カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

2017年8月10日 (木)

家系別枠

昨日とはうって変わってぐずついた空模様で暑さも一段落…といっても30度超えで昨日よりはまだマシといった程度。小雨も降っているし。明日から三連休。昨日に続いて会社帰りに外食することにした。といっても遠征してまで行きたい店等思い浮かばず関内で下車。伊勢佐木モールを買い物をする用があったので。そのまま伊勢佐木モールを抜ける。コテコテの『町田商店』系の店、『伊勢佐木家』へ約1年半ぶりの訪問。今調べたら同じ屋号で埼玉に支店も出していてちょっと意外だった。実は結構好きな店だけど、あまりにも量産型家系のイメージがあるのでなかなか足が向かない。ところが最近二郎系ラーメンも提供するようになったというので入ってみることにした。開店当初は『町田商店』系らしい五月蝿いくらいの威勢のいい挨拶があったものだが、今は厨房から中国語の喋り声が聞こえてくる感じ。券売機で食券を購入し着席。先客2人後客4人。

170810isezakiya00 170810isezakiya01 横浜家系ラーメン 伊勢佐木家 本店

『G郎ラーメン並(麺かため・油多め・ニンニク・ヤサイ増し)』 800円

目的のメニューは何と筆頭になっていた。食券には家系ラーメン同様の好みが選択出来るのでいつもの好みを注文。更に「ニンニク入れますか?」と聞かれる。今度はニンニク、ヤサイ増しでと答える。呪文が長くなってしまっている。出てきた一杯は丼は家系と同じもの。ヤサイ増しだけど全体的に大人しい印象。ヤサイは8割もやしとキャベツが2割。チャーシューは家系ラーメンの2枚。問題は麺とスープ。今迄の経験上、家系ラーメンと同じ麺とスープを使っていて二郎系でも何でもないパターンがほとんどだったのであまり期待していなかったんだよ。ところがこれはスープはちゃんと家系とは異なる豚骨醤油スープで、麺だってゴワゴワの平打ち極太麺だった。つまり本格的な二郎系ラーメンとして成立していた。…といっても我はジロリアンではないので、本格的かどうかはもしかしたら違うかも知れないけど、我は満足できた。先日食べた二郎系メインの店の一杯より良かった。天地返しを早々にして無理なく食べた。ボリューム的には大人しい以外は満足出来た。でも壁に書いてある「家系の最高峰を目指して…」の一文が虚しく感じられた。

2017年8月 9日 (水)

汁無清星

台風一過かわからないが今日は最高気温が37℃に達する酷暑の日となった。不快指数も跳ね上がり許してくれない。こんな日は何もやる気が起きなくなって帰宅途中外食で済ませる事にした。こんな日なので食欲もそれほどある感じにもならなかったし。こうなるとある程度食欲増進効果が得られる辛味があるもの。冷たい食べ物は我には合わないとこの歳になってようやくわかったので選択肢から外す。でもこの汗ダラダラの状況で熱いスープとかはキツイ。という事で選んだ今日の店は日ノ出町近くにある四川担担麺の店『麺屋清星』。2ヶ月前のオープン直後の訪問からの再訪となる。早速入店。券売機で食券を購入し着席。厨房には店主一人のみで前後客ゼロ。夜7時半くらいの訪問でこんな感じだと、前にこの店舗に入っていた店のような事になってしまわないか少し心配になってしまった。TVがBGV。

170809seisei00 170809seisei01 麺屋 清星

『清星汁なし担々麺』 880円+『半ライス』 100円=980円


初訪問時は筆頭「特製担々麺」だったが、今日は汁なしを選択。半ライスも付けた。山椒がバッチリ効いて望んでいた上級担々麺の味。基本的に特製担々麺と味は変わらないけど、汁なしである分辛味は増しているのかな?。一方胡麻風味は抑えられているような印象を受けた。それでも挽肉や砕きナッツの食感は満足感を得られる。黒ゴマや熟成醤油など他のメニューも気になるでまた訪問するだろう。頑張って欲しいところだ。

2017年7月30日 (日)

夏並源店

雨降りの朝を迎えた今年7月最後の日曜日。9時半過ぎくらいには雨は止んだので家を出る。今日は食料品などの買い物がメインとなる。ああ、それと市長選の投票日だったか。それは後回しだ。今日は今更夏服等も買う予定だったので伊勢佐木モールへ。結局お目当てのものはなかったので帰ってネットショッピングになってしまった。サミットへ移動し食料品を買い込んでそのまま隣の我の源店『田中屋』へ。厨房には男の店員2人。カウンター15席は4席ほどしか空いていない。口頭で注文。冷水をコップに注ぎ着丼を待つ。

170730tanakaya00 170730tanakaya01 地獄ラーメン 田中屋 『ラーメン』 600円

いつものノーマルなラーメンを注文。この丼の表情を見ると安堵する。早速卓上から揚げネギをいつもより多めに投入。揚げネギラーメンと化した。後客はどんどん来て我が店を出る頃には店外に8人くらい並んでるんだよ。こういう時もたまにはあるのか…と思ってていいよね?行列店にはならないとは思うけどさ。…と自分勝手な心配をしてしまった。

それから徒歩で帰宅…の前に投票所に寄ってからか。

2017年7月29日 (土)

夏昼下前

天気予報では1日曇りだと言っていたのに何だこの日差しは。やっぱりラーメン食べないと締まらない感じだったので『アルペンジロー』元町店を出た後元町へ歩を進めた。カレーの後なのでさっぱりしたラーメンがいいな。『本丸亭』は行列が生じるだろうし『下前商店』に行ってみるかな。約4年ぶりになる訪問。早速入店。厨房には相変わらず店主1人。L字型カウンター9席が8席まで埋まって店内に2人待ち。後客4人。口頭で注文。ここの店主は調理中「アチーッ」だの「シーッ」だのやたら言う。

170729shimomaesyouten00 170729shimomaesyouten01 下前商店 『ラーメン』 760円

筆頭基本メニューを注文。4年前は630円だったのにかなり値上げしている。麺は柔らかめに茹でられた細麺ストレート。具は薬味ネギ、ほうれん草、メンマ、海苔1枚、赤い縁の小さめのチャーシュー3枚。何か味が変わっている。あっさりではなく油が多めに変更された?味も濃くなっている印象。固定ファンがいるようだからいつも混んでいるけど、我は足が遠のいてしまいそうだ。

2017年7月26日 (水)

夏夜飢豚

今日は戻り梅雨と天気予報で言われていた。朝からどんより曇っていて日中雨が降った模様。定時に上がれたので早々に帰宅。雨は上がったようだ。夕方から腹の虫が鳴り止まないくらい腹が減ってしまった。なので今晩は外食してから帰宅しよう。第一希望として気温30度以下とはいえ蒸しているし並びたくない。第2希望としてガッツリ食べたい。久々に二郎系でもいいかない?そう考えて選択したのは『ハングリーピッグ』曙町店。帰宅途中に寄れる場所だし。午後7時過ぎくらいに到着。あれ?入口が開け放たれている。空調が止まっているのか?今日は比較的風があるからいいけどさ。早速入店。店内隅に券売機。厨房には中国系の男店員1人のみ。先客2人後客4人。

170726hungrypig00 170726hungrypig01 ハングリーピッグ 曙町店

『ラーメン300g(ヤサイ・ニンニク)』 700円+『チーズ』 100円=800円

筆頭ラーメン、今日は中盛300gいっちゃうか。アブラではなくチーズで味付けしよう。出てきた一杯はもやし山盛りでそこにチーズもふんだんに盛り付けられている。ただヤサイの臭みが漂ってくるね。これは簡単に天地返しは無理そう。スープに浸かった部分のもやしを先に食べて量を減らしてから天地返しを少しづつ決行。麺はかために茹でられたゴワゴワのちぢれ太麺。300gはやっぱり量が多い。後半苦しかったが何とか食べきった。最後にに残しておいた二郎系っぽくないチャーシューを食べフィニッシュ。我はジロリアンではないけど二郎系としてはインスパイア度は低いねこの店。店を出たら雨が結構本降りになっていた。折りたたみ傘を出して徒歩で帰宅した。

2017年7月17日 (月)

熱味噌望

『拉麺大公』で自分のミスで満足感を感じられなかった。これは温かいラーメンを食べないと追われないぞ。そうすると思い出したのが、先日13日に仮営業を開始した『北海道らーめん楓』日ノ出町店だ。場所は日ノ出町駅前、元『壱角家』跡地。本店は蒲田にあり、我は昨年末鶴見店に訪問している。平戸桜木道路沿いを真っ直ぐ徒歩で北上し到着。早速入店。厨房には男女の店員2人づつ。手前にテーブル席が4人卓3と6人卓1つ。奥の厨房前に一列のカウンター8席。先客8人後客2人。口頭で注文。

170717kaede00 170717kaede01 北海道らーめん 楓 日ノ出町店 『味噌らーめん』 790円
とりあえず熱い味噌を食して立て直したかった。シンプルで懐かしさすら感じるクラシックスタイルの味噌ラーメン。麺は黄色い中太縮れ麺。具は薬味ネギともやしと平メンマ数本、海苔1枚と大きめのチャーシュー1枚。クラシックと言いながら結構濃厚な味噌スープ。ああ、やっぱりラーメンは熱々でないと。満足して店を出た。
今日は長時間の外出は危険だ。せっかくの休日、疲れてしまっては元も子もない。13時半頃には帰宅した。

2017年6月26日 (月)

丿貫飛魚

『モハン』を出て既に午後1時半をまわっていた。今日は休養に充てるはずだった。でもせっかくの平日休暇をもっとプレミアムなものにして実感しようというスケベ心が頭をもたげてしまった。そして『丿貫』へ。すっかり行列店になってしまい足が遠のいてしまった。関内『二郎』が休業してしまったので市内トップクラスの行列店と言っていいのではないだろうか。最初は馬車道付近で間借り営業していたんだよな。当時は今ほど煮干し全盛にはなっていない、そんな時代に『伊藤』インスパイアの完成度の高さに驚かされたのは記憶に残っている。何でも来月には弘明寺に支店を開店するとか。破竹の勢いだ。となるとこちらは本店か。昨年2月、移転開店した当初以来の訪問になる。店舗から少し離れた駐車場に一列の並びが生じていた。とても不自然。あまりの行列に店側の苦肉の策なんだろう。平日午後1時半過ぎだというのに6人くらい。その後に続いて並ぶ。我の後ろにも5人くらい列が続いた。20分ほど待ち店内に招き入れられる。厨房には男の店員2人と女の店員が1人。卓上にメニューが置かれている。「本日のお品書き」とある。毎日違うのか。口頭で注文。

170626hechikan00 170626hechikan01 灰汁中華 丿貫 福富町本店 『特選あごそば』 900円

この日のメニューは「境港産煮干しそばClassic」「冷やし鯵焼干しそば」「特選あごそば」「濃厚伊勢海老そば」の4種。限定の「冷やし~」は終了、煮干しは以前食べているので他のにしたい。長い食べ歩き経験の中で海老や蟹を使ったラーメンに大当たりを引いた記憶がないので敬遠、という消去法で「特選あごそば」に決定。結構待たされて出てきた一杯は、青ネギの小分け切りがのっているだけで、麺とスープだけの素ラーメン状態。それでも筆頭基本の「煮干しそば」より50円高い。それでもスープを一口啜っただけで納得してしまった。煮干しとは異なる強烈な苦味と、その奥に感じる旨味。このスープにはこれでなくっちゃというストレート細麺。もはや『伊藤』インスパイアとは違う独自路線を確立している。行列も納得の美味さだった。これで今日の平日休暇プレミアム感もグッと高まった。大満足。

さてとっとと帰宅してゆっくりと過ごそう。もうすぐ3時になっちゃうけど。

2017年6月24日 (土)

再時雨塩

雲が多かったものの8時頃には陽が射すようになってきた土曜の朝。明日からは雨の日が続くというので布団干しをしてから外出。このところ土曜は都内にまで出ていたが今日はその気力はないので近場で済まそう。スマホケースを更新しようと横浜に出て買い物をしてから関内に戻ってきた。新店開拓はせず、昨日に続いて関内駅周辺に出来た店の再訪問を試みた。4月7日に開店し、その翌日訪問した『中華蕎麦 時雨』。初訪問時は筆頭「中華蕎麦」を試してみた。店主は名店『多賀野』出身ということで期待は高く、実際技量の高さと上品さは感じられたのだが、あまりに淡い味わいだったので肩透かしを喰らった印象が残ってしまった。今度は「塩そば」でジャッジをしてみよう。訪問はちょうど正午あたり。暖簾を割ると厨房には男の店員2人。先客7人と結構客入りは良い。カウンター席がひとつ空いていたのでそこに着席。後客も続々来店し席待ちの客が4人くらい生じる事もあった。

170624shigure00 170624shigure01 中華蕎麦 時雨 『塩そば(麺少なめ・味玉付)』 820円

目的の「塩そば」を注文。筆頭「中華蕎麦」より40円高い。券売機をみると「麺少なめにすると味玉サービス」と書かれている。連食するし味玉食べたかったので麺少なめにしよう。食券を渡す際麺少なめを伝える。そうすると店員が「どれくらいにしますか?」と聞いてきた。えっ?と面食らう。とりあえず2/3程度と答える。結構待たされようやく着丼。しかし味玉入っていないんですけど。そう伝えると厨房の店員は「失礼しました」と言って後出ししてくれた。でももう一人の店員は「注文いただいていない…」とか呟いてんだよ。こういう事言われると不安になるしちょっと不愉快だ。ともかく提供されたので忘れて味に集中しよう。麺は平打ちストレート。具は九条ねぎとメンマ、炙りチャーシュー、和風ソーセージ。八幡巻きは止めてしまったのか。味玉は黄身しっとりタイプ。注目のスープは鶏出汁の美味さを感じつつ後味のように塩気を感じる。ああ、これはなかなか良い味わい。醤油よりはいいね。再訪して良かった。

2017年6月23日 (金)

金夜柏鶏

今週は激務が続いて今日も1日忙しかった。でもやりきって退社した金曜の夜。今日も開放感を味わう為晩飯はラーメンを食べよう。会社帰り関内で途中下車。このところ関内周辺エリアに新店が続々と開店したが、結局開店当初に一度だけ訪問しただけ。そんな店のひとつ、『鶏そば処 かしわ』という店に再訪問してみる事にした。昨年末の仕事納めから帰宅する途中に訪問して以来だ。21時前くらいに到着。早速入店。入口脇に券売機。厨房には男の店員2人と女の店員1人。初訪問時と変わった様子はない。先客2人後客ゼロ。

170623kashiwa00 170623kashiwa01 鶏そば処 かしわ 『濃厚鶏塩スペシャル』 1000円

初訪問時は筆頭の「あっさり」を食べていたので、今回は「濃厚」を選択。開放気分でスペシャルで。鶏白湯だね。麺は全粒粉を使った平打ち中細ストレート。具は水菜、白髭ネギ、赤と黄色のパプリカ、半味玉と海苔2枚、鶏チャーシューと鶏燻製ハム、ワンタンと鶏つみれ。この店の「あっさり」に比べれば濃厚かなといった感じの鶏白湯スープ。鶏白湯は醤油より塩が良い感じ。満足した。

明日は休み。早々に帰宅しぐっすり眠りたい。

2017年6月22日 (木)

木夜俺家

仕事で帰宅が遅くなり、疲労も結構蓄積していたので晩飯は外食で済ます事にした。駅近くのラーメン店『俺ん家』へ。深夜0時まで営業しているので使い勝手が良い。夜11時前に入店。入口脇の券売機で食券購入。厨房には男の店員2人。先客1人後客ゼロ。

170622orenchi00 170622orenchi01 俺ん家
『辛ネギラーメン(麺かため・油多め)』 930円+『ライス小』 100円=1030円

少しでもストレス解消する為好きなものを食べよう。辛ネギ付きで好みはいつもの。卓上から玉ネギの角切りを投入。ライスには豆板醤とおろしニンニクを投入。これは辛ネギと味が被ってしまいちょっと後悔。でも空きっ腹で疲れた身体に家系ラーメンは沁みる。満足した。後は帰って風呂入って泥のように眠るだけだ。明日もひとふんばりしなければならない。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき