カテゴリー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 港北珍名 | トップページ | 街道味覚 »

2011年4月30日 (土)

都築遠征

今日は風が強く空は薄く雲が広がっていたが雨の心配はなくそこそこの外出日和だ。朝TUTAYAに寄った後ブルーラインに乗りセンター南まで移動。そこからバスに乗り川和台中学校というバス停で下車。徒歩3分ほど坂を降り最初の目的店『中川家』に到着した。2月7日にこの地にオープンした家系ラーメン店だ。入店する。入口脇に券売機。厨房には男の店員3人と女店員1人。厨房周りにL字型カウンター8席と窓際に一列のカウンター5席、2人がけテーブル席1卓と4人がけテーブル席2卓。先客6人後客3人。

Nakagawaya00Nakagawaya01 中川家 『ラーメン(麺かため・油多め)』 690円

系統分けをすると壱六家系だと思われる。だけど鶉ではなく半玉でメンマが入っていて値段も高め。松壱家松野軍団グループなのだろうか?麺は家系の中でも太めのちぢれ麺。刻みネギの量も選べるようだが、刻み方がいい加減でつながっている始末。接客は良かったけどちょっと丁寧さが欠けているように思えた。味はそこそこといったところ。

すぐ近くのバス停から再びバスに乗車。バスに乗って気づいたがここには数年前職探しの時に来たことがある場所だった。知らず知らずに再びここにくるとは不思議なものだ。石橋というバス停で下車し、横浜上麻生道路に出て東急バスに乗り換え梅田橋というバス停で降りた。ここは約3年前今は無き『マルダイ』があった場所だ。そこから緑産業道路沿いに新横浜方面に向けてひたすら歩く。途中『大黒家製麺』、『うえむらや』、『博多まるきん』等を通り過ぎて歩く事約15分。次の目的の店『浜っ子ラーメンセンター本部』に到着。木村商事という外食グループ傘下との事。以前から存在は知っていたが、こうも便が悪いとなかなか来れなかった。ようやくの訪問だ。店前にはショーケースにメニューサンプルが並ぶ。横に長い店内。中央にレジ、厨房は右奥にある。厨房には男の店員2人とおばさん店員2人。客席は一列のカウンター8席とファミレスのような6人がけテーブル席が複数。麺ユーはラーメンが筆頭だが定食がメインのようだ。口頭で注文。

Hamakkoramensenter00Hamakkoramensenter01浜っ子ラーメンセンター本部

『醤油ラーメン』 650円

筆頭メニューを注文。あっさりというか味の薄い醤油スープに縮れ細麺。具は薬味ねぎ、青梗菜の刻み、ワカメ、メンマ数本、海苔1枚、屑のようなチャーシュー1枚。ずばり地方のショッピングセンターのフードコートで400~500円で売られているレベルの醤油ラーメンだ。それがこの値段とは。名前ばかりで定食メインの店と思った方が良さそうだ。再訪は考えられない。

帰りは新横浜行のバスに乗ったが、これが大倉山まで迂回してから新横浜に行く経路だったのでかなりの時間を要してしまった、新横浜で本を購入し帰路へ。今日は何度バスに乗ったかわからない。

« 港北珍名 | トップページ | 街道味覚 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都築遠征:

« 港北珍名 | トップページ | 街道味覚 »