カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2016年4月27日 (水)

中山夕麺

いつも情報を得ているラーメンの掲示板に新店情報があったので定時退社日を利用して会社帰り寄ってみる事にした。JR横浜線中山駅北口から徒歩1分の場所のビルの二階に、今月14日に開店した『しなそば季(すえ)』、夜は『麺酒場 季』として営業しているとか。本当は連休前の明日行きたかったのだが、明日木曜は定休日らしいのでね、繰り上げ訪問した。訪問時は夜営業開始直後だったので前後客ゼロ。厨房には大柄な男の店主1人。厨房前に一列3席、壁側に1列6席のカウンターがあり、奥に4人がけテーブル席3卓。城壁には客が好き勝手に描いたらしい落書きがたくさん。口頭で注文。

160427sue00 160427sue01 麺酒場 季 『らぁめん(しょうゆ)』 680円+『たまご』 サービス
入口に置いてある券を見せると大盛りorたまごをサービスとのことだったので、たまごを選択。味はしょうゆorしおが選べた。 ややかために茹でられたシコシコ中細ちぢれ麺。具はみじん切りのネギとほうれん草、崩れた穂先メンマ、チャーシュー1枚、サービスで付いた味玉は半分に切られた状態。最近の鶏油を効かせた上品なヤツではなく、昔ながらの何てことはない醤油ラーメン。でもね、味は薄過ぎず濃過ぎず、麺の硬さもいい塩梅。シンプルな美味さといったところか。ほぼ完食。満足。ビルの二階なのでちょっと厳しい感じだけどね。

2016年2月12日 (金)

小波夜訪

金曜夜の会社帰り、鴨居で途中下車。駅から15分近く歩いて新店訪問。我ながらもの好きにもほどがあると思う。今週は水曜日から毎日ラーメン食べているな。以前戸塚から移転してきた『阿羅漢』があった場所に今月1日に開店したという『麺処 さざ波』というのが本日の目的店。この店は野毛のおでん屋が昼だけやっているラーメン店『野毛八』の2号店だとか。そういえば開店当初行ったきり再訪問していなかった。支店を出すとはなかなか攻めてきている。早速暖簾を割る。外装は白に変えているが、中は『阿羅漢』の時と同じに思える。店内隅に券売機。厨房は奥にあり暖簾がかかっているので見えにくいが、男の店員1人、女の店員1人。コの字型カウンター10席と4人がけテーブル席3卓。先客2人後客2人。

160212sazanami00 160212sazanami01 麺処 さざ波 『さざ波らぁ麺(汐)』 950円

屋号を冠した特のせメニューを注文。醤油と汐から味を選択出来る。店のオススメは本店と同じく汐なのでそちらを選択。チャーシュー2枚、ワンタン3個、味玉丸1個が入っている。薬味ネギと細メンマと揚げネギ。本店のようなちくわは入っていない。麺はかために茹でられた白い中細縮れ麺。揚げネギが香ばしい魚介出汁塩スープ。これと言って個性があるわけではないが、ここは駅から遠いラーメン過疎地域。駅から歩いてきたからわかるが、この辺りは団地やマンションが多く、会社も多いよう。駐車場も有り良い立地に見えるけどなー。何で『阿羅漢』は半年くらいしか保たなかったのか?飲食店は難しいね。今回の店はラーメン以外にも中華定食メニューも揃えているので、長く営業出来るといいね。

駅まで再び戻る帰り道。途中よっぽど横浜行きのバスに乗ってしまおうかとも思ったけど、バスだと横浜駅まで1時間超えになるのは経験済み。乗り換えは面倒でも電車で戻る方を選択。スムーズに帰れた。

2015年9月30日 (水)

夜七百八

9月最後の日。水曜だが訳あって外食することにした。どうせなら新店開拓。そんなわけで会社帰り、JR中山駅で途中下車。一昨日の9月28日に開店したばかりだという新店『麺処708』に訪問。「なおや」と読むんだろうなー。新店過ぎて営業時間が不明だったので賭けだったが無事開店していた。以前『太平』という店があった店舗らしい。我は6年半前に訪問した事があるが、随分前に閉店していたような記憶がある。普通の町のラーメン屋さんという感じだった。それが…。店前は花が沢山飾られていた。早速入店。入口脇に券売機。厨房には男の店員2人。1人は配膳と接客だけをしているようだ。内装は黒を基調にしていて天井にはシャンデリアが吊るされ、カウンター席にはラメ入りのタイルが嵌めこまれている。まるでナイトクラブのようなある意味悪趣味といっていい豪華絢爛さ。ここまで夜仕様の内装のラーメン店は初めてだ。厨房周りに変形コの字型カウンター席が12~13席くらいだったと思う。てっきりカウンター席だけの店かと思ったら、壁がスライドして奥にテーブル席がチラッと見えた。席数はわからなかった。カウンター席だけで先客は8人くらいで後客は5人。

15093070800 15093070801 麺処 708 『とんこつ醤油』 700円+『味玉』100円=800円

豚骨の醤油と塩、鶏塩の濃厚と淡麗の4種類が基本メニュー。迷った時は筆頭メニューなのでそれと味玉をトッピングした。特に好みは聞かれなかったのでそのまま。歪んだ丼で登場。麺は四角い中細ストレート。具は薬味ネギ、穂先メンマを短く切ったようなメンマともやし、炙りチャーシュー。トッピングの味玉は黄身とろり。豚骨濃度は結構高めの豚骨醤油スープはとろみがあり結構美味かった。空腹だったせいも多分にあるけど。メニューに合った「ラーメン屋さんのチーズリゾット」というのが気になったけど平日だから我慢した。それにしてもこの店は内装に驚かされたよ。前の店の面影など皆無だ。

2015年5月20日 (水)

緑区頑固

久々に平日水曜に新店開拓。その分ウォーキング距離稼いだけどね。横浜線長津田駅近くに今月10日『元祖一条流がんこ』分店が開店したというので行ってみた。「元祖一条流がんこ」。真っ黒いドア、黒い壁に角材で☓をつくり、骨のオブジェをぶら下げ看板は無し。客を拒むような店舗。厨房には無愛想な親父が黙々とラーメンを作り、撮影禁止の場合が多い、独特の敷居の高さを感じる系列だった。そんな「がんこ」の系列だが、我の知る限り、店舗がどんどん閉店or鞍替えをして、勢力が縮小傾向にある印象を受けていた。それが長津田駅近くで「分店」として看板ならぬ骨を掲げる事になったというので興味をひかれた。ある種懐かしささえ感じてしまった。店到着時運悪く店外に2人待っていた。店前の椅子に座って待つ。店の外装は先に書いた「がんこ」そのものな感じで骨がぶら下がっていた。但しドアはガラスが黒塗されているものの屋号が書かれており、中の様子が伺えるようにしてある。駅前の大通りにあり、帰宅途中の人が興味深げに様子を見に来るので店前で待っているのが若干恥ずかしくなる。10分弱くらい待ってようやく入店。店内には一列のカウンター4席のみという、「がんこ」系らしいハードルが設定されていたが、それ以外は内装はレンガづくりにしてあったり明るい感じ。入口脇に券売機。そして厨房には男女二人の店員がいた。女性店員が柔らかい物腰で接客してくれたので、「がんこ」というだけで高くしていたガードを一気に緩める事が出来た。先客6人後客1人。

Gannkonagatsuta15052000Gannkonagatsuta15052001 元祖一条流がんこ 長津田分店

『醤油(がんこ・モモチャーシュー)』 800円

メニューは醤油と塩のみ。後は有料トッピング。ただしょっぱさの加減が選択出来、がんこがしょっぱい味という意味で、がんこorマイルドとなる。さらにチャーシューが豚バラ肉、豚もも肉、鶏肉から選べた。このあたりはこの分店のオリジナル要素なのかな?カウンターの見えるところに「当店の使用食材」が貼りだされている。調理の仕方を見ていると麺上げから湯切りまでたっぷり時間をとっていた。重力で湯切りの精度を上げているのだろうが、「がんこ」という屋号だけで「オー職人だー」とか思っちゃう我は単純な古株のラオタだ。美しい顔をした一杯登場。黄色い縮れ細麺と茶褐色のスープ。具は青ネギの小分け切りと薬味ネギと穂先メンマ2本、それともも肉チャーシュー1枚。がんこ味を選択したけど、我の記憶の中の「がんこ」はもっとしょっぱかったはず。当時「これは一般向けしないな」とか思ったくらい。でもそれは「がんこ」らしさの話であって、美味いマズイとは別の話。結果的にほぼ完食した。ややお高く感じたが、それでもこのシンプルな醤油ラーメンは食後「ラーメン食べた幸福感」に満たされる感じだ。店主のツイッターを見ると馬車道の『麺や勝治』と関係があるみたい。そういえばよく似た一杯だった気がする。何にしても長い間ラーメン過疎地帯だった長津田駅周辺にやっと出来た本格的ラーメン店。小さい店舗だけど頑張って欲しいと思った。

2014年5月23日 (金)

阿羅漢移

一昨年の年末に訪れた戸塚の原宿にあった『阿羅漢』が、今月15日に突如鴨居と中山の中間辺りに移転オープンしたというので、会社帰りに行ってみる事にした。鴨居駅から約1kmほど離れているが駅から歩いて向かった。今日は暑かったがまだ5月なので夜風は涼しい。10分ほど歩いてようやく到着。戸塚にあった時も駅からわざわざバスに乗っていったが、移転先も辺鄙なところにある。早速入店。入口脇に券売機。厨房には男の店員2人と女の店員1人。コの字型カウンター10席4人がけテーブル3卓。先客3人家族後客1人。

Arakankamoi00 Arakankamoi01 Arakankamoi02 らーめん 阿羅漢
『塩らーめん(麺かため)』 700円+『ミニチャーシュー丼』 250円=950円
戸塚時代に醤油を食べたので塩を麺かため選択。ミニチャーシュー丼も頼んだ。麺は我好みのかために茹でられた中細縮れ麺。具はほうれん草、揚げネギ、白髭ネギ、脂身の多い柔らかチャーシュー1枚。スープは鶏白湯塩。麺の食感が良いので平均以上。でもスープの味自体は「いつか食べた味」。感動は薄かった。それでもこのレベルならこの近辺に住む人達からすれば嬉しい存在になるに違いない。チャーシュー丼は香ばしくタレの味も良く満足した。
店の近くが市営バスの車庫になっていて、その前のバス停から横浜西口行きのバスに乗った。駅に歩いて戻って電車を待って乗って乗り換えて…が面倒だったから。45分ほどで横浜駅に到着、帰路についた。

2014年5月 2日 (金)

火鍋浸麺

連休前の週末金曜日。今日も会社帰りに市内未訪問店開拓。横浜線中山駅で途中下車し、駅前のバス停にちょうど止まっていた鴨居行きのバスに飛び乗った。中山-鴨居のちょうど中間辺りに先月22日に開店したという『つけ麺工房 真面目』が本日の狙いだ。それにしてもこの屋号は…。名付ける時にもうちょっと考えなかったのだろうか。名前負けしていくのはわかりきっているというのに。そしてこの店、調べてみると北浦和に同名の店がある。そして大手資本の臭いがする。この店舗には以前『ばりかた屋』が入っていたというのでケンコーグループ傘下の店なのかな?と疑ったが、同グループのオフィシャルHPを見てもその名は無く、どうもハッキリしない。国道沿いにある大きな店舗には広い駐車場完備。早速入店。入口に券売機。厨房は奥にあり男の店員3人と女の店員1人。「いらっしゃいませ」の声が聞こえたのは、我が発券してお釣りが出た音が出た時。それまで無言。先客ゼロ。イントネーションからおそらく皆大陸系。厨房周りにL字型カウンター9席と、2人卓、4人卓、6人卓合わせて10卓以上あったからおそらく50席はあっただろう。後客7人。

Majimekamoi00 Majimekamoi01 Majimekamoi02 つけ麺工房 真面目 横浜店

『火鍋つけ麺(胚芽麺大盛 魚介豚骨/シビカラ 具ノーマル)』 880円

横浜店かどうかは知らないが勝手にそう呼ばせてもらう。そしてこの店の看板メニューが「火鍋つけ麺」。「火鍋」、大陸に行けば一度は食すことになる、漢方食材がたくさん入った見た目も実際も激辛なしゃぶしゃぶ鍋みたいなもの。だいたい真ん中で波型の仕切りで仕切られ白と赤の白湯が入っている。火鍋はあまり中華街では見ないような気がするが、馬車道の方に本国から出店した専門店を見た事がある。この店はそれをつけ麺化したというものだ。つけ汁は魚介豚骨、ベジポタ、合わせ味噌、シビカラの4種類の中から2種を選択出来る。今回は火鍋らしくシビカラと、つけ麺らしく魚介豚骨を選択。麺も胚芽麺ともちもち麺の2種から選択出来る。我は小麦の香りがするという胚芽麺を選択。大盛り無料。具はノーマル、スタンダード、スペシャルと格付けされていた。我は一番安いノーマルを選んだ。薬味ネギとメンマとチャーシュー1枚。出てきたものはつけ汁が固形燃料でグツグツ煮られた状態で提供された。これはほんとに火鍋のよう。煮られる内に水分が飛んでつけ汁が濃くなるのを防ぐ為あらかじめ割りスープが付いている。シビカラの方は本場のように薬膳食材ははいっていないが、我にとってはこの辛さはかなり本物に近い気がする。辛いもの好きの人にはいいのではないか。それに対する魚介豚骨の甘みがいい感じ。これはなかなかのアイデア商品だ。食べる時に2種のつけ汁を交互に味わったり、割りスープで濃度を調節したりと、食べている間は忙しかった。それでも満足した。

帰りは横浜駅行きのバスが来たので、面倒だったのでそれで横浜駅まで乗った。1時間近くかかった。横浜で買い物をしてから帰宅した。

2014年4月22日 (火)

家系値上

先週は平日にラーメンをたくさん食べてしまったので、土日は控えた。だけど今週も同様の展開になりそうだ。同じ店に行くのはつまらないので思い切って鴨居で途中下車し駅前の『大岡家』に約2年ぶりに訪問。入口に券売機。厨房に男の店員2人。先客ゼロ後客2人。

Oookayakamoi03 Oookayakamoi02 横浜家系ラーメン 大岡家
『塩ラーメン(麺かため・油多め)』 680円
再訪なので塩を選択した。家系も普通に基本が680円の時代を迎えたか。ラーメンは『町田商店』に準じたもの。卓上の玉ネギまで無くしたのか?なんか悲しいな。

2014年4月15日 (火)

中山維新

今日も故あって晩飯は外食で済ませる事になった。このところ外食が多すぎるのでセーブしたいんだけどね。故あって。たまにはラーメンから離れればいいとも自分でも思うが、『王将』とか激混みで待たされるし、牛丼チェーン店行くんだったらラーメンと変わらないし。というわけで結局ラーメン。どうせなら未訪店。という事で横浜線中山駅で途中下車。駅北口に隣接したビルの3階に先月10日開店した『越後つけ麺 維新』だ。以前同名の店が武蔵小杉駅構内にあり入店した記憶がある。再開発と共に閉店してしまったようだ。越後湯沢に本店があり、e営業中の店舗はこの店で6店舗目らしい。早速入店。あら?入口はひとつだけど蕎麦屋と合体している。右側に暖簾があり、その中に券売機があったからこちらが『維新』側のようだ。でも厨房はひとつみたい。厨房には男の店員が3人とおばさん店員1人。一列6席と9席のカウンターが並んでいる。暖簾の内側では先客1人後客1人。

Echigotukemenishinnakayama00 Echigotukemenishinnakayama01 越後つけ麺 維新 JR中山店

『越後名物こってりつけとん かつおあわせ(麺特盛)』 830円

店自体はいかにも大手資本だし、バイト店員だし良い印象はなかったけど、結果的に接客は悪くないし、つけ麺も悪くはなかった。まず四角いもちもちの麺は素の状態でも小麦の味と食感で普通に食べられる。それに特盛まで無料。そして値段が変わらず量だけサービスの場合はたいてい特盛といっても大した量ではない事が多い。でもここのは本当に特盛状態。400gだそうだ。つけ汁もグツグツと煮立った状態で提供される。味もありきたりの酸っぱいものや魚介豚骨ではなく、あくまで豚骨主体のもの。だからつけとん。かつおあわせだからほんのり鰹の風味はする。空いていたしすぐ食べられるし駅から近いし味も及第点以上だしで、我の要求事項はほぼ満たされた。満足。

2014年4月 5日 (土)

春桜霧丘

Kirigaoka02 このところ神奈川区の新店ラッシュだったので、ちょっと気分を変えて久々に緑区方面に足をのばしてみたくなった。先週の日曜は雨に祟られて出来なかった花見も兼ねて。横浜線に乗り十日市場駅で下車。駅前のバスターミナルからすぐ若葉台行きのバスに乗車。途中バスが霧が丘公園方面に曲がってしまったので慌てて下車。これ7年前にもやったなぁ。そう、今日最初の目的店は7年ぶりの再訪となる『甲子家』になる。国道18号に戻ると見事な桜並木になっていた。しかし空の様子がおかしい。黒い雲が立ち込めている。いまにも雨が降りそうだ。予報では午前中は晴れだというので出てきたのだけど。そうこうしている内にポツポツ降り始めちゃったよ。でも目的店の青い屋根が見えてきた。あら、道路を挟んだ反対側には『魁力屋』が出来ているよ。開店予定時刻ちょうどに到着したので、我が本日最初の客となったと思う。入店すると厨房に親父店主と若い男女の店員2人。店主は『寿々喜家』での修行経験があるとか。コの字型カウンター15席。窓際に座るよう促された。後客は4人。口頭で注文した。料金先払い。

Koushiya00 Koushiya02 家系ラーメン 甲子家 『ラーメン(細麺)』 700円

基本のラーメンが何と700円!こんなに値上がっちゃうもんなの?そのせいか味玉をサービスしてくれた。この店は家系では珍しく細麺が選べるというのであえてそれを選択。実際は細麺ではなく「やや細め」という感じ。好みは特に選択しなかった。それでも鶏油が多め。でも醤油ダレが弱く感じた。

店を出ると雨は止んでいた。歩いて5分くらいで次の店『うえむらや』霧が丘店に到着。池辺町に本店がある店で支店があるとは知らなかった。早速入店。本店同様B級中華ファミレスの雰囲気。厨房には男の店員4人と女の店員1人。厨房周りにL字型カウンター15席、4人がけテーブル席7卓。先客7人後客5人。口頭で注文。

Uemurayakirigaoka00 Uemurayakirigaoka01 横浜ラーメン厨房 うえむらや 霧が丘店

『ラーメン(麺かため)』 500円

ここはキャベ玉ラーメンというのが看板メニューらしいが、基本のラーメンを注文。こちらはおそらく値段据え置きの500円とう良心価格。家系ではない豚骨醤油ラーメンといった感じだった。

店を出ると雨は本降り。傘を持ってきていないので急ぎ足で近くのバス停に駆け込んだ。バスで十日市場駅に戻り横浜で買い物をしてから帰宅した。

2013年2月27日 (水)

中山普通

定時退社日。帰宅途中横浜線中山で下車。昨年末に行った『初代田一』が早くも退店。その跡地に今月9日にオープンしたという『麺屋いってん』に入店。内外装とも変わっていない。居抜きだと思われる。入口脇に券売機。厨房に比較的若い男の店員2人。先客1人後客2人。

Menyaitten00Menyaitten01麺屋いってん 『醤油ラーメン』 600円

醤油・味噌・塩とそれぞれの特製がある。麺は四角く黄色い中細ちぢれ麺。具は大きめに切られた薬味ネギ、メンマ数本、海苔1枚、肉厚炙りチャーシュー1枚。スープは…普通。『東秀』のラーメン…ほどではないが、いたって普通の醤油スープ。やや酸味を感じる程度。肉厚の炙りチャーシューだけが印象に残った。個性も何もない。わざと個性を消しているのかと思うくらい普通。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき