カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2019年7月15日 (月)

旅戻黄金

下北半島の旅から帰宅出来たのは結構夜遅かったのだが、朝はいつもどおり早く目が覚めた。我が旅行行っている間こちらはあまり天気良くなかったようだね。今日も朝から雨が降っていた。でも今日は最初から旅の休養に充てる為の三連休最終日。午前中2度寝をして体力回復を図る。こういうゆっくり過ごせる時間はいいね。

昼を過ぎて雨が上がったようなので食料調達に曙町のサミットへ出かけた。この時期は危険なので旅前にキッチリ食材は処理して冷蔵庫はほぼ空の状態にしておいた。補充しないとと大量に買い込んだ。その後伊勢佐木モールへ移動。だいぶ前から開店準備中だったピアゴ前の『ラーメン黄金』が開店したというので行ってきた。7月8日に開店。本店は小田原にある中華チェーン店らしい。早速入店。奥行きのある店内。客席は一列10席のカウンターと、4人がけテーブル席5卓。奥にあり見えない。接客のおばちゃん店員は中国系。冊子メニューを見て口頭で注文。
190715koganeramen00 190715koganeramen03チャーハン 黄金ラーメン 伊勢佐木モール店

『ラーメン』 560円 +『半チャーハン』 350円=910円

初訪問なので基本ラーメン、そして半チャーハンを注文。ラーメンの方は我が言うところの場末系そのもの。ワカメが入ってしょっぱくて、生姜醤油のやつ。正直にこれは再び頼もうとは思わない。でも半チャーハンの方はパラパラで美味かった。半にしては量があるし。チャーハンを食べに来るべき店なのかも知れない。

早々に帰宅し静養に充てた。

2019年7月 6日 (土)

梅雨関二

雨が振り続ける週末の朝。ゴミ出しをした後は家に引きこもる。せっかくの休日だしゆっくりしようとちょっと横になったら二度寝してしまい、起きたのが11時前。焦ることはひとつもないのだが、急いで家を出た。今日も特に行きたい店などなかったのでどうしようかな~と伊勢佐木町に向かっている途中、『ラーメン二郎』関内店前の行列。あれ?土曜の昼にしては行列が短い気がする。決めた。久々本物二郎を食べようと列に並んだ。20分ちょっとで着席が出来た。
190706jiroukannai00 190706jiroukannai01
ラーメン二郎 横浜関内店 『小ぶた(ヤサイ・ニンニク)』 840円

前回訪問時と同じになってしまうが小ぶたを注文してしまった。久々の本物二郎。並んでこそ得られる味。インスパイア店とは違う風格がある。どんどん食べ進めてしまう。それでも、それでも後半へこたれそうになってしまう。豚は5枚も不要だったかとか後悔も出てしまう。それを含めて本物二郎だ。今日この一杯を食べられた事は良かった。大満足。

あとはコンビニへ寄っただけで早々に帰宅した。

2019年6月 7日 (金)

蘭州太帯

伊勢佐木モールに流行りの中国蘭州ラーメンの店が昨日開店したというので金曜夜の会社帰り立ち寄った。北京周辺に30店舗以上展開している『国壱麺』という本場のチェーン店で、昨年末に御徒町駅付近に日本1号店開業させている。関内店は2号店にあたるわけだ。場所は『リンガーハット』の対面あたり。黒地に金文字の看板で高級感を出している。店外にタッチパネル式券売機が設置されており食券を買って入店。店入口脇にはかき氷のセルフサービスをやっていた。厨房は奥にあり男の店員3人が客席を正面にして麺を伸ばして調理するパフォーマンスを行っていた。接客係の女店員3人。もちろん全員中国人。中国語が飛び交っている。客席は壁側に一列のカウンター6席と4人がけテーブル席6卓。早速席を確保しようとしたら、店員に厨房の前まで来るよう促された。何かと思って行ってみるとパクチーと辣油の有無の確認をされた。パクチーは有り、辣油は無しでと注文した。過去蘭州ラーメンを食べていて不満に思ったのが辣油の辛さで本来の味が感じにくくなってしまっていた事だった。卓上にも辣油は設置されているので自己調整した方が良い。そして番号札を渡されて席を確保し自分の番号を呼ばれるのを待った。フードコート方式だ。店外で食券買わせといて二度手間だなーと思いながら待った。先客は10人くらい。後客も同じくらいだったかな?何気に客も中国人が多かったなー。
190607kuniichimen00 190607kuniichimen02
中国蘭州牛肉ラーメン 国壱麺 関内店

『蘭州満腹セット(スーパー太帯麺)』1080円

蘭州ラーメンは淡い塩味が効いた透明な牛骨青湯スープに辣油とパクチーを入れたもので、店を変えたとしても味自体はそう違いは見いだせない。ところが麺は店頭で伸ばして作る本当の拉麺なので、麺で他店との差別化を図っているのが日本のラーメン店と違うところ。ここ『国壱麺』は9種類もの麺の種類から選ぶ事が出来る。我が選択したのは異形ともいえる「スーパー太帯麺」。どうせこの店に入ったのならラーメンとしてというより、この店でしか味わえない組み合わせをと思いこれを選択した。
190607kuniichimen01 190607kuniichimen04
スーパー太帯麺はこんな感じ。端の方はビロビロしているのに中心部は噛み切る時にもちもちな食感。ラーメンとしては明らかに邪道な感じはするが、麺を食べる料理としてはこちらの方が実感出来る。そして辣油無しの方が味わいも我好みになっている。満腹セットというのは、ミニ紅焼牛肉丼と蘭州玉子とキムチが添えられる。ミニ紅焼牛肉丼は八角が効いて甘く、いかにも中国的な味わい。蘭州玉子は普通のかたゆで玉子で黄身はホクホクしている。キムチも甘いやつだ。これで本当に満腹になるのかよ、と疑って食べ始めたが、スーパー太帯麺の質量は思いの外あって結果満腹感は得られた。価格も良心的で蘭州ラーメンを食べるにはこの近辺では一番入りやすいのでは?と思った。満足。

2019年5月29日 (水)

時計台懐

昭和の時代にロードサイドを席巻したラーメンチェーン店『どんさん子』の記事をネットで読んだ。栄枯盛衰の物語は5年前『どさん子銀座0号店』を訪問した時に書いたものとそう変わらない内容だったが、競合していた『どざん娘(むすめ)』や『どさん子大将』のことが書かれてあって興味深く読んだ。やっぱりほぼ丸パクリの2匹めのどじょうチェーンだったのか。どちらも既に本部を失っており、今や昭和の遺物のような店舗を地方のロードサイドでたまに見つけることがあるが、あれらはFCオーナー個人が細々と営業しているのだそうだ。跡取りもなく閉店を待つばかりの店がほとんどだという。

そんな記事を読んだからか晩飯は『味の時計台』関内店で食べることにした。上記3グループとは違い、ちゃんと札幌発祥で本店もあり営業は続けている。でも同じ札幌ラーメンチェーンだし、経営危機と分裂騒動などがあり店舗数を大きく減らした事もあった。この関内店は道外で貴重な直営店だ。この近辺には有名ラーメン店がいくつかるけれど今夜は『味の時計台』を選択する。早速入店。券売機なし。ちょっと居酒屋風の内装でやや暗い。店員は男2人と女1人。いずれも中国系…だったと思う。客席は厨房周りに一列のカウンターが4席と5席、窓側にも一列のカウンターが8席。先客2人後客1人。冊子メニューを見て口頭で注文。
190529ajinotokeidai00 190529ajinotokeidai01
サッポロこだわりラーメン 味の時計台 関内店 『バターコーンラーメン』1058円

味の時計台と言えば北海道の特産品を合わせたコテコテメニューのこれ。麺は中太縮れ。具はきざみネギ、茎わかめの千切り、もやし、大量のコーン、メンマ、炙りチャーシュー1枚。頂上には四角いバター1個。食べてると食感がにぎやかで面白い。そして味噌スープは「あー味噌ラーメンってこんなだったよなー」と郷愁さえ漂ってくるよう。最近上等な味噌ラーメンばかり食べてすっかり忘れていた。悪くない。これこそが客がチェーン店へ求めるものだよ。
190529ajinotokeidai02
+『半チャーハン』(サービス)

入口ドアに「ラーメン注文のお客様に半チャーハンのサービス」と書かれていた。中国人店員は注文時決してそういうのを確認したりしないけど、こういうのは遠慮してもしょうがないので注文。半チャーハンというよりミニチャーハンサイズ。油でベタベタ状態だったけど、しょっぱさより肉の甘みが全面に出ていて、こちらも悪くない。満足の食事が出来た。

2019年5月26日 (日)

寝惚日曜

昨日はは我のいつもの休日行動パターンとは異なるリズムで動いた為か、何だか疲れが残っている。でも幸か不幸か体内時計はいつものとおり正確に早朝目が覚める。すでに朝日が昇りかけていたので、「あー今日洗濯しないとなー。それとサミットで買い物だなー」と起き出す。作業をしながらそれでもけだるい感じ。10時過ぎ頃に家を出て歩いてサミットへ向かう。それにしても厳しい日差しだなー。もう今日はチャッチャと帰宅して午後ゆっくり寝よう。なので買い物を済ませたら、隣のマイホーム店『田中屋』へ。地方遠征して有名店に並んでも、ミシュラン掲載店とかに行っても、我はこの店のラーメンに帰ってくる。運良く空席があったので待たずに座れた。厨房にはいつものにいちゃん店員2人。口頭で注文。後客は続々。外待ちも出ていた。
190526tanakaya00190526tanakaya01  
地獄ラーメン 田中屋 『ラーメン』 600円

いつもの。それしかない。卓上から揚げネギたっぷり投入。変な気負いなどなく食べ始める。うんこれこれ。食べながら一時期この店の関連店が和田町とか福富町とか綱島とかに出来ては短命で消えていったなー、この店だけは末永く続いて欲しいなーと噛み締めながら食べたよ。大満足しかない。そして腹も満たされ余計眠いや。

2019年5月22日 (水)

天一定食

家での食事が面倒になり外食することにした。あんまり何も考えず腹に溜まるものを、と考え『天下一品』関内店へ。訪問は2016年2月14日以来と大分ご無沙汰していた。早速入店。客席8割ほど埋まっていたが、タイミングよく先客が席を立ったのでカウンター席に着席。厨房には男の店員3人とおばちゃん店員1人。テキパキと仕事をしていた。客席は常に8割以上埋まった状態をキープ。すっかり地元に定着している。口頭で注文。

190522tenkaippin00
190522tenkaippin01
190522tenkaippin02

天下一品 関内店 『チャーハン定食(こってり)』 980円+『ネギ』 120円=1100円

チャーハン定食を注文。ラーメンはこってりでネギトッピング。スープの量は少なめだが腹に溜まる濃厚さ。ネギとメンマの食感も良い。久々食べたせいか、前より美味くなった気がする。チャーハンは市販のものと変わらなかったが、それでも満足出来た。

2019年5月19日 (日)

好手揉麺

190519sora01

もう今週は休養優先にする。とは言え一週間分の食材を調達する日曜日。朝10時半と我には遅いスタートで家を出た。歩いてまず横浜橋商店街へ。今日は大福買ったり焼き鳥買ったり叉焼買ったりと商店街の買い物を満喫。そしてその後立ち寄ったのが『麺屋M』。2015年11月22日開店。当初は地味な醤油ラーメンを提供していて、おせっかいだがちょっと心配になっていた。ところがその後リニューアルして持ち直したようだ。それでも我の好みの基本はこってりなので、あまりこの店に立ち寄る事がないのだが、金曜夜の食事が響いていたので、この店の優しい一杯が良いのだ。こういう選択肢が近くにあるというのは幸せな事。11時20分頃の入店。入口すぐのところにある券売機で食券購入。厨房には店主と男の店員の2人。先客2人後客2人。

190519menyam00
190519menyam01

麺屋M 『味玉煮干しそば』 850円

筆頭基本メニューに味玉付きで注文。やや褐色を帯びたブリブリに縮れた中太麺。我はこの素朴な感じがする手もみ麺が大好きだ。具は青ネギと糸唐辛子、海苔1枚、肉厚のチャーシュー1枚。半分にされた味玉はあっさり味で黄身がややホクホク黄身。スープは優しい煮干しと醤油味がいい塩梅な味わい。『丿貫』とは真逆の方向性だが、今日の我はこちらの一杯を推すよ。ちょっとスープが濁っていて見た目はちょっと残念だったが、味の方がもちろん大事。満足の一杯だった。

その後サミットとセブンイレブンに寄って沢山買い物をして帰路についた。

2019年5月12日 (日)

日曜火成

『熱血らーめん 遊びじゃネェんだよ!』として相模原で開店し、その後屋号を変えて伊勢佐木モールに移転してきた『熱血らーめん』。しかし店主が大病を患い突然閉店してしまった。そんな店主がリハビリの為として寿町で中華料理店『火成』を始めたというのは聞いていた。最近になってラーメンメインのメニュー構成に変えたというので行ってみる事にした。

今日もスロースタートで正午前くらいに家を出た。ちょっと最近歩いていないと思って歩いて寿町へ向かう事にした。店に到着したのは12時半くらいだったかな。店前のテーブルにおじいさんが座っていて「何者?」と思っていたら入店を促された。店員だったらしい。このあたりが寿町らしさを感じる。と、思っていたけど帰宅後調べたら実はこの店の本当の店主で、熱血らーめん店主のお父さんだったらしい。厨房には店主がひとり。先客にカップルとおじさんの3人。カップルは顔馴染みらしく店主は話こんでいた。この内外装からとても入りずらい雰囲気だったが、この場合先客に救われた感じ。店内は狭く2人がけテーブル2卓と一番奥に4人がけテーブル1卓が縦に並んでいる。その後普通のおばさん店員が加わった事で安堵感が増した。もしかしたらお母さんかな?口頭で注文。後客3人。

190512kasei00
190512kasei01

大衆食堂 火成 『中華そば』800円

本日の限定として「四川ラーメン」と「鶏と魚介のラーメン」があったが、我は基本のラーメンと半チャーハンのセットにした。出てきた中華そばは『熱血らーめん』後期の一杯とほぼ同じ構成の一杯。麺はストレート細麺。薬味ネギとさっぱりしたチャーシューが3枚入り。背脂は粒が細かくピリ辛成分を入っていて「京都背脂系」の仕上がりとなっている。食べやすくて美味かった。病を伏せても厨房に立ち続けたいとする店主には頭が下がる。現役当時の一杯にほぼ近いものが食べられるのはこちらとしても嬉しい。
190512kasei02
+『半チャーハン』 300円=1100円

この半チャーハン、美味くて驚いた。正直に言うとラーメンよりこちらが気に入ってしまった。しょっぱさよりも甘みを感じる良い味付け。こちら単品を狙って再訪したいくらいだ。おばさん店員に支払いを済ませて退店した。

曙町サミットまで歩いて買い物を済ませて帰宅した。

2019年5月10日 (金)

再楓背脂

金曜の夜、日ノ出町駅前に降り立った。今夜は『北海道らーめん 楓』で食べよう。2017年7月17日以来の訪問になる。ここでは味噌や辛味噌のみ注文して醤油や塩はいつか食べようと思っていたがそれっきりだった。今夜は味噌系以外を食べよう。そう思っていたら店前に期間限定メニューを示すポスターが貼られていた。「背脂醤油とんこつ」とある。背脂好きの我としては自ずとこれに決定。早速入店。厨房には男の店員とおばさん店員の2人。先客3人後客4人。口頭で注文。

190510kaede00
190510kaede01


北海道らーめん 楓 日ノ出町店 『背脂醤油とんこつらーめん』 800円

提供された一杯はなかなかいい面構えだ。麺は中細ちぢれ麺。具はきざみ玉ネギ、ほうれん草、メンマ数本、半味玉、脂身の多い炙りチャーシュー1枚。スープはかなり醤油寄りの豚骨醤油。背脂ラーメンをわかってるねー。これを豚骨こってりスープに背脂を合わせてしまうと甘くなって不味くなってしまうんだ。醤油寄りなのでスープがしょっぱく背脂の甘さが引き立つ。具材も割れ好み。麺も北海道ラーメンらしい我の好きな麺で美味かった。満足。

190510kaede02


+『鮭ごはん』 290円=1090円

サイドメニューに鮭ごはんというのがあったので頼んだ。鮭フレークに刻み海苔が入ったものだ。こちらもさっぱり塩味で暖かく美味かった。満足の食事が出来た。この店にはまた来ようかな。

2019年3月31日 (日)

早桜並木

朝6時過ぎに家を出て桜の様子を見に根岸森林公園へ散歩。でもまだまだだね。枝によっては満開になっている部分もあるけど、逆に蕾ばかりの枝もあり全体的にはこんな感じ。来週あたりが見頃かも知れない。

190331shinrinkouen01

いつものようにサミットで来週一週間に必要な食材を購入しに行った。その後大岡川の桜の様子を見に行ったけどこちらもまだまだ。出店が並んでいたけど逆に寂しさを醸し出してしまっている。

190331oookagawa01

下流に向かって川沿いに歩いて見た後『つけ麺はま紅葉』へ立ち寄ってみた。我が珍しくつけ麺専門として評価する店だ。昨年8月15日以来の訪問。入口の券売機で食券購入。厨房には女の店員2人と男の店員1人。先客6人後客7人。仕方がないけど結構待たされた。

190331hamakouyou00
190331hamakouyou01

つけ麺はま紅葉 『つけ麺 中盛(平打麺)』 850円

今回も前回同様平打ち麺にしてしまった。悪くはないけど今回は太麺にすれば良かった。味は満足出来た。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) ラーメン(神奈川県>鎌倉市) ラーメン(神奈川県>藤沢市) ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) ラーメン(神奈川県>平塚市) ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) ラーメン(東京都>23区南部>大田区) ラーメン(東京都>町田市) ラーメン(東京都>多摩地域) ラーメン(北海道地方) ラーメン(東北地方) ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) ラーメン(東海地方) ラーメン(甲信越・北陸地方) ラーメン(関西地方) ラーメン(中国地方) ラーメン(四国地方) ラーメン(九州・沖縄地方) カレー(神奈川県) カレー(東京都) カレー(東京&神奈川以外) 孤独のグルメ 心と体 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき