カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

2017年7月15日 (土)

文月駒岡

鶴見駅西口バスターミナルから臨港バスに乗り揺られること約20分、トレッサ横浜に到着。強い日差しが照りつける中歩くこと3分ほど。今月9日オープンした『マエケン99Ramen』という店に到着。年明けに訪問した『我天』と同じビルで入口が向かい合っている。内外装共黒い。早速入店。入口脇に券売機。店内の照明がやや暗め。厨房には男の店員4人。厨房前に一列のカウンター6席と窓際に2人がけテーブル席6卓。ちょうど正午くらいの訪問になったが先客6人後客3人。いずれも作業着を来た近隣の工場の工員といった感じの客だった。

170715maeken00 170715maeken01 マエケン99Ramen 『黒P豚骨醤油(麺かため)』 780円

筆頭メニューを注文。他に「黒P豚骨塩」、各々のチャーシュー盛りがあった。あまり待つ事なく着丼。変わったラーメンだね。看板には「自家製麺と無化調だしスープにこだわり」とあるけどどうだろうか。麺は博多ラーメンのような細麺ストレート。具はネギ、水菜、車麩2個に海苔1枚。チャーシューが変わっていて、レバーみたいなチャーシュー1枚と角煮みたいに味付けされた豚バラ肉で軟骨も入っている。スープはやや透明度もある、甘さを感じる醤油スープ。メニューには豚骨醤油スープとなっているが、牛骨スープを連想させるような味だ。変わったラーメンだなー。「○○系かな」とか「○○店出身者かな」とかいったものが全く頭に浮かばない。店内に置いてあった名刺を見るとミャンマーを中心に出店をしている外食グループの日本出店らしい。奇妙な場所にある奇妙な店。印象に残った。

綱島行きのバスに乗り帰路についた。

2017年5月26日 (金)

鶴見赤丸

週末金曜日。昨日もラーメンを食べたが、今日も週末開放感で新店開拓してしまった。帰宅途中鶴見まで足をのばした。小雨が降っている。『鶴嶺峰』の近くに今月18日に開店した『辛麺屋 赤丸』が本日の目的店。辛麺というのは宮崎の地麺のひとつ。こんにゃく麺と言う蕎麦粉と小麦粉を使った特殊な麺なのでラーメンのカテゴリーに入るか微妙ではあるんだけど。早速暖簾を割った。厨房には店主。接客の女店員1人。厨房前に一列のカウンター5席。2人がけテーブル1卓と4人がけテーブル3卓。先客1人後客3人。口頭で注文。料金後払い。

170526akamaru00 170526akamaru01 辛麺屋 赤丸 鶴見本店

『辛麺 五辛(コンニャク麺)』 750円

辛さに段階があり、それによって値段が違う。カレーもそうなんだけど、具やスープ、麺量で値段が変わるのが納得できるが、辛さで価格が異なるというのは個人的に納得が出来ない。でも辛麺で辛くないのは物足りないだろうと50円増しで5辛にしてみた。あと麺が基本のコンニャク麺とうどん麺が選択出来るようだ。唐辛子、ニンニク、掻玉、挽肉まで揃っていると、神奈川県民としては「イソゲン系ニュータンタンメン」と同じに感じる。辛さも結構ある。違いは弾力が強く縮れも強いコンニャク麺の食感。それとこの店のオリジナルだろうが、宮崎名物の鶏の炭火焼きが入っていること。我はこの鶏の炭火焼が好きなのでテンションが上がった。でも更に我のテンションを上げたのが、店内のテレビで「ドラマ孤独のグルメ」の映像が流されていたこと。あのBGMを聞きにしながら食べるという機会は初めての事。箸が進んだね。

鶴見駅周辺で買い物をしてから帰路についた。

2017年3月29日 (水)

夜花月園

定時退社日の帰宅途中、恒例の新店開拓。今日の目的店は京急花月園前駅近くに今月24日開店した『このはずく』という店。以前も鶴見で営業していたらしいが、我は訪問した事がない。我がラーメン食べ歩きをはじめた頃には既に無かったのではないかな。10年以上のブランクはあるはず。

それにしても京浜急行の各駅停車しか停車しない駅か。途中駅で何本もの急行通過待ちの停車があって遅々として進まないのでストレス溜まるんだよな。周辺の家賃とかは安いんだろうけど我は絶対住みたくないと思ってしまう。鶴見のひとつ手前の花月園前駅はその最もたるものだ。京浜工業地帯の労働者の町としての面影を残しつつ、寂れた感じ。街灯だけが明るく他は闇に包まれているような入り組んだ細い路地。その路地から更に一歩入ったところに目的の店を発見。潰れた場末の小さなスナックのほぼ居抜きだとわかる、かなり入りづらい店構え。屋号が書かれた提灯だけがこの店がラーメン店であることを示している。意を決して入店。ラーメン店としては限界のような狭い厨房に、かなり年齢がいっているような老人店主一人。厨房周りにL字型カウンター7席と3人がけテーブル席が2卓。我の直前に入った先客2人。後客は5人も来た。飲食店があまりないこの地に開店したラーメン店の噂を聞きつけやって来た地元の人々だと思われる。口頭で注文。ラジカセで洋楽流しているのが場違い感がある。

170329konohazuku00 170329konohazuku01 らーめん このはずく 『煮干しらーめん』 800円

自分で「横浜淡麗系」と謳ってしまっている。筆頭は塩、次は正油で各々680円。おすすめと書かれた3番目の煮干しを選択。狭すぎる厨房では2づつ、しかも同じスープのメニューか作れないらしい。そのおかげで我は先客を抜かして提供された。麺は固めに茹でられた四角い中細ストレート。具はザンギリ葱と糸唐辛子、海苔1枚、極太メンマ3本、柔らかチャーシュー1枚。表面に煮干粉であろうものが浮かんだ正油スープ。昨今流行りの煮干し豚骨ではなく、苦味と旨味を感じる煮干し醤油だ。ややかために茹でられた麺もこのスープに合っている。高齢の店主だったので不安だったが腕は確からしい。煮干し選んで正解。満足の一杯だった。この日はチャーシューが十分に準備出来ていないようで、スペシャルやおつまみセットを注文されると店主は詫びを入れながら断っていた。でもこの立地なので一杯やりつつ、ラーメン食べつつ、つまみをつつきつつ、というのをしたくて来た他客達は、「じゃあチャーシュー抜きでいいからおつまみセット!」とか言って店主を困らせていた。

帰りは20分かけて日ノ出町まで京急各駅停車に乗ってから家路についた。

2017年3月17日 (金)

鶴見伊新

金曜の定時退社日。早々に退社出来たので会社帰りの新店開拓。今日は鶴見駅西口前に今月15日開店した『麺屋伊新』という店。「維新」ではなく「伊新」。紛らわしいな。午後6時半頃店に到着し早速入店。入口脇に券売機。厨房には男の店員2人と女の店員2人。厨房前に一列7席のカウンターと、4人がけテーブル席2卓。先客2人後客ゼロ。カウンター脇に麺箱が積み上げられており、側面には『麺屋だるま』と書かれていた。

170317ishin00 170317ishin01 170317ishin02 麺屋伊新

『らーめん(麺かため・油多め)』 790円+『まかないめし』 380円= 1170円
基本のラーメンとまかないめしを注文。家系と同じ好みを聞かれる。麺は中太ちぢれ麺。具は薬味ネギ、ほうれん草、海苔3枚、半茹で玉、油多めのチャーシュー1枚。スープはかなりあっさり目の豚骨醤油。これ家系なのか?そう思って麺箱にあった「麺屋だるま」の文字を思い出した。よく聞くような屋号だし、どの店のことだろうか?と食べている時は思い出せなかったが、後で調べると、三ツ沢下町近くにあった店だったか。7年前に一度行ったきりだったから忘れていた。その店は『介一家』系だったから、このあっさりしたスープの理由も理解出来た。そしてまかないめし、甘口のキムチがうまかったね。でもラーメンもサイドメニューもやや高い印象が残った。

2017年1月 7日 (土)

駒岡我天

元住吉から東横線各駅停車に乗り綱島に移動。駅前からバスに乗り陸の孤島駒岡へ向かった。昨年19日に開店した新店『麺屋我天』が狙い。実は年末行ってみたのだが既に年末休暇だった。そのリベンジ。途中バスが目的の場所から離れている事に気づき、バスを降りて6分ほど歩いた。以前『大黒家製麺』だった場所の跡地。今日は営業しているね。早速入店。入口脇に券売機。厨房には男の店員1人。もう一人いたが食事中だったのか表には出てこなかった。厨房周りにL字型カウンター8席と、窓側に2人がけテーブル1卓と4人がけテーブル2卓。先客1人後客4人。

170107gaten00 170107gaten01 麺屋 我天 『らーめん』 780円

オススメは塩らーめんらしいが、先程塩を食べた為筆頭のラーメンを注文。他に中華そばというメニューがあった。麺は多加水ちぢれ太麺。具は薬味ネギとほうれん草、海苔1枚。その海苔の上に魚粉たっぷり。そしてチャーシュー2枚。家系とは異なる豚骨醤油。醤油が結構濃いめ。最近この手の豚骨醤油食べてなかったなーという昔よくあった野暮ったい味わい。後半は魚粉で味変が出来る。労働者向けラーメン。まあ満足。

バスで鶴見まで出て京浜東北線で横浜に出て買い物をした後、市営地下鉄で阪東橋駅に移動、横浜橋商店街で買い物をして帰宅した。

2016年11月30日 (水)

霜月末楓

多忙だった11月も今日で終わり。明日からは師走に突入。更に忙しくなってしまうのだろうか?今日はトドメの突発的多忙さに見舞われてストレスが溜まってしまった。その解消のために平日だけどラーメン店に入る事にした。どうせ行くなら新店…というのは変わらないなー我は。鶴見にまで繰り出した。JR鶴見駅から徒歩5分ほど歩く。京急ガード下、以前『麺屋うずまき』という店があった対面あたりに出来た『北海道らーめん楓』だ。本店は蒲田にあり平和島や雑色にも店を構えているそうだ。この鶴見店は今月25日に開店したばかり。到着したら中に空席待ちの先客2人。1分ほどの待ちで着席出来た。この立地で結構客が入るね。住宅街に近いからかな?厨房には男の店員3人女の店員1人。一列のカウンター7席くらいと4人がけテーブル席3卓。口頭で注文。料金後払い。

161130kaede00 161130kaede01 北海道らーめん 楓 鶴見店

『味噌らーめん(麺かため)』 790円+『小ライス』 100円=890円


筆頭は塩だったが店一押しの味噌を注文。10分以上待たされた。まだ店員の連携が上手くまわっていないよう。麺は黄色い縮れ太麺。具は薬味ネギ、もやし、メンマ、チャーシュー1枚と海苔1枚。味噌の味が濃厚なこってりスープ。これと言った特徴はないが、馴染みの安定の路線をある一定のレベルで提供している感じ。ラーメンを食べている幸せを感じられた。満足。

2016年5月14日 (土)

岸谷蔦重

まだ咳が止まらないようだったので朝薬を飲んだ。そうしたらやはり眠たくなってついウトウトとしてしまい気がつけば昼のいい時間になっていた。それにしても治りが遅くなった。「一週間経ったからいい加減治っただろう」などという常識が通用しなくなってしまった。過信せず慎重にしておこう。

空気も爽やかで良い天気の土曜休日だが、出遅れたし、慎重にしたいと近場の新店訪問に留めておく。生麦駅前に店を構えた二郎系の店『麺屋蔦重』が岸谷に2号店を出店したというので行ってみた。生麦かぁ。利便性が悪いんだよな。しかも場所は昨年の仕事納めの帰りに強引に入店した記憶がある横浜タンメンを名乗った『麺屋海一』の跡地。駅から徒歩10分ほど上り坂を上ったところにある。面倒なところだ。ようやく辿り着いた時ちょうど先客が2名いた。順番を待ち券売機で食券購入。厨房には若い男の店員1人。内外装はほとんど『海一』時代と変わらず暗い。後客ゼロ。
160514tutajyuu200 160514tutajyuu201 麺家 蔦重 岸谷店 『魚豚らーめん(麺かため)』 800円

店主は『介一家』出身らしく、この岸谷店は家系メインの店になっているらしい。でもわざわざ辿り着いてありきたりの家系ラーメンを食べるのは不満が残りそうだったので、魚豚らーめんというのを選択。好みの油多めは通らなかったので麺かためのみになった。麺は太ちぢれ麺、具は薬味ネギ、ほうれん草、海苔3枚、丁寧にオープンされた肉厚チャーシュー。スープは白い豚骨で醤油味は薄い。そこに魚粉が大量に投入されているのでその味に支配されている。先客は1号店の常連らしく店主と親しそうに話していたのを横から聞いていると、この店舗の設備では火力が弱くスープは1号店で作ってちょっと手を加えている程度らしい。現時点では客入りは良さそうらしい。こんな陸の孤島のように見える場所が…。
帰りはまた急行待ちが著しい生麦駅に戻るのが億劫だったので、大通りに出て横浜行きのバスを待ち乗車し帰路についた。

2016年4月30日 (土)

陽輝鶴見

今日も特に予定なし。空はうっすら薄い雲がかかっているのか白っぽいけど何故だが陽の光が輝いて見える。連休で工場が休みだから空気が澄んでいるのだろうか。我にとっては涼しい、やや強めの風が吹いている。心地よい休日だ。

160430sora01 いつも参考にさせていただいているブログに、鶴見の新店が紹介されていたのでその店に行ってみる事にした。鶴見の郊外にあった貝出汁の効いた塩ラーメンをメインに提供していた『麺丸』が閉店して、その跡地に今月1日新店が開店したというものだ。その店は『吉田商店』という。早速暖簾を割る。入口脇に券売機。厨房には中年男の店主1人のみ。客席は厨房前に一列7~8席のカウンター席のみ。先客3人後客は8人くらいいて座りきれず壁側の待ち席に座っていた。

160430yoshidasyouten00 160430yoshidasyouten01 吉田商店 『中華そば』 700円

つけ麺がメインのようだが、我はいつもの通り中華そばを注文。麺は四角い細麺ストレート。具はわけぎと薬味ネギ、平メンマ、海苔1枚、チャーシュー1枚。濃厚煮干豚骨になるのかな。なかなか美味しい。それにしても煮干し豚骨増えてきたね。形を変えた魚介豚骨系だけど、あちらほど飽きはこないね。満足。

その後京急鶴見駅の方に戻った。今日も連食。以前この辺りに来た時気になっていた店があった。それは「あんかけ焼きそば」をメインに据えた『ちぇん麺』という店だ。そんなものをメインに据える店というのは珍しいね。早速入店。厨房には男女2人の店員。厨房を囲むような変形コの字型カウンターが計11席。先客4人後客4人。口頭注文かと思ったら奥の壁側に券売機。

160430chenmen00 160430chenmen01 あんかけ焼きそば ちぇん麺 『支那そば(醤油)』 590円

メインがあんかけ焼きそばでも我はラーメン食べ歩きをしているので、メニューの後半に書かれていた支那そばを注文。醤油か塩を選べる。麺は中細ちぢれ麺。具は薬味ネギと揚げネギ、ワカメ、ナルト1枚、チャーシュー1枚。スープややや甘い。でもワカメがしょっぱい。揚げネギが香ばしい。ラオタがどうこういう類の一杯ではないけどこの価格としては良い線いっているんではないかな。

JR鶴見駅から電車にのり関内駅で下車し伊勢佐木モールを抜けて徒歩で帰宅した。

2015年12月28日 (月)

夕刻海一

151228namamugi01 本日で仕事納め。毎年思うが1年が早い。昨年の仕事納めの事を覚えているくらい。ともかく大掃除も務め上げ午後3時半頃退社。日が昇っている時に退社するのは新鮮だ。毎年仕事納めの時新店開拓しているが、今日狙いを定めたのは第二京浜近くに先月14日に開店したタンメン専門の『麺屋海一(ひろいち)』。電車だと京浜急行の生麦駅。生麦は各駅停車しか止まらないので急行通過待ちが鬼のようにあり着くまでに時間がかかるので嫌なんだよな。ようやく辿り着いた駅から路地を進み歩くこと約10分で到着。これまた入りづらい雰囲気を醸しだした店構えだなあ。時刻は夕方4時40分頃だったか。提灯も出てるし中も灯りがあったので営業しているだろうと引き戸を空ける。すると店主がカウンターで驚いたような顔をしてこちらを見た。えっ!中休み?この店中休みあったのか?でも店主は厨房に入ってくれ準備してくれた。無駄足にならず良かった。厨房前にカウンター5席と4人がけテーブル2卓。前後客ゼロ。タイミングも悪かったが店の雰囲気が輪をかけていなたい。居づらい。

151228hiroichi00 151228hiroichi01 横浜タンメン 麺屋海一 『タンメン』 700円

筆頭基本メニューを注文。麺は太麺ストレート。具はもやしとキャベツ、白菜、蒲鉾、ゲソ、豚肉。一番上に刻み生姜と胡椒がかかっている。そして巨大な海苔が一枚。スープは乳白色の塩豚骨で野菜などの旨味が溶け込んでいる。なかなか美味しい。でもひとつ突っ込みたくなってしまった。これって長崎ちゃんぽんでしょ。横浜タンメンではないでしょ。なかなか線引は難しいけどさ。普通にちゃんぽんとして美味しかった。満足。

帰りはいいタイミングで乗れて神奈川新町から急行に乗れて横浜にスムーズに出られた。買い物をしてから帰路に着いた。明日から年末休暇となる。

2015年11月 7日 (土)

鶴見食堂

川崎から横浜へ戻る途中の午後5時くらい、鶴見で途中下車。一昨日鶴見に寄った時、気になる大衆食堂の店が営業しているのを発見し気になっていたので夜営業の時間帯を狙って訪問。今までも存在は知っていたが営業しているのを見たことがなかったので、この時間帯を狙ったわけだ。屋号は『タイガー』という。店構えは内外装とも昭和を感じさせるいなたい雰囲気。これは完全に我の好みの店だ。厨房は奥にあり見えないが親父さん店主が1人鍋を振るっているんだろう。割烹着を着たおばさん店員は客席に座り本を読んでいた。店内はガランとした印象でテーブル席のみ。テーブルにはテーブルクロスがかかっている。メニューは色紙にマジックで書かれたものが短冊となって壁に貼られている。メニューにはかつ丼、味噌汁などもあり、全てが昭和の大衆食堂を感じさせる。日本そばもやっていたようだが、今は提供していないようだ。2人がけテーブル席3卓と4人がけテーブル席が8卓。先客3人後客2人。もちろん口頭で注文。

151108tiger00 151108tiger01 中華そば 生そば タイガー

『ラーメン』 450円+『半焼飯』 300円=750円

黄金のコンビ、ラーメン&半チャーハンを注文。屋号を掲げた「タイガーメン」というメニューがあり気になったが、どうやらもやしあんかけラーメン、つまり俗にいうサンマーメンの事らしいのでスルー。値段の手頃感も昭和を感じさせる。出てきたものもこちらが想像していたものと全く同じものが出てくるところも昭和の安心感。見た目そのものの正油ラーメン。ややスープに甘さを感じるが、それも逆にらしくて良い。そして半焼飯だが余計な事はせず、ただ香ばしさだけは間違いない正統派の美味しさ。半チャーハンとしても値段相当以上のもの。次はチャーハン単品で頼むかもと思わせる美味しさだった。全肯定するしかないや。満足だ。

腹はキツくなったけど、『タイガー』の裏手にも気になる店があったので行ってみた。『いろは』という店で、こちらは大衆食堂というより町中華って感じ。暖簾を割って入店。こっちも絵に描いたような昭和のラーメン店って感じで、照明が暗く雰囲気あるなあ。厨房には店主夫婦と思しき年配の男女2人。L字型カウンター14席。先客4人後客ゼロ。先客は常連らしく店主と世間話に花を咲かせていた。

151108iroha00151108iroha01 中華のお店 ラーメンいろは 『ラーメン』 480円

ここでも半チャーハンとのセットを楽しみたかったが、腹が限界に近いので基本のラーメンのみを注文。メニューには(昔ながらの)という但し書き付き。全くその通りだった。細かく評論するのが馬鹿に思えるほどの昔ながらの、特徴もない正油ラーメン。でも今やこういうのが珍しい時代に入ってきてるからな。ここでもチャーハン食べてみたいぞ。早めの晩飯、ごちそうさまでした。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき