カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

2019年9月 7日 (土)

再能見台

昨夜は会社の送別会に参加し帰宅出来たのは翌午前。それでも目覚めたのは朝6時過ぎ。ゴミを出した後しばらくゴロゴロしたら二度寝してしまった。10時頃目覚め家を出る。今日も残暑が厳しい状況。壱岐旅行記もまだまだ書き上がらない為遠出はしたくない。そう考えた結果火曜日訪問したばかりだが能見台へ再び行ってみる事にした。火曜日は南インド料理店『ガネーシャ』を訪れたが、ラーメン店をチェックしたら未訪問の店を見つけたからだ。
190907sora01京急に乗る為井土ヶ谷駅にやって来たが何やら様子がおかしい。改札が全て通行禁止状態で駅に入れない状況。一昨日神奈川新町付近の踏切に侵入したトラックと正面衝突した大事故は知っている。その復旧は今日昼頃になるというのも知っていた。でもそれは横浜-川崎間の不通区間だったのではなかったか?出発する前もそれを確認しておいたのに。駅員に聞くと「上大岡からは運行しているので、蒔田から市営地下鉄で上大岡に移動して下さい」と言われた。仕方ないなーとバスで蒔田駅まで移動しようとバス停で10分ほどバスを待った。もうすぐバスが到着する、その時バス停から見える京急改札口に人が入っていくのが見えた。バス停を離れ井土ヶ谷駅に向かうと改札が入れるようになっていた。中に入ってみると、横浜方面に向かう電車は何本か通るのだが、下り方向はまだ運転見合わせ状態。15分ほど待ってようやく運転再開し、しばらくしてやって来た各駅停車に乗り込んだ。能見台駅に到着出来たのは正午を回った頃になってしまった。

改札からすぐ徒歩1分弱、『金沢家』含む色々な飲食店が入った雑居ビルの半地下に今日の目的店『麺屋友喜(ゆうき)』があった。今年7月20日に開店していたらしい。早速入店。厨房にはおじさん店主と女店員の2人。先客がなく店主は暇そうにしていたが、我が入店すると厨房に戻っていった。客席は厨房周りにL字型カウンター12席くらい。前後客ゼロ。口頭で注文。
190907menyayuuki00190907menyayuuki01
麺屋 友喜 『塩らーめん』 680円

メニューは塩、醤油、味噌、辛味噌、とんこつ醤油、とんこつ塩、サンマー麺、博多豚骨と何でもやっちゃってる感じ。でもおすすめは塩らーめんとあったのでそれを注文した。麺は黄色いやや縮れた細麺。具は薬味ネギ、平メンマ数本、海苔1枚、半味玉、脂身の多いチャーシュー1枚。あー本当に優しい味のシンプルな塩スープ。美味いじゃん。似てもいないのだけど、何故か今はなき『味のほうさく』を思い出した。能見台周辺住民にとってはいい店が出来たんじゃないのかな。機会があれば他のメニューも試してみたいよ。

続いて大通りに戻って次の店を目指す。『ガネーシュ』に行った時に目に入った『どさん子大将』だ。何だ、追浜まで行かなくても市内にあったんだ。『どさん子大将』の現状はその時の記事で。本部を失って独自の道を歩み始めた各店舗。能見台店はどんな感じになっているのか?早速入店。厨房にはおじさん店主1人。客席はL字型カウンター10席と座敷に4人卓ひとつ。先客4人後客ゼロ。口頭で注文。
190907dosankotaishyou00190907dosankotaishyou01
ザ・ラーメン どさん子大将 能見台店 『コーンクリームラーメン』 730円

メニューには一品料理、ビールやジュースもあって完全に町中華化が進んでいた。ありきたりのメニューを注文しても面白くないから、オリジナリティがある面白そうなメニューを注文。麺が黄色い中太縮れ麺。具はもやし、ワカメ、メンマ、大量のコーン。スープは塩ベースにコーンクリームスープを溶かしたんだろうな。クリーム感は希薄。塩味が強く出ている。こういう缶詰コーンも久々食べたなー。どの店出身とか無化調とか小難しい事とは無縁な、ゆるゆる感が魅力になっている。満足の連食となった。

2019年4月13日 (土)

八景接続

先月31日に金沢シーサイドラインが京急金沢八景駅に接続した。せっかく朝新杉田まで出てきたし、今日はいい天気だし、春の海を見てみるのもいいなーと久々シーサイドラインに乗ってみる事にした。普段乗るような事はまずないので新鮮だ。工場地帯を抜け一気に視界が広がりそこには海が広がっていた。始点から終点まで一気乗りしようと思っていたが八景島で途中下車。雲ひとつない青空と青く広がる海。テンションが上り波打ち際に沿って歩いた。先週は花見を行ったけど、今日は初夏を遠くに感じる春の海。気分がいいねー。

190413hakkeijima01
190413hakkeijima02
190413hakkeijima03
190413hakkeijima04

海の公園南口駅から再びシーサイドラインに乗り込み終点の八景島駅へ到着。先日『麺屋庄太』に訪れた際に駅前に見つけた未訪問のラーメン店に行ってみる事にした。駅から徒歩2分ほどのところにある『麺やまる八』なる店だ。昨年2月に開店した家系ラーメン店だ。開店直後に入店した為先客なし。入口脇に券売機。厨房には店主夫婦と思しき男女2人の店員。厨房前にL字型カウンター8席と4人がけテーブル席2卓。席は指定される。店入口の空席待ちスペースがやたら広いのが気になった。先客ゼロ後客6人。その内一人の中学生は食券も買わずに注文していた。店主の身内っぽい。

190413maruhachi00
190413maruhachi01

麺や まる八 『豚骨醤油ラーメン(麺かため・油多め)』 680円

筆頭基本メニューを注文。うずらは無いが平メンマが入っているし『松壱家』のウルトラグループのラーメンに酷似している。なので個性は乏しいが、ある一定以上のレベルはクリアしている。なので満足は出来たが家系連食はきつくなってきたなー。

帰りは京浜急行に乗った。正午くらいには帰宅出来て午後は布団や洗濯物を取り込んでゆっくりと過ごした。

2019年3月16日 (土)

濃鰹豚骨

今日も特に行きたい店が思い浮かばない。別にテンションが低いわけでもない。ちょっと普段とは違う場所に行って気分転換は図りたいな、と思い吉祥寺にでも出てみるかと思ったけど、天気予報で今日は雨になると言っていたのであまり遠出するのは止めようとなった。なので色々考えて、横須賀との市境、金沢八景方面に行ってみることにした。

京急金沢八景駅に到着するとシーサイドラインの新駅と接続する為の工事が進んでいて、様変わりしていた。立体的な構造になるんだね。地上に降りて東京環状線に沿って追浜方面に歩を進める。空は曇っているが日光もあり雨が降る気配はない。歩くこと8分くらいで『麺屋庄太』へ、開店直後の2015年12月12日の訪問以来の再訪。その後創業の場所である津久井浜に支店を開店させたのでこちらは六浦本店としている。開店8分前に到着したが、待ちはなし。でも直後に我の後に数人並び始めた。定刻に暖簾が出され入店を促された。入り口すぐのところの券売機で食券購入。男の店員1人と女の店員2人。席を指定されて着席。しかし水はセルフ。後客は8人くらいか。190316syouta00 190316syouta01
麺屋庄太 六浦本店 『鰹豚骨』 900円

濃厚豚骨で知られるこの店。今回は限定の鰹豚骨を注文。15分以上待たされ着丼。麺はかために茹でられた平打気味の中太ストレート麺。具はきざみネギ、大葉、バター、小エビ数個。鶏のレアチャーシュー2枚。内1枚にはチーズが挟み込まれている。スープの表面にはトリュフオイルがかかっている。まずはスープを一口レンゲで啜る。高い豚骨濃度のスープに濃いめの鰹味。色も相まって魚介豚骨ビターバージョンといった印象を受けた。このところの我の中での魚介豚骨ブームに合致してどんどん食べ進めてしまったが、後半やっぱりキツくなってしまった。結構な胃もたれ感になってしまいもう連食は断念した。こんなことで来週大丈夫か我?一杯としては満足出来た。他の客もほとんどがこの限定狙い。我の後客もそうだったのだが、明らかに最初の客だった我を後回しにして後客を先に提供していたのが不満だった。

2018年12月 2日 (日)

文庫辰巳

京急金沢文庫駅近くのすずらん通り商店街にあった『大津家』が閉店し、新しい店が開店したという情報を聞き行ってみる事にした。11月22日開店の『麺屋辰巳』という店だ。本当は昨日訪問する予定だったんだけどね。

とりあえず食料の買い出しをしなくてはならないので井土ヶ谷に出てサミットで買い物をしてから電車に乗った。到着したのは11時ちょっと過ぎだったかな?だから開店5分くらい過ぎた頃に入店。入口脇に券売機。内装はかなり手を入れたようだ。厨房にはおじさん店主と女店員2人。L字型カウンター12席くらい。先客5人後客は8人と大入り。

181202menyatatsumi00 181202menyatatsumi01 麺屋 辰巳 『とんしお(太麺・麺かため・油多め)』 750円

筆頭基本メニューを注文。麺は太麺と細麺を選べる。通常は太麺らしいので太麺で。家系に準じた好みを設定出来るので定番の好みをお願いした。麺は黄色い縮れ太麺。具は白髭ネギと糸唐辛子、平メンマ数本、海苔1枚、ロースとバラの炙りチャーシュー各1枚。スープは家系塩に近いけど、単純にそうではない。際立った印象はないけど、旨味を感じるし油多めもいい感じで我好みだ。満足。

予報では晴れの日曜だったけど、どんより曇っていた。また井土ヶ谷に戻った頃にはちょっとだけ雨も降った。早々に帰宅した。

2018年1月 4日 (木)

再金八家

今日は免許更新手続きをすることにした。手続きの為に貴重な有給休暇を使うのはもったいないので更新年の1月4日をそれに充てている。今回も残念ながら二俣川行き。早朝に起きて向かった。運転免許試験場、年内に隣に建屋を作って移転するようだね。

更新免許を貰ったのが10時半くらい。その足で横浜で相鉄から京急に乗り換え金沢文庫駅に到着出来たのが11時半くらいだったかな。駅から10分ほど歩いて今日の目的店『金八家』に到着。創業1998年。昨日の『ONOMICHI』と同じ『六角家』姉妹店となる。我は2007年6月3日に一度訪問している。その際地元の人々に親しまれている様子が感じられ、良い店だったという記憶は残っている。しかし店に到着すると、記憶にあった店舗とは違う。家系っぽい男臭いイメージからは程遠く、屋号がローマ字表記になっていたりお洒落になっている。正月休みが終わっているか賭けだったが、無事営業していた。今日から営業開始らしい。年賀タオルも貰えた。店前に3人並んでいた。まず食券を買ってから並ぶよう店員に促され入店し入口脇に設置されたタッチパネル式券売機で食券を購入。すぐ店内に入れたが壁側にも待ち席が設置されていたのでそこで5分くらい待ってから着席出来た。厨房には男の店員2人と接客係の女の店員1人。厨房周りにL字型カウンター13席。来客は後を絶たず待ち席は常に人がいた。

180104kinpachiya00 180104kinpachiya01 ラーメン 金八家

『金八ラーメン(麺かため・油多め)』 820円+『ミニチャーシューめし』 200円=1020円


前回訪問時注文したのと同じ屋号を冠する金八ラーメンを注文。味玉付きで海苔8枚入り。連食はしない予定なので、サイドメニューのミニチャーシューめしも合わせて注文した。麺は平打ち縮れ中太麺。具は特のせ分以外は家系標準。チャーシューは脂身が多く肉厚なもの。スープは六角家系の醤油豚骨のもの。なかなか美味しい。でも海苔8枚は多かった。これなら普通の白飯の方が良かったかな。

180104kinpachiya02 チャーシューめしはシャキシャキネギと角切りチャーシューと海苔入りのスタンダードなやつ。トータルで満足度は高かった。他の家系店と比べて家族客が多いのが印象的だった。最近の家系巡り、新店訪問より楽しい。

再び京急に乗り上大岡で途中下車。京急百貨店で買い物をして帰路についた。今日で正月休みも終わりかー。

2017年7月23日 (日)

富岡蜂家

どんよりと曇った7月末の日曜日。今日は日用雑貨の買い物がメイン。横浜ヨドバシに行った後、京浜急行各駅停車に乗り、京急富岡駅へ。いつも思うけど京急の各駅停車しか止まらない駅は大変だなー。初めて降りた駅かな?とも思ったけど駅前の風景は記憶にあった。約2年前『麺や月』に訪問した時に来たんだった。駅から徒歩2分ほど、国道に出るちょっと手前の場所に今日の目的店を発見した。今月7日に開店した家系ラーメン店『横浜らーめん蜂の家』だ。到着したのは正午をちょうどまわったあたり。早速入店。入口脇に券売機。厨房には男の店員2人と女の店員1人。厨房前に一列のカウンター7席と4人がけテーブル席2卓。先客8人後客は我が入店した後たて続きにあり外待ち客も現れた。

170723hachinoya00 170723hachinoya01 横浜らーめん 蜂の家 『ラーメン(麺かため・油多め)』 680円

筆頭基本メニューをいつもの家の好みで注文。厨房には大きな寸胴がありスープを炊いていた。麺はストレート太麺。かため注文だったのにやけに柔らかい。具は家系の標準的なものだがチャーシューは脂身が多いが大きめだった。それにウズラが入っているので壱六家系なのか。スープは豚骨濃度はあるが醤油ダレは弱め。これと言った個性はない普通の家系ラーメンだった。近隣の住民には良かっただろうけど。今日はこれにておしまい。

2016年9月25日 (日)

八景五文

何日ぶりかで雨が降っていない朝を迎える事が出来た。でも大半の空が雲に覆われている。でも一部に雲のほころびがあり、そこから青空が見えているのが嬉しい。日が昇るにつれて雲も少なくなり、朝食後すぐ布団を干し溜まりに溜まった洗濯物を洗濯した。これで少しはサッパリした。多くの人達にとって恵みの陽光となったことだろう。朝からエンジンがかかったので8時半過ぎに家を出て曙町サミットへ食料品を購入。そのまま地下鉄で横浜駅に向かい買い物。今日は都内に出ない。でもラオタだから市内の新店を狙う為京急に乗り金沢八景に出る。駅から徒歩5分ほどのところのビルの一階の角に今月10日に開店した『らーめん五文』という店だ。早速入店。入口脇に券売機。新店らしく内装の白が映える。厨房には中年店主一人だけ。厨房前に一列9席。先客1人後客ゼロ。

160925gojyou00 160925gojyou01 NIGORI JOUYU らーめん 五文 『らーめん』 700円

筆頭基本メニューを注文。麺はかために茹でられたちぢれ中細麺。具は青ネギの輪切り、海苔1枚、中央には鶏肉のぶつ切りチャーシューが数個。信玄鶏というのにこだわっている店のようだ。濁り醤油と言いながら結構透明度がありあっさりした醤油スープ。シンプルだけどあまり見ない構成のラーメン。でも味的には個性は希薄。決して味が薄いとかそういうのではない。我の好きな鶏油がしっかり効いた鶏青湯醤油。でも鶏青湯醤油というのはカップラーメンの味を彷彿させてしまうのだ。満足はした。

このところ外食し過ぎたので今日は連食しない。また駅へ戻った。かえって洗濯物を取り込まないとね。今日は晴れて良かった。

2016年2月13日 (土)

団地家系

先週から部屋の掃除をしていて、まだその途中。整理の段階で時間がかかる。不要なものを選別し捨てていく事が自分は苦手。それがとても疲れるので休み休みやる事になり遅々として進まない。それでも途中で止めるわけにはいかないので少しづつ進めていく。今朝も早くからやっていたがまた疲れたので気分転換を兼ね外出する事にした。

160213torihama01 今日は一体どうした?!と思わず口から出そうになったほど気温が上昇し20℃を超えた。5月上旬頃並の陽気だという。コートを羽織っていられない。ウィンドブレーカーを引っ張りだして着用し家を出た。今日も市内の未訪問店、つまり新店を狙う。金沢区の並木という場所に先月29日に開店した『並木家』だ。『きたくり家』系列だとか。まずは京急に乗って京急富岡駅で下車する。この駅に降りるのは昨年9月『月』に訪問した時以来2度目となる。散歩を兼ねているので、富岡八幡に立ち寄ってから海の方へ降りていく。そこには金沢シーサイドタウンという巨大団地が広がっている。その団地内の一角に小規模な商店街がある。その中に目的の店はあった。ちょうど正午前という時間もあってか、店の前には10人以上の行列、店内にも数人並んでいる。この辺りは団地、集合住宅しかない。しかも現在も建設中。コンビニも見かけなかった。建設に携わっている労働者達は、この店か隣の蕎麦屋しか選択出来ないような感じだ。そして近隣からと見られる家族客も多く見られた。サービス券など配ったらしい。15分ほど待って中に入る。入口すぐに券売機。厨房には男の店員2人とおばちゃん店員3人。厨房周りにL字型カウンター11席か12席。4人がけテーブル席2卓。
160213namikiya00 160213namikiya01 横浜家系ラーメン 並木家
『豚骨ラーメン 並(麺かため・油多め)』 680円+『小ライス』
筆頭基本メニューをいつもの家系好みで注文。ランチタイムは小ライス無料。程よいかたさの太麺。濃厚な豚骨醤油。具はほうれん草、半茹で卵、チャーシュー1枚、海苔2枚。1枚足りない気がするがスープに溶けないパリパリの海苔だった。サービスの小ライスには、卓上からおろしニンニクと豆板醤をのせ、スープをかけた海苔を巻いて食べる。満足な食事をしている幸せを感じた。我が店を出た後も変わらず10人超えの行列は生じている。店頭には「おかげさまでスープ切れで営業予定時間前に終了の毎日」と書かれていた。恐るべき立地…という事もさることながら、厨房は休む間もない戦場と化してながら接客レベルは下げず低姿勢なのは感心した。
帰りはシーサイドライン鳥浜駅まで団地の中を抜け歩いた。つくづく大きな団地だ。洗濯物から生活感は漂ってくるが静まり返っている。周りには病院が辛うじてあるくらいで、あとは同じ形の構造物が規則的に並んでいる。生活には車やバイクが必須で、駐車場と自宅の玄関まで歩くくらいで周囲の様子は視界には入ってくるが、画一的過ぎて頭の中には入ってこない。そういう生活はちょっと怖いなーと思ってしまった。
久々にシーサイドラインに乗って3駅目の終点新杉田で下車。駅下のスーパーで食材を買い根岸線に乗って帰路に着いた。

2015年12月12日 (土)

六浦庄太

151212mutuura01 天候に恵まれた土曜日。このところ千葉や埼玉まで行動範囲を広げてきたが、今週は横浜市内へ回帰して新店を狙う。場所は金沢区六浦の、今年7月12日に突如閉店し話題になった横浜が誇る家系直系の『横横家』の跡地。そこに津久井浜から移転してきた『麺屋 庄太』という店が昨日12月10日開店した。羽釜で炊き出した濃厚豚骨がウリだとか。既にどっかのラーメン雑誌でなんかの賞を受賞したとか店内に張り紙があった。店主は久里浜『まるげん食堂』出身らしいが『横横家』でも修行経験があるそうだ。

店には開店予定時刻の5分前に到着したが、何と既に11人の行列が生じていた。我の後ろにも客はどんどん並び20人規模の行列に。ところが店は開店予定時刻を過ぎたのにまだ客入れをしない。結局予定より10分以上遅れて客入れを開始した。我の1人前で満席?まだ席はあるようだけどあえて使わない事にしたの?スタッフも不慣れでこの店舗にも慣れていない感が透けて見える。まるっきり新店というわけでもないから手際は大丈夫だろうと思っていたが甘かった。入口脇に券売機。厨房には男の店員3人と女の店員3人。店内はほぼ『横横家』時代と変わらない構造だと思う。洋楽のBGMが店内に流れていた。厨房前に一列のカウンター10席と、それと背中合わせで壁向きに一列のカウンター5席。入口近くに4人がけテーブル席2卓。我は結局11時半頃になってようやく席に案内され食券を渡し、ラーメンが出てきたのはそれから15分後だった。トータルで50分以上待った事になる。移転オープン2日目だからしょうがないけど、早く『横横家』並の回転率に近づいて欲しいところ。

151212menyasyouta00 151212menyasyouta01 麺屋 庄太 六浦店 『らぁ麺 並(麺かため)』 700円

筆頭基本を麺かためで注文。麺は平打太麺ストレート。具は薬味ネギ、穂先メンマ、海苔1枚、直系ばりの香ばしい香りの燻製チャーシューが1枚半。スープは噂に違わず、濃度も濃く味も濃い豚骨醤油。おそらくデフォルトでも麺は結構かためだったようで、麺かため注文は失敗の模様。これは我が悪い。評判になるだけの事はあるレベルを有しているとおもうけど、落ち着いた頃に再訪してじっくり確認したいというのが正直な感想だ。

店を出たのは到着してから1時間後だった。まさかこれほど時間がかかるとは思わなかった。以前からだが『麺屋庄太』が入っているビルの一階はラーメン店舗が2店並んでおり、「ラーメン店並びの法則」を採用しているかのようだ。そこにちょっとひっかかり看板があった。『ラーメン豚萬』と書かれている。…入ったことあったっけか?確か二郎系の店って入った事あるよな?と思って自らのブログの過去記事を確認すると『たすじろう』という店で、それは現在隣で営業しているまぜそばの店『高上商店』の前に入っていたのだった。こちらは昔『やたろう』というシンプルな醤油ラーメンの店だった。じゃあ入ったことない店だ。後で調べたら今年の7月20日に開店したようだね。看板の感じからして二郎系である事は明白。間髪入れずの2店目としてはキツイが、意を決して入店。入口脇に券売機。こちらも『やたろう』時代とそう変わらないウナギの寝床のような細い店内で、厨房には中年男の店主1人のみ。厨房前に変形一列のカウンター11席。先客7人後客2人。

151212butaman00 151212butaman01 ラーメン豚萬

『麺半分(小) ニンニク入』 680円+『粉チーズ』 30円=710円

麺半分というメニューがあり連食中の我としては助かった。早速それを注文。厨房には食券機にないトッピングメニューが書かれた紙が貼られていた。それを見ると我の好きな粉チーズが書かれていたので現金払いで注文。麺はゴワゴワの平打太麺ストレート。具はもやし主体の茹で野菜、豚肉2枚。スープは豚骨醤油でややしょっぱめ。本家二郎と比べると似ていないけど、不思議とこれはこれでありだと思わせる味だった。

来る時と同様京急線に乗り上大岡に戻った。京急百貨店で買い物をして家路についた。

2015年9月26日 (土)

鶏白湯月

今月は雨、雨、雨の雨の月。昨晩まで雨降り。朝見たらギリギリ雨は止んでいるよう。空には雲が立ち込めていて朝5時でまだ暗かったが、根岸森林公園へのウォーキングへ。もう肌寒い感じはしたが帰宅する頃は汗みどろだ。

シルバーウィーク中は稚内に加え連日都内遠征等ちょっと無理しすぎた。なので今日は地元横浜回帰。それでも未訪店開拓したいというラオタ魂は抑えきれず。京急富岡駅へやって来た。初めて降りたんだと思う。目的は駅から徒歩6分程度のところにある『麺や月』という店。夜は焼き鳥屋で、週末昼のみラーメン店になる。夜でもラーメンを出すようだが、昼提供するものと違うものになるんだとか。そして土曜は濃厚鶏白湯、日曜はあっさり鶏のスープになるんだとか。入店すると、中は居酒屋然としていて厨房は奥にあり見えない。男の店員が接客をして、奥から女性の声がしたので女の店員が調理担当なのかな?一列のカウンター6席と4人がけテーブル席2卓くらい。先客3人後客ゼロ。口頭で注文。

150926tuki00 150926tuki01 麺や 月 『鶏白湯ラーメン』 780円

筆頭基本メニューを注文。麺は白い細麺ストレート。具は白髭ネギ、アオサ、青菜、チャーシュー2枚。胡麻が浮いたスープは鶏の旨味がよく出ているスープ。濃厚鶏白湯と言われるとラオタだと『まる玉』を想像してしまい、それに比較すると濃厚というわけではないようだけど、それは専門店ではないから。塩スープで自然と鶏の旨味が感じられる。美味しいのでほぼ完食と言っていい食べっぷりとなった。満足。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) ラーメン(神奈川県>鎌倉市) ラーメン(神奈川県>藤沢市) ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) ラーメン(神奈川県>平塚市) ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) ラーメン(東京都>23区南部>大田区) ラーメン(東京都>町田市) ラーメン(東京都>多摩地域) ラーメン(北海道地方) ラーメン(東北地方) ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) ラーメン(東海地方) ラーメン(甲信越・北陸地方) ラーメン(関西地方) ラーメン(中国地方) ラーメン(四国地方) ラーメン(九州・沖縄地方) カレー(神奈川県) カレー(東京都) カレー(東京&神奈川以外) 孤独のグルメ 心と体 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき