよく見えなかったが男の店員2人と女の店員2人くらいかな?後客3人。口頭で注文。

200905sanokin00200905sanokin01中華料理 佐野金総本店 『冷やし中華』980円

冷やし味噌ラーメンという季節限定メニューもあり魅力的だったが初志貫徹で目的のメニューを注文。結構値がはるメニューだったが至って普通の一皿。麺は黄色い中細縮れ麺。具はきゅうりの細切り、茹でもやし、錦糸卵、ハムの短冊切り。きざみ海苔と紅生姜少々。ねりがらしも皿の脇につけてある。絵に描いて額縁に入れたかのような冷やし中華。冷やし中華の味というものがある。酸っぱくて冷たい。これが何故かたまに食べたくなるのだ。満足。早々に家路についた。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) ラーメン(神奈川県>鎌倉市) ラーメン(神奈川県>藤沢市) ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) ラーメン(神奈川県>平塚市) ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) ラーメン(東京都>23区南部>大田区) ラーメン(東京都>町田市) ラーメン(東京都>多摩地域&島嶼部) ラーメン(北海道地方) ラーメン(東北地方) ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) ラーメン(東海地方) ラーメン(甲信越・北陸地方) ラーメン(関西地方) ラーメン(中国地方) ラーメン(四国地方) ラーメン(九州・沖縄地方) カレー(神奈川県) カレー(東京都) カレー(東京&神奈川以外) 孤独のグルメ 心と体 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき