カテゴリー

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

2019年4月 5日 (金)

唐揚小宮

久々に市内新店開拓。会社帰り田園都市線であざみ野駅へ。この駅に隣接する駅ビルの地下一階のレストラン街に先月28日に開店したばかりの『ラーメンとからあげの店 あの小宮』だ。「あの小宮」とは、同じあざみ野駅前にも出店している『つけめんTETSU』の創業者のことらしい。今は『TETSU』を退社しているそうで、この店は元『TETSU』スタッフが立ち上げたそうだ。都立大学駅付近を皮切りに数店舗出店しているらしいが、今回横浜初進出という。6時半頃店に到着。暖簾を割ると入口脇に券売機。厨房には男の店員2人。客席はL字型カウンター14席くらいと4人がけテーブル席2卓くらい。明るい木材の色合いで清潔感がある店内。先客8人後客6人。

190405anokomiya00
190405anokomiya01


らーめんとカラアゲ あの小宮 『煮干醤油らーめん』 690円

筆頭基本メニューを注文。他に淡麗塩や肉つけめん等がある。値段良心的。8分程度で着丼。麺は平打中太縮れ麺。もちもちとした食感。具はきざみネギ、細切りメンマ、チャーシュー1枚。スープは一見あっさり醤油に見えるけど、結構煮干しガッツリな味わい。この値段でこの完成度なら十分満足だよ。
190405anokomiya02
+『カラアゲ(醤油)』 600円=1290円

もうひとつのウリであるカラアゲも注文。醤油ガーリック・塩ジンジャー・あま辛スパイシーの中から味が選択出来る。スタンダードなカラアゲが食べたかったので醤油を選択。ちょっと値段高めだなあと思っていたら、結構大ぶりなやつで千切りキャベツまで付いていた。揚げたてのカラアゲはやはり美味い!久々に食べる事が出来満足の退店となった。

帰りはブルーライン1本ですぐ帰路につけたから楽だった。

2018年12月 7日 (金)

青葉台晴

辿り着いた金曜日。久々に会社帰り青葉台にまで足をのばす。未だラオタ心が元気だね我。駅から大通りを待っすく北上し歩くこと約8分ほど。今月1日に開店した新店『麺家はる』だ。午後6時半過ぎくらいに到着。早速入店。入口脇に券売機。厨房にはおじさん店主1人と男の店員1人と女の店員1人。厨房前に一列のカウンター席が5席と3席の2本。テーブル席は2人卓☓2、4人卓☓3。先客1人後客3人。店長は若い2人に業務を教育中だった。

181207menyaharu00 181207menyaharu01 麺家はる

『ラーメン(麺かため・油多め)』 750円+『小ライス』 100円=850円


基本メニューを注文。家系に準じた好みを設定出来たので定番の好みで注文。麺は中太縮れ麺。具は薬味ネギ、水菜、海苔3枚、脂身の多い炙りチャーシュー1枚。家系そのままってわけではないんだね。スープは結構濃厚で味もしっかりしており油分も十分感じる。疲れた体にはじんわりと染み込みラーメンを食べている満足感を得る事が出来た。小ライスも適量。卓上にはおろしニンニクと豆板醤があったので家系ライスを作って食べた。満足の食事が出来た。

2018年5月18日 (金)

鎌倉家訪

『ラー麺 鎌倉家』。青葉区奈良町という、、最寄りは田園都市線こともの国線の終着駅であるこどもの国駅からでも1km以上ある、車で行く以外ではなかなか困難な辺鄙な場所にポツンとあるラーメン店だ。以前は小田急町田駅周辺にあり、我は2014年4月4日に一度訪問している。でも元々はこの辺りで営業していて出戻ったという形だ。当時は撮影禁止の店と聞いていたので敬遠していたんだよな。でも今回はそういう事はしていないみたいなので訪問してみる気になった。しかし5月2日の連休中日、会社帰りに訪問を試みたものの思いっきり臨時休業(昼のみ営業)を食らって物凄い無駄足を踏んでしまった。この悔いは早めに晴らせてもらおうと今夜リベンジに向かった。今回も住宅街を歩いて歩いてやっとの事で辿り着いた。無事営業していたのを見た時は安堵した。リベンジ達成だ。町田にあった頃の店舗を思い出させるような手作り感溢れる木彫りの看板。あの時の店舗はかなり狭かったが、今回は広々としており、この周りの風景に溶け込んでいる感じはある。店はガラス戸で中は丸見え。先客はいないらしく店主は客席でテレビを見ていた。早速入店。店主1人だけで営業しているらしく厨房に戻っていた。客席は向かい合わせのカウンター5席と4人がけテーブル席2卓。口頭で注文。後客2人。料金は後払い。

180518kamakuraya00 180518kamakuraya01 ラー麺 鎌倉家 『鎌倉ラーメン』 700円

屋号を冠した基本メニューを注文。麺はかために茹でられたブリブリの黄色い中太縮れ麺。我の好きなタイプの麺だ。具は多めの薬味ネギ、平メンマ数本、海苔1枚、肉厚で大きめのチャーシュー1枚。魚介系の出汁と醤油の味が結構ハッキリした味の輪郭をもった、それでいていい塩梅のスープ。あっさりというより、労働の後に美味く感じる塩味強めの味わいだ。そしてこの店では持ち帰りも売っているほどの自信のあるチャーシュー。確かに噛んだ時に肉の繊維と旨味を感じる野趣のあるいい味わい。どことなく小田原ラーメンに通じるものがあるように感じた。長距離歩いて辿り着いた甲斐があったと感じる事が出来た。満足の一杯だ。

180518kamakuraya03 180518kamakuraya02 +『チャシュウ-まぶしめし』 150円=850円

黒板に書いてあったサイドメニューを注文。何だよ「チャシュウー」って。名前はおかしかったが、チャーシューのきざみがふんだんにご飯の中に混ぜられた、脂の甘さが際立つ、コストパフォーマンの高い満足の一杯だった。胡麻油に頼っていないところが逆に高評価だ。

立地的なハードルが高いので再訪は困難だが良い晩飯にありつけて満足の退店となった。

2017年7月 5日 (水)

夕青葉盛

昨晩台風が通過して少しは爽やかな朝になるかと期待した。しかしながら結果は逆。空は雲が多く、そして蒸し暑い。こんな中出勤するのはとても腰が重たかったが出勤してきた。そして定時退社日。水曜だけど、こうも蒸し暑いと何もやる気が出ないので外食して帰宅する事にした。どうせ外食するなら新店開拓。東急田園都市線青葉台駅近くに家系の新店が開店したという情報を聞きつけ訪問してしまう事にした。本当は金曜日行くつもりだったんだけどね。ガマン出来なかった。

まだ夕日が眩しい青葉台駅に降り立つ。駅北口から徒歩3分程度のところに目的の店を発見。白く真新しい店舗だ。早速入店。入口脇に券売機。厨房には若い男の店員2人。店主は『武蔵家』と『介一家』での修行経験があるとの前情報有り。厨房周りにL字型カウンター10席。先客1人後客1人。

170705kitamuraya00 170705kitamuraya01 横浜ラーメン 北村家

『青葉盛ラーメン並(麺かため・脂多め)』 900円+『小ライス』 50円=950円

筆頭看板メニュー「青葉盛ラーメン」をいつもの好みで注文。青葉盛りというのは、チャーシュー2枚、海苔6枚、味玉、ほうれん草ちょっと多めという事らしい。これは『武蔵家』菊名店の「菊名盛ラーメン」インスパイアだね。店主の修行先は『武蔵家』菊名店である可能性が濃厚。ほとんど待つことなくすぐ提供された。これは濃厚豚骨で醤油ダレも効いた家系スープ。見た目から『介一家』ではなく『武蔵家』のラーメンに近い事がわかる。麺は家系としては細めの太麺ストレート。我としてはちょっと麺が好みとは合わない。でもスープは『武蔵家』イズムを引き継いでいる満足の味。海苔は6枚もあるので小ライスでは量が足らなかったけど、トータルで量も満足出来た。

帰りはあざみ野に出てからブルーラインで帰路についた。蒸し暑い-。

2017年5月 6日 (土)

美丘福丸

田園都市線で青葉台からあざみ野へ移動。駅から10分以上歩いたところに先月12日に開店したという新店『麺屋福丸』というのが本日の目的ラーメン店となる。暑い日差しの中、我とは縁のない美しが丘の住宅街をひたすら10分以上歩く。我も物好きだなあとつくづく思う。ようやく目的の店を発見したのは1時10分くらいだったか。ゴールデンウィーク中だから営業しているか賭けだったけど暖簾が出ていて安堵した。店前に待ちは無かったので入ろうとしたら店内で8人くらい待ってるんだよ。とりあえず入店し入口脇の券売機で食券を購入する。厨房には店主と思しき中年男と女店員の2人。水はセルフ。客席は厨房前の一列のカウンター6席のみ。先客8人だから1巡以上待つんだなー。こんなところでも連休混雑は生じるとは恐れ入った。後客も続々来店。結局30分待ちでようやく着席出来た。

170506fukumaru00 170506fukumaru01 麺屋 福丸 『醤油味玉らーめん(大盛)』 780円

メニューには醤油と塩、タンメンなどがあった。筆頭醤油を味玉付きで注文。麺大盛り無料らしいのでそれもお願いした。10分ほど待ってようやく着丼。ここまで長かった。麺は粒粒が見える全粒粉を使った細麺ストレート。ブツブツと噛みごたえのある我の好みの麺だ。具は薬味ネギと青梗菜、平メンマ数本、海苔1枚、チャーシュー1枚。トッピングの味玉は半分に切られて彩りとなっている。魚粉が僅かに表面に浮いたじんわり煮干し醤油スープ。これも最近我の好みとなっているタイプのもの。若干甘みが強めになってしまっているのが残念だったが、総じてレベルの高い一杯に仕上がっている。もう少し研ぎ澄ませればいい感じになるかも知れない。…我は何様なんだよ。満足出来たけど、ちょっと立地が難があり再訪は難しいかも。帰りはブルーラインで1本だから楽ではあるんだけど。

2016年12月15日 (木)

薊野家系

平日の夜だというのに会社帰りあざみ野に立ち寄った。奇しくも先日に引き続いて『JIN』の跡地に新店が開店したというので行ってみる事にした。でも駅から真っ直ぐ一本道だけど1km近く離れているんだよね。しかも緩やかながら上り坂だし。平日の夜に行ってしまうのだから我ながら相当のもの好きだと思う。今度の店は横浜家系らーめん『あざみ野家』。先月13日開店との事。噂だと池辺町の『順吉家』の姉妹店だというが、その店は我も3月に訪問しているはずなのにほとんど記憶に残っていない。そんな考え事しながらようやく目的の店到着。長かった。券売機は店外に設置されている。入店すると中は明るい。新店らしく綺麗。厨房には若い男の店員が1人のみ。コの字型カウンター10席と2人がけテーブル席4卓。先客2人後客1人。ライスは終日無料おかわり自由との事で入口近くに巨大なジャーが設置されている。我も早速一膳よそってスタンバイ。食券を渡して好みを伝えると5分ほどで提供された。

161215azaminoya00 161215azaminoya01 横浜家系らーめん あざみ野家

『醤油らーめん(麺かため・油多め)』 680円


ごく普通の…量産型家系と似てるけど、やや醤油ダレが濃い気がした。そして違和感を感じたのが平打ちストレート麺。これで麺かためオーダーだとちょっと違うんだよなー。ライス無料だけは良かった。卓上から豆板醤とおろしニンニクをかけ家系ライスをつくって食べた。

帰りは下り坂1本道だし、市営地下鉄で余裕で座れて乗換なしで家の近くに着けるので楽ちんだった。

2016年2月19日 (金)

哲特浸麺

三寒四温の日々。今日はまた日中気温が18℃近くとなり4月上旬並の暖かさとなった。そんな金曜日の夜。退社後田園都市線に乗りあざみ野にやって来た。昨年12月10日に開店した『つけめんTETSU』あざみ野店がその目的。我が本店に行ったのはもう9年半前に遡る。今や数多くの支店があり、みなとみらいのランドマークプラザにも6年前に開店していた。近場にあるのに新店だからってわざわざあざみ野まで行ってしまう我は本当にもの好きにもほどがある。今回の店は駅と隣接した形だが独立した店舗だ。そして白と黒で綺麗でスタイリッシュな真新しい店舗。バスターミナルの真ん前で、バスを降りた時ついフラフラと入ってしまうような好立地。早速入店。入口脇に券売機。結構広々とした店内。厨房には男2人と、滑舌の良い女の子店員1人。厨房周りにL字型カウンター15席くらい。4人がけテーブル席は3席かな。待合席もあったが、先客は7人ほどで、席を指定され着席を促され、店員に食券を渡した。後客は10人くらいかな。もう少しすれば待合席も人で埋まるだろう。

160219tetsu00 160219tetsu01 160219tetsu02 つけめんTETSU あざみ野店

『特製つけめん(大盛)』 1080円

「つけめん専門店の中華そばはゲンナリする場合が多い。」それが我が9年間食べ歩いてきて得た経験のひとつだ。この『TETSU』もその代表的な店。いつもはそれでも中華そば選択する我だが、別に『TETSU』自体は経験済みなのでつけめんを注文。そして連食しないつもりなので特製大盛選択。特盛りまで無料なのかな?特製は薬味ネギ、メンマ、チャーシュー2枚、味玉丸1個が追加。それがそのまま別皿で提供され、あとは標準仕様。つけ汁の中にはちゃんと標準仕様のチャーシューやメンマが入ってる。作る時は効率的だろうけどね。冷蔵保存はしてなかったからまだいいけどね。常温。それでも別皿だとつけ汁の温度を奪う。そこで麺の最後の分をつけ汁に入れた後、TETSU名物の焼き石を投入。そして別皿の具を投入し小さな中華そばを作成。これをシメとして食べ、それでも残ったつけ汁に卓上の鰹出汁の割りスープを足して飲んで完食。

帰りはブルーラインで横浜に戻った。

2016年1月15日 (金)

青葉伊麺

160115dueitalian03 『Due Italian』。昔「ガチンコ」というTV番組の中の1コーナー、ガチンコラーメン道にて『支那そばや』店主、故佐野実氏に鍛えられたという石塚氏の店。約10年前当時『ラーメン道Due Italian』と名乗っていた店が、川崎チッタデッラにあり、そこに訪問している。あれからもう10年経つのか…。佐野実氏ももうこの世にはいない。そしてその佐野実の『支那そばや』は田園都市線青葉台駅ビル6階に出店していた。そこには我は4年半前訪問している。その店舗が昨年8月1日、『Due Italian』になった。石塚氏が引き継いだのだろう。会社帰り寄ってみた。厨房には男の店主が1人。石塚氏は市ヶ谷に本店を構えているから別の店主だ。白い服に黒いズボンをはいた女の子店員が1人。入口脇に券売機がある以外全然ラーメン店らしくない。案内されテーブルに座るとガラスのボトルで水が出された。これは川崎時代から変わらず。先客ゼロ後客3人。

160115dueitalian00 160115dueitalian01 160115dueitalian02 黄金の塩らぁめん Due Italian 横浜

『らぁめん生ハムフロマージュ』 1180円

基本の塩は川崎で食べているので、今回は筆頭オススメのメニューを注文。4桁超えだ。麺は中細ストレート。具は薬味ネギと黄身しっとりの味玉丸1個、丼の縁に生ハムが4枚のっている。看板どおりの黄金の塩スープは鶏油が上品に効いている。そこにゴルゴンゾーラ入クリームチーズが2玉浮いている。説明にはいきなり混ぜないで麺と絡めて食べろとある。この雲のようなクリームチーズを通して麺を啜るとこってりとチーズが絡みついてとても美味い。そしてチャーシューならぬ生ハム。日本人だとスープでしゃぶしゃぶしそうになるけどそれは堪える。塩気と食感が良い。麺を食べ終わる頃店員が確認しに来るのでサービスの玄米ご飯をもらう。スープを入れてリゾットにして食べる。こんな女性向けに寄ったラーメンで満足できるか疑問だったけど、リゾット食べたら結構満足感が得られた。

帰りはあざみ野経由で市営地下鉄に乗り換え横浜へ向かった。

2015年11月18日 (水)

秋雨味噌

昨日に続いて今日も本降りの雨。今年の秋は例年より雨がよく降る気がする。そんな雨の中だけど、定時退社日ということで会社帰り久々に青葉区の新店開拓。あざみの駅西口駅前の交差点を渡り徒歩1分程度のところにある「あざみ野飲食街」というビル一階に飲食店が並んだところの奥に今年の8月8日開店した『ぼっけもん』という店が狙い。「ラーメン」と書かれた赤提灯が目印。早速入店。入口脇に券売機。厨房には紺のシャツを着たおっさん店主が2人。厨房前に一列8席のカウンター席。4人がけテーブル席2卓。BGMなどは無し。先客2人後客2人。口頭で注文。

151118bokkemon00 151118bokkemon01 豚骨らーめん ぼっけもん

『味噌らーめん(麺かため・ニンニク入)』 780円+『小ライス』 100円=880円

醤油も塩もあるが筆頭の味噌を注文。豚骨ラーメンを名乗っていながら味噌が筆頭なのは珍しいかも。見た目は結構普通な味噌ラーメン。麺はかために茹でられたシコシコな食感が味わえる縮れ太麺。もやし、ニラ、キャベツなどの炒め野菜と薬味ネギ、ほうれん草、巻きバラチャーシュー。ニンニクはチップで入っていた。スープは味噌の味はしっかり出ている。そして豚骨濃度はなかなか高い。粘度がある。こってり味噌豚骨。そしてかための太麺もいいね。普通に美味しかったけどそれが大満足だ。

帰りは市営地下鉄ブルーラインで帰路に着いた。

2015年6月14日 (日)

海鮮北丸

朝5時前雨が降っていなかったので休日恒例の根岸森林公園までのウォーキングに出たが、根岸森林公園に到着した時にちょうど雨が降り始めてしまった。と言ってもここまで来たら同じなので1時間のウォーキングは遂行した。

朝食を食べた後10時くらいに再出発。雨は上がっていたが空は雲に覆われている。市営地下鉄ブルーラインに乗り終着駅のあざみ野で下車。この付近に4月18日に開店した『北海浜チャンポン北まる』に向かう。駅からまっすぐのびる道をひたすら歩く。何か記憶にあるなあと思ったら1年半前に『Jin』という店に来た時も同じ道を歩いたんだった。駅から10分と結構な距離を歩いてようやく目的の店に到着。暖簾は出ているが札が準備中になっている。開店時間から20分ほど経過しているのに。店の前に立っているとバイトと思しき若い男の店員が「入りますか?」と聞いてきた。「いい?」と答えると、「店長お客さんですけど入ってもらっていいですかー?」と店内に聞いている。確認してから聞いてくれ。すると親父店主は「いいけどまだお湯沸かしてないからちょっと待ってもらってー」。…このルーズな感じ、期待出来そうもない。案の定すぐ調理にかからず、バイト店員になにやら指導していた。カウンターの席を指定され15分くらい待たされた。
150614kitamaru00 150614kitamaru01 北海浜チャンポン 北まる

『北海浜チャンポン』 1080円
看板メニューを注文。海鮮チャンポンをメインにもってくる店は観光地の土産物店ばかりと思っていたが、一般店舗でメインで持ってくる店が出来るとはね。麺は中太縮れ麺。具は盛りだくさん。カニの爪や海老、ホタテ、ムール貝、蛤、メンマ、海藻、カマボコ、そしてイカ丸一杯。盛り沢山だけど我の食欲はそそられない。何と言ってもほとんどワカメで埋め尽くされているから。麺食べてるのかワカメ食べているのかわからないくらい。幸か不幸かスープの油分が多めなのでラーメンらしく食べられた。これであっさり塩スープだったらキツかったところだ。我が帰る直前後客が3人入店した。とんぼ返りで帰宅した。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) ラーメン(神奈川県>鎌倉市) ラーメン(神奈川県>藤沢市) ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) ラーメン(神奈川県>平塚市) ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) ラーメン(東京都>23区南部>大田区) ラーメン(東京都>町田市) ラーメン(東京都>多摩地域) ラーメン(北海道地方) ラーメン(東北地方) ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) ラーメン(東海地方) ラーメン(甲信越・北陸地方) ラーメン(関西地方) ラーメン(中国地方) ラーメン(四国地方) ラーメン(九州・沖縄地方) カレー(神奈川県) カレー(東京都) カレー(東京&神奈川以外) 孤独のグルメ 心と体 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき