カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2017年9月30日 (土)

道玄咖喱

『長崎飯店』を出てそのまま道玄坂を登る。ちゃんぽんを食べた後連食でラーメンを食べる気がしない。なのでカレー店を求める。いつもの『ムルギー』ではつまらないので新店開拓だ。『カリー カイラス』という店で、日祝休みで営業は夕方5時まで。飲食店の激戦区でなかなかに強気な営業スタイルは、実力があっての事だろうと邪推し期待した。店に到着したのは正午くらい。店構えはいたって普通なカレーショップという感じだけど黒が主体でシックな色使いの店構え。早速入店。厨房にはおじさん1人おばさん2人の店員がいた。厨房周りにL字型カウンター10席。先客は5人だったが、後から来客は相次ぎ店外待ちの客まで生じた。人気のほどが伺える。口頭で注文。

170930kailas00 170930kailas01 カリーショップ カレーカイラス

『カツカリー(カツ3個)』 850円+『チーズ』 100円=950円


カレーのメニューは850円で統一されている。迷った時は筆頭メニューという事でカツカレーをチーズトッピングで注文。辛さは中辛。カレーは一見普通の日本のカレーって感じだけど、チーズを混ぜなくても十分コクがあるんだな。カツは一口サイズで揚げたて。サクサク感はもちろんだけど十分柔らかくていい感じ。普通なんだけど何故か良い。不思議なカレーハウスだった。

満腹となったらもうこの街には用がない。駅に戻り山手線で品川に出て東海道線に乗り換え横浜へ戻った。

2017年9月 5日 (火)

日本満点

『馬子禄牛肉面』で異国情緒を味わった後は馴染みの日本の味を求める。白山通り沿いを歩いて辿り着いたのは『ライスカレーまんてん』だ。カレーが日本の味?日本の味、日本のカレーだ。しかもこの店のカレーは日本カレーを代表するようなカレーだ。到着したのはちょうど正午20分をまわった辺り。店前には7人くらい行列が出来ていた。でも客は男ばかりなので5分くらいで入店出来た。厨房には男の店員ばかり3人。かつての名物店主に良く似た店員もいた。息子かな?店主が良く言っていた「申し訳ない」という言葉を思い出した。

170905manten00 170905manten01 ライスカレーまんてん 『カツカレー』 650円

当然ながらカツカレーを注文。まずスプーンが入った冷水入りコップとワンカップコーヒーブラックが提供される。でもそれには手を付けない。出てきた一杯に迷うこと無く自動的に卓上から福神漬けをのせ、カツにソースをたっぷりとかける。この揚げたてサクサクのカツと挽肉混じりのカレー。これを嫌いな日本人などいるのだろうか?これをがっつかない男がいるのだろうか?歳をとろうが何だろうが米粒ひとつ残さず完食。満点!大満足!

その後上野へ移動し、本日の本丸である国立科学博物館で特別展示されている「深海2017」を観に行った。人気の展示なので平日を狙っていったのに、とても混雑していた。子供連れもいたし。今日火曜日だよな?年々平日とか関係があまり無くなって来てるな。
170905shinkaiten01

2017年8月26日 (土)

背脂咖喱

大久保駅からひと駅、新宿駅に到着したのは午前6時半をまわったあたり。新宿駅に降り立ったのは乗り換えの為…だけではなく、本日2店目の目的店に立ち寄る為だ。カレーハウス『11イマサ』という店に「背脂カレー」という興味を惹かれる新メニューが登場したというのだ。店の営業は朝7時から。タイミング的にはいい感じ。ところが場所は新宿駅南口地下にある。最強ツールの食べログアプリを持ってしても立体構造の新宿駅では地図がほとんど役に立たず、店を発見出来たのは開店時間を10分弱過ぎていた。創業1964年というから老舗と言っていいが、内外装は普通の駅地下カレーハウスの雰囲気店外券売機で食券を購入してから入店。厨房は奥にあり見えないが、客席側にはおじさん店員とおばさん店員が2人。常に客のコップに水を注いだりしていた。変形コの字型カウンター25席に先客6人後客5人。

17082611imasa00 17082611imasa01 カレーハウス 11イマサ

『背脂カレー』 650円+『背脂増々』 30円


せっかくなので背脂感を味わうべく背脂増々トッピング30円は現金支払い。更にカレーハウスとしては珍しいラッシーもあったので注文。他のメニューは皿なのにこのメニューに限って丼で出てきた。ご飯の上には豚バラがのっており牛丼をイメージしているのかも知れない。カレー自体はカレーハウス然としていて玉ネギが合いそうなタイプ。そして肝心の背脂だが、予想通り味に影響はしない。相手はカレーだから背脂の微かな甘味なんてのは露と消える。でもコクというのか、そういうのは確かに増している。チーズの味がしないチーズカレーみたい。でもねっとりというより粒粒感だけど。

17082611imasa02 『ラッシー』 100円=780円

朝から背脂だから正直ちょっとキツイ気持ちになったが、ラッシーを飲んだら一気に口中が爽やかになった。真夏のラッシー偉大なり。満足の食事を終え退店した。朝7時半前に本日の食べ歩きは終了。新宿湘南ラインに乗り横浜へ戻った。今日も蒸し暑く不快指数が高くなりそう。せっかくの休日、空調が効いた部屋で1日を過ごした方が賢明だ。

2017年7月22日 (土)

夢中華飯

排骨とカレーとチャーハン。この三位一体の料理が排骨カレーチャーハンという。この夢のような組み合わせの料理が存在すると知った時、「これは万難を排して行かなくては!」と心に誓った。その店は錦糸町と両国の中間辺りにある台湾料理店『生駒』。待ちに待った週末土曜日、朝9時過ぎには家を出て錦糸町へと向かった。店に到着したのは開店予定時刻11時の15分以上前。店は準備をしている真っ最中。これで今日臨時休業はないだろうと安心し、少し時間を潰そうと付近のコンビニで涼んでいた。そして開店予定時刻の5分前くらいに店に向かい。店近くの交差点で信号が切り替わるのを待っていると店員が入口に紙を貼り付け入口のカーテンを閉めた。「ああ営業中になったんだな」と信号が青になった瞬間早歩きで店に向かうと「本日の開店は11時半になります」という貼り紙がされていた。直前になってそれはないだろうよ!と一瞬途方に暮れてしまった。出来れば空腹状態で食べたかったが、この炎天下に30分待てないよ。この店の次に行く予定にしていた近くのラーメン店に先に訪問する事にした。それは別記事「錦糸鯛麺」参照。そのラーメン店で予想以上に時間を食ってしまい再到着したのは正午10分前くらい。急いで向かったが直前でカップルが入ってしまった。店員には席がないから暫く待つように言われていたが、我は一人だったので相席で良ければの条件で先に案内された。良かった。内装外装共に昔ながらの町中華な感じ。厨房には初代と2代目といった感じの男の店員2人と接客係のおばちゃん店員1人。おばちゃん店員は接客に慣れている。店内は狭い。2人がけテーブル席1卓と4人がけテーブル席4卓。口頭で注文。

170722ikoma00 170722ikoma01 台湾料理 生駒 『排骨カレーチャーハン』 870円

10分くらい待たされ登場。うわー想像以上にカレーたっぷりなので想像以上の三位一体感。そして想像以上に熱々。普通に食べたら食道が熱くてフリーズしてしまった。出来れば寒い時期に食べるものだな。辛さはないものの、中華カレーによくある黄色い薄っぺらい味のものとは違う、コクのあるカレー。チャーハンはカレーがたっぷりかかっている為、チャーハンの味やパラパラ感は失われたが、卵と細切れチャーシューの香ばしさは伝わってくる。排骨はこの店のウリらしくカレーに負けない香ばしさと油感。中華料理店のカレーがもてはやされているが、今回はそれの究極。夢の料理が食べられて満足。これ、一般的になってくれないかな。横浜中華街はもっと頑張って欲しい。あと、おまけに付いてきた中華スープが何気に美味かった。鰹節が効いていて和風っぽいんだよ。何故か中野大勝軒を思い出した。

2017年6月25日 (日)

渋谷古株

今日は朝から雨がシトシト降る日曜日。夕方にライブがあるので珍しく昼過ぎまで家でゆっくりと過ごした。ライブ会場のある渋谷には3時半に到着した。今日はライブがメインだから外食はどうでも良かった。我にとって渋谷は『ムルギー』になるのだが、いつもそうだとつまらない感じがしたので『いんでぃら』に行ってみる事にした。昭和30年創業の日本のカレーショップの草分け的存在。我は最初のカレー食べ歩きをしていた20代の頃何度か訪問した。明治通り沿いに確か2店舗構えていたが6年も前に閉店してしまったらしい。残ったのは道玄坂の雑居ビル地下の小さな店舗のみ。ドアを開け入店。狭い厨房には親父店員が2人。厨房前に一列のカウンター5席と2人がけテーブル席2卓。欧風カレーがメインだが、インド風のカシミールとベンガルのカレーもある。それだけではなくこの店の名物となっている『えびめし』というのもあってどれを選ぶか迷う。先客2人後客ゼロ。口頭で注文。

170625indeira00 170625indeira01 CURRY SHOP いんでぃら 道玄坂店

『いんでぃらカツカレー』 790円

当時はもっぱら激辛のベンガルばかりを食べていた気がする。あとたまにえびめし。今回はあえて屋号が付いた基本の欧風いんでぃらカレーをカツのせで注文。見たまんま駅前カレーショップ王道の味。カツも出来あいのもの。でも何故か美味いんだよなー。

渋谷という街は我に合わない。寄り道してもあまり面白くない事は昨年経験済み。少し早いけどこれからライブ会場へと向かう。

2017年6月17日 (土)

豚玉咖喱

今日のカレーは『東京スタミナカレー365』という店。『ラーメン風龍』の2階にあり経営も一緒。狭い階段を上がり入店。店舗も細く店内中央に券売機。厨房は奥にあり見えないが男の店員2人と女の店員1人だったか。狭い店内に工夫をこらしてカウンター席が配置されている。11席あるそうだ。飲食店激戦区でビルの2階にあるにも関わらず先客5人後客5人と結構いい客入りだった。

170617tokyo36500 170617tokyo36501 東京スタミナカレー365 秋葉原道場

『豚スタミナカレー(3辛・目玉焼き)』780円+『ポテトサラダ』 100円=880円

筆頭基本メニューを注文。辛さ・玉子・サイドメニューを無料で選べる。辛さは激辛表記の3辛指定。玉子は生・半熟・目玉焼きから選択。トッピングは大盛りとか色々あったけどピンとくるものはなにもないのでコンソメスープにした。サラダが食べたかったので単品100円のポテサラ追加。店としてはどちらかというとカレーより豚肉に力を入れているらしい。甘辛い味付けの豚肉と玉ネギがご飯の中央にのっている。辛さは激辛表示を舐めていたと思ったくらい激辛だった。背脂ラーメンの後にカレーは無茶し過ぎた感じでお腹いっぱいになってしまった。

2017年6月10日 (土)

草枕咖喱

170610shinjyukugyoen01 『焼麺 劔』を出て副都心線西早稲田駅まで歩いた。日差しが厳しいね。副都心線に乗り2駅目の新宿三丁目駅で下車。新宿駅は言わずもがなだけど、新宿三丁目も丸ノ内線と新宿線も乗り込んでいるのでこちらも出口がいくつもあり迷路と化している。次の目的店は新宿御苑にほど近いビルの2階にある『curry草枕』だ。店主は北海道でスパイスマニアとして何らかの活動を経てから自分の店を出したところ、新宿で評判のカレー店と言われるようになったそうだ。狭い折り返し階段を登っていくと入口ドアの前で先客が一人待ち。よく見ると店内に5席待ち。ちょうど正午くらいの到着だったが人気店であるのは間違いない感じの人気ぶり。我の後にも来客は相次いでいた。待っている間にメニューを渡され口頭で注文。20分くらい待ってようやく席に案内された。厨房には男の店員3人と接客の女店員3人。客席は窓際に一列のカウンター6席と壁際に4席。2人がけテーブル3卓と4人がけテーブル席1卓、上がりに4人卓がひとつ。

170610kusamakura00170610kusamakura01 170610kusamakura02_2 curry 草枕

『なすチキン(5辛)』 880円+『ラッシー』 250円=1130円

我はカレーのトッピングだと本当は揚げナスが好き。でもなかなか無いんだよね。この店だとメニューの上から2番目にあったので迷わず注文。辛さは3がおすすめで辛さに自信がある人は5以上と書かれていたので辛さを5に指定。出てきたカレーは奇をてらわない全うなカレー。でも掬ってみると普通のカレーではないのが判る。まるで『ステーキ宮』の「宮のたれ」みたいのように繊維が残っているのがわかる。丁寧に作っているんだね。辛さはしっかり辛いけど美味い。いい塩梅。揚げなすも美味くてスプーンが進む。ラッシーは甘みも酸味も大人しめ。満足はした。

170610kusamakura05_2 店を出るとちょうど新宿御苑入口。我は新宿御苑には入った事はないので入ってみるかという気になった。体の疲れは感じるが、精神的にリラックスを感じることの方をとろう。急いで帰る必要もないし。200円を払って入園。てっきり日本庭園が広がっているところかと思っていたが、だだっ広い芝生空間が広がるイギリス式庭園や、左右対称に花壇が並ぶフランス式庭園、大温室などがあった。思わず一周したくなったが、途中で体力電池が切れてきているのを実感した。こんな事は久々。沖縄旅行の時以来かな?途中の休憩所で休みを入れつつ入口に戻った。

170610kusamakura03新宿三丁目駅に戻ってみなとみらい線直通の快速に乗ってそのまま終点まで乗って帰路についた。

2017年6月 3日 (土)

妄想印度

強い日差しと青空が広がった土曜日。もうすぐ梅雨入りだろうし、今日は都内に出てみる気になった。

170603yokohama01 カレー食べ歩きを再開してからというもの、いつかは高円寺のカレー店に行かなくてはなーと思っていた。70年台からのヒッピー文化と90年台のサブカル文化などなどが融合した中央線文化の中心的存在で、日本印度化計画の発祥の地でもある街、高円寺。大げさか。一般のインド料理店のカレーとも日本のカレーとも違う、マニア向けの高円寺的なカレー店を発見したので、今日は禁断のカレー店連食を試みる事にした。
途中中野で電車を乗り間違え新宿方面に戻ってしまったりして高円寺到着は11時40分くらいになってしまった。駅から徒歩3分ほどのところにある『インド富士子』という店。高円寺らしい屋号の店だ。本店は東小金井の『インド富士』という店らしい。店も看板が小さくて一見何の店だかわからない。暖簾らしいものは出ているが営業中なのか一見不明だが勇気を出して入ってみると「いらっしゃい」との声。あまり客商売には向いていないような内向的な印象の小柄な中年女店主が1人。店内は暗く一列のカウンター8席のみ。裏口も開け放たれて、仲屋むげん堂購入と思われるインド風カーテンが風になびいていた。先客はなくすぐ後に後客が入ってきた。水の入ったコップを店主がくれたタイミングに口頭で注文。更に後客1人。
170603indofujiko00 170603indofujiko01 インド富士子 『フィッシュ&チキン』 1000円
今日のランチはダルとフィッシュとチキンの3種。その中から2種を選んで注文。その2種はインディカ米のかために炊かれたサフランライスで分けられている。どちらのカレーもサラッとしたタイプだが左側のチキンはやや濃厚。フィッシュの方は鯖肉がゴロッと2つ入っていて、スリランカ風なのかな。辛さは適度。2つともパクチーと紫玉ネギが散らされて、付け合せにキャベツの酢漬けのようなもの。普段食べれないような、本場インド的な異国の雰囲気が漂う一皿。これを素手で食べるとより本格的に味わえるんだろうなー。

次の目的店の開店が13時と遅い為1時間弱駅周辺をブラブラした。昔の高円寺の濃厚さを知っている我からすると少し物足りなさを感じた。その後駅反対側のパル商店街を抜ける少し手前に横道に逸れる。そこもちょっとしたアーケードの無い商店街になっていて西友があり、その少し先に目的店『妄想インドカレー ネグラ』に到着。ちょうど開店時間ピッタリに到着。営業中の札は出ているものの何となく雰囲気がおかしいので躊躇していると、店主と思しき中年男が「今開けますんで少々お待ち下さい。」と言われたけどすぐ案内された。サイケデリックな内装。ガラス瓶に入った黄色い粉と並んで異様な中華人形まで瓶に入っている。実に高円寺っぽい店だなー。厨房には先程の中年店主と女店員の二人。店内手前に一列のカウンター5席。2人がけテーブル席4卓と4人がけテーブル席1卓。後客6人。その中で半袖半ズボン姿の小柄な髭の男が店主に「久しぶり!ご無沙汰!」みたいに親しそうに話しかけていた。会話が続くんで耳に入ってくる。「今度カレーの本出すんで、こちらの店も紹介します」とか言っている。でよく顔を見ると以前伊勢佐木町にあった「カレーミュージアム」をプロデュースした評論家の小野員裕だった。こういうマニアックな有名人が普通にいるのも高円寺っぽい。

170603negura00 170603negura01 妄想インドカレー ネグラ 『本日のカレー』 1000円


この店には決まったメニューが無く、店主が「本日のカレーは~」と長々と説明が入る。よくわからないけどトッピング無しのカレー単品を注文。後客にも各々説明が入るので、それを聞き取れるだけメモしてみた。右のは「レンズ豆とローズマリーとヒラタケのダルカレー」、左のは「新牛蒡と青山椒のキーマカレー」…だったと思う。中央のインディカ米のサフランライスの上には紫玉ネギとスライス人参の酢漬け、そしてパクチー。雰囲気は伝わるが我の知るカレーとかけ離れたカレー風料理。でも美味い。ダルカレーはハッキリしなかったが、牛蒡と青山椒のキーマカレーは良かった。妄想インドカレーっていいフレーズだねー。インドに行ったことがない店主が半ば自虐的に付けたフレーズらしいが、そんなこと言ったら我だって妄想でインドカレーを食べている。サフランライスと書いたが、それが正しい呼び方かも解らない。多くの日本人はカレーと言えばインドを想像するが、日本のカレーはイギリス経由のインドカレーとはかけ離れたもの。でもそれでいい。インドは妄想の中でいい。全部ひっくるめて今日のタイトルは「妄想印度」にしよう。

2017年5月22日 (月)

咖喱咖喱

月曜日、念願の有給休暇を使用した。土日では出来ない家の事をゆっくりして過ごそうと考えていた。ところが良い天気の平日。家に引き篭もっていてはモッタイナイ!と思ってしまい結局買い物をする為都内へ出てしまった。昼は当初秋葉原駅から少し離れた場所にある平日営業のみのカレー店を狙ったのだが、残念ながらフラれてしまった。すかさず予備としてチェックしていた店に切り替え移動。歩きながら台東区に入ってしまった。現れた目的の店は『カリカリ』といい、カレーとガレットの店だと言う。こちらも日祝定休の難関店。感じの良い喫茶店といった店構え。早速入店。厨房には熟年夫婦と思しき男女2人。2人卓が4つと4人卓が4卓くらいかな。先客1人後客3人。口頭で注文。

170522karikari00 170522karikari01 カリカリ 『ビーフとスリランカのツインカレー』 980円

壁に貼ってあった写真入りメニューを指差し注文。ご飯で2種のカレーを分けているワクワクする盛り付けの一皿。これって家庭ではなかなか出来ない夢のビジュアル。後半混ざらないように食べるのが難しかったけど。嬉しいことに前菜のサラダ付き。卓上に福神漬も標準装備。2種のカレーもコントラストが際立ち食べていて面白い。左側のビーフは濃厚で牛肉もトロトロ。右側のスリランカはサラサラで辛さが際立ち、野菜が甘くて美味い。どっちも美味しい。無理にどちらか選ぶとスリランカかな。大満足と言ってよいだろう。結果的にこの店のカレーを食べられて良かった。

2017年5月14日 (日)

日曜神保

昨日までの雨は収まったものの厚い雲に覆われた灰色の空の日曜日を迎えた。昨日は雨のため近場にしたが、今日は雨も降らなさそうだし都内に出てみるか!という気になった。目指すは我にとって馴染み深い街、神保町。日曜の神保町は定休の店が多く寂しい雰囲気なのだが、今日の目的と定めた店は日曜日も営業している。そして今まで存在すら知らなかったので初訪問となる。理由は今回の店がラーメン店でもカレー店でもなく、中華料理店だからだ。最近中華料理店の出すカレーにマスコミが食いついている。我もある番組で紹介されていたカレーが気になって今日来てしまったのだ。ミーハーにも程がある。店の名は『新世界菜館』という神保町交差点近くにある立派な中華料理店。上海蟹料理で有名らしいのだが、賄いで出していたカレーが評判になり看板メニューになったという黄金のパターン。店に到着したのは開店5分前くらいで誰も待っていない。定刻に開店して我が最初に招き入れられた。でもすぐ後にどこから現れたのか6人くらいの来客があった。店内は高級そうで厨房は当然見えない。テーブル席のみで2階席も結構あるようだ。その割には後客は外待ちさせられてたね。口頭で注文。

170514shinsekaisaikan00 170514shinsekaisaikan01 新世界菜館 『排骨カレー』1296円

カレーは基本の中華風カレー、豚角煮カレー、排骨カレー、カツカレーの4種がある。当初番組でも紹介されていた豚角煮カレーを注文するつもりだったが、角煮とカレーのマッチングがどうしても良い想像できず急遽排骨に変更。まず前菜のサラダとかきたまスープとお茶が出された。最近前菜のサラダがありがたく感じるようになってきた。そしてカレーは大皿で登場。玉ネギ、ジャガイモ、人参、豚肉が入った家庭のカレーを思い出させる安心の一皿。異彩を放つのが温玉が入っていること。そして排骨は本格的な揚げ方をしている。排骨にして大正解といった感じ。ちゃんとした食事がとれて満足した。腹いっぱいになったので今日はこれでいいや。

170514ramen800 神保町にある北海道ラーメン『ラーメンエイト』が閉店していた。先月の事らしい。10年以上前何回か利用した事があったが、ラーメン食べ歩きをはじめてからは結局行けず終いだった。残念だ。

その後水道橋から御茶ノ水に移動し湯島聖堂を抜け秋葉原に出て京浜東北線に乗り関内に出た。サミットで買い物をして帰宅した。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき