カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2017年10月20日 (金)

薔薇家系

『名物屋』と『六角家本店』が閉店したという悲報を聞いた。『名物屋』は我の理想とするものに近い、大のお気に入りのラーメン店だった。素朴なラーメンも、老夫婦が営む店の雰囲気も。その割に訪問回数は数えるばかりに終わってしまった。夜のみ営業で帰路とは外れた立地だったから。我が最後に訪問したのは今年の春、大岡川沿いの夜桜見物の後だったなー(「夜桜名物」参照)。店主夫婦が高齢だったので近いうちにこうなってしまうだろう予感はあったけど、それでもこの現実はとても悲しい。

一方の『六角家』は、家系の歴史に名を残す名店。途中で濃厚路線に変わった『吉村家』「直系」と違い、家系発祥当初のスタイルを色濃く残す家系クラッシックスタイルの代表格。だから醤油寄りの豚骨醤油スープの家系ラーメンを我は勝手に「六角家系」と呼んでいるほど。一時は我も豚骨寄りの豚骨醤油スープの「壱六家系」に流れた事もあったが、今はすっかり「六角家系」スタイルを好むようになった。そんな家系の中核を成すような『六角家』本店を失うとは…。

だから今夜は『六角家』が無い六角橋に足を運ぼうかという考えが一瞬頭をよぎったが、他の系統のラーメンを食べても今は味気なく感じてしまうに違いない。頭の中をリセットして会社帰りの帰宅途中、横浜から横須賀線に乗り換え保土ヶ谷駅にやって来た。駅から徒歩1分弱の場所にある夜飲み営業の店『ラーメン情熱の薔薇』へ再訪を試みた。先月末の開店初日に訪問した時(「薔薇夜麺」参照)は筆頭基本の九州系豚骨ラーメンしか提供されていなかったが、最近家系ラーメンも提供しているというのでやって来たのだ。到着したのは夜7時前くらい。入店すると厨房には男の店員1人のみで先客も1人だけ。入口の券売機で食券を購入。その後来客が相次ぎ最終的にほぼ満席になった。繁盛しているのかな?

171020jyounetunobara00 171020jyounetunobara01 ラーメン 情熱の薔薇

『情熱のYOKOHAMAラーメン(麺かため)』 690円


目的のメニューを注文。好みは聞かれなかったが麺固めオーダーしたら通った。サイドメニューのてりやきチキン丼も合わせて注文してみた。ほどなく着丼。あれ?丼が筆頭メニューとは異なりちゃんと家系伝統の青磁のものに変わっている。具も家系標準だけど玉ネギのみじん切りが最初から入っていた。卓上には無かった。麺は平打ち中太ストレート。注文通り結構ゴワゴワのかため。そしてスープは醤油寄りの豚骨醤油。クラシックスタイルの家系だ。『六角家』よりも醤油寄りな気がする。厨房は狭いのに安易に工場製スープの「壱六家系」でないのが好感が持てた。なかなか美味いし満足出来た一杯だった。

171020jyounetunobara02 +『てりやきチキン丼』 300円=990円

続いてサイドメニューのてりやきチキン丼だが、香ばしい焼いた鶏肉とザンギリネギが多めには入ったもの。鶏肉は特に照り焼き感は感じなかったが香ばしい。但し、決定的に量が少ないミニライスレベル。

相変わらず椅子が高くて食べづらいし、店の作りが安普請過ぎるのであまり居心地が良いとは思えないという不満もある。でも今回の家系ラーメンを食べて、この店は意外と店名通りにラーメンに対する情熱はあるのかな?と感じた。準備中の「情熱のTOKUSHIMAラーメン」というのも気になるので再訪するかも知れない。

2017年9月29日 (金)

薔薇夜麺

先日開店した『櫻井中華そば店』に続き、本日また保土ヶ谷駅東口近くにラーメン店が開店した。店名は『情熱の薔薇』。何だかセンスのないBARみたいだなと感じる屋号。その屋号にふさわしく夕方5時からの夜のみ営業だそうだ。そういう事になると会社帰りの訪問が都合が良い。開店当日に訪問するなんてラオタ全開だけど、夕方開店ならスープ切れとか言われずに済みそうだ。

到着したのは夜7時前くらい。店前に呼び込み店員がいた。促されて入店。入口近くに券売機。店内は『櫻井中華そば店』に比べて一回り以上小じんまりとしている。厨房には男の店員2人。L字型カウンター10席だと思う。先客2人だったが後客は6人くらい。緑色のカウンター席が目を引く。

170929jyounetunobara00 170929jyounetunobara01 ラーメン 情熱の薔薇 『情熱のラーメン』 700円

筆頭基本メニューを注文。どんなラーメンが出てくるのか前知識が無かったので多少ドキドキしながら提供を待つ。ほどなく提供された一杯は九州豚骨系ラーメンだった。麺は細麺ストレート。具は青ネギ、玉ネギのみじん切り、ナルト1枚、海苔1枚、固茹で玉子半分、チャーシュー2枚。スープの豚骨濃度はそこそこだが、味はあっさりしている。茶褐色のようなものが見えるが魚介出汁だろうか。それでも味は淡白だった。そしてスープの量がやや少なめ。やはり飲み屋帰りの酔っぱらい客を狙った仕様になっているのか。ちょっと懐古的なビジュアルで我好みではあるが、味が薄くてインパクト不足。さらに言ってしまうと椅子が高いのでちょっと食べづらかった。

これだけでは我の腹は満たされなかったので、近くの『松屋』でキムカル丼を食べてから家路に着いた。

170929matsuya01 松屋 保土ヶ谷店 『キムカル丼(並)』 490円

2017年9月17日 (日)

櫻井中華

昨日から降り続ける雨。空気は夏の面影はなくすっかり秋の装い。台風は九州南部から北上しつつある状態。風はまだまだ大人しい。朝の内に買い物を済ませてしまおうと朝9時過ぎに家を出る。横浜で買い物をしてから横須賀線に乗りひと駅目の保土ヶ谷で下車。一昨日の15日、保土ヶ谷駅徒歩3分程度のところに開店した『櫻井中華そば店』が本日の目的店。保土ヶ谷駅周辺に新店が出来るのは久々だ。昭和の雰囲気が色濃く残る駅前商店街の中に祝の花がたくさん飾られた店を発見。開店7分前くらいにいくと既に3人並んでおり直前に1人入られてしまった。5人目として並ぶ。我の後ろにも客は並び開店時までには15人くらい並んでいたかな?開店時間ぴったりに暖簾が出され入店。入口脇に券売機。内装は黒で統一されている。厨房には若い男の店主1人と女の店員1人。厨房前に一列のカウンター8席と入口側に2人がけテーブル席2卓。

170917sakuraicyuukasoba00 170917sakuraicyuukasoba01 櫻井中華そば店 『特製中華そば』 990円

筆頭の特製を注文。一度に4杯分づつ作るのでギリギリ2回目に回されてしまった。入店してから20分待ってようやく着丼。美しい顔をした一杯。信州黄金シャモから摂った上品な鶏油と出汁、醤油味が前面に出た『鶏喰』のようなネオ醤油中華そば。麺は縮れ中太麺で自家製らしい。この手のラーメンは何故だかストレート麺が多いのがちょっと不満だったが、やっぱり伝統に則って縮れ麺の方が圧倒的に好みだとよくわかった。美味い。具は葱、細切りメンマ数本、半分に切られた味玉1個とロースとバラの2種のチャーシューが各2枚づつ。見た目も味も素晴らしい。汁一滴残さず完食。他店と比べるのも何だけど『鶏喰』や『地球の中華そば』よりは個人的に好みの味だ。良い店が出来たと思うが、ラオタ族が好みそうな店なのですぐ行列店になってしまうだろう。

雨はシトシト降り続いている。早々に帰路に着いた。

2017年5月13日 (土)

桜如浸麺

『ア・ラ・ブッフ・シュン』を出ると雨の勢いが増した気がする。すぐ裏手のつけめん専門店『桜の如く』に入店する。この店には3年前の開店直後に一度訪問したことがある。その時はつけめん専門店にも関わらず我のポリシーに沿って中華そばを注文した。今度は看板メニューを食べてみるか。入店すると厨房に熟年夫婦らしき男女の店員2人。勝手に若い店主かと思っていたので意外だった。そして「いらっしゃいませ」の声が聞こえない。入口脇の券売機で食券を買う。店内は明るく清潔感がある。先客5人後客6人。

170513sakuranogotoku00 170513sakuranogotoku01 つけめん 桜の如く 『つけめん』 800円

筆頭基本メニューを注文。『東池袋大勝軒』横浜西口店以外のつけめんを食べたのはいつくらいだろう。魚介豚骨の定番の味だ。魚粉が強すぎるとくどくなるんだけど、流石に塩梅は良く食べやすい。太麺もモチモチして良い。でも想像を超える事はない。つけめんってラーメンよりバリエーションの広がりを出すのは難しいのかね。
店を出ると雨の勢いが若干弱まった様子。傘をさし保土ヶ谷駅まで歩いた。コンビニで仏壇に供える為母の日の花束を買って帰宅した。

2017年4月29日 (土)

天王町迷

今週は疲れが溜まっていたので土曜日だけど遠出はせず市内近場に出かけるつもりだった。だから気が緩んで、朝起きたのはいつも通り早朝だったが二度寝してしまい、家を出たのは11時頃。横浜で買い物をした後、相鉄線各駅停車に乗り天王町に移動。駅前にあるというカレー店を訪問するつもりだったが、何とシャッターが降りていた。定休は日曜だったからわざわざ土曜日に訪問したのに。まさかの出来事に頭が真っ白に。大げさだなー。朝から食べておらず出発が遅れてもう午後1時をまわっていたので空腹の孤独シーンがインサートされた。店を探そう。カレーは諦めるとすると…ラーメンになってしまうのが我。そう言えば2年前の夏、自家製スープをウリにした昼限定で家系ラーメンを提供しているバーがあった。『どんとこい家』だ。まだ営業しているかな?店につくと営業していたので入店。厨房には店主1人。テーブル席には子連れ客が2組いたが、カウンターには他客無し。口頭で注文。

170429dontokoiya00 170429dontokoiya01 ラーメン どんとこい家 『ラーメン(麺かため・油多め)』 650円

基本のメニューをいつもの家系好みでオーダー。以前は500円だったが、普通の家系店並の価格に値上がっていた。泡立っているねー。バーの厨房では作れないので店主の自宅で炊いているというスープは『壱六家』系の豚骨寄り。自家製スープなんて店では当たり前、と言えたのは昔の話になってしまった。手作り感が味わえるスープは美味かった。ちょっと味が濃く感じたけどまあいいや。美味しい家系ラーメンだった。

2016年6月17日 (金)

和田咖喱

昨日までは雨降りだったが、今日は晴れて、しかも暑かった。会社帰り横浜で相鉄線各駅停車に乗り換え星川に立ち寄る。先週土曜日訪ねたが休業中だった為入店出来なかった店に出向く為だ。場所は二郎系『吾郎』、煮干系『直』と続いた店舗の跡地。屋号は『麺屋たいが』。横浜ではまだ珍しいカレーラーメンをメインに据えているという。時刻は夜8時くらい。今日は営業しているようだ。早速入店。内装は黒を基調にしている。今までのような喫茶店感は感じなくなっている。の厨房は奥にあり内暖簾があるので見えない。おばさん店員が接客で出てくる感じ。L字型カウンター7席と奥に座敷が設置され4人がけのテーブルが2卓。先客9人後客6人。口頭で注文。

160617taiga00 160617taiga02 麺屋たいが

『カレーらーめん』 800円+『小ライス』 100円=900円

もちろん筆頭看板メニューと小ライスを注文。他に正油ラーメンもメニューにあった。麺は四角い中太やや縮れ麺。具は万能ねぎとしゃぶしゃぶ豚肉と珍しいものだ。スープはカレーうどんのスープ。カレーラーメンってのはこうなっちゃうんだなー。でもカレーうどんもたまに食べると美味いとの同じで美味くて満足。でも習慣性があるかというと疑問だ。

しかし暑いな。電車で横浜に戻った。

2016年6月11日 (土)

初夏樹訪

梅雨の合間ではあるが夏日といっていい気温になった土曜日。あまりに天気が良いので今週も都内へ出かけようか迷ったくらい。結局思いとどまって、星川駅近くの新店へ訪問しようと出かけた。ところが当の店は休業の札が出ていた。開店早々休業とは不穏な感じだな。仕方ないかと別の店を検討する。思い出したのは『めん処 樹(たつのき)』。いつか再訪したいなと思い続けていたんだった。調べてみたら開店した年の2006年12月に訪問して以来。9年半ぶりの再訪問だ。10分ほど歩いてようやく店の前に到着すると、横の駐車場に6人の待ちが生じていた。今やこの地域を代表する行列店。でも店舗は開店当初と変わっていないと思う。20分以上待ってようやく店内に案内された。待っている間店員に注文を確認されたが、入店後改めて食券機で食券購入。厨房には店主と女店員の2人きり。厨房を取り囲むL字型カウンター8席。店内は静かだ。

160611tatunoki00 160611tatunoki01 めん処 樹 『特製醤油らぁめん(大盛)』 1050円

前回訪問時は筆頭が塩だったのでそちらを注文していた。そんな事すっかり忘れていたが、今は醤油が筆頭になっていたので醤油を特製で注文。かぶらずにすんで良かった。麺大盛り無料との事なのでそれもお願いした。良い顔をした一杯が登場。中細ストレートで角ばった麺。具は薬味ネギ、揚ネギ、水菜、細切りメンマ、海苔1枚、半分に割られた味玉1個分、小ぶりのチャーシュー5枚。スープは煮干を感じる魚介醤油。煮干しだけではなく鯵や鯖も使っているとか。若干しょっぱいかなとも感じたが、全体的には行列も納得の満足の味。見た目は正しいパターンが多いね。今度はこんな間を空けず、冬季限定の味噌を食べに来たいね。

2016年1月 8日 (金)

和田醤油

2016年の幕が明けて早いもので1週間が過ぎてしまった。週末金曜日。しかも3連休前。会社帰り横浜で下車し相鉄線各駅停車に乗り換え和田町まで足をのばしてしまった。今月6日八王子街道沿いにオープンした新店『自家製麺KANARI』を狙った。駅から徒歩約5分ほどのビルの一階にあった。入店すると入口脇に券売機。内装はこげ茶色の板材を使っていて天井が高くお洒落な感じ。厨房には男の店員2人。厨房前に一列8席くらいのカウンター席と2人がけテーブル席1卓と3人がけテーブル席1卓、4人がけテーブル席1卓。訪問時ちょうど満席だったが、ちょうどテーブル席の先客2人が席を立ち、その席に座るよう店員に促された。机の上には麺やスープへの薀蓄が書かれた紙があった。BGMは有線で洋楽が流れていた。

160108kanari00 160108kanari01 自家製麺KANARI 『中華そば(醤油)』 680円

筆頭基本のメニューを注文。醤油か塩かが選べた。満席だったので結構待たされて着丼。径の小さい底の深い植木鉢のような丼だ。麺は中細ストレート。コリコリとした食感。具は薬味葱、玉ネギの角切り、ナルト1枚、海苔1枚、肉厚で脂身の多いチャーシューが2個半。スープは鶏ガラメインに豚、貝、野菜なども加えたものだそうだ。醤油味がハッキリしていて我の好きなタイプだ。久々に完食マークを出し汁一滴残さず完食。店員がもう少し慣れてくれば更に良い感じになるだろう。

横浜で買い物をしてから帰宅した。

2015年7月19日 (日)

家庭製作

梅雨明けはもう発表を待つばかりなのではないかと思うような真夏の日差しと気候の日曜の朝を迎えた。休日恒例、根岸森林公園へのウォーキングを行い朝食を食べた後10時前に再出発。今日はウォーキングシューズとシャツが欲しかったので、みなとみらいのモンベルまで歩いて出向く事にした。今まで普通の靴でウォーキングしていて、ちょっと緩めで違和感が増してきたので気になっていたのだ。せっかくなら長持ちするものが欲しいと思ったので、この場合多少高くてもモンベルの選択なのだ。1時間ほど歩いて店に到着。吟味の上気に入ったものを購入。明日から試すか。シャツも2枚買って店を出る。

次はラーメン。昨日に引き続き保土ヶ谷区に出来た家系ラーメン店を狙う。屋号は『どんとこい家』。「はまれぽ」で紹介されていた。天王町近くのBARが昼だけラーメン店として営業しているという。店主はラーメン店で修行経験が有り、家庭用キッチンでスープを作っているのだそうだ。その分量は摂れないが質は落とさず濃厚な仕上がりのスープにしているのだという。

さて、モンベルを出たけどここから最寄り駅はみなとみらいか高島町。でもそこから横浜駅に出て相鉄に乗り換え天王町で下車して店へ…なんて手間に思えてしまい、何と歩いて行く事にした。途中自販機で三ツ矢サイダーを買って水分補給しつつ、戸部や藤棚を抜け東海道から八王子街道に入り1時間ほどで到着した。店は2階にある。看板には「KARAOKE BAR ZERO」。なかなか入りづらいが早速入店。バーカウンター内には『吉村家』店員よろしく鉢巻をした家系スタイルの出で立ちの小太りで茶髪の店主。なんと『なんつッ亭』で修行経験があるそうだ。バーカウンターには一列6席、それと4人がけくらいのソファーのテーブル席が1卓。先客3人後客4人。口頭で注文。

150719dontokoiya00 150719dontokoiya01 どんとこい家 『ラーメン(麺かため・油多め)』 500円

筆頭基本メニューのみをいつもの好みで注文。店内が暗くてわかりづらかったが写真を見てようやくラーメンの顔が判った。いい顔をしているねー。そしてスープは噂通り濃厚。分類すると壱六家系。久々にこのクラスの家系を食べた。しかも1コイン!比べちゃ悪いけど、昨日食べた家系ラーメンとは段違い。家庭用キッチンで丹念に作ったのが逆に功を奏したのかな?大満足だった。

ここから天王町駅にいったが電車で横浜に戻るのも億劫になって保土ヶ谷駅まで歩いて、そこからバスに乗って帰宅した。炎天下の中随分歩いてしまった。

2015年7月18日 (土)

夏開家系

三連休初日の朝を迎えた。通常なら遠征!となるのだが、ちょっと時期をずらして今はその準備と充電期間に充てる。空は雲と晴れ間が五分五分と言った感じ。強引なコースで西日本に上陸して日本海へ抜け熱帯低気圧になった台風11号の影響だろうか。朝の根岸森林公園へのウォーキングも直射日光を受けないで出来た。

10時前に家を再出発して最寄り駅まで歩いて次回遠征準備をしてから横浜駅へ。更に相鉄線各駅停車に乗り和田町で下車する。かつて台湾ラーメンなどを出していた『ハマケン』が短命に終わって、その跡地に家系ラーメン店が本日オープンするというので行ってみることにした。屋号は『八家』。もろ中華系を想像させるなあと思っていたら、やっぱり経営陣らしい年配の男女は中国語をしゃべっていた。看板には「六角家姉妹店」の文字。開店1分前に店前に到着し待っていたが定刻になっても開店しない。まあ開店初日っていろいろごたつくのは想像出来るので黙って待っていた。ところが何の説明もないまま結局15分以上遅れてようやく客入れ開始。「お待たせしました」の一言もなく。その時はもう行列になっていたので初回で全員入店出来たかわからない。入口に券売機。内外装はおそらく『ハマケン』時代とそう変わっていない。厨房には茶髪金髪ピアス、昔というより現役ヤンキーのような20歳前後と思しき若い男3人とおじさん1人。食券を渡すと好みを聞かれたので答えた。

150718hachiya00 150718hachiya01 横浜家系らーめん 八家

『ラーメン(麺かため・油多め)』 600円

基本をいつもの好みで注文。でもラーメンを出された時店員は「チャーシューメンです」と言ってきたんんだよ。「いや、普通のラーメン頼んだんだけど大丈夫?」と聞いたら隣の店員と小声で話してから「大丈夫です」と言ってきた。いや、その前に言う事があるだろうよ。前客のラーメンが全部出てない状態だから聞いたんだぞ。案の定前客も不満らしい。注文間違えたり順番間違えたりは開店初日はよくある事。あって良い事ではないけど大目に見るよ。でも声が全然出てないし、大したものを求めている訳では無いが、気配りというか、客を客として全然見ていないというか。席を立った時も「ありがとうございました」の言葉もない。ラーメン云々以前に接客に難有りと言わざるを得ない。ラーメンは豚骨濃度もあってまあまあの家系ラーメンだったし値段も頑張っていると思う。チャーシューも肉厚のものが2枚入りだった。しかし先の件があったので自分の好みが反映されていたかははなはだ怪しい。初日だから今回は大目に見てしばらくは様子見が正解だろう。まず年内続けられるかで判断しよう。

連休初日ということもあり久しぶりに連食。星川駅方面へ向った。以前『いちふゆ』として鶏そばメインで提供していた安普請の店舗で営業していた店が、今度は屋号も新たに家系ラーメン店に鞍替えしたというので行ってみた。『ラーメンコジロー』という赤い看板が掲げられている。厨房には初老の店主が1人。内装は変わっていない。券売機の上に紙が貼られメニューが書かれている。その筆頭メニューを口頭で注文。先客ゼロ後客3人。

150718kojiroo00 150718kojiroo01 ラーメンコジロー 『豚骨ラーメン』 490円

家系ラーメンと聞いたが好みは聞かれなかった。ちぢれ太麺。具は薬味ネギ、ほうれん草、海苔3枚、脂身の多い炙りチャーシュー1枚。醤油ダレ抑え目のスープ。家系としてはおとなめと言わざるを得ない。でも1コインでお釣りが来るコストパフォーマンスは他店では得難い。店を出ると小雨が降っていた。

店前のバス停からバスに乗り横浜駅に戻って帰路についた。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき