カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2017年3月12日 (日)

味噌山道

横須賀街道の睦橋付近、以前満腹ラーメンという背脂系のラーメンを提供していた『寅や』という店があった。その後豚骨醤油系ラーメンの『一品ラーメン』に鞍替えしたらしいが結局行けず終いだった。何か日曜定休のイメージがあったんだよな。そして今度は味噌ラーメン店にリニューアルしたという情報をコメントでいただいたので行ってみる事にした。

横浜での買い物を済ませてから市営地下鉄吉野町駅で下車。相変わらず行列が生じている『鶏喰』を横目で通り過ぎ、『ぺーはん』の暖簾が出ているのを確認してから通り過ぎる。目的の店が日曜定休だった場合の保険だ。そして睦橋を渡ると目的の店が見えてきた。味噌ラーメンと書かれた電光掲示板が点灯していた。看板をみると「味噌らーめん専門店」の文字の後に『麺や山道』と書かれていた。今月3日に開店したらしい。時刻は正午直前だった。早速入店。狭い店内。入口脇に小型券売機。厨房には中国系と思しき比較的若い男女2人。客席は厨房前に一列7席カウンター席のみ。先客2人後客ゼロ。女店員は我が券売機でお釣りをとり忘れた事を教えてくれた。

170312yamamichi00 170312yamamichi01 麺や 山道 『みそらーめん』 700円+『ネギめし』 200円=900円

普通の味噌と辛味噌があるらしい。我は普通の味噌とネギめしを注文。麺は黄色い縮れ中太麺。普通の店より麺量が多いと思う。具は山盛りの千切りネギと海苔2枚、半分に切れれたゆで玉子と、目を引く肉厚で大きなバラ巻きチャーシュー1枚。濃い味わいの味噌スープ。うん、我好みの労働者向きの味噌ラーメンだ。満足の一杯だった。ネギはたっぷりノーマルでたっぷり付けてくれたし、ランチはライスサービスだったのでネギめしは余計だったかもとちょっと後悔した。

今月には衣笠にある味噌の名店『大公』が南太田に移転してくるという噂もあり、この店に直接的な影響はないだろうが頑張って欲しいね。

その後『いなげや』まで足を伸ばし買い物をして帰路についた。

2017年3月 4日 (土)

弘明希家

今日は法事だった。2時過ぎに終了。家に戻って出直すのが面倒だったので礼服のまま弘明寺に出てスーパーに買い物。その後に一杯食べていくか。とは言え先程昼食べた後だし、中途半端な時間だし。なので年末弘明寺に来た時に発見した商店街入口近くにある『希家』という家系ラーメン店に入ってみた。と言ってもここは魚介豚骨つけ麺メインの『春樹』だったところ。中華資本の外食チェーン店の鞍替えに過ぎない事は判っていて入店。中は変わっていないと思う。厨房には大陸系の男店員2人。前後客ナシ。口頭で注文。料金後払い手渡し。

170304nozomiya00 170304nozomiya01 家系ラーメン 希家 弘明寺店

『豚骨ラーメン(麺かため・油多め)』 690円
基本のラーメンをいつもの家系好みで注文。ライスは終日無料で自分で炊飯器からよそうらしい。典型的な量産型家系ラーメン。やや酸味を感じる。ここは『春樹』の時と変わらずアルコールと一品料理があって飲み屋代わりに使われる感じかな。

2017年2月 5日 (日)

田上葱入

昨日に引き続き快晴の朝を迎えた日曜の朝。でも予報では昼過ぎから久々に雨が降るという。今日はスーパーに買い物をメインに近場で済ますことにした。いつも伊勢佐木町ではつまらないので弘明寺に出てみた。買い物を済ませた後の昼食は、今日は家系を食べたいという気分だった。弘明寺商店街の入口近くの中華資本のつけ麺店『春樹』が家系ラーメン店『希家』に変わっていた。単純に鞍替えしたように見える。新店開拓か、とも思ったけど今日は行きたい店を決めていた。『田上家』に久々行ってみる事にした。鎌倉街道沿いに蒔田方面に歩いて向かった。到着したのはちょうど開店時間直前。そうしたらシャッター前に7人くらい行列が出来ているんだよ。いつの間にかそういう店になったのか?我も列に続き、その後も数人並んだ。開店して入店。厨房には男は2人。入口近くの券売機で食券購入。順番にL字型カウンターに座る。初回でちょうど満席。でもその後も来店が続き店外待ちも生じた。壁に雑誌でNo.1になったという貼り紙があった。人気店になっていたのが驚いた。

170205tagamiya00 170205tagamiya01 横浜ラーメン 田上家

『チャーシューメン並(麺かため・油多め)』 850円+『九条ネギ』 100円+『ライス』 50円=1000円


店主は『王道家』出身の直系寄りの家系ということでチャーシューメン選択。50円のライスは付けるとして、卓上に玉ネギが無い。でも券売機に九条ネギという家系店では珍しいトッピングがあったのでそれを注文。先に提供されたライスにはおろしニンニクと豆板醤をのっけてスタンバイ。そして現れたラーメン。海苔が8枚も入っていたけどサービスか間違えたのか。ライスを食べるのにありがたく活用させてもらった。叉焼は直系ばりに燻製感が出ていて良いね。九条ネギ入りの家系ラーメンは初めて食べたが、新鮮なシャキシャキ感、悪くない。悪くないけど慣れている玉ネギの方がいいなあ。食べるのにちょっと邪魔な感じがした。でも満足出来た。

店の外に出るともうポツポツと雨が当たりだした。スーパー横濱屋で追加の買い物をしてから母の墓がある寺に寄って線香をあげて帰宅した。1時前には帰宅出来た。

2017年1月 8日 (日)

辛葱千家

年末年始から暖かく快晴の日が続いたが、今日の午後から雨が振り風が冷たくなるという。ならば午前中外出して午後は家に引き籠もり過ごす事にした。まず伊勢佐木町のユニーで買い物。でも買い物リストで予定していたものがあまり売っていなかったので少しの買い物で店を出た。そこから徒歩で『千家』本店に向かう。毎年年初に行くようにしていたが、今年は店が休みだったので行けなかったからね。伊勢佐木モールを抜けかなり歩いてようやく到着。開店5分後くらいに店に到着したが先客はいなかった。おそらく今日の初客となった。入口脇に券売機。厨房には家系店に似つかわしい男の店員が2人。後客は親父ばかりぞろぞろ7人くらい。

170108senya00 170108senya01 横濱ラーメン 千家 本店

『ネギラーメン(麺かため・油多め)』 900円+『小ライス』 150円=1050円


この店は我はネギ一択、好みはいつもので小ライス付き。小ライスには卓上から豆板醤とおろしニンニクをたっぷり投入。スープを染み込ませた海苔3枚に卓上の黒胡椒をかけてライスを巻いて食す。ウマイ。そして辛味がついたシャキシャキネギとちぢれ太麺の食感が混ざりあってウマイ。満足。今日はこれで終了。

更に歩いて「いなげや」まで足をのばし買い物の補足をした。そこからまた徒歩で帰宅。今日は短時間ながら随分歩いた。そして雨は帰宅後に降りはじめた。そしてグッと寒さが厳しくなってきた。

2017年1月 3日 (火)

正月鶏源

正月休み中溜まった録画ファイルを見ながら部屋の荷物整理をチョコチョコとしていた。1番やっかいなのが本。押し入れの肥やしと化していた本を本腰を入れて選別していった。特に文庫本は電子化されているヤツは全部処分しよう。二束三文にしかならないだろうが、気に入っていた本を捨てる心情的な部分も考慮し伊勢佐木町のブックオフへ行く事にした。案の定の値段にしかならなかったけど幾分スッキリした。

毎年恒例のようになっている『千家』本店に行くため南太田方面へ徒歩で移動。ところがシャッターが降りていた。明日まで休みらしい、これでは正月休み中の訪問は無理だな。仕方なく途中でチェックしていた店に行く事にした。『カレータンタン麺征虎』と『鶏源』が営業していた。今日は『鶏源』を選択。入店すると入口脇に券売機。厨房には店主と思しき男の店員1人と女の店員1人。先客1人と後客4人。

170103torigen00 170103torigen01 麺場 鶏源 黄金町店

『鶏白湯塩(スープ濃い目・麺ハリガネ)』660円+『コロコロチャーシュー』 110円+『ライス(サービス)』=770円


前にコメントでオススメされていたコロコロチャーシュートッピングで注文。ちょっと試しでスープ濃いめにしたら美味かったねー。やり過ぎない丁度いい感じの好みの濃度。麺の硬さも良い。食べやすい。トッピングのコロコロチャーシューは香ばしくて食感も良い。でも大半はサービスのライスにのせてスープをかけて鶏雑炊にして食べた。美味しく食べられた。満足。それにしてもこの店元旦朝6時まで営業して初日だけ休んで、2日から営業しているとか個人店なのに働き過ぎじゃないのか。それとも正月はかき入れ時で、しばらくしてからずらして長期休暇するつもりなのか、とか余計なお世話な事を考えてしまった。

その後サミットに寄って買い物をしてから徒歩で帰宅した。

2016年12月31日 (土)

六川蕎麦

今日は年越し準備の為井土ヶ谷方面のスーパーに買い物に行くつもりだった。もう大晦日に営業しているラーメン店を探して見つけて訪問するなんて卒業したつもりだったんだけど、やってしまってね。ちょうど六ツ川にある『ロ麺ズ』が年越しラーメンを出して営業しているというのでわざわざ行ってしまった。開店5分くらい前に店に行くと既に6人くらい並んでいた。開店時間ぴったりに開店。大行列というわけでもなかったので満席にはならなかった。厨房には男の店員3人と女の店員1人。

161231romenzu00 161231romenzu01 ロ麺ズ 『年越しらーめん(醤油)』 600円

「水出し昆布100%のスープに玉ネギとワカメを散らし見た目だけは平塚チックにしてみました」と書かれた昨日と今日限定メニュー。塩と醤油が選べる。醤油を選択したせいか大人しい年越し蕎麦チックな一杯。後半卓上から酢とラー油を追加してラーメンっぽくして食べた。

その後井土ヶ谷のスーパーで年越し準備の買い物をして帰宅した。大晦日正月もスーパー営業しているなんて助かる。本当に感謝だ。

今年を振り返ってみても母との死別に尽きる。まだ喪中だしね。3が日は引き篭もるかな。

皆さん良いお年を。

2016年12月 4日 (日)

醤魂牛麺

弘明寺入口付近にあるラーメン店。『博多ラーメン康龍』からリニューアルを繰り返しているケンコーグループの店舗がまたリニューアル。今度は『醤魂』という屋号で先月23日から開店したという。醤油の醤の字を看板に冠し、これまでの豚骨を排除したようなメニュー構成。醤油と塩と牛骨となっている。開店直後くらいに入店。あれ?猛烈なタバコの臭い。ここは禁煙の店ではないのか?でも灰皿とか見えないし。店員開店前にやりやがったな。もう気分はだだ下がり。帰ろうかと思ったが入口の食券機で食券を買った。厨房には男の店員2人。客席の構成は以前と変わらず。2階も客席になっているそうだ。先客ゼロ後客1人。

161204jyankon00 161204jyankon01 醤魂中華そば 『牛骨ラーメン』 730円

初回訪問時は筆頭基本メニューを選ぶのが我のセオリーだが、ケンコーグループと思われる店でそれをやってもつまらないので、気になる牛骨ラーメンを注文。麺は細麺ストレート。具は三つ葉みたいなものとメンマ、玉ねぎの角切り、豚チャーシュー2枚。スープはまず一口目で牛の感じが伝わってきた。あまり期待しないで食べたのでちょっと驚いた。牛脂が効いているのかな。そして黒胡椒が最初からかかっていて透明な牛骨塩スーをスパイシーなものにしている。意外としっかりした牛骨塩ラーメンだった。

その後京急弘明寺駅の線路を超えて反対側に降りてあおば食品館で買い物。りんごを4個もかってしまい、カバンがずっしり重い。そのままウォーキングの距離を稼ぐため井土ヶ谷まで歩いた。

2016年11月 6日 (日)

魁力再訪

上大岡から蒔田に向かって歩く。その途中『魁力屋』蒔田店を発見。醤油と背脂。惹かれてしまう。誘惑には抗えなかった。店外で待ちは無かったので番号札を持って入店。でも店内に5人待ち。駐車場持ってる店はこうなるね。5分ほど待って席に案内され着席。口頭で注文。10分以上待たされた。

161106kairikiya00 161106kairikiya01 京都北白川ラーメン 魁力屋 弘明寺店

『特製醤油(並)(麺かため・背脂多め)』 650円
基本のメニューを注文。卓上からネギ入れ放題。細麺に醤油、背脂たっぷり。飾ることがないラーメンらしい一杯。ちょうどの感じで満足。でも背脂は結構腹に溜まる。店を出てからちょっとキツくなった。でも満足。

2016年10月30日 (日)

三度勢津

横浜橋商店街を抜けた先にある「日本一短い商店街」を名乗る三吉橋商店街というのがある。その中に三吉橋演芸場があるのだが隣辺りにラーメン店があった。『勢津家』という豚骨ラーメンの店だ。家系のような屋号だが微妙に違うラーメンを出していた。この店の特徴は開店と閉店を繰り返していること。2年前の3月に開店したが半年程度で閉店してしまい、短かったなーとか思っていたら昨年末に復活をアピールして再開店した。ところが1ヶ月程度の営業でまた閉店。堪え性が無さ過ぎるだろうと思った。それが昨日再々オープンしたという。色々事情はあるのだろうが、こんな事を続けていたら地元民の信用を無くすと思う。
我も開店の度に訪問しているので三度の入店となる。店内の様子は変わらず。入口に券売機有り。厨房にはおじさん店員一人。先客4人。

161030setsuya00 161030setsuya01 豚骨拉麺 勢津家 『醤油』 650円

毎回そうだが醤油を注文。麺は中太ストレート。具は薬味ネギ、ほうれん草、海苔3枚、巻きバラチャーシュー1枚。スープはかなりあっさりした豚骨醤油。好みは分かれると思うがこれはこれで悪くはないので、いっその事家系らしい屋号と具の構成も変えちゃえばいいとか思ってしまった。

2016年10月22日 (土)

喫茶補麺

『シタール』を大満足で退店した後、中華街をぶらついてみようかと思ったけど、あまりの人の多さに辟易して早々に退散。横浜橋商店街まで足をのばして食料を買って帰る事にした。で買い物をしている内になんだかちょっと小腹が空いてきた。というより連食体質が抜け切らない。ラーメンが抜けきっていない。軽めのラーメンを食べたいなと思ってしまった。そんな時に思い出した店がある。横浜橋商店街を抜け三吉橋演芸場前の橋を渡ったすぐのところにある『喫茶マエカワ』だ。街角の小さな喫茶店。でも「ラーメン」と書かれた幟を掲げていたので前から気にはなっていた。入口の所にも「味自慢 ラーメン390円」と書かれているし。迷いに迷って入店。狭い店内。テーブル4人卓が4つ。厨房もとても狭い様子。そこに中年マスターが1人。先客2人後客ゼロ。口頭で注文。

161022maekawa00 161022maekawa01 軽食・喫茶 マエカワ 『ラーメン』 390円

目的のメニューを注文。あー、こういうラーメンね。麺は中細縮れ麺。具は薬味ネギ、メンマ、ナルト2枚、チャーシューの代わりにハムが入っているのが逆に良い。味も見た目もハッキリ言って家庭用生ラーメン。胡椒で味を整える。でも今の我にはこれでいい。いや、これがいい。本当にちょうど良かった。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき