カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2019年11月29日 (金)

佐野卒業

『支那そばや』が来月1日、つまり明後日をもって新横浜ラーメン博物館から卒業となる。2000年3月の営業開始から20年の節目ということで退店を決めたそうだ。戸塚の本店は2008年開店だからオープン当初は後付感が否めなかった。『支那そばや』といえばラー博、そして『支那そばや』といえば佐野実だ。最初に知ったのはご多分に漏れずあのバラエティ番組。絵に描いたようなラーメン店の頑固親父。「そんな頑固なラーメン店主ならそもそもバラエティ番組に出るわけ無いだろうに」と当時は冷ややかな視線で見ていた。だからその後ラー博で『支那そばや』のラーメンを食べる時も「どの程度か見てやろう」と半ば馬鹿にするつもりで注文したんだけど…。でも実際に食べたらその麺の喉越しに驚かされたよ。当時「家系のちぢれ太麺最高!」と考えていた我がそう思ったのだからよっぽどの事だよ。自分が色眼鏡で人や物を見てしまった事を恥じた。そして2014年4月の訃報。あまりにも突然過ぎたので今でも信じられないところがあるよ。本当に惜しい人をなくした。あれからまた時が過ぎてとうとう『支那そばや』がラー博からいなくなる。そして伝説へ…といったところか。語り継がれる人だと思う。

191129shinasobaya03
本当は今夜は別の新店に訪問するつもりだったけど、急遽ラー博に予定を変更。到着したのは6時半頃。まず向かったのは1階の土産物売り場。以前は子供向けのカーレース場とか無意味なものがあったけど撤去されて様変わりしたね。何で地下の店舗に行かず売店に直行したかというと3000部限定販売という冊子「支那そばやのすべて」を購入する為だ。明後日店終いなので売り残ってくれるか不安だったが無事購入出来た。
191129rahaku01191129shinasobaya04急いで地下へ降りて『支那そばや』店舗へ向かう。店前には8人くらいの行列が生じていた。階段の途中まで降りて列に並ぶ。意外と列は早く進み券売機の前へ。ラー博は全店券売機はタッチパネル式に変わったんだね。今夜の狙いはもちろん『支那そばや』卒業ラーメン「美瑛産小麦の塩らぁ麺」。1日100杯限定だそうだ。もう夜になったので残っている可能性は低いかなと半ば諦めていたけど、無事タッチパネル上のボタンを押すことが出来た。連日の売り切れに150食まで増やしたとの情報は後から知った。入口で接客していた女店員にこの店への思い出を語っていた客が多く見られた。その女店員はどうも佐野実氏の実娘らしい。そんな話を多くの客からされて嬉しかっただろうね。
191129shinasobaya00191129shinasobaya01
支那そばや 新横浜ラーメン博物館店 『美瑛産小麦の塩らぁ麺』 1000円

佐野実氏が生前絶賛していた美瑛産小麦「春よ恋」。しかし北海道は産地指定して注文が出来ない事からラーメンへ使用する夢がかなわないままだった。それを佐野氏の妻がJAびえいに交渉し今回卒業ラーメンへの使用が出来たという。この美瑛産「春よ恋」の新麦と他の北海道産小麦をブレンドした『支那そばや』特別の自家製麺を主役にするという意味で具は葱のみのほぼ素ラーメンな状態。それを壊さない為にも我はトッピングは無しで望んだ。そして食べるとやっぱり『支那そばや』らしく喉越しが素晴らしい細麺。麺が主役なんだけどスープも鶏の旨味が上品にしっかりと伝わってくる。塩加減も絶妙。これまでのラー博の他店の限定卒業ラーメンのレベルとは一線を画する、『支那そばや』らしい素晴らしい一杯だった。

上品な素ラーメンでは後で腹が減ってしまうのはわかっている。なのでもう一店連食。選んだのは『利尻らーめん味楽』。利尻島の本店を知った後に初めてラー博店での実食を試みる。店頭に待ちなし。スムーズに食券を買って入店。客入りは7割といったところか。待っている間昆布と思われる箱が店に届けられていたり期待が持てるよ。
191129miraku00191129miraku01
利尻らーめん 味楽 新横浜ラーメン博物館店

『焼き醤油ラーメン』930円+『利尻昆布ダシ味付玉子』 150円=1080円

筆頭焼き醤油に今回は利尻昆布ダシ味玉まで付けちゃおう。味玉は別皿での提供となった。先程の上品な『支那そばや』の塩ラーメンと比べて何と強い味わいだろうか!旨味がもう凶暴にすら感じるよ。もし佐野実氏が生きていてこの一杯を食べたらどう評していただろうか?興味あるなー。こんな一杯があんなに遠かった利尻島まで行かずとも新横浜で食べられるという幸せ。満足の退店となった。

家にかえって早速「支那そばやのすべて」を読んだ。佐野氏の「食材の鬼」っぷりがよくわかる内容。映画のパンフレットのように食前に読めばもっと卒業ラーメンを楽しめただろう。

2019年11月27日 (水)

菊名盛加

久々に家系欠乏症になってしまった。家系ラーメンを無性に欲してしまう症状が現れた。しかしこういう時に「家系ラーメンなら何でもいい!」と妥協して量産型を食べてしまうと満たされず、余計に症状が悪化してしまう事は過去の経験上わかっている。なので店は慎重に選んだ。結果『横浜ラーメン武蔵家』菊名店に決めた。前回訪問が2015年1月30日だから何と約5年ぶりの訪問だよ。そう言えば菊名駅の改装前だったからね。早速入店。入口すぐの券売機で食券購入。厨房には男の店員3人と女の店員1人。先客6人後客5人。
191127musashiya00191127musashiya01 横浜ラーメン 武蔵家 菊名店

『菊名盛りラーメン中盛(麺かため・油多め)』 1000円+『チーズ』 100円=1100円

前回訪問時と同じ看板メニューの菊名盛りを中盛で注文。好みは我の定番で。5年前と同じ値段だよ、凄いね。ライス無料も健在。大中小と量が選べたので中ライスにした。そうしたら少なめだった。無料だから文句は言えない。その為の中盛りだ。まずは卓上からおろしニンニクと豆板醤をライスに投入し、スープに浸した海苔に胡椒をふりかけライスを巻く。家系ライスにして海苔とライスを攻略。次にチャーシューとほうれん草を麺にからめていただく。そして最後に券売機に「チーズ」という文字を見逃さずこれも注文していた。そうしたらこれがバーナーで焦がしてくれるんだよ。家系ラーメンと焦がしチーズ、初めての体験だ。麺は家系にしてはやや細めの四角い中太麺だが、これがこの溶けた焦がしチーズと良く絡んでくれる。

191127musashiya02

濃厚な武蔵家系の豚骨醤油スープにダメ押しのような濃厚さが加わる。そして最後は黄身トロリの味玉を食しピリオド。あんなに腹が減っていたのに、こんなの食べたら満腹で大満足だ。家系欠乏症はすっかり霧散していた。ピッチャーから水を追加して口を整えてから退店。家路を急いだ。

2019年10月23日 (水)

溶卵香辛

昨日菊名駅付近に新店が開店したそうなので帰宅途中に立ち寄る事にした。場所は以前『丹行味素』菊名店があった線路に近い路地裏。同じ店舗じゃないけど。店名は『SPICEラーメン アゴートミート』。近くの鶏料理店の姉妹店として開店。夕方5時からの夜のみ営業なので敷居は高め。夕方6時過ぎの入店では前後客ゼロだった。厨房には男の店員2人と女の店員2人。一列のカウンター5席と4人がけテーブル席2卓。口頭で注文。
191023agotoeat00191023agotoeat01 SPICEラーメン アゴートミート 『セサミンラーメン』 800円

SPICEラーメンはハーブ、ビネガー、セサミンの3種類。我は胡麻好きなのでセサミンを選択。ラーメンメニュー以外だと同じ3種構成でクッパとスープがあり、サイドメニューには餃子もある。アルコール含めたドリンク類も。全て持ち帰り可能だそうだ。提供された一杯は赤いラー油のようなものがかかっていて目立つ。スパイスラーメンと言っても『卍力』とは方向性が異なることは明白。パクチーが上にのせられている。メニュー表にはパクチーをネギに変える事が出来ると書いてあったが、注文時特に確認されなかったので苦手な人は要注意かな。我はパクチー増しにするか悩んだくらいだから無問題。ん?スープの中に見えるのは溶き卵?更にチェックするとひき肉の粒らしきものも確認出来る。そしてスープの中にある緑のヤツはパクチーではなくニラだ。これはもしかして…『ニュータンタンメン本舗』をアレンジしたようなラーメンかも?麺は断面が長方形の中太ストレート。粒粒が見える全粒粉入り。その麺を持ち上げた時赤く四角い唐辛子が付着しているので増々ニュータンタンメンを食べている錯覚を起こす。胡麻の影響か辛さはそれほどでもない。そして味はニンニクのそれではないところが大きく異なる。その代わり山椒だろうか、口内に痺れに似た感覚が生じる。ニュータンタンメンをベースにして独自色を出しているのが面白い。世の中にはニュータンタンメンマニアがいるようなので、そういう人には面白みが増すかもしれないが、違いが気になるかも知れない。我は普通に美味しく平らげる事が出来た。満足。営業が長く続くようであれば再訪する機会もあるかも知れない。そうなったら今度は筆頭ハーブを食べてみようかな。

2019年9月22日 (日)

綱島寺井

190922sora01

予報では今日は曇のち雨だったはずだが、朝は日が差し込み少し暑いくらいだった。早速布団を干す。10時過ぎに家を出て綱島へ。一昨日の2019年9月20に開店したばかりの新店『家系 麺場寺井』を訪問する。店主は『武蔵家』日吉店で12年修行を重ねた後の独立らしい。店外に券売機があり食券を購入。店内に入るとフライングだったらしく店外でしばらく待つよう言われ戻る。1分程度の待ちで入店。奥から座るように言われる。厨房には黒Tシャツを着たいかつい男の店員3人と女の子店員1人。男店員はやたらと大声。好みを伝え着席。客席はL字型カウンター12席と4人がけボックス席1つ。後客は続々ありちょうど満席。
190922menbaterai00190922menbaterai01
家系 麺場寺井 『ラーメン並(麺かため・油多め)』 650円

日吉ルールを受け継いでいてライス無料で大中小サイズが選べる。我は中を注文。卓上からおろしニンニクと豆板醤をのせてラーメン到着を待った。麺は家系としてはやや細め。具は家系標準。チャーシューがちょっと独特で柔らかめ。ほぼ『武蔵家』と同じ濃厚豚骨醤油な定冠詞付きの家系な一杯。綱島駅周辺には家系ラーメンが多いけど、駅前でこの値段でこの質なら結構良いとは思うけどね。満足。

2019年8月 2日 (金)

綱島家族

昨日から8月突入。外にいるとまるで風呂場にいるような錯覚を覚える蒸し暑さ。そんな日の帰宅途中に久々に綱島まで足をのばした。新店開拓のためだ。駅から歩くこと約10分、鶴見川支流の早淵川土手の手前にあるビル2階にある店を目指した。この暑さの中自分で呆れて「よく行くよなー」と自虐的なことを思いながら歩いたよ。目的の店は『らーめん家族』という店で7月20日に開店したという。アットホームな印象の屋号に反して夕方5時からの24時までの営業らしい。実際の店舗は階段をひとつ歩いた踊り場正面にある小さなスペース。なんでもビル1階にあるハワイアン料理店と同じ経営らしい。早速入店。白を基調とした内装。厨房には男の店員2人と女の店員1人とギュウギュウな感じ。厨房周りにL字型カウンター8席か9席。卓上のメニュー表を見て口頭で注文。有線のようなBGMがかかっている。先客ゼロ後客は我と入れ違いの形で1人。
190802ramenkazoku00 190802ramenkazoku01
らーめん家族 『綱島醤油らーめん』800円

筆頭メニューを注文。他に豚骨醤油や豚骨つけめん等があった。全部のメニューに綱島をつけて郷土愛を感じる。出てきた一杯は黄色いスープが目立つなかなか見ない一顔をしていた。盛り付けなんかに素人っぽさがなく店主は経験者のようだ。麺は黄色い中太ちぢれ麺。具は薬味ネギ、ほうれん草、太メンマ数本、海苔2枚、鶏と豚のチャーシュー各1枚。上にはしそのようなものが添えられている。黄色いスープは表面にうっすら背脂がかかっている。味は醤油っぽさが希薄で鶏油が強めに出て若干甘みを感じる。我は鶏油好きなのでこれは美味いと感じた。
190802ramenkazoku02
+『米屋さんのネギチャーシュー丼』 300円=1100円

サイドメニューのネギチャーシュー丼も頼んだ。胡麻油で和えられたネギ、チャーシューは脂身たっぷりで表面がカリカリで中ジューシューな肉厚なものが4個くらい入っている。こちらも美味かった。コストパフォーマンスもなかなか。場所と営業時間に難があり、現時点では食べログにも掲載されていないので穴場な店だなー。この暑いのに完食してしまった。満足。

2019年3月 6日 (水)

拉博八油

ラー博に平成最後に参戦する新店が本日オープンとなった。博多・薬院に本店を持つ『八っちゃんラーメン』という博多ラーメンの店で1986年創業の老舗店。ラー博オープンの1年前から口説き続けて、25年越しに実った出店だそうだ。タイミングが合ったので会社帰りに立ち寄ってみた。あーまた入館証忘れたよ。なのでまた半年間パスを買ってから入店。スマホチケット化してくれないかな。入館して目的の店へ向かう。場所は上の『すみれ』が入っていた店舗。流石に開店初日だけあって長蛇の列。入館まで50分かかって入店。食券は券売機で購入済。入店すると『すみれ』時代とかなり内装を変えている。厨房は入口左側に集約され、下の階が見下ろせる窓の前に一列10席のカウンター席。4人がけテーブル席4卓。白い内装でシンプルな感じ。人員の都合か、空席をあえてつくって案内している。博多ラーメンなのに回転が遅いなと思っていたんだよ。

190306haccyan00_2 190306haccyan01 博多・薬院 八っちゃんラーメン 新横浜ラーメン博物館店

『ラーメン(バリカタ)』 750円

メニューにおにぎり150円というのがあったので頼もうと思っていたら券売機に✗がついていた。仕方ないので基本のラーメンをバリカタで注文。もう見た目がこの辺で食べられる博多ラーメンとは異なる。スープ表面が若干泡立っていて茶色い。麺はやや平打された極細ストレート。薬味ネギとチャーシュー2枚。そしてスープはかなり油っぽくアツアツ。豚骨濃度は高いけど、最近の濃厚豚骨と比べるべくもない。でもやり過ぎない、ちょうどいい感じ。ただこのアツアツラードは想定外。結構腹に溜まってしまい、替え玉もしないのに博多ラーメン一杯でお腹いっぱいになってしまった。食べ終わって2店目にも寄らず博物館を後にした。大丈夫か、我?

そのまま地下鉄で横浜に移動し横浜ヨドバシへ。タブレット端末の我の希望機種が入荷したというので来たのだが、たかが機種変更なのに1時間弱もかかった。勘弁してくれ。帰宅は10時をまわっていた。

2019年1月30日 (水)

太豚統合

会社帰り市営地下鉄ブルーラインに乗り換え新羽まで出て『ハイパーファットン』に立ち寄ることにした。2017年8月18日に訪問以来の二度目の訪問。何でもここの本店にあたる六角橋の『ファットン』が人手不足の為一時休業して、こちらの店舗に集中するのだとか。これからそういう店が増えてくるよね、例え大人気店でも例外なく。そうなってしまうことを食い止めようとするより、今を楽しんでおいた方が良いのかもね。6時半くらいに店に到着すると店前には行列なし!早速入店。券売機で食券を購入し、ちょうど1席空いていたのですんなり着席。前回訪問時は1時間待ったというのに。平日夜の強みだね。それでも我の後から来た客は店外で待つよう指示されていた。厨房には店員3人。

190130hyperfaton00 190130hyperfaton01 ハイパーファットン 『FBラーメン小(ニンニク)』 850円

再訪問なので別のメニューを…と探すと限定メニューがあった。FBラーメンとFBそば。FBとはなんぞ?後で調べるとファットンブラックの意味だとか。FBそばの方は追い飯付きと書いてあったので台湾混ぜそばインスパイアなのだろう。我は通常汁無しよりは断然汁有り派なのでFBラーメンの方を注文。いくつか制限があって、大盛り不可でミニor小の選択のみ。またニンニク、カラメは選択できるがヤサイ増しはない。出てきた一杯はヤサイ抜き二郎のような感じだった。麺はうどんのような平打太麺。でもうどんとは違い密度のある麺なので噛みごたえがあり腹にたまる。大盛り不可が納得の麺量だった。具はメンマと豚3つ?見た目はブラックな感じはしないスープだが、飲んでみると醤油ダレがかなり強めで結構なしょっぱさ。豚骨濃度が高いから黒くならないのか?このボリューム、この塩分濃度。さらに追い打ちをかけてくるおろしニンニクパワー。目一杯働いた後には満足度が高い一杯。そうではないと少しキツイ一杯。我は麺と具は平らげたがスープは飲み干せなかった。

2019年1月19日 (土)

北新横戻

190119fuji01 快晴の週末が続く。ここ横浜からでも雄大な富士山が望める。存在感がある山だなーと改めて思った。

横浜で買い物した後、市営地下鉄ブルーラインに乗り北新横浜へ。駅前近くにあった『丹行味素』が、今月5日、屋号を変えて創業の地でリニューアルしたというのでやって来た。今度の店名は『自家製麺鍛錬場 瀧ざわ』という。実は先週末会社帰りに来てしまったんだけど、移転後は昼営業のみだったのでフラれたんだよ。駅から鶴見川方面に向かって8分くらい歩く。到着したのは開店3分前くらいだったか。既に二人待っていた。でも先客が後から来た客と知り合いだったらしく我に譲ってくれた。開店から2分ほど遅れて店主がシャッターを上げた。入口に券売機。厨房は奥にありおじさん店主とおばさん店員の2人がいるので食券を渡すと番号札を手渡される。駅前の時と同じセルフ配膳なんだね。

190119takizawa00 190119takizawa01 自家製麺鍛錬場 瀧ざわ 『吟醸味噌麺(惣菜ビュッフェ付)』 1090円

この店のメニューは開店から13時迄と、それ以降で値段が200円下がる。それは店主手作りの惣菜ビュッフェが食べ放題タイムだからだ。13時以降惣菜の追加がストップするので安くなるという。

190119takizawa02 ラーメンが出てくるまでそれを取り皿に取っていただいた。鶏カラとか煮物とか揚げ豆腐とかマカロニグラタンとか。美味そうなのでついつい取りすぎてしまった。食べている内に番号が呼ばれラーメンをトレイごと受け取る。以前の焦がし味噌麺とはけっこう変えてきている。以前は乳白色した豚骨寄りのスープで肉味噌の玉が乗っていた。今回は黒味噌ラーメン。むしろ以前より焦がし味噌感が増している。麺もピロピロと縮れが強い平打麺。具は薬味ネギ、メンマ、もやし、コーン、鶏肉チャーシューの塊2つ。そこに先程の惣菜から味玉とか豚の角煮なんかも投入しちゃって豪華盛りに。今回は味噌の味がハッキリしていて我好みに変わっている。プラス我の好きな縮れの強い自家製麺。プラス美味い各種惣菜。どんどん食べ進んでお腹いっぱいで満足した。食べ終わったらトレイごと棚に戻して退店だ。

駅前のスーパーに寄って買い物をしてから地下鉄に乗り帰路についた。

2019年1月12日 (土)

乾酪味噌

190112tree00 どんより曇った三連休初日。夜には雪が降るかもしれないとの予報。横浜に出て買い物を済ませた後東横線に乗り日吉へ。狙いは『ひよし家』。昨年9月7日に再訪問して改めてこの店の実力を知る事が出来た。その時冬になったら食べにこようと注文しようと決めていたメニューがあったのだ。開店まで時間があったので日吉駅前をぶらぶらした後、開店7分前くらいに店に到着。すると暖簾がかかり営業中の看板も出ていた。開店時間早まったのかな?厨房は見えなかったが相変わらず店主夫婦二人。口頭で注文。前後客ゼロだった。

190112hiyoshiya00 190112hiyoshiya01 らー麺ひよし家 『味噌チーズらー麺』 1150円

目的のものを注文。味噌注文時のみ太麺に変わる。やや太い程度だけど。スープは味噌汁か?と思わせるほどとても飲みやすい。でもちゃんと油も感じるしラーメンの味噌スープなんだよ。これは温まる。具は薬味ネギとチャーシュー3枚とシンプルだけど、中央にバーナーで丁寧に炙られたとろけたチーズ。「チーズらー麺」という名に恥じない、チーズ好きをしっかり満足させる結構な量だ。箸でつかめば伸びる。飲みやすい味噌スープと香ばしさを感じるチーズ。やっぱりここの店主、料理人としてセンスが良いんだろうなー。これで醤油、塩、味噌を食べたけどどれも美味い。日吉という安さとボリュームが求められる学生街なので賑やかな食べ物店が多く、この店はどうしても地味に見えてしまうけど、相当な実力店なんだよ。それにこの街だって学生だけ居るわけではない。この街の大人にはここは重宝される店なんだろうな。

2018年12月22日 (土)

日吉再丼

連休初日。だからといって無理矢理予定を入れていなかった我は正解。昨夜は早めに帰宅しすぐ寝たのに、朝目覚めたのは8時前。朝遅くまで寝ていられる休日の醍醐味を久々に味わう事が出来た。疲れが溜まっていたのだ。

181222sora01 空は雲が多く、昼前には雨が降るという予報。早めに出かけて早めに帰宅しゆっくりしよう。横浜で買い物をした後東横線に乗り日吉へ。訪問した店は『ラーメンどん』。日吉駅改札から徒歩1分程度の場所にある。開店したのは2008年9月。激戦区日吉で10年以上営業を続けている店だ。我は開店直後の2008年10月17日に一度訪問した事がある。昨日食べた二郎インスパイアに納得が出来なかったので、もうひとつの10年越しの二郎インスパイア店訪問を狙ったのだ。店に到着したのは開店から5分をまわった頃だったけど、中を覗くと結構客が入っているのが見えた。営業中の札もあったのでドアを開け入店。「いらっしゃいませー」と親父店員の声。厨房には親父店員が3人。店内はかなり狭く厨房周りに一列のカウンター7席と2人がけテーブル席3卓。先客5人。その後も来客は相次ぎ店外で待ち客も生じ始めた。危なかった。食券を渡す時、ヤサイ、ニンニク以外に家系に準じた好みも聞かれるのでお願いした。

181222don00 181222don02 ラーメン どん

『ラーメン(ヤサイ増し・ニンニク増し・麺かため・脂多め)』 680円+『こま切れチャーシュー』 100円=780円


筆頭基本のラーメン(麺200g)に、オススメ品と書かれていたこま切れチャーシューをトッピング。ヤサイもニンニクも増しで二郎感を増し昨夜の雪辱を狙う。また、家系好みも定番で。味がもの足りなかったら、卓上のラーメンたれを追加すれば良いのでカラメ指定は不要だ。こま切れチャーシューと脂多め指定が効いたのかなかなか凶暴な顔になった二郎インスパイアな一杯。ニンニクも増しで大量のきざみニンニクが入っており味の方もワイルド。麺は昨夜と同じ平打太麺だけどしっかりとコシが味わえる。スープは非乳化で醤油豚骨。卓上のラーメンタレを何度か追加し更にワイルドな味に仕上げた。

181222don01 本家ではない二郎系の店では珍しく、後半ちょっとだけ「へこたれそう」になったけど、それを含めて二郎系に対する欲求は満たされ、満足顔で店を出る事が出来た。店を出ると小雨が降っていた。食べた後汗をかいたのでなかなかコートを着る事が出来ず参ったけど、駅が近いし便利だな。12時半には帰宅。外の雨音を聞きながら家の中でくつろいで休養に充てた。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) ラーメン(神奈川県>鎌倉市) ラーメン(神奈川県>藤沢市) ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) ラーメン(神奈川県>平塚市) ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) ラーメン(東京都>23区南部>大田区) ラーメン(東京都>町田市) ラーメン(東京都>多摩地域) ラーメン(北海道地方) ラーメン(東北地方) ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) ラーメン(東海地方) ラーメン(甲信越・北陸地方) ラーメン(関西地方) ラーメン(中国地方) ラーメン(四国地方) ラーメン(九州・沖縄地方) カレー(神奈川県) カレー(東京都) カレー(東京&神奈川以外) 孤独のグルメ 心と体 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき