カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2017年4月19日 (水)

中華輝虎

会社でお疲れさんんモードだったので早々に退社し、水曜平日だけど外食してから帰宅する事にした。横浜で途中下車。西口に出る。かなり前に閉店した『秀吉』という二郎インスパイア系のラーメン店があった店舗に新しいラーメン店が開店したというので行ってみた。屋号は『麺屋輝虎(てるとら)』。本日オープンなのかな?自動ドアから早速入店。券売機はナシ。厨房には男の店員3人と女の店員1人。大陸系の雰囲気。厨房前に一列9席のカウンター席。テーブル席は4人卓が4つ。先客10人後客8人。口頭で注文。料金後払い。

170419terutora00 170419terutora01 麺屋 輝虎 『ラーメン(麺かため)』 500円(オープン価格)

筆頭基本メニューを注文。特に好みは聞かれず店内にもそれらしい表記も無かったが、麺かため指定は通った。おそらくスープは一緒でトッピング追加で構成されたラーメンメニュー。大盛りもあるが、細麺替え玉もあるという節操の無さ。更にラーメン以外の一品料理が充実。餃子や炒飯、酢豚や油淋鶏まである。完全に中華料理屋。「『麺屋~』という店の名前でラーメンも出せばお客さんイッパイ来てくれるネ!」という大陸的したたかさだなー。麺は中太ちぢれ。多めのほうれん草とスープに溶ける海苔3枚。チャーシュー1枚と半玉入り。スープはおそらく工場製の白い豚骨醤油。よく見かけるなんちゃって家系の一杯。こんなラーメンで『吉村家』や『一風堂』、『天下一品』等の競合ひしめくところに開店するとは…と考えるはラオタの余計なお世話。アルコール有り、一品料理有り、すぐに座れて深夜営業で喫煙可。ラオタは近寄らないだろうが酔っぱらい達にはちょうどいい。そんな店だった。我は今更否定してもしょうがないラオタの一員なので再訪はないだろう。

2017年4月14日 (金)

維新改店

週末金曜の夜。特に行きたい店もなかったので先月末フラれた『維新商店』へ三度目の訪問。今週火曜までリニューアルで2週間くらい休業していたそうだ。到着したのは午後7時前くらいだった。早速入店。内外装、レイアウト共以前とそれほど変わった印象がない。券売機の位置が変わったくらい。厨房に男の店員3人と女の店員1人。先客8人後客は続々入店し満席。

170414ishinsyouten00 170414ishinsyouten01 中華そば 維新商店 『特中華そば(大盛り)』 1000円

新メニューの煮干し中華そばも気になったが券売機に☓表示がされていたので、当初の目的通り特中華そばを注文。大盛無料は健在だったので注文した。結構待たされたけどいい顔をした一杯が着丼した。ブリブリに縮れた自家製中太麺。酸味を感じるくらい濃いめの醤油スープに背脂がのっている。具は薬味ネギ、穂先メンマ、ナルト1枚、味玉丸一個、胡椒強めのワンタン3個。この店は確か『中村屋』系だったかな?完成度も高く新しいのに懐かしい感じの一杯でボリュームもあり満足出来た。店を出ると結構な行列が出来ていて驚いた。駅から遠いのが難点。そんな土地で行列を生むなんて実力がある店だなあ。

2017年3月31日 (金)

期末雨夜

3月最終日。明日から4月だというのに冷たい雨が降る冷えた日となった。この国では年度最後の日として多くの会社の編成が変わり異動等が行われる。今年はたまたまそれが金曜日だった事もあり、午後は席替え等に費やされた。異動する人達を送り出す飲み会みたいなものがあった。我は異動する事は無かったので送り出す側として参加した。そんなわけで少し飲んで食べた。それでも金曜日で開放的な気分だったのでラーメンが食べたくなり帰宅途中に横浜で下車した。特に行く店を事前に決めてなかったが、このところ行っていなかった『維新商店』に行ってみる事にした。この店は駅から遠いので足が遠のいていた。先日も訪問しようと思ったらたまたま日曜だった。日曜定休というのは更に足が遠のくよ。シトシト冷たい雨が降る中傘をさして店に向かう。7分ほど歩いて到着すると店は閉まっていた。リニューアルの為来月11日まで休業だとか。つくづく相性が悪いな。駅の方向に戻り途中にあった『せんだい』へ入店。今夜は家系という気分ではなかったが仕方がない。券売機で食券を買い着席。厨房は見えにくいがおそらく男の店員3人と女の店員1人。先客5人後客3人。

170331sendai00 170331sendai01 らーめん家 せんだい 横浜西口店

『らーめん 並 豚骨醤油(麺かため・油多め)』 700円


初訪問時は味噌だったので今回はスタンダードな醤油を選択。決して悪くはないんだけど好みではないなー。最近特に醤油寄りの家系を好むようになり、この店のスープはやや甘く感じてしまう。自分との相性が悪い。この店では味噌を頼むのが自分的に正解なんだろうという事が判った。

2017年2月10日 (金)

味噌家系

朝も雪がぱらついていたが、会社を出た後も吹雪いていた。そんな金曜の夜。会社帰りまた横浜で途中下車し、先日前を通り過ぎた『せんだい』横浜駅西口店に向かう。今月5日に開店したばかり。早速入店。店内は客が一杯で券売機に3人くらい並んでいた。好みも選択出来るタッチパネル式券売機。ちょうど前客が退店するタイミングだったので待たずに座れた。厨房は奥にあり見えない。男の店員ばかり3人いた。接客は丁寧。でもあまりよく回転していない感じ。L字型カウンター9席と4人がけテーブル席3卓。客入は常に8割以上キープしている感じ。

170210sendai00 170210sendai01 らーめん家 せんだい 横浜駅西口店

『らーめん並 豚骨味噌(麺かため・油多め)』 700円+『小ライス』 100円=800円

寒いし味噌を選択した。好みはいつもの。我からすれば『せんだい』のトッピングはきくらげだという印象だったので付けるつもりだったが、何とトッピングに無かった。15分くらい待たされようやく着丼。麺はブリブリのかため縮れ麺。我の好きなタイプの家系の麺だ。具は家系標準だがほうれん草が多め。スープは見た目味噌っぽくない。最初口に入れた時も「あれ?正油と間違えられたか?」と思ったくらい普通の家系の味だったけど、後味はしっかり味噌。家系店が味噌メニューを出す時、家系からかけ離れた、「しっかり味噌ラーメン」になってしまっている例が多い。具の構成を変えたり胡麻かけちゃったりね。それに比べて家系好きの我からするとこの味わいは好感が持てた。他の家系店は味噌は季節や限定メニューだったりするけど、『せんだい』は味噌を基本メニューのひとつにしている。その違いが如実に現れた気がする。我は今まで『せんだい』に良い印象持ってなかったから今回期待していなかったんだよ。『けん』時代から横浜橋店とは何故か相性が悪かったから。ライスもいつもの食べ方をして胃も満足して店を出る事が出来た。

2017年2月 8日 (水)

濱咖喱麺

水曜の夜、今日は珍しく平穏な職場だったので定時退社。横浜で途中下車し晩飯を外食で済ませることにした。普段行かない天理ビル方面へ歩を進める。先日開店したばかりの『せんだい』横浜店…は今回前を横切った。更に歩を進め『DRAGON酒家』のある雑居ビルの階段を4階まで登った。昨年11月28日に開店した『ハマカレ』という店が狙い。戸を開けて入店。内装は木を基調にしていてお洒落な喫茶店風。窓部分はガラス張りで駅前の夜景がちょっと良い眺め。厨房には若い男の店員2人。厨房前に一列のカウンター席と窓側に一列のカウンター席。4人がけテーブル席は4卓くらいあったかな。先客ゼロ。我が会計する時に後客が2人入ってきた。

170208hamakare00 170208hamakare01 ハマカレ 『カレつけ麺』 1024円
スープカレとカレつけ麺の2本立てのメニュー構成。ラーメンとカレー両方で食べ歩きをしている今の我からすればどちらでも良かった。しかしながら「ラーメン>つけ麺」、「カレー>スープカレー」でもある我。結局悩んでつけ麺選択。麺は白っぽいストレート太麺。麺の上には太メンマ2本と、焼き葱、海苔2枚、半味玉、素揚げレンコン、プチトマト、そしてご飯のかたまり、つまりおむすび。つけ汁はカレつけ麺と名乗りながら背脂が浮く魚介豚骨。甘過ぎずビターな感じでなかなかの美味さ。麺を半分食べたところで店員にスープ割りをお願いする。このスープがカレー味なんだよ。しかも安っぽい味ではなくスパイシーな深いカレー味に一変。そこにご飯の塊を投入。スープカレーを味わった。満足。でも値段がね。夜と昼で価格差を出す店というのはどうも好きになれない。定休が土日祝ということはまず昼間来れないからね。それと我は店員が少し私語をするくらいは気にも留めないけど、調理中に電話しながら大声出して笑っているというのはいかがかと思う。しかも遠くにいるのに話し相手の声がこちらまで聞こえるほどのボリュームで。普通に他の客がやっても迷惑な事を厨房で店員がするかね。再訪の可能性は低いね。

2017年1月27日 (金)

金曜吉村

先週体調が悪くなったが、今週は心の方が不調になってしまった。深刻では無いけど、まあテンションが低い。何やってもつまらない。そんな日々が続いた。ストレス溜まってるなあ。バイオリズム低調。こんな時はもうあんまり何が食べたいとかはあまり無い。金曜の定時退社日だったので早く上がれたが、新店開拓なんて思いもしない。途中横浜で買い物の用事があったので、『吉村家』に行く事にした。我の好きな直系家系、安全な一杯。しかしながらブレが大きいので実は安全でもなんでもないギャンブルなところが多い。わかっているけど面倒なので『吉村家』で。6時半ぐらいには到着出来たのかな?まず食券を買って列に並ぶ。店前には空席待ち客がいたが10人強程度。8分ほど待って着席。厨房には男の店員が5,6人。今日は2代目がいた。好みを言ってコップに冷水を入れて待った。

170127yoshimuraya00 170127yoshimuraya01 家系総本山吉村家

『チャーシューメン(麺かため・油多め)』 790円+『玉ネギ』 80円+『ライス』 110円=980円


我のこの店での定番を考えもなく注文。ご飯にはおろしニンニクと豆板醤をあらかじめ投入しておいてスープに浸した海苔に胡椒をかけて巻いて食す。次にラーメンを攻略。別皿で提供された玉ネギを半分ずつ投入し食感を楽しんだ。スモークチャーシューが香ばしい。今回は味濃いめオーダーはしなかったはずなのに、かなり味が濃くしょっぱい。またブレか?玉ネギがあって助かった。少しは味が薄まって調整出来た。

2017年1月22日 (日)

睦月達磨

170122minatomirai01 快晴の日曜日。だけど特に行きたい店も無いので今日も引き続き近場で買い物優先。みなとみらいに行ってみることにした。日曜という事で人混みにかち合いたくないので、10時には到着していた。まずはマークイズみなとみらいにある『博多だるまJAPAN』で本格的豚骨ラーメンを食べよう。開店早々なので先客はおらずすぐ作ってくれた。

170122daruma00 170122daruma01 博多だるまJAPAN MARK IS みなとみらい

『博多らーめん』 670円

フードコートだけどちゃんと豚骨臭があるね。豚骨の味が濃いのがいい。麺のかたさは指定しなかったが硬めで満足出来た。

マークイズみなとみらいを後にしてニトリへ。久々ニトリに来たが面白いね。不要なものまで買ってしまいそうになった。枕や箸、スプーン等を購入。そしてセキチューで目的の品、本棚の転倒防止道具を購入。みなとみらい地区を後にした。

2017年1月 2日 (月)

年明浸麺

新年 明けましおめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------
元旦は家から出ずに寝正月。今日は早くも飽きて横浜に出る事にした。今日は久々鍋でもしようかとダイエーで買い物。その前に新年初麺として『大勝軒』に行ってみた。一昨年は年明けと大晦日に行っていた。店に到着したのは12時半頃だったかな。とりあえず正月休みはここが妥当。店外の食券機で食券を行入し早速入店。入口に空席待ち客5人いたが5分ほど待って2階が開放されたのでそちらに案内された。後客も続々。
170102taisyouken00 170102taisyouken01 東池袋大勝軒 横浜西口店 『もりメンマ』 1000円

いつものメニュー。安定の味。メンマのよい食感。正月休みの雰囲気も壊すこと無い懐かしさも感じる味。満足の昼飯。久々に割りスープをして飲んで温まった。

2016年10月14日 (金)

横浜辛卵

旭川に本店をもつ『らーめん山頭火』が閉店したのは今年5月だったか。確か昨年末辺りに訪問した時臨時休業してそれっきりになってしまった。その跡地にやって来たのは『ニュータンタンメン本舗』。『吉村家』と並びになるので文字通り神奈川地麺が揃い踏み。そう見る人は少ないだろう。長い秋雨前線の停滞がそろそろ終わったと思ったら急に冷え込んできた頃なので訪問には都合がいいだろう。が時刻は夜9時過ぎくらいに入店。厨房には若い男の店員3人。厨房周りにL字型カウンター12席。先客は10人。『吉村家』に並んでいる人達と同じくらい若い客も多くカップルとかもいる。他の店舗とは客層が異なる感じ。口頭で注文。後客が続々来店して、壁側の待ち席も時々埋まる状況。一度に2杯づつしか作らいないようで回転がよくない感じ。

161014newtantanmenhompo00 161014newtantanmenhompo01 元祖ニュータンタンメン本舗 横浜店

『焼肉丼セット(タンタンメン辛口+ミニ焼肉丼)』1000円+『ニラ』 150円=1150円

今晩も疲れて腹が減ったのでミニ焼肉丼とのセットを注文。辛口、ニラトッピング。たまーに食べるといいもんだね。トッピングを増やすとすぐ4桁超えしてしまうのが難だけど。ホントは挽肉タブルとかニンニクタブルもしてみたい気がするけどね。ミニ焼肉丼は玉ねぎなども入って甘辛くそこそこの美味さ。空腹は満たされて満足出来た。

2016年10月 2日 (日)

昼狸小路

今朝もどんより曇り空だが一部陽の光が覗いている。天気予報では今日1日だけ天気は好天し、明日以降また雨降りだという。ならばその天気予報を信じて朝から布団干し開始。すると陽の光は強まり雲も少なくなってきた。何か久々の晴れた休日を迎えられた気がしたのでやっぱり外出。まず横浜橋商店街まで歩いて食材などを買った後、地下鉄で横浜に移動。買い物をした後はやっぱりラーメン。当初別の店を狙っていたのだが、横浜駅近くにも新店が出来たという情報を得ていたので急遽変更。狸小路へと向かう。エセ家系の代表格『横浜家』があった場所に先月22日新店が開店したらしいのだ。屋号は『麺屋横浜にぼし堂』でもこの狸小路の『横浜家』って本店格じゃなかったっけ?よく調べると『横浜家』と同じ「オリエンタル物産」の運営らしい。リニューアルだったのか。屋号に横浜の文字を入れ続けるのは地元愛か?早速入店。入口にタッチパネル式券売機。L字型カウンター9席くらい。厨房には親父店主と女の店員1人。先客2人後客ゼロ。店内がちょっと臭うなとおもったら、煮干しとニンニクをネットに入れて干していた。

161002niboshidou00 161002niboshidou01 麺屋横浜にぼし堂 『煮干し醤油ラーメン』 700円


醤油と塩があった。筆頭は醤油だったのでそれを注文。麺はピロピロ平打ち縮れ中太麺。具は薬味ネギ、春菊、ナルト1枚、海苔1枚、天かすやワンタンの皮まで入っている。チャーシューには辛子味噌が付けられている。スープは醤油ダレが強めで鶏ガラ、豚骨、昆布、野菜、りんごなど。煮干しは九州産の各種を使っているとのこと。屋号からだと煮干しがメインと期待してしまうが、どちらかと言うと濃口醤油の中に微かに感じる程度。天かすがあるからか、立ち食いそばにも似ている気がした。いずれにせよ上品な煮干しラーメンではないな。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき