カテゴリー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

2021年9月18日 (土)

追浜山椒

210918line01

『岳家』を出て今度は追浜駅方面に歩く。圧倒的にこちらの方が近かったね。せっかくの夏休み初日だから台風が迫ってきているけど外出した以上連食を狙う。狙った店は担々麺を『麺山椒(めんざんしょう)』。これなら『岳家』とかぶらないし。場所は駅から更に南に進んだ場所にあり結構歩いたな。ようやく目的の店を見つけたが店前に5人の行列が生じていた。事前調査をろくにせず出てきたので失礼だがこんなに人気店だとは思っていなかった。また雨足が強くなってきた中待つ。20分以上くらい結構長い間外で待たされた。若い男の店主と女店員の2人で回しているようだが先客が出て来てもなかなか客入れしないんだよ。ようやく入店が許され店内隅の券売機で食券を購入。客席は厨房前に一列のカウンター7席。

210918menzanshyou00210918menzanshyou02担々麺 麺山椒

『担々麺(辛さ3 痺れ4)』 890円+『小ご飯』 70円=960円

筆頭基本メニューを注文。辛さと痺れが5段階で選べる。レギュラーが3なので辛さはそのままで痺れを1段階上げてみた。また担々麺には必須な小ライス付きで注文。

210918menzanshyou01

麺は平打ち気味でビラビラの中太麺。我の好きな東北方面でよく見るタイプの好きな麺。かなりスープとの絡まりは良い。具は白髭ネギ、筍2切れ、青梗菜、たっぷりの挽き肉。スープは濃厚な胡麻風味。担々麺好きからすれば「わかってるねー」と心の中で呟いた。辛さはラー油で調整しているようでノーマルだけにそれほどの辛さではなかった。石臼挽き山椒ということで痺れは好きなので期待大だったのだが、こちらも1段階上げたくらいでは期待値には届かなかったのが少し残念だった。でもそれ以外は満点の担々麺だった。満足して退店した。店の外にはまだ5人くらい待っていた。

追浜駅から電車で井土ヶ谷に移動しスーパーで食料品を買って帰宅。何か風も雨脚もおとなしくなったなと思ったら、台風は熱帯低気圧に変わっていた。

岳家再来

強引な角度から日本列島を横断して関東地方へ迫ってくる台風。時折雨戸を叩く雨音が大きくなったり止んだりを繰り返している。実は我は今日から夏休みで9連休となるのだが残念な幕開けとなってしまった。外出するかどうか迷ったが結局10時半前くらいに家を出た。

210918river01

今日の狙いは今月15日金沢区に開店した『横浜家系 岳家(がくや)』という店。この店は以前港南区日野に店舗を構え濃厚豚骨をウリに当時のラオタ達に支持されていた。我も約15年前に一度訪問した事がある。確かにクリーミーな豚骨醤油スープの家系ラーメンだった。いつの頃からか閉店してしまい半ば伝説化していた。そこで働いていた店員が港南区丸山台に出店した『はま家』が引き継ぐような形になっていた。ところが『岳家』は実はその後名古屋に場所を移して営業していたそうだ。そして十数年ぶりの横浜凱旋。場所は金沢区六浦、横須賀街道沿い。ギリギリ横浜市内、少し歩けば横須賀市という立地だ。台風の影響で電車が遅れていたので金沢八景駅から傘をさして徒歩で店へ向かった。店に到着したのは開店5分前くらい。店前には既に4人待っていた。我の後ろにもすぐ行列が生じた。定刻に開店。前客に続いて入店。券売機はなく席は順番に指定された。厨房に精悍な男の店主と女の店員2人。客席は厨房前に一列のカウンター5席、テーブル席は2人卓と4人卓各1つ。口頭で注文。料金後払い。店内は空調があまり効いておらず今日は蒸し暑かったのでちょっと辛かったね。

210918gakuya00210918gakuya01横浜家系 岳家 『ラーメン並(麺かため・油多め)』 750円

筆頭基本メニューを我の家系定番の好みを指定して注文。あまり待つことなく白く経が小さく底が深い丼で提供された。丼もスープも熱っつアツ。麺はしっかりかためで中太やや縮れ。具は家系標準。問題のスープは日野時代とは全然異なりサラッサラ。店頭に「旨み豚骨醤油」とアピールしているように豚骨と水のみでスープの旨みを出す事に力点を置いているようで、醤油もそれほど強く主張してこない。かつての『岳家』と再会するつもりだと肩透かしされたように感じるだろう。これは名古屋という他の土地で営業していたという事が大きいのだと思う。地麺巡りをしていて思うことは本当にその土地土地で客が求めるものが違うというのはハッキリとわかるし、当然それに店主が応えようとして知らず知らずに変わっていくということは十分ありえる事だ。横浜の地に戻ってきてまた変わっていくのだと思う。日野時代のような、昔の『壱六家』の白いクリーミーな家系ラーメンも今では見なくなったので、そのまま昔に戻るという事ではないだろう。そういう意味で考えさせられたし、家系のバリエーションの中の一杯として面白かったので満足し支払いを済ませ店を出た。すると雨は上がっていたね。今度は追浜駅方面に歩を進めた。

2021年9月17日 (金)

王道虎吉

辿り着いた週末金曜日。明日は台風がまた無理のあるコースで日本に上陸してくるとか。なので気分転換で普段行かない店に行ってみる事にした。とは言え荷物もあるので近場限定。そして労働の後なので体が家系ラーメン&ライスを欲している。その条件で訪問する店を検討した結果『とらきち家』へ行ってみる事にした。昨年3月27日に訪問して以来だ。早速入店。入口脇の券売機で食券購入。厨房には男の店員3人。食券を渡すと好みを確認されたので、腹から出すような大声で好みを伝えた。前回訪問時何回も聞き直されたのを思い出したからだ。我は結構執念深い。先客3人後客は7人くらい。内外装共かわらずカウンター上のパーテーションもなかった。

210917torakichiya00210917torakichiya02家系ラーメン とらきち家

『チャーシューメン(麺かため・油多め)』 820円+『米』 130円=950円

チャーシューメンを注文。そして「米」。賄い飯とかは余計だ。家系ラーメンのサイドメニューは白米以上のものは無いと気づくのが遅かった。

210917torakichiya01

『とらきち家』を訪問したのはもう一度『王道家』系列の味を再確認したかったから。先日上中里の『王道之印』を再訪し食べたのだが残念な事に我の好みとは合わない家系ラーメンだという事が確認された。だけど同じグループとは言え同じ味である訳が無いと思い改めて確認してみたかった。そう思って食べてみたら、もう最初っから最後まで美味かった。麺もスープもかなり『吉村家』に近い印象を受けた。あまり他店と比較して評価するのは良くないのだろうが近くにある直系店『末廣家』よりこの一杯のが好み。あそこはチャーシューの存在感が大き過ぎてラーメン自体は美味しいのにバランスの釣り合いが取れていないんだよ。こちらのチャーシューは総本山と同じく香ばしさを感じ肉厚もあり肉の繊維を楽しめるというか。食べごたえがあるのだ。家系ライスで海苔を食べた後はチャーシューでライスを楽しんだ。『王道家』系でも色々違いがありこの店のラーメンは我の好みに合致する事が再確認出来て良かった。流石は総本山に一番近い場所?に切り込んできた王道家系列店だ。大満足で退店する事が出来た。

いよいよ明日から休みで嬉しい。バスで横浜駅に移動し買い物をしてから家路についた。

2021年9月16日 (木)

龍宝減席

210916sora01

在宅勤務日。雲は多いが晴れ間も多い。そこそこ過ごしやすい気温で扇風機も使わないでいる。このまま残暑が終わればいいけど。

210916butasennin00『豚仙人』は本日開店1周年記念として通常850円のラーメンを無料提供するそうだ。開店前に行列が出来ていた。我の価値観だと「時の方が金なり」なのでスルーしていつもの『龍宝』へ。開店3分前に到着。暖簾は出ていたので入ってみると店主がメジャー片手に席と席の間を測っていた。何でも「席間を1m離せ」と通達があったらしい。なのでカウンター1席を減らしたそうだ。本当だ、たった6席になっている。昨日の『天下一品』とのギャップを感じ「何もこんなこじんまりした町中華の店に同じ要求しなくても…」と一瞬思ってしまったが、ウイルスが店の規模を考慮してくれるはずもないので仕方ないか。でも元々スペースが無いのだから限界はあるというものだ。しかも席を減らして馴染みの客を店外に待たせてしまうのも店主としては辛いだろう。口頭で注文。後客3人。

210916ryuuhou00210916ryuuhou03中華料理 龍宝 『ランチ(みそラーメン+小ライス・揚ギョウザ)』 670円

お!今日のランチはみそラーメンか。提供と同時に釣り銭不要で支払いを済ませた。町中華の店の味噌としてはしっかりした味。炒め野菜と炒めた豚、白菜の甘みが美味い。

210916ryuuhou01210916ryuuhou02揚げギョウザは3個できざみねぎと甘酢あんかけがかかっている。作り置きで柔らかいけどこれも白米と一緒に口の中に入れれば幸せを感じる事が出来た。今日も十分過ぎるほどの在宅勤務中の昼飯。感謝をして店を出た。

2021年9月15日 (水)

天一電子

何か今日は天気が良かったようだ。会社にいる間は判らなかったが早出出勤の定時退社日で退社したら雲は多いものの青空の割合も結構あった。それなのに一頃の夏の暑さではなくなっている。流石に9月も半ばに入っているからこんなものか。夏は過ぎ去ったか。

今日は腹が減ったのでしっかり食べられるところに行こうか…と検討したところ久々に『天下一品』関内店に訪問してみることにした。と言っても今年2月24日味噌がメニューに追加された時以来か。何にせよ会社帰りに『天下一品』に無理なく立ち寄れる環境にありがたみを感じる。以前は『新福菜館』にも立ち寄れた時期があったのだが…残念なことだ。ともかく入店。厨房には男の店員1人と女の店員1人。先客ゼロ。パーテーション追加以外は変わってない…くはなかった。各席タッチパネルが設置されてそれで注文する方式に変わっていた。セットメニューのラーメン選択から麺のかたさ指定まで順番に指定出来るので口頭注文よりわかりやすい。注文間違いも減るだろう。注文を終え視線をずらすと、以前店員が厨房を出てわざわざ会計していた有人カウンターだった場所にセルフレジが2台並んでいた。惜しむらくは現金対応のみ。現金対応の機械は大掛かりな機構部が必須になるのでメンテが頻繁に必要になるから良い事はない。費用も嵩むし。もう少し電子マネー払いが進めば簡単な読み取りセンサーによってカウンター席内で注文支払い両方完了になるのに。感染症拡大防止、ペーパーレス化促進だけではなく、業務簡略化で店員は調理と配膳に集中出来るし、誤注文トラブル回避で心理的負荷は減るだろうし、人手不足解消&人件費削減等が見込める。初期投資が嵩む事になるけど、客から見れば敷居がより低くなるので客入りは上がるのではないか。…都合よく考え過ぎか。陰謀論者みたいだけど、考えるほど今回のパンデミック、仕組まれたように世の中の変化を加速しているように思えるよ。後客4人来店。

210915tenichi00210915tenichi03天下一品 関内店 『スペシャル定食(こってり・麺バリカタ)』 1238円

腹が減っていたので半チャーハンと唐揚げ両方が付くスペシャル定食を注文した。ラーメンはかさね味が無くなって変わりに味噌が加わっていた。こってり・あっさり・屋台の味・味噌から選ぶ事になる。こってり・麺バリカタを選択した。

210915tenichi02210915tenichi01鶏ガラ野菜等から成るこってりラーメンは以前「言うほどこってりじゃないじゃん」と思っていたが、今日は粘度が高かった。質は正直良くないけど揚げたての唐揚げは美味かった。半チャーハンもどうってこと無いんだけど腹減っていると出来たてチャーハンは殊更美味く感じるんだな。しっかり腹いっぱいになってレシートをセルフレジで読み込ませ支払いを済ませ満足して退店。家路を急いだ。

2021年9月13日 (月)

月曜龍宝

210913sora01

業務の都合で珍しく月曜に在宅勤務。雲に覆われた空だが薄い雲なので太陽光が通過し蒸し暑い。

昼は迷わずいつもの『龍宝』。月曜でも営業してくれているのでありがたい。開店5分前だが暖簾は出ており先客1人いた。厨房にはいつもの通り店主と先代。口頭で注文。後客は常連客ばかり4人。老夫婦は当たり前のように座敷に入っていったよ。

210913ryuuhou00210913ryuuhou03中華料理 龍宝 『ランチ(ラーメン+ミニステーキ丼)』 670円

メニューも何も考えずランチ。それでも毎回少し違うのはありがたい。ミニステーキ丼だって。

210913ryuuhou002豚肉ステーキ3枚に甘酢あんかけがかかって茹でたじゃがいもと少量の玉葱が添えられている。無論美味い。量も在宅勤務中に適量。ありがたい。料金を支払い早めに退店した。

2021年9月12日 (日)

和田天神

どんより曇った小雨混じりの日曜休日。10時過ぎに家を出て相鉄線和田町駅近くに開店した新店を狙った。今月10日にオープンした『麺屋天神』。場所は以前『黒たんめん富士屋』だった店舗。開店時間から5分ほど過ぎた頃に店に到着。厨房には男の店員3人。客席は厨房前に仕切りが取り付けられた一列のカウンター6席と2人がけテーブル席2卓。先客3人。口頭で注文。水セルフで料金先払い。後客3人。

210912tenjin00210912tenjin01麺屋天神 『天理スタミナラーメン(辛味噌)並』800円

この屋号だとてっきり博多ラーメンが出てくるものと思ってしまうが、提供されるのは奈良のご当地ラーメン「天理スタミナラーメン」だという不思議な店。しかも辛味噌と醤油の2種があり辛味噌の方が筆頭になっている。本家『天スタ』では基本醤油味。でも本家でも味噌味もあるからいいのか。いや我は現地至上主義で現地まで出向いて食べるけどそれはそれ。こちらでご当地ラーメンを名乗って出店してくれるだけでOKな気持ちになっている。だから本家に比べて似てる似てないだけで良い悪いと評価するつもりはない。で提供された一杯。レンゲが妙にデカイ!当たり前だが辛味入りの濃厚味噌ラーメン。麺は標準でかために茹でられた低加水の縮れ細麺。具は香ばしく炒められた白菜、ニラ、豚バラ肉。そしてスープは結構な濃さの味噌味。こうなると天理スタミナラーメンとの類似性は小さくなってしまうが、白菜多めの濃厚味噌ラーメンとして美味かったよ。札幌系の味噌とは違う魅力を持っている。結構満足出来たよ。次の機会に醤油味を試して天理スタミナラーメンを味わってみたい。

和田町駅前の薬局で買い物をして桜木町へ移動した。サミットで食料品の調達をした後帰宅した。

2021年9月11日 (土)

印土飯再

210911sora03

雨の降る中隣駅の尻手駅に降り立つ。ラオタモードだったので連食を狙いここから川崎駅方面に歩いて久々『ラーメン屋マキタ』への訪問を考えていた。でも歩きながら「そう言えばこのあたりは5月に訪問してかなり好印象だった『ターリー屋』があったよな…。」と思い出した。そうしたら急激にラーメンモードからカレーモードへシフトし『マキタ』は次の機会にして『ターリー屋』に再訪問することにした。

210911makita00

ラーメン屋マキタ

そして『マキタ』の前に来たら営業していなかった。緊急事態宣言を受けて休業中のようだ。これで心置きなくすぐ近くの『ターリー屋』に入店することが出来た。

早速入店。店員はインド系の男2人と女1人。口頭で注文。先客5人後客5人。テイクアウト客3人。

210911tallyya00210911tallyya01 インド定食 ターリー屋 川崎西口通り店

『チキンケバブキーマライス定食(HOT・ライス大盛)』 990円+『ラッシー』 100円=1199円

前回と同じチキンケバブキーマライス定食とランチドリンクのラッシーを注文。だってこんなメニュー他店で食べられないから。今回は辛さはHOT、ライス大盛りで注文した。

210911tallyya022度目だけどもう提供された時点で「これこれっ!」っとテンションが上がってしまった。見た目からして美味い。悩ましいのがケバブライス単体だけで食べたい気持ちとキーマカレーをかけて食べたい気持ちで苛まれること。なので単純にケバブライスの半分だけでキーマカレーを消費するように食べた。HOTではあったが挽き肉の甘みがあるので辛さはそれほどでもなかった。美味い!でもチキンケバブライス単品で食べる方が好きだったりする。下の千切りキャベツとサフランライス、更に目玉焼きを良くまぶして食べた。うんまいねー。ただ注文時テンションが上がって欲張ってライス大盛りにしてしまったのが失敗で後半かなり苦しくなってしまった。連食だったことを忘れていた。なんとか食べきって支払いを済ませ店を出たが、川崎駅へ行く途中消化タイムで少し休んだくらい。馬鹿だなーと思いながら。こんな思いをしないように横浜にも支店ができればいいのに、そうすれば余裕が出来て他のメニューを試せるのに。

210911sora02

しばらくすると雨は止んで青空がのぞいてきたが、我には余裕がなくそのまま帰宅しベットで横になりそのまま爆睡してしまった。

再接種後

2回目のワクチン接種の翌日の昨日は会社を休んだ。朝のうちはこれといった副反応は出ていなかったのだが何となく気だるい予感があったし、有給休暇は6月に1回取得して以来この夏使っていないのでここでケチってどうすると会社に休暇連絡をした。これが正解だった。いやそれほど顕著な副作用の症状は出なかったのだが、徐々に微熱が出てきて節々が痛くなり偏頭痛も出てきた。そして倦怠感というかとにかくだるかった。風邪のひきはじめと似た症状が続いた。こんな状態で働くのは辛かったと思う。違うのは腹だけはちゃんと空くんだよ。それが妙におかしかった。でもだるいので外出する気が起きず近くの『龍宝』にすら出かける気にならなかった。そんな訳で昨日は1日自宅待機。夕方には偏頭痛は収まり夜には倦怠感もなくなって注射した左肩の鈍痛を残すだけだった。それも今朝にはキレイに無くなっていた。我の体内で変化が起きたことが体感出来て結果的には良かったよ。

210911sora01

そんな昨日の分を取り返すべく今日は少し勇んで早めに家を出て新店開拓へ出発。空には灰色の雲がどんよりと立ち込めている土曜休日。家から出ると蝉の声は鳴りを潜め代わりに金木犀の香りを感じた。そんな時期になったか…とも思ったけどやっぱり蒸し暑かった。最寄り駅から京浜東北線に乗り久々鶴見川を超えて川崎に出た後南武線に乗り換え矢向駅で下車。ここはギリギリ横浜市鶴見区。駅前から徒歩1分弱、昨日オープンしたばかりの『京都ラーメン森井』矢向店だ。我はあまり聞いたことがなかったが川崎稲田堤に本店を持ち既に6店舗の支店展開をしている勢いのある店のようだ。今回は新支店開店サービスで昨日から明日までの3日間ワンコインサービスをしていて昨日は長い行列を作っていたという情報があったので勇んで開店予定の38分も前に到着したら既に1人待っていた。2番手として店前で待ち始めた。でも少し経つと我の後ろの行列はどんどん伸びていった。待っている間小雨が降ってきた。定刻に暖簾が出される。この頃には30人くらいの行列になっていたと思う。開店記念営業対応ということで男女各4人計8人もがスタンバイしていた。ところがのっけから券売機トラブル発生で入店にストップがかかった。店員が券売機のマニュアルを見ながら修復を試みていたが一向に直らず、店主格と思しき男の店員が厨房から出てきていた。なので客入れが出来ず店内は最初からペースが狂った形になっていた。行列していた客は原因が判らず列がなかなか進まないのでヤキモキしているようだ。長い間ラオタをやっているのでこういうシーンは過去何度か見たことがある。券売機は営業の入口なのだから重要度が高いはずなのに何で日々の使用前点検を行わないのだろうと疑問に思っていた。他店では開店直前に電源入れたりするシーンもよく見たし。この店がどうだったかは知らないが開店早々にトラブルが発生しているからそれに疑念を持った。だけどそれに臨機応変に対応して口頭で注文を受け少しずつ客を店内に入れた一人の女店員は凄いなーと関心した。常に低姿勢で「申し訳ございません!」と行列客に対して謝り続けながら的確に対応していた。なので我は悪い気など起きず店内に案内され着席。客席は厨房周りにL字型カウンター7席と2人がけテーブル席2卓と4人がけテーブル席1卓。各席には感染症拡大防止の仕切り有り。

210911morry00210911morry01京都ラーメン 森井 矢向店

『京都熟成醤油ラーメン(麺かため・ネギ多め・背脂多め)』 500円<オープン記念価格>

券売機は故障していたので今日はどんなメニューがあったかは判らないのだが、当初から基本のラーメンのみ頼むつもりだったので注文。麺のかたさ・ネギの量・背脂の量が好みで選択出来るようだ。背脂ということは数ある京都ラーメンの中でも『ますたに』を筆頭にした「京都背脂系」なのだということが予想された。出てきた一杯は実に美味しそうだった。麺はかために茹でられたストレート細麺でまるで博多ラーメンのよう。具はたくさんの九条ネギの輪切りと細切りメンマ数本、薄いかためのチャーシューが2枚。スープは鶏ガラ醤油で細かい背脂に覆われていた。でも『ますたに』に比べて辛味はそれほど混じっていない。なのでやや甘めに仕上がっていた。熟成醤油と九条ネギのシャキシャキ感が楽しめて美味しい一杯だった。満足して料金を支払い退店した。雨は本降りになっていた。

2021年9月 9日 (木)

再接種前

我もようやく2回目のワクチン接種日を迎えた。9月半ばになってようやくだ。2回目は副反応が酷い場合があると聞いているのでちょっと怖いけどね。それでも限定的な効果とは言え、ただ怯えてただ「気をつける」事だけを強いられて過ごしてきた今までの長い日々よりかは少しはマシになるという希望が持てるだけでもありがたいよ。

話は変わって先月我が1回目のワクチン接種をした際に立ち寄った浦舟町の『ラーメンマンザイ』。高齢の店主夫婦が引退を決め先月31日をもって閉店した。ところが先代店主に教えを請い店舗を引き継ぐ人達によって店は引き継がれ、奇遇にも我の2度目のワクチン接種を受ける今日営業を再開するというので訪問してみる事にした。情報収集すると今月いっぱいは昼3時までの営業だそうだ。ワクチン接種の時間を考えると今日は接種前に入店した方がいいなと傘を開いて早めに家を出た。午後2時半前に店に到着。無事営業していた。早速入店。厨房には男の店員2人。内外装とも変化はないように思える。でも店内隅に券売機が設置され、カウンターには感染防止の衝立が設置されていた。先客1人後客1人。

210909manzai00210909manzai01ラーメンショップ マンザイ 『マンザイラーメン』 700円

前回同様看板メニューを注文してみた。値段は変わらず。丼が変わったせいかちょっと違う印象を受けたが海苔で顔を隠すスタイルも継承していた。

210909manzai03210909manzai02海苔を外してみると先代の時よりごってりとワカメが入っていた。スープの色がちょっと濃くなった気がするけど、食べてみればそんなに味は変わっておらず安心した。長髪を後ろで結いている店主が味の事を聞いてきたので正直に「美味しいです」と答えた。聞くと先代店主の血縁とかではなく「マンザイファンです!」との事。焼け跡のような店舗で営業していた今は無き伝説の弘明寺店等の話も出てきた。新しい店主は昔から馴染んだラーメン店が無くなってしまうのは本当に惜しい!と考え一念発起したのだろう。それは凄い事だよ。なかなか出来る事ではない。そう思わせた先代の『マンザイラーメン』店主も凄いけど。久々に聞いた身近な美談だ。良い気分になった。味玉までサービスしてくれたよ。ラーメン店に限らず飲食店には厳しい時代だし、美談だけでは済まされないキツイ仕事だと思うけど応援したい気持ちになったよ。しばらくしたら今度は味噌を食べに訪れよう。ごちそうさまを言って店を出た。

さてワクチン接種2回目。2回目なのでルーチンは覚えておりスムーズに接種は出来た。こころなしか1回目よりチクチクするね。今のところは大丈夫だ。傘をさして歩いて帰宅。明日まで無事で済むだろうか心配な夜だ。

龍宝炒揚

210909nakamurabashi01

今日も雨。在宅勤務日。昼はいつもの『龍宝』。雨の日なら尚更だ。ちょうど暖簾が出されるタイミングで入店。厨房にはいつもの店主と先代。先客は既に1人いた。口頭で注文。後客3人。

210909ryuuhou00210909ryuuhou03中華料理 龍宝 『ランチ(もやしそば+揚げワンタン・小ライス)』 670円

今日もランチ。着丼の際釣り銭不要の支払いをした。熱々のもやしそば。スープ表面に炒めた油たっぷり。フーフーやりながら食べるのがいい。美味い!甘酢がかかった揚げワンタンは作り置きなのはしょうがない。スナック感覚でパリパリと食べられる。こんな昼飯が近場でこの値段で食べられる幸せを噛みしめるように平らげた。今日も大満足で店を出た。

2021年9月 8日 (水)

秋雨塩油

昨日は一時的に青空がのぞいたが今日は雨混じりのどんよりとした天候だった。気温も20℃前後と先月とのギャップが極端なくらい涼しい。これも明後日くらいに猛暑の日々が帰ってくるまでの事だという。今は信じられない。

今日は早出時差出勤の定時退社日。帰宅途中『札幌すみれ』に寄ってみることにした。先週は気の迷いで別の店に立ち寄ってしまったのでね。昨年末訪問して以来となる。店前に並びなし。入口券売機で家族客が食券を買っていてつっかえたが。毎回の確認になるが「村中社長のラーメン」はなかった。一度でも提供した事あるのかね?厨房には男の店員4人。接客係は若い男女の店員2人。先客10人くらい。後客は5人くらい。カウンター席が間引かれて5席になっていた。

210908sumire00210908sumire01札幌すみれ 横浜店 『塩』 900円

この店ではついつい筆頭メニューの味噌を注文しがちになってしまうが今日は塩だと決めていた。この店で既に一度食べた事があるんだけど日曜日食べて美味くて元気をもらった『みずき』の塩に引っ張られた形かな。しばらく待って提供された一杯。あれ?かまぼことだし巻き卵が追加されている。前回食べた時にはなかったものだ。『みずき』同様こちらも炒め野菜とラードたっぷり、強い縮れの中太麺で構成される札幌ラーメンの塩ラーメン。スープをレンゲで一口啜っただけで唇がベトベトになる。直後コップの水を飲むと表面にハッキリと油が浮く。でもこれが美味い!縮れ麺の喉越しもいい。シャキシャキのもやしと柔らかメンマの食感も良し。札幌の塩、我は好きだなー。我は熱々の一杯が大好きなのだ。だし巻き卵は弁当に入っているようなものと違い、噛むと中から鰹出汁がじゅわっと出てきたので驚いたよ。汁一滴残さず平らげてしまった。でも炒め野菜が『みずき』の方が香ばしかった。比較してしまうとちょっと上品な印象を受けたよ。でも大満足!

桜木町駅に戻りサミットで買い物をしてから家路についた。

2021年9月 7日 (火)

龍宝鷄飯

火曜平日。今日は在宅勤務を選択。朝の内は快晴だったので久々に布団干しが出来てラッキーと思っていたら徐々に雲が増えてきてしまった。

在宅勤務中なので昼はお決まりの『龍宝』。今日くらい別の店にしようかな?とも考えたが、休暇じゃないんだからそうそう長時間家を離れられないのだからやっぱりここになる。でも満足度は保証されているようなものなのでここでいい。在宅勤務期間じゃないとなかなか寄れない店だと思うしね。今日は早めに到着したが暖簾は出ていて入店すると1番のりだった。厨房にはいつもどおり店主と先代。早速口頭で注文。でもしばらくするとバラバラと5人が来店してきてカウンター席は埋まった。

210907ryuuhou00210907ryuuhou01210907ryuuhou02中華料理 龍宝 『ランチ(ラーメン+半チキンライス)』 670円

今日のランチは半チキンライスだって。我にとってこの店初めての洋食だ。ケチャップ多めでベチャ気味だけどその酸味と玉葱の甘みが良いバランス。炒められた卵と小さめに切られた鶏肉がゴロゴロ入っていて、もう美味い!昼の合間にこれだけのご馳走を安価で食べられる我は幸せだ。入が早かった分退店も早く早々に帰宅出来た。少し休んでから午後の業務に取りかかった。

2021年9月 5日 (日)

炒油塩麺

210905sora01

どんより曇った朝を迎えた日曜休日。何だかローテンションな休日。ダラダラと家で過ごす。雨が降らなさそうなので我としては遅く11時過ぎに家を出た。こんな遅いスタートなので今日は近場だな。久々横浜橋通商店街に行ってみた。タピオカ屋は閉店したこ焼き屋が出来ていたりと多少変化があった。やっぱり町を歩いているだけで徐々に気が晴れてくる感じ。伊勢佐木町にも出てみる。このパターンだと我のホームの『田中屋』…とも思ったのだが、スタートが遅れた事を利点として、開店時間が遅い為我といつもタイミングが合わない店に行ってみる事にした。『札幌焼き味噌ラーメンみずき』だ。前回訪問から2年半以上も経過してしまった。開店直後あたりだったか先客が1人いた。入口脇の券売機で食券購入。また値上がっていた。厨房には店主1人。カウンターにはアクリル板が設置されていた。食券を渡して待った。後客5人。

210905mizuki00210905mizuki01札幌焼き味噌ラーメン みずき 『塩拉麺』 820円

あまり腹は減ってなかったしローテンションだったから何にしようか少し悩んで塩を選択。この店の塩はさっぱりした函館の塩ではない。札幌ラーメンの塩味。熱々のラードと熱々の炒め野菜の旨みが楽しめる塩ラーメンだ。札幌ラーメン定番のレモン色した中太縮がスープによく絡み喉越しがいい!油っぽいのに全然くどくない。これは今の自分が望んでいた一杯。食べている間ずっと「ラーメンを食べる喜び」を味わっている状態になり低かったテンションが徐々に上がってきたよ。食べ物の力って凄い。チャーシューも地味だけど美味かったなー。近場にこんないい店があった事を忘れていたのは我ながら情けない。緊急事態宣言が更に延長の見込みなので遠出も出来ない事態が続く。間を空けないでまた近い内に再訪しよう。大満足で店を出た。

ラーメンによるテンションの上げは長くは続かず店を出た途端イセブラする気は起きなくなって早々に帰宅する事にした。休日なのだから家でゆったりと過ごす。それがいい。

2021年9月 4日 (土)

王道印再

横浜市磯子区氷取沢町。マイカー持ちではない我のような人間からすれば滅多に訪れる事はない場所だ。住人の人には悪いが雰囲気からしてローカル感が強く出ていて歩いているとちょっとした地方遠征したような気分になった。『麺家イナズマ』退店後に笹下釜利谷道路沿いを歩いて北上してみた。

210904kamariya00

カマリヤ大将

すぐ近くの『カマリヤ大将』は営業しているのを確認した。本牧間門にある『ラーメン大将』系列の店。こちらは約3年半前に訪問している。

210904wakou00

札幌らーめん 麺屋 和光

更に歩を進めて上中里町に突入すると『麺屋和光』が暖簾を出しているのを見つけた。濃厚なスープの味噌ラーメンがメインの店。こちらは2008年に訪問して以来ご無沙汰だからよっぽど入店しようかと思ったよ。でも今日はその先にある『家系ラーメン王道 王道之印』へ二度目の訪問を試みる。最近ネット上では元気のいい『王道家』グループの店で元『環2家』店主の店。開店直後の約6年前に一度訪問しているが、そこで玉葱スライスの厄災が起きてしまった。その時点でテンションはだだ下がりし、スープも何だか薄まって美味い不味い以前の状態だった。6年越しで再評価すべく訪問したくなったのだ。再訪を決意するまでそれくらいの時間が必要だったという事になる。店に到着したのは11時半少し前。入店し食券を買って店員に食券を渡すと好みを聞かれ席を指定された。水はセルフ。店員は男の店員3人と女の店員2人。マスクや感染防止ビニールのせいで店主がいるかは確認出来ず。客入りは入店時8割程度だったが時間が経つにつれ満席になり店内の待ち席に数人並びだした。

210904oudou00210904oudou02家系ラーメン王道 王道之印 『王道セット(麺かため・油多め)』 930円

今回は余計なトッピングはせず王道の王道セットを注文。ラーメンにライスと辛味メンマが付く。先にそちらが提供されたので卓上からおろしニンニクときざみ唐辛子、きざみニンニクをライスに入れて準備した。結構遅れてラーメンが提供された。海苔が5枚になっていた。

210904oudou01家系&ライスなので食事としての満足度はそこそこ高かった。ラーメンは麺は良かったけどスープがちょっと我の好みとは違っていた。どうしても直系と比較してしまい、そこには明らかな違いがあるからだ。トロンとして醤油が強めでしょっぱい。我としては初回で悪い印象だったので今回こそはと思いながら食べたのだが、この店とはやっぱり相性が良くないようだ。味の好みだからどうしようもない。店を出て店前のバス停からバスに乗ったが直後傘を忘れた事に気づいて取りに戻った。洋光台駅から桜木町駅へ移動し家路についた。

氷取稲妻

210904sora01

朝から霧雨の土曜休日。こんな天候ではあるが今日は久々に磯子区氷取沢へ訪れる事にしていた。電車で洋光台駅まで移動した後バスに揺られる事15分くらいだったかな。バス停から5分ほど歩いて先月28日に開店した本日の目的店『麺家イナズマ』へ到着した。今年5月29日に閉店してしまった『がんこ亭』氷取沢本店の跡地に開店した店だ。『がんこ亭』は初めて『吉村家』から初めて独立した店。家系発祥の地である横浜市磯子区は家系黎明期の雰囲気を伝える店が結構あったのだがもうそのほとんどが無くなってしまった。寂しい限りだ。店に到着したのは開店10分くらい前。店前のベンチには既に先客2人。開店までに我の後ろに4人が並んだ。3分くらい前倒しで開店してくれた。入口脇に券売機。厨房には男の店員2人。客席は厨房前に一列のカウンター6席、2人がけと4人がけのテーブル席が各1卓。食券を渡すと「お好みは?」と聞かれた。この店は家系とは名乗っていないし好みを示す掲示など見つからなかったが我の家系定番を答えた。後客は続々来店しちょうど満席になったが外待ちは生じなかった。

210904inazuma00210904inazuma01 麺家イナズマ 『とんこつ醤油ラーメン 並盛(麺かため・油多め)』740円

筆頭基本メニューを注文。他に塩とんこつ、和風とんこつ等がある。径が小さく底が深い黒い丼で登場。ほうれん草と海苔とチャーシューが入った家系っぽいラーメンだが海苔2枚でゆで玉子半個入。麺は平打ち中太やや縮れ麺。しっかりと麺かため。スープは白っぽい色をしていてしょっぱめ。ちょっと量産型家系っぽい味わいだが嫌な感じはしない。朝飯抜きで食べたので麺と具は食べきり満足して退店した。

2021年9月 3日 (金)

秋雨避蔭

今日も雨降りの1日。少し前の暑さは嘘のように過ごしやすくなっている。とは言え傘が手放せず駅から遠く歩くのは面倒。という事で帰宅途中雨に濡れる心配がない横浜ジョイナス地下2階に今月1日開店した新店に立ち寄る事にした。『蔭山樓』という自由が丘に本店をもつ鶏白湯メインの店だ。この場所は以前『しなのそば仙之助』があったところじゃなかろうか?今のご時世に横浜駅地下に出店するなど相当な資金力と見込みが望めないと出来ないだろうからちょっと期待。早速入店。手の消毒と検温をしてから席に案内された。店員は男女各3人。店員教育中だった。客席は厨房周りにL字型カウンター9席、2人がけテーブル席1卓、4人がけテーブル席4卓。先客3人後客1人。メニュー表を見て口頭注文。

210903kageyamarou00210903kageyamarou01蔭山樓 横浜ジョイナス店 『味玉鶏白湯塩そば』 1078円

名物とまで謳った筆頭メニューを味玉付きで注文。他には鶏白湯醤油、担々麺、麻婆麺がラインナップ。しばらく待って提供された一杯を見て最初に思ったのが「丼ちっちゃい」。コップとの対比でわかると思う。生野菜が入っていて彩りはあるけどね。麺はかために茹でられた中太縮れ麺。具は白葱、レタスと玉葱、糸唐辛子、蒸し鶏、トッピングの味玉は半分に切られた状態。スープは濃厚鶏白湯。名物を名乗るだけはある。中太縮れ麺との相性も良い。ただ難点として丼がやや内側を向いていて少々食べづらい事。量も大人しめなので1000円超えの一杯と考えるとちょっと満足とは言い切れない。でも最近在宅勤務で動いていないので腹は満たされた気になって連食はせず食料品を調達してから家路についた。

2021年9月 2日 (木)

龍宝生碼

昨日に続いて朝から本降りの雨の木曜日。こんなにも変わるものなのか?と驚くほど気温が低下した。エアコンはもちろん扇風機も稼働する必要がないくらい涼しい。

在宅勤務日、しかも雨の日なのでいつもの『龍宝』。Tシャツの上に半袖シャツを羽織って家を出た。今日は開店予定の5分前に到着したが暖簾は出されて先客1名が店内で座っていた。厨房にはいつもの店主と先代。口頭で注文。後客2人。

210902ryuuhou00210902ryuuhou02中華料理 龍宝 『ランチ(サンマー麺+半ライス・生玉子)』 670円

この店でサンマー麺は食べたことがなかったはず。なので自動的にランチを注文。

210902ryuuhou01この肌寒いくらいの気温で熱々のサンマー麺はありがたい。優しいトロミの中にもやしと白菜、ニラ、にんじんが入っている。これらが細麺によく絡む。オーソドックスながら実に美味いね-。正道生碼麺。やはりこの店にハズレがないよ。全て平らげてからご飯に生卵投入。卓上の醤油を投入。久々食べたな卵かけご飯。サンマー麺は単品だと650円だから20円プラスでこれが食べられるのは得した気分だ。支払いを済ませ今日も大満足で退店した。

コンビニに立ち寄ってから即帰宅。午後の業務に取り掛かる。本降りの雨は降り続いている。

2021年9月 1日 (水)

長月初雨

今日から9月。9月になった途端に雨模様の空になり秋雨前線が停滞、しばらくは雨の日続きになるという。猛暑続きだったのでそれが和らいで今は受け入れられているが、その内鬱陶しく感じてくるのだろう。

会社帰り何か食べようかどうしようか迷った。改札前の立ち食いで食べて帰宅後軽く済ませようかと桜木町駅で下車し入店した。財布を探ると万札のみだったので両替をお願いした。両替を受け取り券売機に向かうと客でふさがっており何故か馬鹿らしくなってそのまま店を出てしまった。小雨降っているし気がすすまないけど野毛まで出てみるかと傘を開いて歩いてみる。『すみれ』で味噌とライスを食べようか…等と考えながら野毛を歩いていると人がまばらだ。それもそのはず近辺の店のほとんどがシャッターが降りていて「休業中」と書かれた貼り紙をしていた。緊急事態宣言下だからなーと今更気がついた。だから営業している店があると逆に目がいってしまう。ましてや「らーめん」と書かれた幟があれば尚更だ。明らかにバーのような店構え。この難局をラーメン店に転じて乗り越えようという店を今までも見てきたのでこの店もそんな感じだろうとすぐ理解した。『旬彩DINING ROOTS』という店らしい。既に訪問済みの店に入るより少しは面白いかなとラオタ心が頭をもたげてこの店に入店してしまう事にした。奥に厨房があり男の店員1人。その前にカウンター5席くらいと入口付近に4人がけテーブル席3卓。先客2人がカウンター席にいた。我はテーブル席に案内された。メニュー表を見て口頭で注文。料金後払い。後客1人。

210901roots00210901roots01旬彩DINING ROOTS

『ラーメン醤油』 830円+『味玉子』 120円=950円

ラーメンは普通のと冷やしがあり、各々醤油と塩が選べた。我は冷たいラーメンに苦手意識があるので通常のラーメンを醤油で味玉付きを注文した。しばらく待って焦がしネギが入った別皿と共に提供された。まずひと目見てまず頭に浮かんだのは「あれ?スープは?」だった。丼の形状のせいだとは理解しているがそれにしてもスープが少ない。提供された時のワクワク感に欠ける見た目だと言わざるを得ない。麺はストレート細麺。具はわけぎと白葱、海苔1枚、穂先メンマ2本と小さめの豚バラチャーシュー3枚。オプションの味玉は丸1個。スープは魚介等の旨みを感じる醤油スープ。特に魚介や鶏油が突出している感じではないけどこれはこれでなかなか美味しいスープだ。でもいかんせんその量が少なすぎる。麺は他店と同じ量だと思うがそれを食べ終わると底の方に僅かに残っただけだった。我にはとてもこれ一杯で満足出来るような食後感ではなかった。居酒屋ならば「それでしたら他にもメニューはあります」とか言われるのだろうがラーメン店はそうじゃないからね。そこら辺の感覚の違いがこういった他の飲食店が手掛けた臨時ラーメン店に多く見られるから入店時勇気がいるのだ。

面倒なのでコンビニでパン等を買って早々に家路についた。

2021年8月31日 (火)

葉月終昼

210831sora01

雲が多く厳しい日差しもなくひと頃よりはマシになったけどまだまだ蒸し暑い火曜平日。8月も今日で終わる。結局海を見に行く事すらしなかったな-。

今日は在宅勤務。昼はいつもの『龍宝』。今日は11時過ぎに入店。厨房にはいつもどおり店主と先代。先客3人後客1人。

210831ryuuhou00210831ryuuhou01

中華料理 龍宝 『ランチ(キムチラーメン+半チャーハン)』 670円

今日はチャーハンが食べたかった。ランチになかったら単品注文するつもりだったがランチメニューが書かれたホワイトボードに半チャーハンの文字あり。しかもキムチラーメンと来たらランチ決定。口頭で注文。

210831ryuuhou02

普通に美味しいので夢中で食べて汁一滴、米粒ひとつ残さず完飲完食!大満足!退店後早々に帰宅し午後の業務に取りかかった。

«緊急都下