カテゴリー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2018年9月 9日 (日)

早回関二

昨日も熱帯夜で今日も昨日と同じような蒸し暑い日曜日だ。今日は何を食べに行こうかな?先週訪問した『とんかつ椛』の特ロースかつにするつもりだったが、どうも腹がカツを欲していない。少し間をとることにした。

ではどこにしようか?久々二郎系ラーメンを食べるのも悪くないなー。新杉田の『麺屋づかちゃん』に再訪しようか?とも考えた。でも電車に乗ってわざわざ行くくらいなら関内二郎にしちゃおう。帰りにサミット寄れるしね。そう思ったが干した布団の取り込み等をしている内に出発が遅れて店に到着したのは開店20分前の10時40分。約1年半ぶりの訪問となる。それでも出遅れ確定で既に20人を超える行列が出来ていた。日除け屋根にわずかに届かず日当たりの良い所で待つ事になってしまった。これは1時間くらい待つかなー。そんな我の思いとは裏腹に列がどんどん進んでいく。おそらく前倒し開店してくれたのだろう。30分程度の待ちで店内に入れてしまった。厨房には男の店員3人。入口上には空調機が設置されたようだ。わずかに涼しい。

180909kanji00 180909kanji01 ラーメン二郎 横浜関内店 『小ぶた(ヤサイ・ニンニク)』 840円

とんかつ食べるつもりでいたから小豚でいいだろうと注文。天地返しはせず、チャーシューを半分に切ってヤサイと一緒に口に入れて味わう。チャーシューのしょっぱさがいい感じで中和される。そしてようやく麺にたどり着く。モチッとワシワシで食べごたえがある。そして訪れる魔の刻。久々にへこたれそうになる感覚。でもこの感覚こそが本物二郎。何故かインスパイア二郎だと我はこの感覚に襲われた事はない。考えてみるとこれは麺の違いのせいではないか?この食べごたえのある麺で満腹中枢が刺激されるのかな…などと推理しながら、へこたれそうになる自分の注意を反らせ、何とか全て平らげた。スープは残したけどね。久々の本物二郎、この満腹感をもって堪能した。

帰りにサミットで買い物をして徒歩で帰宅した。13時前には帰宅出来た。家でかき氷を作ってレモンシロップをかけ、冷房の効いた部屋で『孤独のグルメ』season7を見ながら食べた。

2018年9月 8日 (土)

背脂勝治

9月に入ってから酷暑が猛暑に変わった程度の暑さが続く。

180908yokohama02 横浜で買い物をしてから関内へ戻ってきた。我は新店開拓を優先し限定メニューなどは一段低く見る傾向にあったのだが、最近移動は近場に限ってくるようになったので、そういうのも目に入ってくるようになってきた。『麺や勝治』が土曜日に限定メニューを出している事を知ったのも最近のこと。先月は「白はまぐりらーめん」だったが、今月は「黒豚背脂のにんにく醤油らーめん」という我好みのメニューだったので行ってみる事にした。到着したのはちょうど正午あたり。入店すると先客1人。店主と女店員の2人。後客は7人だったか。

180908katsuji00 180908katsuji01 麺や勝治 『黒豚背脂のにんにく醤油らーめん』 900円

にんにくは別の小皿で提供された。麺は黄色い縮れ細麺。具は白髭ネギ、かいわれ、穂先メンマ、海苔1枚、豚肉の醤油炒め、チャーシュー2枚。煮干しベースのスープらしいが、それほど魚介は感じず、この店らしいしょっぱめの醤油スープ。背脂でコクは増している気がするけど。でもおろしニンニクを入れるといきなりパンチのあるにんにく醤油スープに変貌。予想通り我好みの味で満足の一杯だった。店基本の味、らしさを失わずいろいろバリエーションを出してくるのは凄いと思う。ただ、我としては量がやや物足りないんだよなー。

2018年9月 5日 (水)

無煮干有

昨夜から今朝にかけて暴風雨だった。強力台風が関西地方から東北、北海道方面に抜けた余波みたいなもの。その後台風一過で爽やかな風と陽光を期待したが、湿度を伴った猛暑復活。

そんな会社帰り。関内駅で下車しセルテ6階へ。久々『関内ラーメン横丁』へ。あまりに駅近くなのでいつでも寄れると思って結局開店順にひと通り訪問したきりだった。なので今夜の晩飯は『ほうき星』への再訪を狙う。開店当初には無かった豆乳担々麺が目的。ところが…何と営業していなかった!あれ?日曜定休じゃなかったっけ?水曜定休に変わったようだ。でもここは関内ラーメン横丁。サラッと隣の『ナルトもメンマもないけれど。』に入店。ここだけ移転後2度訪問しているので3度目。なので限定でいいかと券売機のボタンを探すと、今月の限定は「まぜそば」だった。やっぱりスープがないとラーメン食べた気にならない気分。…とその横のボタンには「気まぐれ限定」として「煮干し」の文字。この店の煮干しというのに興味が湧いてボタンを押した。厨房には店主と金髪の女店員1人。先客2人後客ゼロ。

180905narumen00 180905narumen01 ナルトもメンマもないけれど。 『煮干しらーめん』 800円

あまり待たずにシンプルな顔をした一杯が提供された。麺も具もスタンダードでスープだけ煮干しなのかな?あ、角切り玉ねぎは追加されているか。それに海苔1枚、チャーシュー1枚だ。結構なニボニボ感のあるスープ。オーソドックスな煮干しラーメンだがうっすら背脂がかかっていてコクが増してラーメンらしい仕上がりになっている。うん、美味い。やっぱりこの店の店主は腕があるなー。ほぼ完飲完食してしまった。満足。

180905yoshigyuu01 でも腹の方はこれだけでは物足りなかったので、セルテを出てすぐの吉野家で牛丼並を食べてから帰路についた。

2018年8月29日 (水)

塩一踏張

酷暑のせいでこのところ再訪問店の塩ラーメン巡りをしている形になってしまった。今夜もそんなノリで伊勢佐木町大通公園近くにある『らーめんひとふんばり』へ立ち寄った。2008年9月3日オープンだからもうすぐ創業10年の節目を迎えるね。店主は大成食品主催の鳥居式ラーメン塾出身なので魚介豚骨ラーメンをメインにしている。我は過去4度訪問しているが、約2年ほどのブランクが空いて5度目の訪問となる。定時退社日だったので夜6時半頃店に到着した。早速暖簾を割る。厨房にはおじさん店主1人のみ。入口脇の券売機で食券購入。厨房周りにL字型カウンター10席。先客1人後客2人。BGMはオルゴール。

180829hitofunbari00 180829hitofunbari01 らーめん ひとふんばり

『特製塩らーめん』 930円+『ライス』 100円=1030円

醤油味噌は食べた事はあるが塩は今回初めて。この店は長らく魚介豚骨醤油一筋だったから、最近になってレギュラーメニューに加わったと思う。特製で注文。サイドメニューは水餃子だけだったので仕方なく白飯を付けた。麺は中太ちぢれ麺。かたさがちょうど我の好み。具はきざみネギ、メンマ数本、ナルト1枚、巻きバラチャーシュー3枚、味玉丸1個は黄身しっとりタイプ。スープは魚介塩豚骨かと想定していたら、透き通った清湯スープだった。魚介豚骨醤油とは全然違い、魚介は全面には出てきていない。思わず目を閉じて「いい出汁だねー」と心の中で呟いてしまうくらい、いい塩梅のじんわり旨味を感じる。最近食べてきた塩ラーメンの中でもトップクラスに美味く感じた。魚介豚骨醤油が苦手でこの店を敬遠していた人にも試して欲しいと思うくらい。近くにこんなにいい店があるんだからもったいない。我は6度目の訪問も塩を頼んでしまいそうだ。汁一滴残さず完飲完食。サイドメニューが少ないのが惜しかった。

2018年8月25日 (土)

勝治白蛤

先週感じた秋の気配がまるで気の所為だったかのように、酷暑と熱帯夜の日々がぶり返した。こんな日が続くともう外出するのも億劫になる。なので土曜だけどイセブラ体制に戻った。
ブックオフに寄ったらついついf立ち読みに時間を費やしてしまった。有隣堂やパン屋に寄ってから馬車道方面へ歩を進めた。本日の目的店は今週水曜日に行ったばかりの『麺や勝治』。土曜日限定のスペシャルラーメンとして「白はまぐりらーめん」を提供するとの告知を見てやって来てしまった。暖簾を割り入店。入口脇の券売機でスペシャルを選択し食券購入。厨房には水曜日と同じく店長と女店員の2人。先客5人後客4人。

180825katsuji00 180825katsuji01 麺や勝治 『白はまぐりらーめん(塩)』 900円

塩か醤油を選べるが、貝出汁は塩しかないでしょうと塩選択。すぐに提供された。他の客も今日はほとんどスペシャル選択だったね。麺や貝以外の具はレギュラーメニューと同じもの。スープは貝出汁らしい白く濁った塩スープ。そして巨大な白はまぐりが口を開けて鎮座している。白はまぐり、つまり北アメリカ原産のホンビノス貝。スープはいい味出していた。ただ具と貝殻自体はあまり気持ちの良いものではないので取り皿ぐらいは欲しかったところ。邪魔だった。我は基本限定メニューを食べないのだが、やっぱりレギュラーメニューの方が良かったかなーというのが正直な感想。美味しかったけどね。我が慣れないだけ。

2018年8月22日 (水)

勝治夏訪

ダブル台風が日本に迫っていて、関東には直撃はしないものの蒸し暑さのぶり返しが酷い日々が続いている。

今日も今日とてクタクタに疲れ家で食事を作るのが面倒になって外食ラーメンだ。狙った店は『麺や勝治』。2013年2月18日開店。我はその2日後の2013年2月20日に初訪問している。以来2013年内に5度も訪問してひと通りのメインメニューを食べて満足したのか、2013年12月20日を最後に訪問していなかった。確か経営母体が鉄板焼き屋で、店主は『一条流がんこ』で修行したという噂がある。『がんこ』のどの店だったかは不明。そして牛骨から摂ったスープをウリにしている。限定だった「濃厚牛骨らーめん」も食した事もある。

店に到着したのは19時をだいぶまわったあたり。暖簾を割り入店。入口脇に券売機。厨房には男の店員1人と女の店員1人。L字型カウンター11席。先客3人後客5人。

180822katsuji00 180822katsuji01 麺や勝治 『醤油セット(醤油らーめん&ミニチャーシュー丼)』 1000円

券売機にセットメニューがある。女店員に聞くとチャーシュー丼かもつ煮丼のセットらしい。ちょうどいいやと醤油セットを注文。醤油が食べたかった。麺は中細平打やや縮れ。具は薬味ネギ、揚げネギ、かいわれ数本、穂先メンマ1本、チャーシュー2枚。ほんのりと牛骨の甘みを感じる美味しい醤油スープ。「がんこ」流のしょっぱさはほとんど感じず、まろやかな旨味を味わえた。我にとっては量は大人しい一杯なので完飲完食。


180822katsuji02 チャーシュー丼の方は本当におまけ程度で普通だった。久々にこの店のラーメンを食べたが美味かったなー。近い内にまた来たいと思った。

2018年8月19日 (日)

黄金家系

昨日に続きこの時期としては比較的涼しい爽やかな晴れの日となった日曜日。今日はいつものように近場で食料品を買うなどがメインとなる。そこにうまい具合に徒歩圏内で新店情報があったので行ってみる事にした。場所は『鹿島家』黄金町店の通りを挟んで向かい側の路地を少し進んだ辺り。横浜家系ラーメンを名乗る『黄金家』だ。先週木曜日、8月16日開店したそうだ。入口に長多田屋製麺の麺箱とトッピング無料券のチラシが置いてあった。チラシを取って入店。店内隅に券売機。厨房には男の店員2人。赤いL字型カウンター12席と4人がけテーブル席1卓。先客3人後客7人。

180819koganeya00 180819koganeya01 横浜家系ラーメン 黄金家 『ラーメン並(麺かため・油多め)』 680円

筆頭基本メニューを定番の好みで注文。無料トッピングは味玉にした。他の具は家系定番。店員は声は大きいがちょっと日本語がたどたどしいし、チラシの写真ではスープが白っぽかったし工場系かなー?と警戒したのだがそれは杞憂だった。出てきた一杯はスープが茶色みを帯びて醤油寄りの醤油豚骨。直系ほどではないけど。でもチャーシューは脂身の少ないスモークチャーシューだった。トッピングの味玉は黄身トロリ。そして麺は家系としては明らかに細い中太平打ちストレート。ふーん、ちょっと個性があって面白い家系ラーメンだね。この辺りにはライバル店も多いので生き残りが大変かも知れないけど頑張ってほしいね。

昨日は食べすぎたので今日はそのまま歩いて帰宅した。

2018年8月15日 (水)

平打紅葉

今週月曜から通勤電車内も会社も閑散としていて、まるで休日出勤しているようだ。それはそれで気軽な気持ちになれる。それでも今は堪える。

定時退社日という事で外食して帰る。狙ったのはつけ麺専門店『はま紅葉』への再訪だ。最近あまり『東池袋大勝軒横浜西口店』と相性が良くなくなったので、新たなマイ・フェイバリットつけ麺店候補にすべく再確認だ。2017年11月17日開店。我はその日に初訪問している。

180815oookagawa01 日ノ出町駅前の京急ストアに立ち寄ってから来たので夜7時10分前くらいに店に到着した。白を基調にした明るく清潔感のある店内。入口すぐのところに券売機。厨房には男の店主と女の店員の2人。L字型カウンター11席。先客3人後客4人。

180815hamakouyou00 180815hamakouyou01 自家製麺 つけ麺 はま紅葉

『つけ麺(平打麺 290g)』 800円+『全部入り』 300円=1100円


初訪問時には太麺を頼んだので今回は平打麺を並最大の290gで注文。これといったサイドメニューが目に入らなかったので全部入りオプションを追加。具の構成は薬味ネギ、数本の平メンマ、ナルト1枚、海苔2枚、水餃子1個、通常の小さなチャーシューブロック数個と肉厚で大きなチャーシュー1枚。麺は幅1cmはあるのでは?というようなきしめんのようでいて、しっかりとしたコシを感じる平打太麺ストレート。麺が美味く感じる。職人技を感じる。つけ麺で固さの好みを受け入れる店って何なんだ?って思う。つけ汁は安易な言い方になってしまうが、濃すぎず薄すぎずいい塩梅。絶妙といっていい。先日食べた『狼煙』みたいなドロドロ濃厚なのも悪くないけど、我の中でちょうどいいのがこの店のつけ麺だ。具も麺も食べ尽くしてスープ割りしてつけ汁も完飲。マイ・フェイバリットつけ麺店にほぼ確定。満足の退店となった。ただ、我がつけ麺を食べたいと思うのは回数が限られるからな-。

2018年8月 5日 (日)

焼肉咖喱

この暑さなので連食するほど食欲が沸かないと思っていたのだが、『晴れる家』から出て買い物をしている間に腹に余裕を感じて入ってしまった。横浜名物カレーと言っていい『バーグ』のスタミナカレーだ。ちょうど正午ぐらいに入店したら先客5人くらい。この店にしては空いている。と、思ったら後客が5人くらい来店した。厨房に男の店員2人と中国系女店員3人。冷房が嬉しい。冷水をがぶ飲みした。

180805barg00 180805barg01 スタミナカレーの店 バーグ 弥生町店 『スタミナカレー(焼き)』 820円

こちらも値上がりが著しい。ちょっと前まで750円だったはずだ。でも相変わらず安定感がある味。タレの辛味と脂身の甘さが相まって美味い豚肉カレーだ。この暑さでこれだけ食べられれば我も大丈夫だろうと思う。冷水を飲んで口中を冷やして退店した。

180805taika00 先週確認した『麺や134』跡地の『麺や太華』。看板がすでに出来ていて、店内のものが出され準備が進んでいる感じ。本当に近々オープンかも知れない。楽しみだ。

昨日歩いていなかったので今日は往復歩き通したが、熱中症一歩手前だったかも知れない。帰宅後水風呂に入ったが、顔と首からなかなか熱が取れなかった。午後は冷房を効かせた部屋で爆睡してしまった。

夏晴家黒

今日も酷暑。昨日以上の酷さだ。でも今日は布団を干してスーパーへ買い物に向かわなければならない。早めに行って午後は家に戻って来たい。危険な暑さだ。

先週行った『大館家』の他にマー油入り家系ラーメンを提供している店を見つけたので行ってみた。京急黄金町駅付近にある『晴れる家』だ。前回は2016年8月7日に訪問しているので、ちょうど1年ぶり3回目の訪問となる。開店時間ちょうどに到着したら、まだ「営業中」の札が表になっていなかった。でも後客が4人くらい来たので押されるように中に入ると、厨房にいたただ1人の男の店員に目が合い「どうぞ」と中に促された。入口券売機で食券購入後着席。我に続いて4人、後に1人が入店。開店直後にこれだけ客が入るなんて人気あるんだなーと思ったら、好みを聞かれて戸惑う家系初心者の客が多かった。

180805hareruya00 180805hareruya01 らーめん 晴れる家 『黒マー油ラーメン(麺かため・油多め)』 750円

目的のメニューを注文。好みはいつものものに戻した。慣れというのは恐ろしいものだ。黒い家系ラーメン登場。ああ、熊本ラーメンの『ブッダガヤ』ほどではないにせよ、『大館家』のものよりしっかりとマー油が効いている。満足出来る家系マー油ラーメンだった。

180805hareruya02 +『ねぎめし』 200円=950円

『ありがた家』出身の店ということなので名物の「ねぎめし」も合わせ注文。ご飯の上におかかが敷かれその上に青ネギの小分け切りがのる。酸味が効いていてこの時期でも食欲が増進されとても満足出来た。

その後100円ショップ、コンビニを数店まわった後サミットに寄って買い物をした。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき