カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2020年1月18日 (土)

霙井土谷

朝から冷たい雨が降る土曜休日。こんな日は布団に包まっていつまでもグタグタしているのが幸せな一時。でも朝9時半前には家を出る。また整理して不要と判断したものを売りに行った。そして11時半に予約していた床屋へ。こんな寒い日だけど短く切ってもらえてサッパリした。1時間後に床屋を出ると雨は雪に変わっていた。近くのバス停からバスに乗り井土ヶ谷方面へ移動。目的は我ながらラオタらしい行動。この付近にある『夜な夜な』というBARが、土曜限定のランチ営業に『丿貫』監修のラーメンを提供しているという情報を聞きつけやって来た。到着したのは1時過ぎ。ラーメン店ではないのでちょっと勇気がいったが思い切って入店。狭い厨房内に男女2人の店員。その周りにL字型カウンター7席のみという狭いスペースの店だった。先客5人後客1人。店主大忙しな感じ。口頭で注文。

200118yonayona00200118yonayona01
夜な夜な 『煮干鶏油そば』 800円

確かに『丿貫』っぽい一杯が登場。でも少し灰色が濃い気がする。そして麺は四角い細麺ストレートだけど、『丿貫』独特のゴワゴワ感はほとんど感じず、普通の柔らかさだった。具は青ネギの小分け切りと鶏もも肉2つ、うずら味玉3つ入り。玉ねぎの角切りがなかったりなど『丿貫』そのままというわけではないようだ。それがかえって面白く満足度を高めた。なんだか初期『丿貫』に通じるところがなくはないと感じた。スープなどついつい飲みすぎて和え玉到着前にほぼ無くなってしまった。

200118yonayona02

+『九条葱の和え玉(ニンニク入)』 300円=1100円

『丿貫』系は店内連食。朝から何も食べておらず腹減った状態なので当然和え玉注文。「ニンニク入れてよろしいですか?」と店主に聞かれてついついコールしてしまうところだった。九条葱がペーストになっている変化球。オニオンフライも入っている。食感はない葱の味を感じるというのは奇妙だったが意外と違和感なく食べすすめる事が出来た。本日食べたメニューについては、個人的には『丿貫』より好みなくらいだった。満足を感じた状態で支払いを済ませ退店した。

その後サミットで買い物をして帰路についた。みぞれは降り続いていた。

2020年1月13日 (月)

田上濃味

成人の日の月曜祝日。今日は好天に恵まれ布団干し。遠出はせず近場で生活の買い物を中心に過ごす。まず年始に整理した古本の類をまたブックオフに処分する為伊勢佐木町へ。それが終わったら曙町サミットで食料品を買う。さて次は朝飯。初訪問ではなくていいから適当な店はないかなと悩んだが何かピンとくる店が思い当たらず。『田中屋』は定休日。なんとなく家系ラーメンが食べたいかなと思ったけど『寿々喜家』は何故か好みと合致しないので、わざわざバスに乗って蒔田方面へ移動。直系に近い『田上家』に行く事にした。11時半前に到着。早速入店。厨房には男の店員2人。先客1人。券売機で食券を購入し手渡し。コートを脱いでハンガーにかけた。後客は5人。

200113tagamiya00200113tagamiya01 横浜ラーメン 田上家 『ラーメン(麺かため・味濃いめ・油多め)』 700円

着いた途端にこの店も前回訪問時不満が残ったことを思い出した。でもわざわざここまで移動してきたので引き返すのも面倒だったので入店したのだが、好みに味濃いめを追加しておいた。そうしたら味に不満を感じる事はなかった。ただ開店当初からの「直系に似たラーメン」という認識は変えなければいけないな、と思った。でも家系欠乏症は収まったので満足。ほうれん草、美味しかった。

2020年1月 5日 (日)

暖簾変更

年始休暇も今日で終わってしまう。処分すべき本は昨日で終わりきれず今日も朝からブックオフへ処分しに行った。それから横浜に一度出て買い物をした後、地下鉄で蒔田駅へ。大晦日に閉店した『味のとらや』が、早くも年明け2日から『煌龍軒(こうりゅうけん)』と屋号を変えて営業している。どんなものなのか訪問してみる事にした。開店30分後くらいに訪問。あれ?看板は『味のとらや』のままだよ。入口にかかった暖簾だけが変わっていた。戸を開けて入店。券売機を見てみたがメニューやトッピングも変更なし。厨房には坊主頭で不精髭の男の店員1人でまわしている。とはいえ先客ゼロ。後客は4人。
200105kouryuuken00200105kouryuuken01
ラーメン専門店 煌龍軒 『塩ラーメン』750円+『バター』 100円=850円

丼も青磁なので見た目は『味のとらや』時代の塩と全く変わらず。麺も具も全く変わらず。ああやっぱりこの塩だよ。沿いう言えば店前に立てられた幟には「札幌ラーメン」と書いてあった。この店は北海道ラーメンの系統だったか。この塩を食べた限りでは味は変わらず美味い。そしてバター入れて大正解。バターが溶けると程よい味。満足の退店となった。

2019年12月31日 (火)

正体驚店

『札幌ラーメン北斗』跡地に今年1月12日開店した『味のとらや』。近所だし、素朴でどこか懐かしさを感じる店だったので個人的に好きでその後数回訪問を重ねた。その店が今日閉店する。その理由が驚くべきものだった。店主は元AKBメンバーで『麺匠八雲』等既に数店舗経営している人物で、この『味のとらや』は素顔を晒すことなく味のみで勝負し1年間黒字経営を目指した実験店舗だったそうだ。その目的を達成したから今日で営業を終了するとのこと。これにはやられた。ラーメンは数回通うくらいだから美味しかったので、店主の過去がどうであろうが全く関係ない。ただ地味だけど近所の良店として思っていた店が、急に「実は店主は元AKBでした」と言われてもギャップが凄すぎて戸惑っているというのが正直な心境だ。とはいえ好きだった店なので閉店には立ち会おうかと、この店を我の令和元年のラーメン食べ納めの店に選んだ。

191231fuji01

昨日とは一転よく晴れた大晦日。今日だけはその店主自ら厨房に立つという、いきなり派手な展開になったので念の為開店15分くらいに店に到着。既に2人待っていたが開店時間までに並んだのは2人だけ。待っている間日差しが照りつけて暑かった。大晦日だというのに今年は異常過ぎる。入口の券売機で食券購入。カウンター席に順番に並ぶ。厨房には割烹着を来た元AKBだという店主と若い男の店員1人。後客更に2人来店。
191231toraya00191231toraya01
ラーメン専門店 味のとらや 『味噌ラーメン』 750円

冬だし筆頭の味噌を注文。麺はツルツルした食感の中太縮れ麺。具はきざみ葱、茹でもやし、平メンマ数本、チャーシュー1枚。オーソドックスでシンプル。最後まで変わらなかった。今年の食べ納めにふさわしい優しい一杯だった。満足。年明け2日からは相模原からの移転という形で『煌龍軒』と屋号を変えて営業するそうだ。

その後はバスで伊勢佐木モールへ移動して正月休みに備えての食料を買い込んで帰宅した。もう大晦日だというのに汗かいてしまったよ。

今年は平成から令和へと元号が代わり、思い返せば今年は積極的にいろいろな所に行くことが出来た。3月には軍艦島上陸、5月に礼文島&利尻島、7月に十和田湖&下北半島、8月に忍野八海、9月に対馬島&壱岐島、11月に上高地。我ながらよく行ったなー。更に加えて地麺巡りとしては北部九州ご当地ちゃんぽん&一蘭プレミアム店巡り、利尻味楽、新潟麻婆麺、秋田小坂かつラーメン、山形内陸地麺、滋賀近江ちゃんぽん&湖国ブラック、東京ホープ軒巡りと、こちらも低迷の時期を脱したように巡ることが出来た。まだまだ残っている地麺ってあるものだ。

まあいろいろあったけど、これだけ自分にとって幸せと思える時間を過ごせたのだから、今年は良い年だったなーと振り返る事が出来た。来年も今年のようにまだ見たことのない風景を見て、回収できていない地麺を見つける旅が出来ればいいなー。でも一番の願いは今年のように平穏な大晦日を迎える事が出来ること。それを切に願う。良い年が迎えられますように!

2019年12月22日 (日)

年末鶏源

昨日と同じく空にはどんよりと雲が立ち込めている日曜日。予報では夕方から雨が降り一層気温が下がるとか。こんな日は早々に外出を済ませ家に閉じこもっているのが良策だ。久々だけど曙町のサミットへ買い物。その後伊勢佐木モールへ移動して黄金町方面へ。久々『鶏源』に行ってみることにした。2017年1月3日以来の訪問となる。その間蒲田に支店を出したらしいけど残念な結果に終わってしまったらしいね。開店までちょっと待ってから最初の客として入店。券売機は厨房には店主1人のみ。後客1人。

191222torigen00191222torigen01
麺場 鶏源 黄金町店

『鶏白湯 塩(麺バリカタ・スープ濃いめ)』800円+『味付玉子』 120円=920円

筆頭基本に味玉付きで注文。結構な値段になるね。でも濃いめのバリカタはいい感じ。細麺ストレート。具は青ネギの小分け切り、あおさ、チャーシュー1枚。トッピングの味玉は黄身がゼリー状になっており味濃いめで美味かった。鶏白湯に苦手意識がある我だが、この一杯はとても美味いと感じた。満足の退店。この店は大晦日と元旦しか休まないらしい。長く続けられるように頑張ってほしいものだ。

重い買い物袋をぶら下げて歩いて家まで帰った。午後は冷たい雨が降ってきた。今日が休みで良かったと思える時間だった。

2019年10月 6日 (日)

蒔田味噌

どんより曇った日曜日。曙町に出て買い物を終えた後地下鉄で蒔田へ移動。駅から6分くらい歩いて『味のとらや』へ向かった。この店はオーソドックスながら良質のラーメンを提供してくれる店として認識している。なので開店以来3回訪問し味噌生油の全メニューを制覇した。4回目の訪問は幻に終わってしまったので今回は遅くなったが仕切り直して再訪問。開店20分後くらいに訪問。厨房には若い男の店主1人。あれ?入口に券売機を設置したんだ。先客2人後客1人。
191006toraya00191006toraya01
ラーメン専門店 味のとらや

『味噌ラーメン』 750円+『バター』 100円=850円

振り出しに戻って味噌。今回はバタートッピング。増税50円の値上がり。麺は中太縮れ麺。あまり縮れは強くなくツルツル麺。具は薬味ネギ、もやし、平メンマ、チャーシュー1枚。スープは味は良いのだが粒粒感が希薄。あれ?こんなだったけか?と期待し過ぎてしまった印象が残った。それでも美味しいラーメンであることには変わらないので満足の退店となった。

2019年8月25日 (日)

夏葱醤油

日曜なので近所へ食料買い出しの為曙町サミットへ。その後『麺や太華』横浜橋店へ。このところトリッキーなラーメンばっかり食べていたので、シンプルな醤油ラーメンで麺をすすってみたいという気持ちになったから。前回訪問は昨年の大晦日。早速入店。入口脇の券売機で食券購入。厨房には店主1人。先客6人後客ゼロ。
190825menyataika00 190825menyataika01
中華そば専門店 麺や太華 横浜橋店

『中華そば』700円+『ネギ増し』 150円=850円

定番のネギ増し注文。完全にネギラーメン。ネギの食感がキュキュっとしていい感じ。麺が柔らかいのはしょうがないか、尾道ラーメンだからね。特長の背脂ミンチは大量ネギによって存在感はほぼない。今回は刺激的なものは求めていないのでこれはこれで良い。夏にネギと醤油の一杯。いいじゃんか。満足。

2019年7月20日 (土)

弘明寺具

190720gumyouji01

上大岡駅に戻って京急線に乗りひと駅で弘明寺に移動。弘明寺の入口付近にところにあった『醤魂中華そば』というケンコーグループの尾てい骨を残した店があったが、その店舗に新しい店が入ったというので行ってみた。屋号は『グ中華そば』。妙な名前だけど、おそらくは弘明寺商店街の上から吊るされているやつからとったのだろう。内外装共ほぼ『醤魂中華そば』の居抜き。早速入店。入口脇に券売機。厨房には男の店員と女の店員の2人。先客2人後客2人。
190720gu00 190720gu01
グ 中華そば 『醤油拉麺』 750円

メニューは醤油、醤油豚骨、痺れ醤油、醤油つけ麺の4種。筆頭メニューを注文。麺は黄色い多加水中太縮れ麺。具は薬味ネギ、メンマ、海苔1枚、チャーシュー2枚。スープは一般的な青湯生姜醤油。普通のチェーン店っぽい一杯。久々に連食してしまったが、とにかく蒸し暑くてかなわない。早々に退店、帰路についた。

2019年6月21日 (金)

豚桜跡店

鎌倉街道沿いの家系ラーメン店『とん桜』『とんぱた亭』出身の店主が2012年に開店させた店。良心的な価格で家系ラーメンを提供していたが、いつの間にか閉店してしまった。その跡地にほぼ居抜きで新しいラーメン店が開店しているというので行ってみた。上大岡から何故かバスで向かおうとしてしまい、逆に時間ロスして店に到着。あー、やっぱり看板変わっているね。『らーめん小村』と書かれていた。早速入店。入口脇に券売機。厨房にはおじさん店員3人。L字型カウンター10席と4人がけテーブル席2卓。先客4人後客2人。
190621komura00 190621komura01らーめん小村 『並ラーメン(麺かため・油多め)』 700円

筆頭基本メニューを注文。好みを聞かれたので家系定番の我の好みを答えた。青磁丼の家系然とした一杯が登場。麺は平打気味の中太麺。具は家系標準。スープは豚骨寄りの豚骨醤油。クラッシックな家系。まずまずな一杯だけど、あまり特徴がないし、近くに『田上家』があるし、価格も『とん桜』とは違い普通のコスパなので、何か厳しそう。

2019年6月 9日 (日)

急遽大公

今日は何故か味噌ラーメンが食べたくなったので蒔田の『味のとらや』で味噌を食べようと決めて開店の定刻に合わせてやってきたら、店内真っ暗で人の気配がしない。貼り紙などもない。しばらく待ってみたが「こりゃ時間の無駄だ」と察知して見切りをつけた。でも我の腹は味噌ラーメン待ち状態。ということで我の頭は回転して南太田の『拉麺大公』に目的地を変更して徒歩で向かった。10分ほど歩いたがこっちは開店が30分遅かったんだ。開店15分前に到着。既に1人が店前に待っていた。幸い雨も降っていないので大人しく待つ。我の後ろにも人が並びはじめた。定刻を1分以上過ぎて暖簾が出された。入口近くの券売機で食券を買い入店。席は指定された。厨房には男の店員3人と女の店員1人。初回では満席にはなってなかったが、我が食べ終わる頃には空席待ちが生じていた。
190609taikou00190609taikou01
拉麺大公 『鶏白湯焼き味噌ラーメン』930円 +『ライス』 120円=1050円

この店の筆頭メニュー「焼き味噌」は4月に食べたばかりなので、限定メニューのこちらの味噌拉麺を選択してみた。麺はレモン色した中太縮れ麺。具はきざみネギ、もやし、ひき肉、肉厚チャーシューの上に生姜。通常の焼き味噌と変わらず。そしてスープは通常より明らかに明るい色をしている。鶏白湯と味噌、あんまりいい組み合わせに思えなかったんだけど、実際食べてみると味噌豚骨に近く濃厚なスープに仕上がっている。油コーティング感は目立たなくなっているがスープに濃厚さが加わっているし、鶏白湯自体は突出せず香ばしい味噌味のままなので、これはレギュラーメニューに加えてもらいたいな。突発的な訪問だったけど満足の退店となった。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) ラーメン(神奈川県>鎌倉市) ラーメン(神奈川県>藤沢市) ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) ラーメン(神奈川県>平塚市) ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) ラーメン(東京都>23区南部>大田区) ラーメン(東京都>町田市) ラーメン(東京都>多摩地域) ラーメン(北海道地方) ラーメン(東北地方) ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) ラーメン(東海地方) ラーメン(甲信越・北陸地方) ラーメン(関西地方) ラーメン(中国地方) ラーメン(四国地方) ラーメン(九州・沖縄地方) カレー(神奈川県) カレー(東京都) カレー(東京&神奈川以外) 孤独のグルメ 心と体 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき