カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2017年12月13日 (水)

時雨夜訪

今年4月に開店した『中華蕎麦 時雨』。我は開店翌日に初訪問し、基本メニューの「中華蕎麦」を食したが味の淡さに驚かされた。ところがあれから色々と改良され、行列が生じるくらい人気店になってきたという情報を聞いていたので気になっていた。6月の再訪問時「塩そば」を食べたが印象が良くなったので、もう一度醤油を頼んでみよう。行列を避ける為、定時退社日の平日夜を狙って三度目の訪問を試みた。時刻は7時前。店前に待ちは無く入店出来た。先客10人後客5人。カウンター席に座った。厨房には男の店員3人。だけど調理は一切店主が取り仕切っている。職人気質の店主のようだけど、接客は丁寧。

171213shigure00 171213shigure01 171213shigure02 中華蕎麦 時雨

『中華蕎麦』 780円
+『お肉のっけ丼』 350円=1130円

連食予定は無いので特製を注文しようかと思ったけど、それだったらサイドメニューでご飯物を注文した方がいいと思って上記の選択に。見た目、具の構成はあまり変わらないが、確かに鶏油がいい感じに効いて素人にも分かり易いスープに近づけているようだ。でも基本的に店主のこだわりがあるので淡めの味わいである事には変わりはない。具はメンマもチャーシューもこだわった一品である事が伝わってくる。麺は中細ストレート。麺も変えたのかな?もう覚えていないけど。これは完全に個人的な嗜好だけど、このスープにはもっと細いストレート麺で食べたかったなと思ってしまった。もう一方の「お肉ののっけ丼」は、レア感を多く残すチャーシューが3枚のり、その下に新鮮な玉ネギ、そしてタレは上品な味わいと上品な量がご飯にかかっていた。お肉ののっけ丼、確かに。でも我は焦げを感じるくらい香ばしい炙りチャーシューの角切りにネギがたくさんまぶされ、タレがたっぷりかかったチャーシュー丼を求めていたのでちょっと残念。仕事帰りの空腹な状態だったからね。

最初の印象より良くなったけどやっぱり我には上品過ぎる味わいの一杯。レベルの高い店だとは思うが、我がラーメンに求めるものとは違ったなー。

その後コンビニで買い物をした後そのまま徒歩で帰宅した。

2017年12月10日 (日)

日曜笑苑

今日は父親と二人でふぐ料理を食べに行った。その帰りに父と別れ山手駅へ。駅近くのスーパーで買い物をした後麦田町の通りに出る。先日『一真』に行った時に何故か向かいの『笑苑』が気になった。この店にはラーメン食べ歩きを始めた頃に一度訪問した事があるけれど、それはもう11年以上前の話。正直印象に残っていないから今まで再訪問する気にしていなかったんだ。でも、覗いてみると結構客入り良さそうに見えたんだよ。10年以上歴史を積み重ねてきた店だし、それで評価をされているのなら我の方も再評価してみたくなった。時刻は午後2時をまわったあたりで、昼営業終了まで30分を切った頃。早速入店。昔ながらのラーメン屋の雰囲気を感じて好印象。厨房にはねじり鉢巻の熟年おっさん店主1人と女店員2人。厨房周りにL字型カウンター14席と6人がけテーブル席2卓。この時も客入りは良く先客10人後客9人。1人客だけではなく子連れの家族客が2組入っていたり、地元で支持されている様子が伺えた。口頭で注文。料金後払い。水はセルフ。

171210syouen00 171210syouen01 ラーメン亭 笑苑 『ラーメン並(麺かため)』 680円

特に好みを示す表示も店内になかったので麺かためのみ指定してみた。ほどなく到着した一杯は海苔3枚が蓋をした状態で提供されるクラシックスタイル。しかも海苔に強度は無くすぐフニャフニャになり、撮影の為に海苔を立てる暇を与えてくれない。見た目は家系のようだが、ほうれん草がわりにワカメがのっているのも11年前と変わらず。麺は中太縮れ麺。ワカメのせいか、やや塩っぱく感じてラーメンショップ寄りの『ラーメン大将』にも似ているように感じたが、あそこまで薄いスープではない。でも「これは家系か?」どうかと言った区分けを考えてもしょうがない。普通の家系よりライトなスープが食べやすく感じる客層も十分いるという事だ。そしてそれは長年営業し続けているという実績につながっている。今日のところは我も満足出来たし、何だか懐かしい気持ちにもなれた。

店を出て食後の運動を兼ね徒歩で帰宅した。

2017年12月 2日 (土)

日出臥竜

171202itariayama00 快晴の土曜休日。でも近場で過ごす。ちょうどいいタイミングで近場の日ノ出町駅近くに二郎系の新店が開店したらしいので行ってみる事にした。場所は平戸桜木道路沿い、『たつ屋』の対面辺り。黄色地に黒い文字で『麺屋臥竜(がりょう)』と屋号が書かれている。先月28日に開店したばかり。到着したのは12時半くらいだったかな。早速入店。厨房には男の店員2人。L字型カウンター12席くらい。券売機は店内隅に設置されているものの故障中でメニュー表の役割しか機能しておらず、店員1人が横にいて注文と代金を受け取りお釣りを渡す係になっていた。開店間もない新店でよくこういう光景を目にするが、券売機ってそんなに取扱がデリケートなのだろうか?それとも中古レンタルでロクにメンテナンスもせず使いまわすから故障しやすいのだろうか?先客2人後客4人。注文前に無料トッピングを聞かれた。二郎ラーメンの他に、味噌ラーメン、魚介つけめん、エビそば&チーズそばというまぜそばがあった。何だか『ハングリーピッグ』に似ているな。

171202garyou00 171202garyou01 麺屋 臥竜 『ラーメン並(ヤサイ増し・ニンニク増し)』 700円

基本メニューを注文。ちょうど二郎系がちょっと恋しいなと思っていたところだったのでヤサイ増しニンニク増しで注文。カラメは卓上にタレがあるのでそれで自己調整。結構な盛り具合。すぐさま天地返しをして麺を天面にする。麺はツルツルした食感のストレート太麺。ニンニクとモヤシで二郎系の味わいになって来るのは当たり前。スープは非乳化タイプで大人し目。大きめのチャーシューが独特の臭いがしてちょっと難だった。機会があれば他のメニューを試してみるかな。でも本当に『ハングリーピッグ』に似ているなーと感じた。

その後スーパーサミットに行くために伊勢佐木町方面に移動。その途中で中華系の店を発見。

171202maarachyamen00 171202fuinma00 また牛肉麺の店か。流行にいち早く便乗して商売にしようとする行動力だけは本当に関心するよ。

2017年11月26日 (日)

弥生蘭州

4連休の最終日にあたる日曜日。今日も良い天気だけど近くのスーパーで買い物するくらいで遠出はしない予定。香川遠征のブログ進行が順調に煮詰まっていまっているし。そして昼も特に予定は決めていなかった。ただ気になっていた先日発見した『バーグ』の隣の蘭州拉麺の店が気になっていたので行ってみると既に営業していた。早速入店してみた。厨房には中国系の男女の店員二人。厨房前に一列のカウンター6席と4人がけテーブル席2卓。先客3人後客ゼロ。口頭で注文。すると店主と思しき男の店員が小麦粉の塊を伸ばし麺を作り始めた。目の前でやってくれるのは面白いね。

171126gyuunikuramen00_2 171126gyuunikuramen01 中国蘭州 牛肉拉麺 横浜店 『牛肉ラーメン』 842円

基本ぽいメニューと注文。辛さも聞かれたが明確な基準があるような感じじゃなかったので少し入れてと注文した。パクチーの有無も聞かれたけど我はもちろん有りを選択。手延麺の不揃いな感じもまた「味がある」。具は葉ニンニクと大根と人参のスライスされたもの。あと小さな角煮みたいな牛肉が3個入っていた。そしてパクチー。神田の『馬子禄牛肉面』と比べるとかなり荒削り。でも味にそれほど大きな差はない。こんなもんでしょう。でもラーメンがたべたくなってこのラーメンで満足できるかといったら出来ないだろう。全く別の料理と言っていいモノ。元々は回教徒の食べ物と聞いたことがある。食後、女店員に「この店新しいのでよかったら感想をお聞かせ下さい」とたどたどしいながらも日本語で聞いてきたので、味も量もこれでいいと答えておいた。ただ外税表示止めてほしいなー。

2017年11月25日 (土)

讃岐帰還

171125fuji00 香川遠征の翌日の土曜日。我にとっては4連休中日となる。天気も良く思わず出かけてくなるような天候だ。だからといってこの2日間は遠出などせず、せいぜい徒歩圏内の外出に留めるつもりだ。香川では自転車で市内を走り回り、金刀比羅神社までの長い階段を登り、小豆島では慣れない車の運転でくねくね山道を登ったのだ。旅している間はハイテンションで自覚は無かったけど、気づかぬ内に心身共に疲労が溜まって翌々日辺りに襲ってくるというのはよくある話。ここは自分の事を過信せず休養に充てる。その為の後半2連休だ。

それに香川遠征のブログ記事も書かなくてはならない。だいたいの構成を考えてみたら9エントリーくらいになりそうだ。そのひとつひとつの事を書くのには相当の時間を要する事が推測された。だからと言って面倒になって写真適当に貼ってエイヤッで投稿するなんて我には出来ない。ブログは自分が後で思い出してその時の記憶を呼び覚ます為のものだから。それに大変ではあるが自分のための楽しい作業。早く書き上げ完成させたい。でも人の集中力を保てる時間は限られている。こんなに天気がいいのに部屋に引き篭もって記事書いていたら逆効果だ。気分転換に出かける事にした。

都合の良いことに徒歩圏内に新店オープンしたというので散歩がてら行ってみることにした。麦田町付近に9月15日に開店したという家系ラーメン店『一真』だ。徒歩圏内と言ってもこっちの方には滅多に来ないから全然知らなかった。気がつけばこの通りには『笑苑』『壱◯家』もあり家系っぽい店が集中するようになってきた。早速入店。狭い店内。入口脇に券売機。厨房には店主と思しき中年男の店員1人。驚いたのがこんな小さな店なのに若い女の店員が2人もいた事だ。この立地この佇まいではおっさん1人でやってる店だとふんでいたからね。厨房周りに変形L字型カウンター8席。先客1人後客4人。カバン用の籠を持ってきてくれたり接客は丁寧だった。

171125isshin00 171125isshin01 横浜家系らーめん 一真

『醤油ラーメン(麺かため・油多め)』 680円


塩、味噌、赤味噌の他にも豪麺とか塩節ラーメンとかあってバリエーション豊かだけど、地方遠征直後がスタンダードな家系豚骨醤油が食べたくなる。という訳で筆頭基本メニューをいつもの好みを指定して注文。白濁した壱六家系の家系ラーメンだ。麺は黄色い中太ストレート麺。巻バラチャーシューが目を引く。丼がちょっと違和感感じたけどね。中華丼で日本蕎麦食べているような感覚。味はそこそこだったのかも知れないが久々の家系ラーメンだったので美味く感じた。満足。面白そうなメニューもあるので再訪の可能性はあるかな。

麦田トンネルを抜け横浜中華街へ向かった。不定期に通っている足つぼマッサージの店を訪問する為だ。遠征帰りの疲労を軽減したくてね。今日は60分強めのコースを選択。足裏は痛くなかったが、何故かスネ付近がちょっと痛かったなー。スタンプカードが全て埋まったので次回足つぼ30分無料となった。

そのまま中華街の外れに今月1日に開店した新店を本日2店目として狙った。場所は大陸系家系ラーメン『千骨家らーめん』の跡地。跡地というか経営は相変わらず変わっていないのでリニューアルだ。今度は鶏白湯ラーメンがメインになっているそうだ。厨房には中国系の男女の店員2人。店員が向かいの『青葉』に土鍋を取りに行ったりしてたからそこと同族経営なのかも知れない。店内は『千骨家らーめん』時代と変わらず。先客4人後客5人。意外と後客が続いて来店したので店員は若干パニック気味になったが、素早く対応は出来ていた。冊子メニューには手書きでメニュー名が書かれていた。それを見る限り中華料理一品メニューが多いのでラーメン店というより中華料理店だな。口頭で注文。

171125ichimennoen00 171125ichimennoen01 一麺の縁 『鶏白湯ラーメン』 800円

筆頭看板メニューを注文。土鍋で提供された。あんまり見た目がそそらない。麺は中太ストレートで柔柔。具は青菜のきざみと鶏肉の脂身部分だろうか?スープはなかなか濃厚な鶏白湯スープ。荒削りだけどそれが却って濃厚さを出しているようだ。味もしょっぱすぎず物足りなさもないのでいい感じ。ただし麺をスープと一緒に中華鍋で火を通していたので煮込みラーメンのようにヤワヤワ過ぎる残念な仕上がりとなっていた。まだまだ荒削りなので今後に期待だ。

さーてスーパーで買物をしてから帰宅しよう。早くブログ書かないと。

2017年11月17日 (金)

純浸紅葉

京急日ノ出町駅から大岡川を渡ってちょっと行ったところにつけ麺専門店が本日開店したという情報を得た為会社帰り立ち寄ってみた。屋号は『はま紅葉』という。何でも国分寺にある『つけ麺紅葉』という店で修行していた人が独立したらしい。ほとんど暖簾分けみたいだね。店には夜7時20分頃到着。早速入店。内外装とも白で統一されシンプル。入口は狭かったが店内は奥に長い。厨房には男の店員2人と女の店員1人。厨房周りにL字型カウンター15席くらいかな。入店時角の1席しか空いていない状態だったが一番奥の先客が退店したのでそこに座った。後客の5人ほど来店したがしばらく立待ちの状態が生じた。こんな時間のこんな立地で結構集客力があるなと感心した。でも思い出した、今日オープンだったんだ。

171117hamamomiji00 171117hamamomiji01 つけ麺 はま紅葉 『つけめん(太麺260g)』 800円

メニューはつけ麺のみ。太麺・平打ち麺・細麺の三種の自家製麺の中から選べるのが特徴。麺量は4種類から選べた。開店記念で今日から3日間、トッピング3種(海苔・メンマ・味付玉子)から1種サービスしてくれるらしいので玉子を選択した。つけ汁は最近の濃厚をウリにしたようなものではなく結構あっさりした魚介豚骨。酸味と辛味を感じるオーソドックススタイル。具は薬味ネギとメンマと海苔1枚、切られたチャーシュー数個。やり過ぎないバランス重視。『東池袋大勝軒』の「もりそば」が好みである我からするとストライク。割りスープももらって完食。『東池袋大勝軒』横浜西口店を愛用していたが、今後この店を利用してもいいかなと思った。但し、我がつけ麺を食べたくなる事は年に1,2回程度なのだけど。やはりラーメンがメインと考えてしまうんだよ。国分寺の本店は時々『裏紅葉』と称して油そば専門店になったりするらしいので、今後そういう展開も期待したいところだ。

2017年11月12日 (日)

俺家変旭

今日も良い天気の日曜日。いつも通りサミットへ買い物への流れからのイセブラ。更にそこからJR石川町駅へ移動。元町側改札近くの家系ラーメン店『俺ん家』が10/6リニューアルオープンしたというので行ってみた。『俺ん家』としては約4年半続いたのだから大したものだ。リニューアル後の屋号は『自家製麺中華SOBA 旭(きょく)』。正面の看板は変わっているが側面の看板は『俺ん家』のまま。早速入店。券売機の場所も内装も『俺ん家』時代とほとんど変わっていない。厨房内の男の店員2人も知っている顔だ。開店間もない時間の入店だったが先客2人後客3人。

171112kyoku00 171112kyoku01 自家製麺中華SOBA 旭 『醤油ラーメン(平打ち縮れ麺)』 700円

基本らしきメニューを注文。麺は平打ち縮れ麺と細麺から選べる。具は薬味ネギ、平メンマ数本、ナルト1枚、チャーシュー1枚。『鶏喰』『櫻井中華そば店』などのような鶏油を効かせた繊細なネオ中華そばともいうべき系統か?と思ったがそうではない様子。醤油の味が濃いめで生姜を効かせている。生姜を効かせているというだけで我は「長岡生姜醤油ラーメン」を連想してしまうが、生姜醤油以外の共通点は見当たらない。我からするとちょっとしょっぱいな。それに一杯の顔は写真のとおり何となく寂しい感じ。スープの量と麺の量のバランスがおかしい気がする。サイドメニューに餃子とかもある。駅近くの裏通りという立地から、より飲み後のシメのラーメンを狙ったのかな?個人的には前の家系ラーメンの方が利用しやすかったんだけど…。

2017年11月 4日 (土)

定拉麺屋

横浜駅からJRで関内に移動しいつものイセブラで通常休日モード。気持ちが落ち着いて良い。サミットでたんまり買い物をして重くなった荷物を抱えそのまま我の原店『田中屋』に入店。やっぱりラーメンを食べないと落ち着かない。今回は待つこと無く入店出来た。厨房には見知った男の店員2人。客入りは8割ほどで、我が食べてる途中でほとんどの客はいなくなったが、店を出る頃には6割くらいの席が埋まっていた。安定しているね。

171104tanakaya00 171104tanakaya01 地獄ラーメン 田中屋 『ラーメン』 600円

卓上から揚げネギを大量に投入。あー、もうこれですよ。この微妙な塩加減。この安心感がラーメンの重要な要素だよ。テーブル席はなくカウンター席のみ。厨房には男臭い店員のみ。店内に薀蓄が書かれた紙などなし。限定メニューなどなし。いつもの味のみ。無化調なんてあり得ない。券売機なしで料金後払い。ちょっと前まで当たり前だったこういった店も貴重になってしまった。昨日こことは対極のようなラーメン店に入ったから余計に癒される。昨日行ったのは「ラーメン店」。この店は親しみを込めて「ラーメン屋」と呼びたい。今日もこのラーメンが食べられて良かった。

2017年10月18日 (水)

横浜蘭麺

再度訪れた秋雨前線の合間の晴れ間がのぞいた水曜日の夜。久々に横浜中華街に訪れた。今晩の夕食はここで食べる事にした。何でもこの横浜中華街に蘭州拉麺専門店が今月10日に開店したという。蘭州拉麺と言えば話題になったのが8月神田に開店した『馬子禄牛肉麺』日本1号店だ。連日行列が生じて大人気と報道された。機を見るに敏。「蘭州拉麺で日本でお大儲けネ」。燃える商魂。そう考えたかは知らないけど、いち早く店を出したというわけだ。で、その策にまんまとかかる我である。到着したのは夜7時頃。平日夜の中華街、週末で行列を生じる店も客はまばらで余裕で入って注文出来る状態。目的の店もそんな感じだった。あー看板まで『馬子禄』と似たデザインにしちゃってる。早速入店。厨房は見えない。おばちゃんと若い男の店員だけが見えた。どちらもラフな普段着だ。客席はテーブル席のみ。2人がけテーブル席1卓と4人がけテーブル席4卓。先客1人後客ゼロ。口頭で注文。

171018ransyuugyunikuramen00 171018ransyuugyunikuramen01 蘭州牛肉拉面 『蘭州牛肉拉面』 950円

もちろん看板メニューを注文。他にビャンメンなる汁なし麺メニューがあった。一緒にご飯系も頼みたかったけど見当たらなかった。まあ本場ではそういう食べ方はしないらしいけど。注文してから厨房の奥でバンッ!バンッ!と音がした。本当に打ち立て麺だ。うどんのように太かったり、末端が細かったり、団子のようになっていたり。でもこれこそが本物の拉麺だ。具は葉ニンニクとパクチー、大根のスライス5枚、スライスされた牛肉4枚。スープは独特のスパイシーさを感じる透明度のある牛骨塩スープで白胡麻が浮いている。ラー油が別皿で提供されるのはいい。我はスプーン3杯分くらい入れたがちょうどいい感じだった。うーん、『馬子禄』に比べると1枚落ちるというか、強烈な二番煎じ感を感じる。それに高い。何で牛肉麺でこんなに高く設定するのか?価格に見合う満足度は得られなかった。こういう店は流行を追うので長続きしないだろうなと正直な事を思って支払いを済ませた後店を出た。

2017年10月14日 (土)

長年定番

伊勢佐木モールで買い物をした後食料品などをサミットで調達。そのまま帰宅するつもりだったけど、我の原店である『田中屋』に吸い寄せられた。もう店の前を通るだけで口の中で味が想像されてしまうんだよね。こってりラーメンがキツくなってきて、さりとてあっさりラーメンでは物足りない。そんな我にはますます需要が高まる。早速入店。タイミング悪くちょうど満席。5分ほど待って着席。その直後に大勢が店を出たが来客が相次いでやってきて席は埋まった。ラーメン雑誌でまず紹介されないけどやっぱり人気店だよなー。ラオタ族とは無縁の店だけど長年の実績が物語るよ。いつもの基本ラーメンを口頭で注文。

171014tanakaya00 171014tanakaya01元祖 地獄ラーメン 田中屋 『ラーメン』 600円

卓上から揚げネギをスプーン3杯分くらい投入し食べる。このちぢれ太麺が我の好みと合致する。というよりこの店で嗜好が醸成されたといった方が正しいか。ラーメンの具としてのワカメは苦手なはずなんだけどこの店のラーメンだけは例外。久住昌之の名著「孤独の中華そば 江ぐち」の著者と今は無きラーメン店『江ぐち』との関係に近づいてきたのかな?流石に店員に密かにあだ名をつけるまではしてないけどさ。くれぐれも店を畳むなんて事はしないで末永く営業して欲しいと思う。満足して今度は本当に帰路についた。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき