カテゴリー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2018年12月12日 (水)

日出過密

日ノ出町駅前、『伝説のスタ丼』の並びに今月7日『極味家』が開店した。『壱角家』等と並び量産型家系の代表格。今日まで開店セールでラーメンが500円だそうだ。普通こういう時期は避けるのが無難なのだが、相手は量産型。どうせ一回きりの訪問になるであろうから、あえてこの時期平日夜に訪問。店前に行列なしと思ったが、店内で2人待ち。我の後ろでも列が出来始めた。先に入口券売機で食券を買うよう促され、食券を渡した後店外で待った。小雨が降っていた。3分ほど待って席に案内された。男店員4人、女店員1人。厨房周りにL字型カウンター8席と2人卓テーブル☓3。ラーメンが提供されたのは10分以上待った後だった。

181212kiwamiya00 181212kiwamiya01 横浜家系ラーメン極味家 日ノ出町店

『醤油ラーメン(麺かため・油多め)』 500円 ※開店記念価格

うずらが入った典型的量産型家系。逆に言えば安定感がウリ。卓上にタマネギの角切りがあるのがいいね。

181212kiwamiya02 +『小ライス』 80円=580円

こういう時期に入店したのに釣られて他のオプションを頼んじゃう客が多いこと。かくいう我もせめて小ライスは欲しかったので頼んでしまった。80円だったしね。どこまでケチなんだよ我。卓上には豆板醤とおろしニンニクは完備されていたけど、ご飯はベチャベチャだった。

それにしても日ノ出町駅前はラーメン店過密地帯になってしまったね。昔は成人映画館とストリップ劇場が存在感を放っていた場所だったんだけどね。

2018年12月 8日 (土)

勝治牛骨

181208yokohamakouen01 どんよりと曇った土曜休日。長崎旅行の余波はまだ続いていて、ブログのエントリーが1週間遅れになっている。だから本当ならば1日部屋に引きこもっていたいくらいなのだが、予約していた床屋に行くため朝9時前に家を出た。今日はそれほどでもないが、12月だというのに17℃くらいの気温の日が続き熱くて伸びた髪がうざくて仕方なかった。夏の頃と同じように短くしてもらった。待ちに待った感じだったのでサッパリした。

今日は徒歩圏内で済ます。伊勢佐木モールで買い物をした後『麺や勝治』へ。毎週土曜日に出す月別のスペシャルメニュー、今月は『濃厚牛骨』だというので行ってみた。開店の10分後くらいに到着。今日は厨房に店主はおらず女店員2人のみ。先客3人後客4人。

181208katuji00 181208katuji01 麺や勝治 『濃厚牛骨らーめん(醤油)』 900円

実はこの店で濃厚牛骨を食べるのは初めてではなく、2013年6月19日に食べている。あれから5年以上経過してどのくらい変化が出たのか知りたくなったから。塩と醤油が選べるようだ。前回は塩だったので今回は醤油で注文。麺はかために茹でられたちぢれ細麺。具は白髭ネギ、かいわれ、穂先メンマ、海苔1枚、豚肉の醤油炒め、低温調理チャーシュー2枚とスペシャルメニュー標準。濃厚牛骨スープはまるで鶏白湯醤油味のような感じ。ここで気がついたがここの店主が目指している濃厚牛骨とは牛骨白湯スープなのかも知れない。我はなまじ鳥取県倉吉山口県下松の牛骨ラーメンを知っているから、あの甘みをともなう牛骨らしさを頭から求めてしまっていたのだ。このスープはそれとは方向性が違うのだ。なんか勝手に納得出来た。でも我はここの店主が作る牛らしさを感じられるバージョンの濃厚牛骨も食べてみたいなーと思った。

その後横浜公園と中華街、元町といった横浜観光名所を抜けて初めてメガドンキに行ってみた。広くはなったけどドンキホーテはドンキホーテだ。我にはあまり合わなかった。

2018年12月 5日 (水)

実力確認

長崎旅行で現地のちゃんぽんを食べ歩いた。ほとんどが美味しく食べられたのだが、何店かは満足したとは言えないちゃんぽんにも当たってしまった。そして本場長崎で見た『リンガーハット』の存在感。長崎港近くだけではなく、小浜温泉の中心部にも出店しており結構客入りが良かったのが印象に残っていた。横浜に帰ったら伊勢佐木町で食べて再確認にしよう、と旅行中に思ったくらい。ラーメン食べ歩きをするようになってから『リンガーハット』にはご無沙汰になってしまったが、横浜生まれの我からすれば『リンガーハット』のちゃんぽんこそが原点であり基準。現地の味を知った今、その実力を再測定する。

リンガーハットは1974年、長崎県市宿町に1号店を開店。それが今や海外も含め700店舗に展開して今も店舗数を増やしている。先日山下町にオープンしたMEGAドンキにも出店しているしね。伊勢佐木町には昔からあった気がするが入店するのは久々だなあ。入口にタッチパネル式券売機。入口は狭いが奥行きがあり広くなっている。食べログによると32席あるそうだ。客入りは15人くらいはいたかなあ。後客もガンガン入店。人気店だなあ。

181205ringerhat00 181205ringerhat01 長崎ちゃんぽん リンガーハット 伊勢佐木モール店

『長崎ちゃんぽん(麺400g)』 630円


色々なちゃんぽんメニューがあったが今回は基本の味を確かめるのだ。労働後で空腹だったので麺ダブル400gを注文。でもサービスだって。気前が良い。しっかりとした食感のちゃんぽん麺。具も肉、野菜、エビや練り物など、ちゃんぽんには定番で欠かす事が出来ないものは全て抑えてある。スープもトロリとして味がしっかりしている。やっぱり美味いわリンガーハット。高い水準で安定を維持してしまっている。これが基準で比較されると、他の個人経営の店は可哀想だ。ちゃんぽん業界で追従するものなしの理由がわかった気がする。

181205ringerhat02 +『チャーハン』 360円=990円

サイドメニューのチャーハンも低価格ながら味、ボリューム共に納得の品質。これは普通に通えてしまう。食べ歩きブロガーとして障害になってしまいそうなレベルだった。満足の食事となった。

2018年11月25日 (日)

旅帰三酉

2泊3日の長崎旅行から無事帰宅出来一安心。しかしブログの記事にしないと我の心の中では旅が終わった事にならない。でも2泊3日の旅の内容を記事にするとなるとエントリー数は15になってしまう事がわかった。これはとてもじゃないが1日では無理。そしてそれとは別にちょっとやる事も出来てしまったので、旅行記を完結させるには1週間以上かかってしまいそうだ。

181125itariyayama03_2 とりあえず今週分の食料を調達しなくてはならないので曙町のサミットへ向かい買い物。その後昼飯はすぐ隣の『田中屋』のラーメン。最近では珍しく待たずに座れて口頭で注文。でもすぐ満席となった。厨房にはいつものお兄ちゃん2人だ。

181125tanakaya00 181125tanakaya01 地獄ラーメン田中屋 『ラーメン』 600円

日常に戻れる味だなー。横浜に帰ってこれた事をしみじみ実感するよ。変わらぬ味に安心、満足。

181125torinoichi01 181125torinoichi02 その帰り、大通り公園付近が何やら騒がしい。あっ!今日は三の酉だったか!屋台で焼きそばや鶏皮などを買って帰宅した。

2018年11月11日 (日)

黄金町剣

181111aozora01 今日も早朝は曇っていたが徐々に青空が広がっていった。洗濯や布団干しをしてから買い物へ出かけた。

黄金町駅近くの大岡川沿いの店舗、以前『黄金ラーメン』という店があった場所に昨日新店が開店したというのでサミットなどで買い物をした後行ってみた。時刻は開店直後くらいを狙って訪問したが、まだ開店していなかった。店前には人が数名立って待っている。行列を作っているわけではない。中を覗くと店員が電話をしているのが見えた。何かトラブル発生かな?しかししばらく待っていると店員が出てきて「お待たせしました、どうぞ」と言って開店した。入口正面に券売機。厨房周りにL字型カウンター10席。窓際に2人がけテーブル席1卓、4人がけテーブル席1卓、5人がけテーブル席1卓。黒Tシャツの店員は最初2人だったが、後から1人やって来た。その時「しっかりしてくれよ!」と声が聞こえたので、開店遅れの原因がわかった。

181111tsurugi00 181111tsurugi01 中華そば つるぎ 『中華そば』 500円(オープン記念)

開店2日目なのでオープン記念として一杯500円で提供された。醤油と塩があるようだ。提供されたのはオーソドックスな中華そば然とした一杯。麺はちぢれ細麺。具は薬味ネギ、平メンマ、ナルト1枚、海苔1枚、脂身の多いチャーシュー2枚。入店前はちょっと外食産業っぽい感じがしたので「たぶん昔ながらの、のっぺりとした正油ラーメンなのではないか」と正直期待していなかった。でも鶏油の甘みが効いたなかなかの一杯。ラーメン雑誌で話題に上がる店みたいな研ぎ澄ましたネオクラシカルといった感じではないけど、じんわりと出汁を感じなかなか美味しかった。チャーシューも良かった。もう一方の塩も食べに再訪してみたいと思った。

『名物屋』閉店以降、『黄金家』とか『かつら』とかこの辺りの新店ラッシュは続くね。近々これらの店に再訪してみるのも悪くないなー。

2018年11月10日 (土)

霜月根岸

『麺屋ARK』を出て関内駅へ。やっぱり今日は季節外れの暑さだな。そのまま根岸線に乗り根岸駅で下車。駅前ロータリーのすぐ近くにあるマンションの1階商業テナントに今月6日に開店した『横浜らーめん ねぎし家』へ訪問。なかなか立派な店構えをしている。店内隅に券売機。厨房は奥にあり男の店員3人と女の店員1人。コの字型カウンター9席と4人がけテーブル席3卓。正午直前の入店で先客は8人くらいだったが、我の後に13人くらい立て続けに入店して来た。

181110negishiya00 181110negishiya01 横浜らーめん ねぎし家 『赤味噌らーめん(麺かため・油多め)』 800円

例え黒いテント屋根であろうと、「横浜らーめん」を名乗り半味玉が基本で入っている事で「あー『壱八家』系列店だな、だったら赤味噌かな」と淡々と選択する我。その時は気づかなかったが、今思うと自分でも怖く少し自己嫌悪。麺がかなり強めに縮れた太麺。我はこのタイプの麺は好みなのだが、麺かため注文としてもやり過ぎなくらい固かった。まだ店員がこの麺に慣れていないのだろう。それに他の『壱八家』の赤味噌に比べ若干甘い味付けだった。安定すれば解消するレベルで問題なし。満足。根岸駅前もラーメン店が多くなったね。かなり地味なラインナップだけど。

退店してすぐ駅前バスターミナルに行ってバスで帰路についた。

検診後食

明け方だけ曇っていたが徐々に快晴に変わり、この時期とは思えない暑さになった土曜日。今日は会社の健康診断で要再検査の診断が出てしまったので近くの医療機関に訪問する事になっていた。なので半袖で外出したけどちょうど良いくらい。

今日はいつも参考にさせていただいているブログで紹介されていた新店『麺屋ARK(あゝ喰う)』という店へ。場所は関内、『味のとんかつ丸和』のそばの路地を桜木町側にちょっと入ったビルの2階。入店後店主はこの場所も以前ラーメン店だったと話していたが、我は全然記憶がなかった。後で調べたら『青空』というタンメン店で訪問していたよ。しょうがないなー。でも10年も前だからなー。とりあえず階段を登って入店。時刻は開店30分過ぎくらいだったかな。前後客ゼロ。厨房には若い男の店主が一人。厨房前に一列のカウンター6席と2人がけテーブル席2卓。券売機は店内奥まった場所にあった。他に客がいない事もあり店主はよく話しかけてきたね。

181110menyaark00 181110menyaark02 181110menyaark01 麺屋 ARK(あゝ喰う) 『ラーメン(醤油・並)(麺かため・油多め)』 700円

ラーメンは醤油と塩が選べる。好みも家系同様に確認してくれた。ランチサービスで中盛無料でライスも無料。ライスだけお願いしたら、チャーシューのサイコロ切りが入ったタッパーをくれた。なかなか気前が良いね。麺はやや縮れ太麺。店前に丸山製麺と書かれた麺箱が置いてあった。具はほうれん草、太メンマ、海苔3枚。構成は家系っぽいね。チャーシューは通常2枚らしいがサービスで1枚追加してくれた。スープのベースは醤油豚骨。そこに魚粉とフライドオニオンで個性を出している。うん、なかなか美味しいね。このあたりの他店は鶏白湯や煮干しばかりだから被らなくていい。ライスも適量。卓上にはおろしニンニクやおろし生姜、豆板醤も揃えてあり良いね。満足できた。今度は塩を食べに来るよう店主に告げて店を出た。

2018年11月 4日 (日)

急雨田中

疲れが抜けないなー。サミットストアに買い出しにだけは行くか。天気予報では1日曇りで夜雨が降るかも程度の事を言っていたのに、もう昼前には本降りになってきた。面倒なので買い物が済んだ後そのまま『田中屋』へ。あら黒い網布に覆われているよ。でも営業中という札が出ていたので入店。あらーまた満席だよ。いつからこんなに人気店になっちゃったんだよ。5分くらい待って着席。口頭で注文。

181104tanakaya00 181104tanakaya01 地獄ラーメン田中屋 『ラーメン』 600円

いつもの基本メニュー。卓上から揚ネギ投入。勝手知ったる安心の味。満足して退店。その後有隣堂まで歩いて本を購入してから帰宅。帰宅後は熟睡してしまった。

2018年11月 3日 (土)

本牧笑福

181103mugita01 文化の日。土曜日だけど祝日。天気は良さそうだけど、我は精神も肉体も疲れている。今日は本当に休養に充てよう。軽い朝食を食べて布団を干したら二度寝をしてしまい10時過ぎに目が覚めた。曇ってきていたので布団を取り込み外出する。少し散歩した方がストレス発散には良い。今日は山手方面まで歩いてみようか。麦田町から上野町方面に歩く。この辺りは川を塞いでしまった道なんだろうな。そんなどうでも良い事を考えながらガス山通りと言われるところに辿り着く。ここに以前、大通公園近くの富士見町にあった『笑福』が移転復活しているというのだ。以前の店舗が入っていたビルの老朽化が原因と聞いたが、店主も高齢になってきたし、頃合いだったのだろうなと勝手に思っていたので移転復活は意外だった。しかも場所は本牧通りに近く、同じ地味で長年営業を続けている『笑苑』というラーメン店の近くに移転というので紛らわしくなった。別に困らないけどさ。以前の店舗もそうだけど、今度の店舗も大通りから少し離れた住宅地との堺くらいの、わかりにくい地味な場所に店を発見した。こじんまりとした店舗だ。到着は11時を少しまわったあたり。早速暖簾を割った。券売機はなし。厨房にはおじいさん店主とおばちゃん店員2人。厨房回りにJ字型カウンター10席。カウンター先端をうまく使って席数を増やしているね。座敷席が設けられ4人卓があった。先客無し。店主は何やらひとりのおばちゃんに調理の指導をしていた。メニューは壁に木札に書かれ吊らされている。それを見て口頭で注文。後客おばちゃん2人。

181103syoufuku00 181103syoufuku01 豚骨ラーメン 笑福 『ラーメン』 600円

あまり考えず筆頭メニューを注文。以前と全く変わっていないし同じ値段で頑張るようだ。塩にも味噌にも出来るらしい。家系登場以前の豚骨醤油ラーメン。ラーメンショップのラーメンとは微妙に違うけど、良い意味でのチープ感は通じるものがある。疲労蓄積中の今の我にとっては、この派手さとは無縁のあっさりとした味わいが心地よかった。満足。

その後、有隣堂に行きたかったので本牧通りからバスへ関内方面へと向かった。

2018年10月28日 (日)

日曜太源

気がつけば10月も間もなく終わる。朝晩は流石に肌寒くなってきた。明け方は一面雲に覆われていて冷えていたが、日が昇ってくると晴れ間も広がって気温は上がってきた。

181028hachimanchyou01 9時半頃家を出て歩いて伊勢佐木町へ。日曜恒例のサミットショッピング。このあたりは日曜定休の店が多く選択肢は限られる。更に長らく入っていないラーメン店となると…『太源』かな?いわゆるラオタ向けの店ではなく敷居も低く、我好みの店とも言えなくもないはずなのに何故かこの店が我の視界に入る事は滅多にないんだよ。2014年2月16日に訪問して以来となる。開店は11時のはずなのに、10時半頃覗いたらもう暖簾がでていて覗いたら先客が1人いたので入店。早めに入れて助かった。厨房には爺さん店員と若い男の店員の二人。若い方は接客が行き届いていたね。L字型カウンター9席。この狭さと店員との距離の近さが敬遠の要因のひとつかな?あといつも混んでいるし。今日は先客1人後客3人と比較的快適。口頭で注文。AMラジオがBGM。

181028taigen00 181028taigen01 ラーメン&カレー 太源 『ニンニクラーメン(麺かため)』 750円

ここはカレーラーメンが看板メニューだけど、シンプルにラーメンの上にカレーをかけているだけの品であんまり味が我の心にヒットしなかったんだよ。だからパンチのありそうなニンニクラーメンを注文。麺のかたさを確認してくれた。麺は中細やや縮れ。具は薬味ネギ、メンマ、脂身の多いチャーシュー1枚。スープには大量の潰したニンニクが入っている。基本のラーメンより50円増しで全くの別の味に仕上がっている…はず。ニンニクラーメンを注文した期待値を十分満足するニンニク味。ジャンクで我は好き。スープは動物出汁主体の醤油っぽいけどニンニクが味のほぼ全てを持っていってしまっている。基本スープの味がわからない。カレーとかニンニクとか、元の味を消すようなメニューを看板にしているから、基本の味は弱いのかな?
181028taigen02 +『茶碗カレー』 400円=1150円

ここの名物のサイドメニューもちゃんと押さえておいた。ラーメンより先に提供された。玉ネギと福神漬けが似合う日本のカレーだけど、多少の辛さもある。これは普通に美味しい。

普通に美味しかったし満足したのだけど、今回もまだこの店の事がわからない自分がいる。長年この地で営業を続けているというのは何か理由があるだろうと勘ぐってしまうよ。今更ながら我はこの店で基本のラーメンを注文した事がない。これは次回基本のラーメンだけ注文しようかな?あまり期待値を上げないで。

その後有隣堂で旅本を3冊も購入。更にポンパドールでバター餡入塩パン等も購入し帰路についた。正午前には帰宅する事が出来た。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき