カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2015年5月 3日 (日)

金沢咖喱

Oomiichiba15050301 近江町市場へ到着したのは午前10時頃。生鮮食品がメインだけどそれだけではなく色々売っていたので日持ちしそうな土産を幾つか購入。途中豆腐屋さんで串湯葉というのが売っていたので買ってみた。湯葉を団子状に揚げて塩をかけたのものが3つ串に刺さっている。表面はカリカリで中はトロリ。塩味が効いて美味かった。

Oomiichiba15050302
そうこうしている内に11時。近江町市場向かいのショッピングモール、エムザ地下にある『ゴールドカレー』武蔵店へ向かう。開店と同時に入店したが既に先客1人。厨房には男の店員2人と女の店員1人。後客は7人。口頭で注文。コンソメスープがセルフで飲み放題になっている。
Goldcurry15050300 Goldcurry15050302 Goldcurry15050301 ゴールドカレー 武蔵店

『能登豚カツカレー M』 900円
ゴールドカレーは後発だが独自色を出そうと、ミルフィーユカツカレーやオムカレーを出している。食材も地産のものに拘り、加賀野菜の五郎島金時というサツマイモを使ってルーにとろみを出しているとか。豚肉も河北潟ポークというものを使ったメニューもありそれを狙っていたのだが今は提供していないようだ。なので限定20食という能登豚カツカレーをMサイズで注文した。こちらもスパイシー感よりルーのコクを重視したカレーとなっている。昨日あれだけ食べていたとは言え、今日はこの段階で結構な距離を歩いていたので腹が減っていて思わずMを注文してしまったが、今になって思えばSサイズにしておけばよかったと後悔している。
そのまま地下道を通って近江町市場地下1階に戻ってきた。こちらで間髪入れず金沢カレーの元祖『カレーのチャンピオン』近江町店に入店する。客席スペースが店舗外のフロア内にも大きく取られている。そんな広いスペースにも関わらずおばちゃんが1人で接客している。男の店員は厨房で調理に専念している。麹町の店舗もそうだったが、『カレーのチャンピオン』はおばちゃん1人のマンパワーに凄く頼っている、活かしている印象だ。入口に食券機。客の回転が早く常に7割以上の席が埋まっていた。
Currynochampion15050300 Currynochampion15050301 カレーのチャンピオン 近江町店

『Lカツカレー S』 690円
看板メニューを今度はSサイズで注文。こちらは先割れスプーンではなくフォークで食べるカレーだ。他の金沢カレー店に比べてもルーの色が黄色くて一般のカレーに近い印象。でも個人的にはしっくりくる味。カツもサクサクしててボリュームもありよろしい。でも『ゴーゴーカレー』には及ばない感じ。金沢はこういった気軽に入れるカツカレー店がたくさんあってしのぎを削っていて羨ましい限りだ。横須賀は下手に高級感を出さず金沢を見習って欲しいと思う。
予定していた全ての観光を終えホテルに荷物を受け取りに行く。土産物で荷物が多くなったので、金沢駅まではバスで行く事にした。金沢旅行の締めとして駅にある『ゴーゴーカレー』の店舗に行って金沢カレーの三タテに挑もうとしたのだが…流石に無理だった。ラーメン連食で自分の胃袋は鍛えられていると過信していた。ラーメンの連食とカツカレーの連食は全然別だった。味だってそう変わるわけではないし。ギブします。しかしふと『ゴーゴーカレー』の向かいを見ると、唯一の石川ご当地ラーメンと言われる『8番らーめん』の店舗があるではないか!さっぱりした野菜たっぷり塩ラーメンなら食べられそうだ。『ゴーゴーカレー』は東京や川崎で食べられる。でも『8番ラーメン』はそうはいかないぞ。というわけで方針転換し、名簿に名前を書いてしばし待って入店。
Ramen8ban15050301 8番ラーメン 金沢駅店

『小町セット(小さな野菜らーめん(塩)+餃子3個+杏仁豆腐)』 723円
カレーばかりだったので甘いものも食べたかった。よって杏仁豆腐とのセットを注文。ラーメンは前回塩は食べているので味噌にしようか迷ったけど、今はさっぱりした塩を体は求めていたので塩を注文。麺が平打ち中太麺なのでまるっきり横浜タンメンみたい。でもキャベツの葉の部分が主体なのでこの繊維質が嬉しい。それにメンマやチャーシューは一般のラーメンのそれだ。あんなに腹はきつかったのにスープだけ残したけどほぼ食べてしまった。
新幹線の出発時刻があと10分に迫っていたので乗り場に急いだ。我としては魚津ラーメンと連動した念願の金沢観光旅行だったが、考えてみれば北陸新幹線開通後初の大型連休。メディアもこぞって注目するような、言わばコテコテの連休観光になっていたんだね。3年前米原方面から特急を乗り継いで来た経験をしている身としては、乗り換え無しの1本で、しかも2時間40分程度で東京駅に到着しちゃうというのは大きな違いだなあと実感した。乗車した『かがやき』は全席指定だけど意外と空いていた。5時半には東京に到着し7時前には帰宅出来た。

2015年5月 2日 (土)

金沢洋食

Kanazawa15050201 富山県魚津から石川県金沢へは鈍行電車で移動する。かつては新潟県直江津から滋賀県米原まで続いていたJR北陸本線は、北陸新幹線開通と引き換えのように県ごとに分断された第三セクター鉄道に移行してしまい、JRみどりの窓口では事前チケットも買えない始末。新幹線開通の裏の面を垣間見た気がした。約1時間半後の午後2時半前に金沢駅に到着。約3年ぶりの訪問となる。その時は福井と合わせた地麺巡りの旅の途中で金沢滞在時間はたったの2時間。小雨が降る中レンタサイクルで駆けまわった。金沢カレーも食べられず兼六園も行かないまま金沢を後にした。地麺巡り抜きでぜひ再訪したいと思っていた。それが今果たせた。再び金沢駅前に立つことが出来た。しかも今回は快晴だ!

まずは香林坊まで歩いて予約していたホテルにチェックインし荷物を置いて身軽になって再出発。最初の目的は本場金沢カレーを食す事!金沢カレーはステンレスの皿にのったご飯にドロッとしたルーのカレーがかかってキャベツの千切りが添えられ、基本は揚げたてのカツがのるもの。その元祖は昭和43年創業の『洋食のタナカ』という店で、後に『カレーのチャンピオン』として北陸地域を中心にチェーン展開したのが始まり。首都圏では『ゴーゴーカレー』が進出し全国的に有名になった。そして我はカツカレーが何よりも好物なので、ぜひ本場で味わってみたかったのだ。地麺らしい地麺のない石川県、今回の旅は金沢カレー食べ歩きの旅として計画していた。

最初に訪れたのは、金沢カレーの元祖『洋食のタナカ』の創業者と共同経営という形で昭和46年に創業した『ターバンカレー』本店だ。香林坊から一番近くにあり、土日祝は午後4時で営業終了してしまうので、何はともあれこの店に向った次第。香林坊から兼六園に向かう緑が綺麗な目抜き通り沿いに店を発見。ビルの1階に何故か半分のスペースを使って店舗が作られている。早速入店。厨房には男の店員1人とおばちゃん店員3人。厨房周りにL字型カウンター8席と2人がけテーブ席2卓。先客10人後客4人。口頭で注文。

Turbancurry15050200 Turbancurry15050201 ターバンカレー 本店 『ロースカツカレー 中』 780円

オススメBEST2という基本のロースカツカレーを注文。普通のカレーショップと異なり、金沢カレーは作りおきではなく揚げたての揚げ物をのせるので時間がかかる。結構待たされて提供された。おお!これぞ金沢カレーといったビジュアル。ようやく本場で金沢カレーが味わえる!卓上から福神漬けを添えて先割れスプーンの活躍だ。…そう期待したのだが、ルーはいい色をしているんだけど何故かパンチが不足気味。良く言えばマイルド。マイルドと言っても単に辛くないというのではない。老舗の味だからというのもあるが味が昔のカレーのよう。そしてカツが小さい事も不満だ。卓上に辛味追加の油のようなものがあったので仕方なく補正したがそれは辛さだけだった。ちょっとハードルを高く設定し過ぎたかな?

その後近くにある金沢の新名所、21世紀美術館に立ち寄った。それは別記事で。

金沢には金沢カレーだけではなく、もうひとつ有名なご当地洋食がある。それが「ハントン風ライス」というもの。「ハン」がハンガリー、「トン」がフランス語で鮪を意味するのだそうで、それを合わせたら何の事だか判らないのだが、それがハントンなのだ。それを提供してくれる代表的な店が香林坊近くにあるというので21世紀美術館帰りに行ってみる事にした。昭和32年創業の『グリルオーツカ』という老舗洋食店だ。客席の壁には絵画がかけられテーブルには白いテーブルクロスがかかった由緒正しい洋食屋さん。厨房はもちろん見えない。先客はちらほら。口頭で注文。

Grillootsuka15050200 Grillootsuka15050201 グリルオーツカ  『ハントンライス』 900円

昔ながらのケチャップライスにトロトロフワフワの卵で綴る。ここまでならオムライスだが、具が違う。カジキマグロのフライと小エビのフライが2つづくらい入っていて、その上にたっぷりケチャップとタルタルソースがかかっている。初めて食べる気がしない、懐かしい洋食の味。結構量も多く、タルタルソースも大量にかかっているのでかなりのボリュームだ。それでも美味しくて完食。満足だ。

お腹は一杯になり一旦ホテルに戻り休憩することにした。

2014年10月11日 (土)

唯我独尊

芦別から富良野に戻ってきたのは夕方6時20分頃だったか。とりあえず予約していたビジネスホテルにチェックイン。1時間ほど休憩した後身軽になって夜の富良野の町に出た。でも予想通りというか、普通の田舎町の夜という感じで街灯のみが明るく空間を照らしている。とても静かで横浜住宅地の夜10時前に似た雰囲気だ。でも実際は夜の8時前。ここで旅行ガイドに紹介されていた店に行く事にする。昭和49年創業の『唯我独尊』というカレー店だ。富良野地産の豚肉や野菜を使って作ったカレーが評判になり富良野カレーという名物になった。富良野という土地名がつくと一段階美味くなるように思えてしまうからね。富良野の町の一角に暗い空間があった。何だろうと思っているとカレーの匂いが漂ってくる。もしかしてここ?と思って近づくと、木に「唯我独尊」と書かれた札がかかっていた。更に近づくと正に山小屋のような店舗。早速入店すると入口が混み合っていた。先客が出て行くところだったらしい。入れ替わりにあらためて入店。なので待たずに座れた。相席だったけど。店内は若者だらけ。店員も大学生のノリを感じる。それも芸術系の大学生。BGMはロカビリーのようなもの。ダンボール製のメニュー冊子を見て筆頭メニューを注文した。

Yuigadokusonfurano00 Yuigadokusonfurano01 唯我独尊 『自家製ソーセージ付きカレー』 1130円

あー美味そうだね。コーン、揚げかぼちゃ、切られた自家製燻製ソーセージ。焦茶色のルーは濃厚、そしてきちんとスパイシー。ルーの追加は無料だが合言葉「ルールルルー」と言わなくてはならないそうだ。そんなこと言えるかい!客の羞恥心を利用して無駄なサービスはしないつもりなのか。でも具のコーンや揚げかぼちゃが美味かったからいいや。ソーセージはいわずもがなだが、歯ごたえがあり肉汁があり文句なしだ。店内の雰囲気がもうちょっと落ち着いていれば更に良かったんだけどね。ちょっと騒がし過ぎだ。

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき