カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2017年4月16日 (日)

熱血変更

朝から良い天候に恵まれた日曜日となった。布団や洗濯物干しをしてから11時前の、我からすれば遅い外出。昨日は吉祥寺まで出かけたので今日は遠出はしない。歩いていつものイセブラかな。横浜橋商店街で買い物をしてから伊勢佐木町へ抜けた。今日は新店開拓はせず『熱血らーめん』へ訪問する。最近スープを変更したと聞いたので。開店から20分過ぎ頃に入店。厨房には男の店員1人。先客3人後客1人。

170416nekketuramen00 170416nekketuramen01 熱血らーめん in Yokohama

『熱血中華そば並(麺かため・背脂多め)』 730円

筆頭基本メニューを注文。背脂多めにしたので写真では分かりづらいが、以前は家系のような豚骨醤油スープだったが、黒い青湯豚骨醤油スープへ変更されている。これによってピリ辛唐辛子がより際立って背脂とマッチングし、より京都背脂系に近くなった。今迄の壱六家系豚骨醤油に背脂スープは重過ぎて甘過ぎた。だから近場なのに利用率は今まで低かった。個人的にはこれは改善と捉え再訪の確率は高まるだろう。家系が乱立するこの界隈で、他との差別化もより一層図れるだろうしね。

その後伊勢佐木モールを関内駅方面まで歩いた。もう桜の季節も過ぎて、鯉のぼりが飾られていた。そして大道芸も行われていた。気温も高く上着を脱いで腕まくりした。季節はどんどん変わっていく。

2017年4月 8日 (土)

春雨時雨

170408sakura03 南太田から伊勢佐木町まで徒歩で移動。昨夜に続いて大岡川沿いの小雨の中での花見。やはり太陽光の中で桜は見ておきたいから。毎年気がつけば葉桜になってしまっていたが、今年は気をつけていたから満開の桜を見れて良かった。小雨が降っているのが残念だけど。

170408sakura02 伊勢佐木モールのピアゴで食料品を購入した後不老町へ移動。『大公』と同じ昨日開店したラーメン店へ連食。場所としては『田樹』に近い。屋号は『中華蕎麦 時雨(しぐれ)』。入口は奥まって中々立派な造りで、敷石と花が置いてある。暖簾を割り入店。和食の料亭みたいな店内。白壁に立派な日本画のような鶏が描かれている。奥にある厨房はかなり広い。厨房には男の店員2人と女の店員2人。厨房周りにL字型カウンター7席と先客6人後客3人。

170408shigure00 170408shigure01 中華蕎麦 時雨 『中華蕎麦』 780円

醤油と塩、各々つけ麺もある。筆頭基本メニューを注文。麺は平打ち細麺ストレート。具は薬味ネギ、九条ねぎ、メンマ数本、炙りチャーシュー1枚、鶏肉野菜巻き1個。鶏肉野菜巻きが入ったラーメンというのは初めて味わったかもしれない。スープはほろほろ鳥や比内地鶏、魚介、乾物などから出汁を摂ったとのこと。うーん、薄い。でも食べ進めていく内にじんわり感じてくる。我は料理人とは無縁なので適当な事を言うが、店主は和食料理出身なのでないか?上品な味わいは和食では良いのかもしれないが、ラーメンとしては不満となってしまいやすい。習慣性は殆ど感じる事は出来なかった。

雨の中重い荷物を持ちながら歩いて帰宅。疲れた。

2017年4月 7日 (金)

夜桜名物

170407yozakura01 野毛から大岡川沿いに移動。夜桜見物だ。明日からしばらく雨が降り、花散らしの雨になるかもしれない。今夜は月が煌々と夜空を照らしているので良い夜桜が楽しめるだろう。そう思った人は大勢いて、桜の名所でもある大岡川沿いは屋台が多く出店していて賑わっていた。

170407yozakura02 170407yozakura03 夜桜見物をしていたら黄金町まで来てしまった。時刻は夜8時前くらいだったと思う。この時間に黄金町に来たら我は『名物屋』に行くしかない。連食になるが仕方がない。早速暖簾を割る。厨房には老店主夫婦2人。先客5人後客4人で満席。

170407meibutuya00 170407meibutuya01 ラーメン 名物屋 『チャーシューメン』 1000円

ここに来れば我はチャーシューメン一択。他客は支那竹ワンタンメンの注文が多かった。もうね、このヴィジュアルを見たら言葉は要らない。これこそがラーメンと言った感じ。やんわり生姜醤油スープも美味い。金曜夜、しかも夜桜見物の後の『名物屋』の一杯は心が和らぎ満たされる。大満足で店を出て、徒歩で帰宅した。

三幸復活

半世紀の長きに渡り地元の人々に親しまれていた野毛を代表する老舗『三幸苑』が昨年末に閉店した。突然の閉店の知らせに驚いたけど、その後すぐに近くに移転し復活すると聞いた。代替わりを機に移転したのかな?「はまれぽ」によると長年つとめていた店員の息子兄弟が修行の末暖簾を引き継いだとの事。移転先は野毛山動物園へ向かう坂の下あたり。看板は旧店舗のやつをそのまま使っているっぽい。字が途切れている。早速入店。厨房は奥にあり白衣を着た若い男の店員2人と接客のおばちゃん店員2人。テーブル席のみで、2人卓が5つと、4人卓が5席。先客8人後客8人。口頭で注文。

170407sankouen00 170407sankouen01 三幸苑 野毛店 『たんめん』 800円+『ぎょうざ(半)』 260円=1060円

たんぎょうで注文。クタクタになったもやしと白菜、塩胡椒が効いたスープ。味は変わらなかったという率直な感想。違和感は無かった。味は上手く継承されたようだ。餃子は酢と胡椒で食べた。内装は新しいけど店内には以前の店舗と変わらない緩さがあり居心地もいい。赤ら顔の親父が上機嫌に笑いながら語り合っていたな。満足の食事が出来た。

2017年4月 4日 (火)

再訪魚豚

会社を早く上がれた。そうするとまたもや平日なのにラーメン店に寄ってしまう悪い癖が出た。2月1日、伊勢佐木モールの中に開店した『戸みら井』に開店当日訪問してしまった。開店初日の訪問は鬼門だったのに。結果、何か入れ忘れたのでは?と疑いたくなるような薄い味だった。今回は通常営業の状態で再訪。夜7時位だったかな。入店時先客1人のみ。あー、やっぱりこんな状態か…と思ったら後客3人入店。店員は男2人だけ。店内はジャズが流されていた。

170404tomirai00 170404tomirai01 戸みら伊 RAMEN TOMIRAI 横浜伊勢佐木町店

『豚骨魚介らぁめん』 750円
初訪問時は屋号を冠した特製メニューを注文したので、今回は筆頭基本メニューを注文。麺は平打ち中太ちぢれ麺。具は白髭ネギ、水菜、極太メンマ、柔らか炙りチャーシュー。スープは白味噌ベースとあるが魚介出汁は強いので、いつかどこかで食べた事のある、記憶にあまり残らない感じの魚介豚骨味だった。可もなく不可もなしという最もつまらない感想になってしまった。

2017年3月14日 (火)

弥生勝鬨

火曜日だけど早く会社を上がれた。そうするとついつい外食して帰ろうかという気になってしまう。堪えてみたのだけど、最寄り駅を降りるまでだった。腹も減っていたし。となると、最近の我は『勝鬨家』を選択する。この日も隣の『地球の中華そば』は並びがなかったので、一般のラオタ氏ならそちらに行くんだろうけど、我はこちらだ。早速入店。厨房には男の店員1人。おそらく店主だろう。接客がいい感じだ。先客2人後客2人。

170314kachidokiya00 170314kachidokiya01 横濱家系ラーメン 勝鬨家

『ラーメン並(麺かため・油多め)』 680円
基本の醤油ラーメン一択。好みはいつもの。ライスも付けない。例のサービス券の効力は終わってしまったんだね。そりゃそうか。鶏油が効いた醤油寄り、大ぶりのスモークチャーシュー。直系にかなり近い一杯が、ちょっとだけ遠回りになるけど徒歩での帰宅途中でいただけるのだから、これは幸運な事のひとつ。そう考えれば少しは自分にとってプラスだろう。満足。

2017年2月25日 (土)

如月一蘭

やや雲が多めで若干肌寒く感じた土曜日。このところ土曜は都内に出ていたが、今日は近場で買い物をして過ごそう。一度桜木町に出る。というのは『一蘭』のラーメンが食べたくなったから。これまでもブログで書いてきたけど、我が今まで一番の完食率を誇るのが『一蘭』だったりするから。たまに食べたくなってしまうんだよ。24時間営業というのも助かる。10時過ぎとやや早い時間帯だったせいか待ちはなく直ぐ着席できた。

170225ichiran00 170225ichiran01 天然とんこつラーメン専門店  一蘭 桜木町店

『ラーメン』 790円+『きくらげ』 120円=910円


このところ我の定番となっているきくらげトッピング。好みは「味基本・超こってり・にんにく1/2片分・青ネギ・チャーシュー有・秘伝のたれ1/2・麺超かた」。相変わらずの満足度で完食マークを出した。やや高いけど納得するしかない。

2017年2月22日 (水)

地球白湯

定時退社日で早々に帰れたので先週に続いて近所の行列店『地球の中華そば』へ訪問。訪問時待ち客は無く入店。厨房には男の店員2人。券売機で食券購入。先客9人で相席のテーブル席へ案内された。後客も続いたが店外で待たされていたようだ。後客は6人くらいだったか。

170222hoshichyuu00 170222hoshichyuu01 地球の中華そば 『白湯そば』 780円

先週食べた『坦々そば』は自分的に納得できなかったというか、「これならレギュラーメニューで未食の白湯そばを頼めばよかった」と後悔しちゃってね。今日はその目的の白湯そば狙いだ。麺はツルツルした食感の平打ち中細ストレート。これが先週の坦々そばでミスマッチだったが今回はどうでるか?具は薬味ネギと穂先メンマ1本、鶏と豚のチャーシューがそれぞれ1枚、柚子片少し。スープは阿波尾鶏だけではなく牛骨、豚骨、各種魚介節系から出汁を摂っているとか。タレは醤油と塩の混合らしい。単純な鶏白湯や豚骨とは違うスープ。ああ、これは今まで食べたメニューの中で一番好きかも。ネックの麺もこのスープなら合っていた。これでこの店のレギュラーは一通り食べた事になる。

2017年2月15日 (水)

地球坦々

今日は珍しく職場でも突発的な事は起こらず平穏に定時で退社する事が出来た。でも滅多にこういう日は無いので、そのまま家に帰ってしまうのはもったいない感じがして、ついラーメン店の暖簾を割ってしまった。入った店は家から徒歩圏内の、すっかり有名店になった『地球の中華そば』。店前に人はおらず待たずに入店。券売機で食券を買ってすぐ着席出来た。厨房には男の店員3人。先客6人後客4人。流石のこの店も平日水曜の夜ではこんな感じか。

170215hoshichyu00 170215hoshichyu01 地球の中華そば 『坦々そば』 850円

迷った挙句、冬だから坦々そばを注文。未食メニューだし美味しいという評判も聞いていたから。すぐに提供された。スープは我が未食の白湯ラーメンのものがベースらしい。味はいたって普通の辛さの担々麺のもの。ちょっと痺れを期待していた。挽肉はケチケチしておらず好感が持てた。でも麺は滑らかな触感平打ち中細ストレート。この麺が「担々麺」ではなく「坦々そば」たる所以だろうな。やっぱりこの店のラーメンは我には上品過ぎるんだな。

2017年2月12日 (日)

弘流閉店

仲町台『白河中華そば』出身の店主が伊勢佐木町に出店した『弘流』が来週19日をもって閉店してしまう事を知り訪問する事にした。結局この店には開店直後の2012年5月に1度訪問したきりだったな。開店当初のその時は暖簾もなく、味もはっきりしない印象が弱い店だったからね。あの『とら食堂』の孫的存在だったけど、同じ存在の先日訪問した『麺壱吉兆』@大井町は満足出来たので、今更だけど再確認の為訪問してみる事にした。早速暖簾を割り入店。でも「いらっしゃい」の声は無し。見ると厨房には少年のような若い男のバイト店員が1人だけ。先客4人。しばらくすると店主らしきおじさん店主が厨房に戻ってきた。その後後客が10人近く来店。何だ結構客入り良いではないか。

170212kouryuu00 170212kouryuu01 手打ち白河中華そば 弘流 『中華そば』 690円

基本メニューを注文。ホントはチャーシューとかトッピング付けようかと思ったけどトッピング付けた途端値段が跳ね上がる。そこまでしなくてもいいかと思ってしまった。こう見るといい顔をした一杯だ。そして味の方も言うほど淡いわけではない。我が歳をとったからかも知れないけど。手打ち縮れ麺も喉越しがいいしね。ただ、あまり他店と比べるのは良くないけど、記憶に新しい『麺壱吉兆』と比較するとやはりインパクトが少し足りないというか。普通以上だけどそれ以上ではないというか。閉店は残念だけどね。

その後サミットで買い物をした後、上のエディオンで本日の目的である蛍光灯を買って帰路についた。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき