カテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2018年6月15日 (金)

中山王道

梅雨の金曜の夜、新店情報を聞き会社帰り横浜線中山駅に降り立った。場所は先日訪問した『さつまっ子スペシャル21』のすぐ近く。ここは以前も来た記憶があるな。と思って過去記事を遡ったらやっぱり来ていた。『麺屋いってん』という店だった。あまりにも印象が薄くてすっかり忘却の彼方だった。今度の店は『麺屋王道』という勇ましい屋号だ。まさかの『王道家』グループ?とも思ったよ。店前には祝の花飾りはあるが行列はなし。入口脇に券売機。厨房には男女の店員2人。いずれも中国系。家系らしく好みを確認してくれた。厨房前に一列のカウンター9席。4人がけテーブル席3卓。先客3人後客9人。

180615menyaoudou00 180615menyaoudou01 麺屋 王道 『豚骨醤油 並(麺かため・油多め)』 750円

筆頭基本メニューを注文。やっぱり家系だった。メンマとうずらが入っている。そして他のメニューに「極み鶏」が入っているところをみると「王道家グループ」ではなく、『松壱家』のウルトラフーズ系列っぽいね。麺は四角いストレート太麺。具は家系標準松壱家仕様。スープは正に我が言うところの豚骨醤油でこってりしている。味は決して悪くはない。でも面白みがない。いわゆる量産型家系ラーメンの味だ。

180615menyaoudou02 +『ネギ丼』 200円=950円

サイドメニューのネギ丼。こちらも胡麻油味のよくある味だったが、牛丼チェーン店の並盛り並のボリュームがあり好感が持てた。

梅雨の時期らしいといえばそうだけど、すっきりしない天候は鬱陶しいな。

2018年4月27日 (金)

二十一再

JR横浜線中山駅から徒歩3分くらいのところにかなり個性的なラーメン店がある。それが『ラーメンショップさつまっ子スペシャル21』だ。創業は33年以上前らしいが、現在の場所で現在のスタイルで営業を始めたのが17年ほど前らしい。『ラーメンショップさつまっ子』だけど、オリジナリティに富むラーメンを提供するのがこの『スペシャル21』だ。我が訪問したのは2006年8月31日だもの。10年越しどころではない再訪だ。定休は日曜のはずだが、一昨日臨休を喰らってしまった。12年前だけど味は覚えているつもりだったので、その個性的なラーメンを食べられなかったのは結構悔しくて、早速翌々日にリベンジを試みた。

定時退社日だったので日が沈む前に到着。あー今日は営業していた。良かった。早速入店。入口脇に券売機。「らっしゃい」と声をかけてきたのは白髪の店主。店主だけが厨房にいた。結構くたびれた内装。L字型カウンター14席。先客に夫婦2人と後客1人。

180427special2100 180427special2101 ラーメンショップさつまっ子スペシャル21

『スペシャルラーメン(中盛)』 950円


一昨日フラれていたのでスペシャルを中盛でいっちゃおう。凄いや、中太やや縮れ麺が小山になってスープの上に島を作っている。その島の上に茹でもやしの山が更に乗り、更にその上に海苔2枚の傘が乗る。麺の島の周りにはワカメが囲い、更にその周りを揚げネギがたっぷり、油分たっぷりのスープの海がある。そして驚く事に麺の島の土台には厚さ10mmくらいのチャーシューがあった。正にスペシャル。記憶の中では揚げネギの印象が強かったが、茹でもやしやワカメも存在感が強い。食感が楽しい。しょっぱめの味わいが労働後の体に嬉しい。揚げネギの香ばしさが食欲を増進させる。こういう下品な一杯はやけに美味いんだよ。

180427special2102 +『ライス(SS)』 100円=1050円

更にこの店のもうひつつの名物がライスに無料にのるキムチ納豆だ。しかもたっぷり。納豆がそれほど得意な方ではないので注文する前はかなり警戒したのだけど、食べてみたらその美味さに驚いた。中にタマネギが入っていてシャキシャキの食感があるのも良い。もっと大きいサイズで頼めば良かった。キムチ納豆、個人的に好物になるかもしれない。やはりこの店はイチイチ個性が際立つ凄い店。腹いっぱい、大満足で退店出来た。

気になるのは厨房に1人立つ白髪の店主が高齢であること。一昨日は「もしや…突然の閉店か?」と危惧した。今やラーメン店は立地がどうだ、競合店がどうだ、ではなく、有名な老舗ラーメン店も含め少子高齢化の波には抗えず閉店が相次いで起こる。ぜひこういった店を引き継ぐ若い人が現れてほしいと勝手ながら思った。

2018年4月25日 (水)

中山黒浸

『つけ麺 ががちゃい』中山店。『ラーメン大桜』のセカンドブランド店として登戸店に続いて2012年7月30日に開店した。我はその直後あたり、2012年8月9日に一度訪問している。本当は別の店を狙って中山駅を降りたのだが、見事に臨休を喰らい、『ラーメン二郎』中山店に行くも行列を見て踵を返した。今日は朝は大雨で午後から夏日となり蒸すし傘は邪魔だしすぐ帰宅したくなった。でもこのまま家帰って飯は面倒なので目に入ったこの店に入店したのだった。厨房にはおばさん店員2人と入りたてと思しき若い男のバイト店員の1人。先客5人後客5人。口頭で注文。

180425gagachyai00 180425gagachyai01 つけ麺ががちゃい 中山店 『つけ麺(黒)中盛』 850円

つけ麺は普通の醤油・塩・味噌・辛味噌とあったが、あまり面白みが無いなと感じて黒というのを頼んでみた。麺は思わず中盛を頼んでしまったが、100円増しだった。麺はつけ麺としてはやや細い印象の縮れ麺。黒というのは白い塩豚骨つけ汁の上にマー油がかかったもの。ニンニク風味は控えめで塩味が目立つ。具はきざみチャーシュー、ニンニクチップ、海苔1枚。こういう蒸した日にはつけ麺はさっぱりして良い。

180425gagachyai02 +『肉丼』 360円=1210円

サイドメニューで推していた肉丼を注文した。タマネギと甘辛な味付けの脂身多めのチャーシュー3枚。そこにニンニクチップ少々。チャーシューは抜群に味付けは良かったが、何にせよ牛丼チェーン店で食べる同価格品と比べるとあまりにも少量過ぎた。

2018年3月 9日 (金)

大桜本店

『ラーメン大桜』。「おおざくら」と読むのが正解だが、我は何故か「だいおう」と読んでしまい、そのくせが抜けない。神奈川県北部、横浜線沿線や田園都市線沿線を中心に現在15店舗展開している豚骨醤油ラーメンチェーン。本店は横浜線十日市場駅から徒歩4,5分のところにある。創業は1997年7月27日。すっかり20年を超えている。この本店に我は2006年11月12日に一度訪問済。10年越しの再訪だ。

駅出口からゆるやかな歩道をひたすら真っ直ぐ歩いて突き当りの道路を横断して到着したのは18時半くらいだったかな?2段階の扉を開け入店。店内は結構広いね。厨房に男の2人と女の店員2人。厨房前に一列6席と7席のカウンター席。壁側に仕切りのある4人がけテーブル席5卓。先客はテーブル席は全て埋まっていてカウンターには4人くらい。後客もどんどん入ってきてほぼ6割の席は常に埋まっている感じ。口頭で注文。料金後払い。

180309oosakura00 180309oosakura01 ラーメン大桜 十日市場本店

『ラーメン(麺かため・油多め)』 720円


基本メニューを我定番家系好みで注文。家系にしては細く感じる麺は中太縮れ麺。でも我はこういう麺が好き。具は家系標準構成。チャーシューがちょっと角煮っぽく厚い。まずスープを一口。その時「あれっ?これ家系とは違うな」と思った。これだけ家系が拡散、多様化している今、家系か家系ではないかという議論はほとんど意味がないけど、そう感じてしまったのだから仕方がない。完全に豚骨寄り。醤油がほとんど主張しないが、豚骨が濃厚で旨味を感じる。家系ではないけど無関係に個人的に好きな味だなー。満足出来た。

180309oosakura02 +『ざく丼』 360円=1080円

『大桜』イチオシサイドメニューのざく丼も注文。甘いタレがかかった角煮が三枚と茹で卵半個。注文時何故か紅生姜の有無を確認された。角煮は普通に美味しいのでサイドメニューとしてはそこそこ美味しいかな。満足して支払いを済ませ店を出た。

2017年12月21日 (木)

醤豚三連

職場の人が入院したので会社帰り皆で御見舞に行った。その帰り、病院の最寄り駅の横浜線十日市場駅前で車から降ろしてもらった。その目の前にはラーメン店『あじゃあら』があった。今日行けば平日三連続醤油豚骨ラーメンになってしまう。でもこれから帰宅して食事の準備&後片付けは面倒だな、とかいろいろ迷った挙句結局入店。前回訪問は2007年1月14日の一度だけ。ほとんど記憶がない。入口でメニューを見たがラーメンメニューの記載がない。店に入ると木を基調にした暗い照明。有線放送とテレビも大音量でかかり騒がしい。厨房には男の店員2人と接客係の女の店員1人。店内は入口手前から奥の方まで長く広がり全体が見渡せない。テーブル席も数席あるが何卓かわからない。食べログによると全28席とか。先客は10人くらいかな?後客は1人。ラーメン食べている客はカウンター席に座った3人くらいで、テーブル席に座っている客はアルコール片手に居酒屋メニューを注文していた。喫煙可だし。やはりこの店夜は居酒屋と兼業になるようだ。それでいて結構な豚骨臭が店内に立ち込めていた。口頭で注文。

171221ajyaara00 171221ajyaara01 ラーメン あじゃあら

『正油とんこつラーメン』 670円+『小チャーハン』 230円=900円


筆頭基本メニューと、特々セットでサイドメニューが選べたので小チャーハンを注文。あまり待つことなく提供された。麺はシコシコした食感の中太縮れ麺。具は家系に準じた構成。スープは醤油豚骨。だけれども豚骨臭がしっかりしている事もあり、所謂軽いという印象は受けない。満足感を得る事が出来た。

171221ajyaara02 続いてサイドメニューの小チャーハン。パラパラしていて具は細かく刻まれていて何だか手作り感を感じないなー。やたら塩胡椒が効いているし。でも腹を落ち着かせるにはちょうどいい量だったかな。

2017年12月 1日 (金)

中山岩漿

もう12月だよ。毎年思うけど「もう今年も終わり?」と思う頻度と度合いが年々増している気がする。そして4連休明けの職場は業務が溜まっていたり事件が起きたりと結構ハードだったが、何とか乗り越える事が出来た。その帰宅途中に中山駅で下車し新店開拓だ。以前は『壱八家』系統の『壱國家』本店を名乗っていた。契約が切れた際に『三國家総本店 中山道場』に屋号が変更された。前々から行こうと思っていたけど、屋号が変わっただけで家系だから大して変化ないだろうと後回しにしていた。それが突如先月25日にニュータンタンメン系の店に鞍替えしたと聞いた。家系を貫いていた店が何故路線変更したのだろうか?屋号は『中山マグマタンタンメン』。だからエントリータイトルを「中山溶岩」にしようとしたら、マグマは溶岩の事じゃないんだね。岩漿(がんしょう)というらしい。早速入店。店内隅に券売機。メニュー名は手書きで表示されていた。厨房には男の店員2人。厨房周りにコの字型カウンター13席。先客1人後客3人。

171201magmatantanmen00 171201magmatantanmen02 171201magmatantanmen01 中山マグマタンタンメン

『タンタン麺(大辛)』 750円+『半チャーハン』 350円=1100円


筆頭基本メニューを注文。辛さは5段階から選べた。連食予定にないので半チャーハンも注文。なかなか強烈に辛そうなビジュアル。麺は中太ストレート。味はニンニクと唐辛子がガツンと効いて結構ハッキリクッキリした印象。チャーハンも味濃いめ。少々塩分高めなのかな?労働後だと嬉しい感じだが多少濃い味付け傾向にあるようだ。ボリューム多め傾向。今日のところは満足して退店出来た。

併設されているあおば食品館で買い物をして、薬屋でマスクを箱買いしてから帰路についた。ようやく週末を迎えられる。

2017年9月15日 (金)

中山進化

中山駅から徒歩7分ほどのところにあった『麺処七〇八』。ナイトクラブみたいな夜の雰囲気を醸し出す派手な内装のラーメン店だったが、2年保たずあえなく閉店。結局一度訪問しただけに終わってしまった(夜七百八)。その跡地に今月7日開店したのが町田に本店を持つ塩ラーメン専門店『進化』の中山店。『進化』店主は『せたが屋』系列の塩ラーメン専門店『ひるがお』の元店主。本店には約10年前(町田遠征)、町田駅前店には約2年半前(町田煮干)に訪問済。いずれも満足のいく一杯を提供してくれた。それがいよいよ神奈川、横浜へ進出。まあ町田は神奈川の北方領土みたいなもんだから、そんな大それたもんでもないけど。

到着したのは夜6時半くらいかな。早速入店。入口脇に券売機。厨房には男の店員ばかり4人。内装はほとんど『七〇八』時代と変わっておらず黒い内装でカウンターの金銀のラメが派手。厨房周りに変形L字型カウンター9席。奥に2人がけテーブル席1卓と4人がけテーブル席1卓。先客7人後客4人。

170915shinka00 170915shinka01 町田汁場しおらーめん進化 中山店

『伊吹いりこの塩煮干』 800円+『塩味玉』 100円

170915shinka02 +『鶏塩飯』 350円=1250円

この店は支店オリジナルメニューがあるのが良いね。町田駅前店は「鯵煮干しの塩そば」だった。中山店は「伊吹いりこの塩煮干」だそうだ。麺は中細やや縮れ。小さな粒粒が見える。具は我の好きな玉ネギのきざみ、かいわれ、穂先メンマ、低温調理チャーシュー枚。追加した味玉は塩味玉となっているが普通の味玉とそう変わらず黄身しっとりタイプ。スープ表面には僅かに魚粉がキラキラ光っている。味はいりこ煮干しの苦味と塩スープがいい塩梅で素晴らしい。本店支店含め過去食べたものの中で一番美味いかも知れない。ついついレンゲで啜って中々止める事が出来なかった。今夜は連食しないのでサイドメニューのご飯もの、鶏塩飯も注文。胡麻油の味わいがばっちり効いて、ハムのようなレアチャーシューの切り身と胡麻と葱が絡みついてこちらも負けない良い塩梅な一杯。最後もちろんラーメンのスープは飲み干し一滴残らず完食マークを出した。もっと良い立地だったら定期的に訪問しただろうに。

帰りは近くのバス停から横浜駅行きのバスに乗り1時間かけて横浜に戻った。

2017年7月14日 (金)

白山旨辛

再び中山駅に戻り横浜駅行のバスに乗る。10分ほどバスに揺られ緑車庫というバス停で下車。戸塚から移転した『阿羅漢』、野毛にあった『麺屋野毛八』の2号店として開店した『さざ波』という店等があった店舗に先月21日ニュータンタンメン系の店が開店したというのでやってきた。店名は『本家旨辛タンタンメン』。この系統も本家やら本店やら名乗る店も多い仁義なき戦いみたいになってきた。早速入店。店の構造が以前とほぼ変わっていない。内外装共ちょっと手を入れているかな。券売機は無し。厨房とは暖簾で仕切られていたのでよく見えなかったが、おそらく店員は男の店員2人と女の店員1人。コの字型カウンター9席と6人がけテーブル席2卓。口頭で注文。先客ゼロ後客2人。

170714umakaratantan00 170714umakaratantan01 本家 旨辛タンタンメン 横浜鴨居店

『タンタンメン(中辛)』 750円
筆頭基本メニューを注文。辛さは一番人気と書かれた中辛を注文。麺はツルツルした中太ストレート。卵と挽肉と強めのニンニク味。ニュータンタンメンの系統はそれほど個性は感じない。この店もそう。わざわざ便の悪いこんな場所にまで足を運ぶ事はない。…とはいいつつ店が代わる度にこんなところまでやって来てしまう我。もの好きもいいところだ。
帰りはまた緑車庫バス停で急行横浜行きのバスに乗ってそのまま横浜駅へ移動した。

台村味噌

週末金曜。定時退社日。三連休前も重なって気分は開放的。今週も色々あったけど何とか乗り越えられた安堵感もある。会社帰りに未訪問店開拓を決行。横浜線中山駅で下車し南口から十日市場方面へ歩くこと約6分くらい、緑警察署の斜向いに5月11日開店したという新店『麺酒坊 林』という店へ訪問した。早速入店。厨房には店主夫婦と思しき男女2人。厨房は奥にある。その手前にL字型カウンター6席と4人がけテーブル席2卓。先客1人後客1人。口頭で注文。

170714hayashi00 170714hayashi01 麺酒坊 林 『特製みそらーめん(こってり)』 800円

卓上の冊子メニューをみると醤油や塩もあるが、店としては味噌がウリらしい。通常のみそより50円高いだけの特製みそを注文。ノーマルとこってりが選択出来たのでこってりを注文。やってきた一杯は『ど・みそ』によく似た背脂が浮いた濃い味の味噌。こってりというのは背脂の事だったか。麺は平打ち中太縮れ麺。具はニラ、もやし、コーンと海苔2枚、チャーシュー2枚にゆで卵丸1個。具沢山でボリュームもある。やや味付けが濃過ぎるかなという印象だったが、総じて美味かった。満足。

2016年4月27日 (水)

中山夕麺

いつも情報を得ているラーメンの掲示板に新店情報があったので定時退社日を利用して会社帰り寄ってみる事にした。JR横浜線中山駅北口から徒歩1分の場所のビルの二階に、今月14日に開店した『しなそば季(すえ)』、夜は『麺酒場 季』として営業しているとか。本当は連休前の明日行きたかったのだが、明日木曜は定休日らしいのでね、繰り上げ訪問した。訪問時は夜営業開始直後だったので前後客ゼロ。厨房には大柄な男の店主1人。厨房前に一列3席、壁側に1列6席のカウンターがあり、奥に4人がけテーブル席3卓。城壁には客が好き勝手に描いたらしい落書きがたくさん。口頭で注文。

160427sue00 160427sue01 麺酒場 季 『らぁめん(しょうゆ)』 680円+『たまご』 サービス
入口に置いてある券を見せると大盛りorたまごをサービスとのことだったので、たまごを選択。味はしょうゆorしおが選べた。 ややかために茹でられたシコシコ中細ちぢれ麺。具はみじん切りのネギとほうれん草、崩れた穂先メンマ、チャーシュー1枚、サービスで付いた味玉は半分に切られた状態。最近の鶏油を効かせた上品なヤツではなく、昔ながらの何てことはない醤油ラーメン。でもね、味は薄過ぎず濃過ぎず、麺の硬さもいい塩梅。シンプルな美味さといったところか。ほぼ完食。満足。ビルの二階なのでちょっと厳しい感じだけどね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき