カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2017年10月18日 (水)

横浜蘭麺

再度訪れた秋雨前線の合間の晴れ間がのぞいた水曜日の夜。久々に横浜中華街に訪れた。今晩の夕食はここで食べる事にした。何でもこの横浜中華街に蘭州拉麺専門店が今月10日に開店したという。蘭州拉麺と言えば話題になったのが8月神田に開店した『馬子禄牛肉麺』日本1号店だ。連日行列が生じて大人気と報道された。機を見るに敏。「蘭州拉麺で日本でお大儲けネ」。燃える商魂。そう考えたかは知らないけど、いち早く店を出したというわけだ。で、その策にまんまとかかる我である。到着したのは夜7時頃。平日夜の中華街、週末で行列を生じる店も客はまばらで余裕で入って注文出来る状態。目的の店もそんな感じだった。あー看板まで『馬子禄』と似たデザインにしちゃってる。早速入店。厨房は見えない。おばちゃんと若い男の店員だけが見えた。どちらもラフな普段着だ。客席はテーブル席のみ。2人がけテーブル席1卓と4人がけテーブル席4卓。先客1人後客ゼロ。口頭で注文。

171018ransyuugyunikuramen00 171018ransyuugyunikuramen01 蘭州牛肉拉面 『蘭州牛肉拉面』 950円

もちろん看板メニューを注文。他にビャンメンなる汁なし麺メニューがあった。一緒にご飯系も頼みたかったけど見当たらなかった。まあ本場ではそういう食べ方はしないらしいけど。注文してから厨房の奥でバンッ!バンッ!と音がした。本当に打ち立て麺だ。うどんのように太かったり、末端が細かったり、団子のようになっていたり。でもこれこそが本物の拉麺だ。具は葉ニンニクとパクチー、大根のスライス5枚、スライスされた牛肉4枚。スープは独特のスパイシーさを感じる透明度のある牛骨塩スープで白胡麻が浮いている。ラー油が別皿で提供されるのはいい。我はスプーン3杯分くらい入れたがちょうどいい感じだった。うーん、『馬子禄』に比べると1枚落ちるというか、強烈な二番煎じ感を感じる。それに高い。何で牛肉麺でこんなに高く設定するのか?価格に見合う満足度は得られなかった。こういう店は流行を追うので長続きしないだろうなと正直な事を思って支払いを済ませた後店を出た。

2017年10月14日 (土)

長年定番

伊勢佐木モールで買い物をした後食料品などをサミットで調達。そのまま帰宅するつもりだったけど、我の原店である『田中屋』に吸い寄せられた。もう店の前を通るだけで口の中で味が想像されてしまうんだよね。こってりラーメンがキツくなってきて、さりとてあっさりラーメンでは物足りない。そんな我にはますます需要が高まる。早速入店。タイミング悪くちょうど満席。5分ほど待って着席。その直後に大勢が店を出たが来客が相次いでやってきて席は埋まった。ラーメン雑誌でまず紹介されないけどやっぱり人気店だよなー。ラオタ族とは無縁の店だけど長年の実績が物語るよ。いつもの基本ラーメンを口頭で注文。

171014tanakaya00 171014tanakaya01元祖 地獄ラーメン 田中屋 『ラーメン』 600円

卓上から揚げネギをスプーン3杯分くらい投入し食べる。このちぢれ太麺が我の好みと合致する。というよりこの店で嗜好が醸成されたといった方が正しいか。ラーメンの具としてのワカメは苦手なはずなんだけどこの店のラーメンだけは例外。久住昌之の名著「孤独の中華そば 江ぐち」の著者と今は無きラーメン店『江ぐち』との関係に近づいてきたのかな?流石に店員に密かにあだ名をつけるまではしてないけどさ。くれぐれも店を畳むなんて事はしないで末永く営業して欲しいと思う。満足して今度は本当に帰路についた。

2017年10月 9日 (月)

雲呑港軒

171009inarisaka01_2 先週金曜日訪問した新店『元祖横浜ワンタン本舗 港軒』。ところが肝心の雲呑切れで看板メニューが食べられなかったので心に引っかかっていた(『雨夜連開』参照)。買い物帰りに寄ってみて雲呑があったら再訪しちゃおうと思っていた。入口から券売機を覗いてみると☓マークは無かったのですかさず入店。そうしたらちょうど満席で6分くらい待たされた。その後も来客は相次ぎ待ち席がいっぱいになるほど。テーブル席は使用禁止にしているようだね。それにしても凄い人気。後で聞いたがこの店は『気むずかし屋』が代表格の長野ラーメングループ、ボンドオブハーツの関連店舗らしいね。どおりでクオリティが高かったわけだ。厨房は男の店員が3人に減っていた。

171009minatoken00 171009minatoken01 元祖横浜ワンタン本舗 港軒 『雲呑そば』 890円

ようやくありつけた看板メニュー。先日雲呑なしを食べたけど十分美味しかったので、今回は雲呑のみに注目。雲呑は2つしか入っていないのに写真では3つに見える。でも右端のは雲呑の皮。餡は長方形の豚肉で皮が異様なくらい長いのだ。これくらい存在感があるとやっぱり雲呑、名物として欲しいよな。前回触れるのを忘れたが、はんぺんが入っているのが面白いね。紫玉ネギの食感も良い。彩り鮮やかな丼も満足度の中に含まれるよ。ようやく食べられた。店員の接客がまだ慣れていないのを感じるが時間が解決してくれる事に期待する。近場なので今後利用する事が増えるだろう。定休が日曜なのが残念だ。

それにしても今日は暑かった。重い買い物袋を抱えつつ早々に帰宅し家でゆっくりと昼寝した。

2017年10月 6日 (金)

雨夜連開

雨降りの金曜の夜。会社帰り関内で途中下車し、この辺りに昨日開店した2つの新店を訪問してみる事にした。まずは『豚骨拉麺酒場 福の軒』。馬車道通りにあった店だがベイスターズ通りに移転した。というかベイスターズ通りって何?って感じだけど。雨の夜の街並に煌々と光る店舗を発見。以前の店舗より大きい。店外からフライだけ買って持ち帰る事も出来るようだ。早速入店。厨房には男の店員3人と接客の女店員3人。厨房前に一列のカウンター4席が2本。前の店舗では立喰いスタイルだったと思うけど今度は座って食べられる。2人がけテーブル席が縦横4列並び16卓か。7割ほどの席は埋まって大盛況。というか完全に飲み屋。ラーメン食べている客なんてわずかだ。口頭で注文。

171006fukunoken00 171006fukunoken01 豚骨拉麺酒場 福の軒 関内ベイスターズ通り店

『豚骨ラーメン(粉落とし)』 503円


今夜は連食予定なので余計なものは頼まない。酒も焼き鳥も要らない。基本メニューを注文。麺の好みを聞かれた。説明を受けて粉落とし注文。具は薬味ネギと細切りきくらげ、濃いめの味付けのチャーシュー1枚。肉厚で脂多めで柔らかい。スープはいい塩梅の濃度の豚骨スープ。決して飲んだ後仕様のあっさりではなくラーメン単体で食べても満足はいくレベル。他の専門店で博多ラーメン700円以上取るのを考えると、これは評価に値する一杯だと思う。それでも文句を言うなら、卓上に紅生姜がないのと、店の雰囲気が完全に居酒屋でアウェイ感を感じる事くらいか。それも割り切っちゃえばいいし。満足は出来た。自分の席の会計札をもって会計を済ませて退店した。

続いてこの前の日曜日事前調査済の『エビラーメン初代海老秀』跡地に昨日開店した『元祖横浜ワンタン本舗 港軒』へ。前の店はつけ麺食べた時に具がキンキンに冷やされたので行かなくなった記憶がある。こちらは隣の桜通りだ。前の店舗は派手なネオン管の看板だったが、今度はシンプルでレトロだ。早速入店。入口脇に券売機。厨房には和食料理人の格好をした6人の男の店員。厨房周りに変形L字型カウンター12席と奥に4人がけテーブル席が2卓。『海老秀』時代と作りは変わらないと思う。先客は2人だけだったが、後客は男ばかり9人。場所柄かガラの悪いのが多かった。

171006minatoken00 171006minatoken01 元祖横浜ワンタン本舗 港軒 『旨玉中華そば』 880円


券売機を見て愕然とした。看板である雲呑メニューが全てバツが付いていた。雲呑切れだとか。スープ切れならいざ知らず、雲呑無しで営業続けてるというが何とも納得がいかない。ウリの具材を十分確保していないとは。これは入店直後にテンション落ちた。後客もほとんど「えっ!雲呑無いの?!」って厨房に言っていた。そりゃそうだよな。仕方なく味玉入りの中華そばを注文。ほどなく提供された一杯は綺麗な大きめの丼で提供された。綺麗な顔をしている。麺はツルツルした中太平打ちストレート麺。あまり好みのタイプではない麺なのだが、今回は何故か美味く感じた。通常で200gとボリュームがある。麺のかたさは固定で選べない。具は薬味ネギ、三つ葉、豚ロースと鶏の2種の低温調理チャーシューが1枚づつ。味玉は黄身しっとりタイプで味が濃いめ。スープは見た目からクラシカルなやつかと思いきや、醤油味と油を感じる今風なヤツで美味い。柚子を効かせているのも良い。我好みの一杯。これはいいね。しかしメインの雲呑切れは残念だし、店員が6人もいるのに揃いも揃って無愛想。退店時の「ありがとうございました」が無かった。

2017年10月 4日 (水)

雲呑賢記

先日日曜日、関内桜通りの『横浜家系ラーメン 太田家』があった場所に新しい店が営業しているのを発見した。『香港雲呑専門店 賢記』だ。「また大陸系の店が。もう日本風も止めて香港風か」と訝しんで入店。入口に券売機。今までは店外にあったが店内に移動されている。厨房には男の店員2人。L字型カウンター9席。1人がけテーブル席1卓、2人がけテーブル2卓、4人がけテーブル1卓。先客は12人と大入り。女性客の割合が高い。ほとんどがアルコールを飲んでいる。想像していた大陸風場末感は全くない。店員もキビキビと働いている。通常のラーメン店より回転率は悪そう。我は1人がけテーブル席に座った。

171004kenki00 171004kenki01 香港雲呑専門店 賢記 『香港海老雲呑麺(焼塩・香港麺)』 950円

香港の名前を冠したメニューを注文。味は焼塩or醤油、麺は香港麺or日本麺が選べる。雲呑専門店だから麺抜きメニューもある。程なく登場した丼は縁が斜めになっていた。だから見た目より深い丼なので量が少なく見える。香港麺というのは米粉のような細麺ストレート麺。結構歯ごたえがある。具は九条ねぎの薬味ネギ。そしてぷりっぷりの大きな海老の身が入った雲呑が5個も入っている。スープは鶏主体のスッキリとした口当たりの良い塩スープ。はーなかなか美味い。醤油ではなく塩を選んで正解。海老雲呑と良く合う。期待しないで入った分良い意味で裏切られた。我がラーメンに求めるものとは違うが、料理として美味しく満足のいくものだった。食後に中国風ババロアみたいなデザートまで出された。再訪の確率は高いな。171004kenki02

2017年10月 1日 (日)

限鯵蕎麦

10月に入りめっきり秋らしくなってきた。日曜なので定番の伊勢佐木町への買い物へ。特に行きたかった店も無かったので出たとこ勝負で入っちゃおうと、我にしては珍しく無計画で出発。まずは横浜橋商店街を抜けて食材を買って大通り公園側に出た。あー、そう言えば『麺屋M』。このところ食べ過ぎでこってりは無理なタイミングだったので最適だ。今日はここにしよう。ちょっと開店まで時間があったので辺りをフラフラとした。そして暖簾が出された直後に入店。この店には三度目の入店(『影薄変貌』参照)。当然最初の客。厨房には店主の他に若い男の店員1人。後客2人。

171001manyam00 171001manyam01 麺屋M 『鯵そば』 850円

入口脇の券売機に限定メニューが宣伝されていたのでこれに決定。初訪問で基本メニューばかり食べている我にしては限定メニューを注文するのは珍しい。三度訪問の店故の事だ。この麺は以前食べた『煮干しそば』と同じものだ。やや茶褐色を帯びたかための縮れが強い麺は、秋田、山形の地麺に通じるものがあり。我が好きな麺だ。具は玉ネギのみじん切りと、紫玉ネギの角切り、レアチャーシュー2枚のみ。スープは鯵の味わいが上品な感じ。鯛の油と鯵と水だけで作ったのだそうだ。具もスープも麺もすごく素朴だけどこれが良い。余計な具材をのせないところが良いのだ。玉ネギ好きの我からすると特に。この店は最初凄く地味だったけど徐々に良くなってきている。悪戦苦闘して迷走してしまう店が多い中、これは珍しいパターンだ。まだ入りは寂しい感じだが、一気に行列店に化ける可能性は十分に秘めている。

その後買い物をしながら伊勢佐木モールを抜け馬車道方面へ。『海老秀』がリニューアル中というので偵察してきた。『元祖横浜ワンタン本舗 港軒』、10月5日オープンと書いてあった。更に進むと以前家系ラーメン店だった『大田家』が『香港雲呑専門店 賢記』に変わっていた。この辺りは雲呑続きになるね。

2017年9月18日 (月)

桜華鶏塩

東神奈川から京浜東北線で石川町駅に降り立った。ラーメンは食べる気がしないといいつつもラーメンも食べないと落ち着かない。そこで選んだのが石川町駅から元町へ向かう間の商店街、アイキャナルストリートというらしいが、そこに新店が出来たというので行ってみる事にした。この商店街も店舗の出入りが結構激しい気がする。昔から知っているからかな。昔は美容院やら宝石店が多かった印象だが、今は飲食店とマッサージ店が増えた。ココイチまで開店していたのか。その中に目的の新店『桜の華』を発見した。また鶏白湯メインの店が出来たか。正式な開店日はわからないが、ここ5日以内だろう。早速入店。入口は狭く奥に伸びる店内。入口脇に券売機。内装は白で天井は黒。元町らしいお洒落な雰囲気はある。厨房は奥にあり暖簾がかかって見えないがおじさん店員2人に女の店員1人。壁向かいに一列のカウンター7席と、入口付近に2人がけテーブル席1卓と店の奥に4人がけテーブル席2卓。正午過ぎの入店で先客5人後客7人。

170918sakuranohana00_2 170918sakuranohana01_2 濃厚鶏白湯らーめん 桜の華

『濃厚鶏白湯 塩そば』 780円+『味玉』 100円=880円


この店はメニューが豊富で筆頭の鶏白湯は塩と醤油があり、比内地鶏の煮干しそば、担々麺は鶏白湯と麻辣の2種、つけそば、まぜそばといったラインナップ。サイドメニューも唐揚げや餃子、ミニ丼も3種ぐらいあった。大丈夫かな?我にとっては近場だし色々試せそうで楽しみだ。今日のところは筆頭の濃厚鶏白湯塩を味玉付きで注文。ほどなく提供された一杯は真っ白い一杯。麺は中細ストレート。具はきざみ玉ネギとザンギリ葱、水菜、糸唐辛子、小さな鶏つみれ1個、低温調理された鶏とローストポークの2種のチャーシュー各1枚づつ。トッピングの味玉は半分に切られた状態の提供。スープは典型的な鶏白湯で確かにかなり濃厚なやつだった。鶏と香味野菜を長時間煮込んで作ったという。卓上の薀蓄によると店主はいくつかの中華料理店を渡り歩いて修行し、鶏白湯と担担麺の専門店を開きたくてこの店を作ったらしい。我は正直鶏白湯はそれほど好みでもないし、今回の一杯もあまり面白みは感じられなかったけど、近場ということもあり近いうちに再訪することになるだろう。今度は煮干しそばか担担麺を注文してみたい。

炎天下の中、徒歩で帰宅した。帰宅後は部屋に冷房を点けて昼寝。夏休みの気分になってしまった。

2017年9月10日 (日)

日曜一本

今週前半は遅い夏季休暇を取得しその間結構食べ歩いてしまった。なので今日は麺休日にしようかな、とも思い10時過ぎまで家でゴロゴロしていた。でも天気は良いし、食糧なども買いに行かなければならないので結局外出。そうするとやはり近場の新店を開拓したくなってしまった。横浜中華街にある家系ラーメン店『一八家』が閉店、その跡地に今年7月3日開店したのが横浜らーめん『一本家』に行ってみる事にした。到着は11時過ぎ。内外装もほぼ『一八家』時代と変わっていない(『横浜鍛麺』参照)。厨房には相変わらず大陸系の男の店員1人でメニュー構成も以前と変わっていないように思える。経営者が変わったのか?単に看板の「八」の字を「本」に変えたリニューアル?日曜昼の中華街で家系ラーメン食べに来る客など我くらいだろう。やはり前後客ゼロだった。

170910ipponya00 170910ipponya01 横浜らーめん 一本家

『赤味噌ラーメン(麺かため・油多め)』 780円

基本のラーメン食べたって味は想像範囲内。というより何食べたって想定内だけど、少しは目新しさが欲しかったので赤味噌ラーメンをいつもの好みで。具は家系標準でゆで卵半個入る『壱八家』スタイルは不変。麺は平打ち中太ストレート。全然麺かためではなく柔らかめだった。スープは結構濃い赤味噌で家系らしい味はかき消されている。唐辛子片も入ってピリ辛。意外と悪くはなかったけどね。屋号が変わっただけというのを確認しただけ。

その後足つぼマッサージを50分。そしてスーパーで買物をして帰宅した。

2017年9月 9日 (土)

鳥虜跡蛍

高田馬場から横浜に戻ってきた。地元に新店が出来たらしいからそちらに行ってみよう。何でも『鳥虜』の跡地に出来たというので、てっきり石川町店の方に行ってしまったが、『鳥虜』関内店の方だったみたいだね。で、石川町店に行ってみたら営業していないんだよ。閉店したのかな?ほぼ一気に支店を出したがその分軒並み早期閉店に向かってしまうのだろうか?

中華街を横断し関内へ。店に到着すると黒い看板に『麺創 蛍』と書かれている。今月1日に開店。関内駅周辺のラーメン店に共通して日曜定休。なので高田馬場からこちらに訪問した次第。早速入店。入口脇に券売機。内装は白で『鳥虜』時代と同じだが照明など細かい所に手を入れているのがわかる。前店舗時代がちょっと荒んだ感じがあったからね。厨房は奥にあり黒いシャツを着た男の店員2人。何でも歌手の鬼束ちひろの弟が店主らしい。店内に関係者らしい女性がいたが別人の様子だった。手前側に一列8席のカウンター席と奥に4人がけテーブル席1卓。先客6人後客3人。

170909hotaru00 170909hotaru01 麺創 蛍 『ラーメン(麺かため・油多め)』 700円

家系豚骨鶏白湯ラーメンを標榜している。なので好みも家系同様で選べる。筆頭の醤油以外に塩、味噌、魚介、辛味、支那そば、まぜそば、つけ麺の何でもありのラインナップ。我は筆頭を家系いつもの好みで注文。ほどなく提供された一杯は家系とはかけ離れたものだった。麺は中太やや縮れ。具はもやし、ほうれん草、カイワレ、メンマ、海苔1枚、チャーシュー1枚。そしてフライドガーリックがたんまり入っている。スープは最近出店が相次いできた鶏骨家系とあまり変わらない。醤油を入れると家系に感じてしまう馬鹿舌な我。しかしスープの量が少ないね。率直な感想を言ってしまうと食べている時はまあ美味しいと感じていたが、食後何故か印象が残らなかった。

2017年8月10日 (木)

家系別枠

昨日とはうって変わってぐずついた空模様で暑さも一段落…といっても30度超えで昨日よりはまだマシといった程度。小雨も降っているし。明日から三連休。昨日に続いて会社帰りに外食することにした。といっても遠征してまで行きたい店等思い浮かばず関内で下車。伊勢佐木モールを買い物をする用があったので。そのまま伊勢佐木モールを抜ける。コテコテの『町田商店』系の店、『伊勢佐木家』へ約1年半ぶりの訪問。今調べたら同じ屋号で埼玉に支店も出していてちょっと意外だった。実は結構好きな店だけど、あまりにも量産型家系のイメージがあるのでなかなか足が向かない。ところが最近二郎系ラーメンも提供するようになったというので入ってみることにした。開店当初は『町田商店』系らしい五月蝿いくらいの威勢のいい挨拶があったものだが、今は厨房から中国語の喋り声が聞こえてくる感じ。券売機で食券を購入し着席。先客2人後客4人。

170810isezakiya00 170810isezakiya01 横浜家系ラーメン 伊勢佐木家 本店

『G郎ラーメン並(麺かため・油多め・ニンニク・ヤサイ増し)』 800円

目的のメニューは何と筆頭になっていた。食券には家系ラーメン同様の好みが選択出来るのでいつもの好みを注文。更に「ニンニク入れますか?」と聞かれる。今度はニンニク、ヤサイ増しでと答える。呪文が長くなってしまっている。出てきた一杯は丼は家系と同じもの。ヤサイ増しだけど全体的に大人しい印象。ヤサイは8割もやしとキャベツが2割。チャーシューは家系ラーメンの2枚。問題は麺とスープ。今迄の経験上、家系ラーメンと同じ麺とスープを使っていて二郎系でも何でもないパターンがほとんどだったのであまり期待していなかったんだよ。ところがこれはスープはちゃんと家系とは異なる豚骨醤油スープで、麺だってゴワゴワの平打ち極太麺だった。つまり本格的な二郎系ラーメンとして成立していた。…といっても我はジロリアンではないので、本格的かどうかはもしかしたら違うかも知れないけど、我は満足できた。先日食べた二郎系メインの店の一杯より良かった。天地返しを早々にして無理なく食べた。ボリューム的には大人しい以外は満足出来た。でも壁に書いてある「家系の最高峰を目指して…」の一文が虚しく感じられた。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき