カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2017年8月29日 (火)

横浜松壱

今月9日、『ゴル麺』横浜2号店の跡地に『松壱家』横浜店が開店した。でも同じ松野軍団だからほぼリニューアルと言っていい感じ。ラオタ族はピクリともしない感じ。ああ、今は松野軍団ではなくウルトラフーズというのか。中は『ゴル麺』時代とそう変わらない。入口脇にタッチパネル式券売機。厨房には男の店員ばかり4,5人いたが、ちょうど交代のタイミングだったようだ。店員の服も松壱家とゴル麺が混在していた。L字型カウンター11席に先客5人後客も5人。ラーメン500円券を2枚貰った。

170829matuichiya00 170829matuichiya01 横浜家系らーめん 松壱家 横浜店

『醤油豚骨ラーメン(麺かため・油多め)』 680円+『味玉』 100円

筆頭基本メニューをいつもの家系好みで。味玉もつけちゃえ。松壱家といえば「高い家系ラーメン店」という認識でいたが、いつの間にかリニューアルされ値下げされていた。トレードマークのうずらの卵とメンマは無くなっていたが、個人的には不要と思っていたもので、いらないから値下げしろと前々から思っていた。家系としてはごく普通かちょっといい感じかな。但しスープがかなり油ギトギト。この店では好みノーマルがちょうどいいようだ。総合的に見て今回のリニューアルは改善されたという印象だ。
170829matuichiya02 +『チャーハン』 250円=1030円
サイドメニューとしてチャーハンを注文したら意外なものが提供された。アツアツのフライパンごと提供されたものはチャーハンとは思えない一品。薄く卵が敷かれた上にほとんど白ご飯のようなものがのっかり刻みチャーシューとネギがかかっている。でもただのご飯ではなく塩胡椒が効いていてシンプルだけど美味い。その上香ばしさがいい感じ。この値段でこの質は気に入った。難点は狭いカウンターの上にラーメンの丼と、この大きさのフライパンを並べるととても危険。やけどをする可能性大。アイデアはいいのだが安全性を考えると改良の余地があると思った。

2017年8月27日 (日)

夏大勝軒

昨日は早朝から好きな事をしてしまったし、今日は日用品の買い物をしなくてはいけない日曜日。特に新店開拓などせず近場で済ませる。蒸し暑いし久々大勝軒で盛りメンマでも食べるかな。今年正月2日以来の入店となる。店外券売機から食券を購入し入店。厨房には男の店員3人と女の店員2人。先客3人。まだ11時前だったからこんなもんか。後客は続々来店し1階席はすぐ埋まった。

170827taishyouken00 170827taishyouken01 東池袋大勝軒 横浜西口店 『もりメンマ』 1000円

安定のもりメンマ。この酸味と節系のあっさりスープ、メンマと麺の食感が混ざり合うのがとてもいいね。つけめんには苦手意識がある我がこれだけは例外。美味かった。

2017年8月12日 (土)

盆総本山

朝から本降りだったが9時過ぎには弱まったので家を出た。横浜に出て買い物をした後、本日の目的店は横浜ご当地ラーメンの代表『家系総本山 吉村家』に決めていた。開店7分前くらいに店に到着したが、交差点の方まで行列が伸びていた。連休中という事である程度覚悟していたもののここまでとは。自分のことを棚に上げていうけど、皆も気合い入っているなー。結局列に並んでから40分待ちで入店出来た。厨房には二代目を含む男の店員10人とおばちゃん店員1人。

170812yoshimuraya00 170812yoshimuraya01 家系総本山吉村家

『チャーシューメン並(麺固め・油多め)』 800円+『玉ネギ』90円=890円

いつものメニューを注文。このところ外食続きだったので今日は連食はせずライスも控えた。この店にはいろいろと好感を持てない部分もあるけど、それでも家系総本山の名は伊達ではない。「ラーメンを食べたい」という欲望を力ずくでねじ伏せ満足させるものを持っている。威風堂々、我が横浜のご当地ラーメンという風格だ。大満足で店を出る事が出来た。

2017年6月 9日 (金)

夜総本山

今週水曜日に関東も梅雨入りし早速ぐずつきはじめた空の日が続く。そして心身共に疲弊した金曜の夜。疲れたがストレスを少しでも発散させようと美味いラーメンを食べてから帰宅する事にした。選んだのは家系総本山『吉村家』。何度目の訪問かは最早自分でもわからない。到着したのは夜9時前。20人を超える大行列。食券を買い最後列に着く。今夜はここに決めていたから迷いはない。結局30弱待つ事になった。厨房には男の店員7人。ちょっと驚いたのが先客の中に「麺バリカタ」指定をした客がいて、それが通った事だ。我を含め「麺かため」指定の客の分より大分前にその客に提供されていた。流石に家系の麺でバリカタは合わないんじゃないのか?と余計なお世話な事を思った。

170609yoshimuraya02 170609yoshimuraya01 家系総本山 吉村家

『中盛チャーシューメン(麺かため・油多め)』 960円+『玉ネギ』 90円+『ライス』 110円=1160円

この店での我の定番メニュー、でも今夜は更にラーメンは中盛で注文。今夜はもういいんだ、それで。それくらいリカバーが必要。スモークチャーシューの香ばしさと濃い醤油の味。総本山の味。並ぶことにはなったが、こんな夜に家系総本山のラーメンにありつける我はまだ幸せなのかも知れない、と思う事にした。ライスが少なく、玉ネギが多過ぎたのがちょっと不満だったけど、それ意外は満足感が得られた。その後買い物等をして帰宅出来たのは夜11時半くらいになってしまった。疲れたー。店外観の写真をとり忘れたのを帰宅後気がつくくらい疲れた。

2017年5月12日 (金)

横浜天一

連休明けの一週間は何だか疲れた。辿り着いた週末だね。会社帰り横浜駅で途中下車し買い物。そして晩飯。そう言えば横浜西口に『天下一品』が開店したんだったなーと思い出し行ってみる事にした。我からすれば近場に関内店があるのでありがたみは希薄ではあるが新店開拓だ。場所は『一風堂』横浜西口店の対面で油そばの『ぶらぶら』の隣、道路を挟んで『ゴル麺』や『横浜家』が望め、裏手には『家系総本山吉村家』や『ニュータンタンメン』横浜店がある。気が付けばとんでもないラーメン密集激戦区となっていた。早速入店。厨房は奥にあり見えない。L字型カウンター8席と2人がけテーブル席1卓と4人がけテーブル席2卓。2階席もあり25席もあるという。1階席は8割以上と結構な客入り。口頭で注文。料金後払い。

170512tenkaippin00 170512tenkaippin01 天下一品 横浜駅西口店 『チャーハン定食(こってり)』 980円

チャーハン定食でラーメンはこってり選択。濃度の高い野菜豚骨スープに九条ねぎ。ご当地ラーメンとしてアピールしていないけど、チェーン店化して着実に広まっている京都ラーメン。味に不満はない。でも我が『天下一品』にはまらないのは量が少ないのにやや高めだから。普通のラーメンの2/3くらいの量のスープ。チャーハン定食と言いながらチャーハンは本当にミニサイズでレンゲで5回掬って終了。箸がなんか太くて扱いづらかった。

2017年5月 5日 (金)

維新煮干

170505yokohama01 陽光も風も強い連休中日。初日は鎌倉、2日は上野とちょっと遠出が続いたので、今日は家の事と近場への買い物等をして過ごす事にした。10時過ぎに家を出て横浜へ出た。昨日はカレーの連食をやってしまったので、今日はラーメンにしよう。先日訪問し売り切れだった『維新商店』の煮干しそばを狙いに買い物前に訪問。開店10分前に店に到着したら1人待っていた。開店時間ピッタリに開店。その頃には10人くらい来客があった。厨房には男の店員3人と接客の女店員1人。

170505ishinsyouten00 170505ishinsyouten01 中華そば 維新商店 『煮干し中華そば(大盛)』 790円

目的の品を注文。良い顔をした一杯だ。自家製の縮れ太麺。具は薬味ネギ、ナルト1枚、穂先メンマとチャーシュー1枚。煮干しも醤油もほどよく、それでいてキリッとしまったスープ。中華そばの美味さを感じる事が出来た。満足。

その後ダイエーで買い物をした。セルフレジを使ったけどかえって時間がかかるね。慣れてくると早く出来るのかな?

2017年4月19日 (水)

中華輝虎

会社でお疲れさんんモードだったので早々に退社し、水曜平日だけど外食してから帰宅する事にした。横浜で途中下車。西口に出る。かなり前に閉店した『秀吉』という二郎インスパイア系のラーメン店があった店舗に新しいラーメン店が開店したというので行ってみた。屋号は『麺屋輝虎(てるとら)』。本日オープンなのかな?自動ドアから早速入店。券売機はナシ。厨房には男の店員3人と女の店員1人。大陸系の雰囲気。厨房前に一列9席のカウンター席。テーブル席は4人卓が4つ。先客10人後客8人。口頭で注文。料金後払い。

170419terutora00 170419terutora01 麺屋 輝虎 『ラーメン(麺かため)』 500円(オープン価格)

筆頭基本メニューを注文。特に好みは聞かれず店内にもそれらしい表記も無かったが、麺かため指定は通った。おそらくスープは一緒でトッピング追加で構成されたラーメンメニュー。大盛りもあるが、細麺替え玉もあるという節操の無さ。更にラーメン以外の一品料理が充実。餃子や炒飯、酢豚や油淋鶏まである。完全に中華料理屋。「『麺屋~』という店の名前でラーメンも出せばお客さんイッパイ来てくれるネ!」という大陸的したたかさだなー。麺は中太ちぢれ。多めのほうれん草とスープに溶ける海苔3枚。チャーシュー1枚と半玉入り。スープはおそらく工場製の白い豚骨醤油。よく見かけるなんちゃって家系の一杯。こんなラーメンで『吉村家』や『一風堂』、『天下一品』等の競合ひしめくところに開店するとは…と考えるはラオタの余計なお世話。アルコール有り、一品料理有り、すぐに座れて深夜営業で喫煙可。ラオタは近寄らないだろうが酔っぱらい達にはちょうどいい。そんな店だった。我は今更否定してもしょうがないラオタの一員なので再訪はないだろう。

2017年4月14日 (金)

維新改店

週末金曜の夜。特に行きたい店もなかったので先月末フラれた『維新商店』へ三度目の訪問。今週火曜までリニューアルで2週間くらい休業していたそうだ。到着したのは午後7時前くらいだった。早速入店。内外装、レイアウト共以前とそれほど変わった印象がない。券売機の位置が変わったくらい。厨房に男の店員3人と女の店員1人。先客8人後客は続々入店し満席。

170414ishinsyouten00 170414ishinsyouten01 中華そば 維新商店 『特中華そば(大盛り)』 1000円

新メニューの煮干し中華そばも気になったが券売機に☓表示がされていたので、当初の目的通り特中華そばを注文。大盛無料は健在だったので注文した。結構待たされたけどいい顔をした一杯が着丼した。ブリブリに縮れた自家製中太麺。酸味を感じるくらい濃いめの醤油スープに背脂がのっている。具は薬味ネギ、穂先メンマ、ナルト1枚、味玉丸一個、胡椒強めのワンタン3個。この店は確か『中村屋』系だったかな?完成度も高く新しいのに懐かしい感じの一杯でボリュームもあり満足出来た。店を出ると結構な行列が出来ていて驚いた。駅から遠いのが難点。そんな土地で行列を生むなんて実力がある店だなあ。

2017年3月31日 (金)

期末雨夜

3月最終日。明日から4月だというのに冷たい雨が降る冷えた日となった。この国では年度最後の日として多くの会社の編成が変わり異動等が行われる。今年はたまたまそれが金曜日だった事もあり、午後は席替え等に費やされた。異動する人達を送り出す飲み会みたいなものがあった。我は異動する事は無かったので送り出す側として参加した。そんなわけで少し飲んで食べた。それでも金曜日で開放的な気分だったのでラーメンが食べたくなり帰宅途中に横浜で下車した。特に行く店を事前に決めてなかったが、このところ行っていなかった『維新商店』に行ってみる事にした。この店は駅から遠いので足が遠のいていた。先日も訪問しようと思ったらたまたま日曜だった。日曜定休というのは更に足が遠のくよ。シトシト冷たい雨が降る中傘をさして店に向かう。7分ほど歩いて到着すると店は閉まっていた。リニューアルの為来月11日まで休業だとか。つくづく相性が悪いな。駅の方向に戻り途中にあった『せんだい』へ入店。今夜は家系という気分ではなかったが仕方がない。券売機で食券を買い着席。厨房は見えにくいがおそらく男の店員3人と女の店員1人。先客5人後客3人。

170331sendai00 170331sendai01 らーめん家 せんだい 横浜西口店

『らーめん 並 豚骨醤油(麺かため・油多め)』 700円


初訪問時は味噌だったので今回はスタンダードな醤油を選択。決して悪くはないんだけど好みではないなー。最近特に醤油寄りの家系を好むようになり、この店のスープはやや甘く感じてしまう。自分との相性が悪い。この店では味噌を頼むのが自分的に正解なんだろうという事が判った。

2017年2月10日 (金)

味噌家系

朝も雪がぱらついていたが、会社を出た後も吹雪いていた。そんな金曜の夜。会社帰りまた横浜で途中下車し、先日前を通り過ぎた『せんだい』横浜駅西口店に向かう。今月5日に開店したばかり。早速入店。店内は客が一杯で券売機に3人くらい並んでいた。好みも選択出来るタッチパネル式券売機。ちょうど前客が退店するタイミングだったので待たずに座れた。厨房は奥にあり見えない。男の店員ばかり3人いた。接客は丁寧。でもあまりよく回転していない感じ。L字型カウンター9席と4人がけテーブル席3卓。客入は常に8割以上キープしている感じ。

170210sendai00 170210sendai01 らーめん家 せんだい 横浜駅西口店

『らーめん並 豚骨味噌(麺かため・油多め)』 700円+『小ライス』 100円=800円

寒いし味噌を選択した。好みはいつもの。我からすれば『せんだい』のトッピングはきくらげだという印象だったので付けるつもりだったが、何とトッピングに無かった。15分くらい待たされようやく着丼。麺はブリブリのかため縮れ麺。我の好きなタイプの家系の麺だ。具は家系標準だがほうれん草が多め。スープは見た目味噌っぽくない。最初口に入れた時も「あれ?正油と間違えられたか?」と思ったくらい普通の家系の味だったけど、後味はしっかり味噌。家系店が味噌メニューを出す時、家系からかけ離れた、「しっかり味噌ラーメン」になってしまっている例が多い。具の構成を変えたり胡麻かけちゃったりね。それに比べて家系好きの我からするとこの味わいは好感が持てた。他の家系店は味噌は季節や限定メニューだったりするけど、『せんだい』は味噌を基本メニューのひとつにしている。その違いが如実に現れた気がする。我は今まで『せんだい』に良い印象持ってなかったから今回期待していなかったんだよ。『けん』時代から横浜橋店とは何故か相性が悪かったから。ライスもいつもの食べ方をして胃も満足して店を出る事が出来た。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき