カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2017年4月22日 (土)

火星咖喱

本日のカレーは池袋で。以前池袋の地下街を歩いていた時『火星カレー』という文字が目に飛び込んで来た。少女と星が書かれたアニメ調のイラストだったのでその時は際物カレー店だろうとスルーしたけど覚えていた。今日はその店に行ってみよう。東武東上線の終点池袋で下車。地下街を歩いて目的の店を探す。池袋も新宿同様の地下街がとてつもなく広いので迷いやすい。スマホがないと確実に迷いそう。地上に出て店を探す。あー以前汁なし担担麺を食べに訪問した『中国家庭料理 楊』の近くか。「火星カレー」とデカデカと書かれた看板が地下の店へと誘う。階段を降りて入店。結構圧迫感がある店内だ。脇厨房には男の店員2人と女の店員1人。カレー店なのに入口脇に券売機。シンプルな火星カレーを筆頭に鶏、豚、馬、鹿、牛、羊、鴨、そしてカンガルーまであり動物園のようだ。厨房前に一列のカウンター6席と2人がけテーブル席4卓。先客10人。

170422kaseicurry00 170422kaseicurry01 火星カレー

『カンガルーカレー(中盛・大辛)』 1080円+『焼きチーズ』 150円=1230円

一番目を引いたカンガルーカレーと焼きチーズを選択。ライスは大盛りまで無料。辛さも大辛まで無料。チーズはバーナーで丁寧に焼き目をつけてくれた。ドリアのような見た目のドライカレーか。肉は小さいのがゴロゴロとまんべんなく入っていた。カンガルー肉の白ワイン煮らしい。鶏肉のような食感と豚肉のような味。カレーはチーズでねっとりとしながら香ばしい。辛さは大辛なわりにピリ辛程度。舌がヒリヒリすることはない。スプーンはヘラのようなさじの部分が長い、あまり見かけないもの。これが意外と食べやすく欲しくなってしまった。際物カレーと思いつつ入ってみたが、食べ終わってみれば大満足の一皿だった。また訪問したいと思った。

副都心線みなとみらい線直通で元町・中華街駅まで一気に戻って帰路についた。

2017年4月15日 (土)

春末豆蔵

吉祥寺のカレー、と言えば我にとっては『まめ蔵』。今日は冒険しないで吉祥寺での休日を楽しもう。開店ちょうどの時間を狙ってやって来たが店前に10人ぐらいたむろしていた。2分程度遅れて開店。先客に続いて入店。口頭で注文。

170415imamezou00 170415imamezou01 吉祥寺カレー屋 まめ蔵

『スペシャルカレー(ビーフ)』 1130円+『ランチセット』 100円=1230円

この店ではスペシャルを注文するのが我の常。だけど肉を選択出来るシステムに変わっていた。今回はアイスティーも付けた。カレー自体は変わっていないけど野菜が減りフルーティーな味わいが減少している。代わりに豆感が増しダールカレーのようなもっさりした味わいが増している。美味しかったけど何となく残念な気がした。
この後中古CD屋や本屋を巡って休日の吉祥寺散策を楽しんだ。

2017年4月 9日 (日)

春雨印度

昨日に引き続き弱い雨が降り続ける日曜日。2日連続ラーメン連食してしまったので今日は麺休日。胃はすっかり印度料理を求めている。パンチのある香辛料の複雑な味わいに飢えていた。実は昨日もそうだったのだが、『時雨』が日曜定休という情報があったから仕方なく連食したというのが正直なところ。我の以前からのお気に入り、伊勢佐木町の『モハン』へ。インド料理は店を変えてもそれほど差が無く感じるので、我はもうここだけでいい気もする。早速入店。先客1人後客2人。口頭で注文。

170409mohan00 170409mohan01 インド料理 モハン 『LUNCH D set ラムカレー(veryhot)』 1050円

前回食べ放題のビュッフェを頼んで後悔したので、我の胃袋が求めているラムカレーを迷いなく注文。これですよ。veryhot選択も結構厳しいけどギリギリ辛さより美味さが勝る良い塩梅。焼き立てナンもおかわりして大満足の昼飯だった。食後のチャイで口の中の辛さもリセットされ心まで穏やか。

2017年4月 1日 (土)

大森咖喱

4月初日の朝は雨模様。いつものどおりに早朝に起きたけど行ってゴミ捨てだけ行って二度寝。そうしたら目覚めたのは10時前。外を見ると雨はまだ降っているものの小降りになっていた。出かけると着替えて家を出た。今日は大森に出てみるか。京浜東北線に乗り大森へ。駅へ降りて「あー懐かしいなー」と思った。以前勤めていた会社で初期の頃ここ大森から通ったものだ。線路沿いに蒲田方面へ歩くこと3分ほど。今日最初の目的店に選んだのはドライカレーとスープカレー、パスタを提供する店『インディー』大森店だ。千葉や埼玉にも店があるらしい。日曜定休らしいので今日やって来た。早速入店。店内は明るく清潔感があるね。厨房は奥にあり、若い男の店員と女の店員の2人。壁向かいに一列5席のカウンター席。4人がけテーブル席3卓。先客1人後客ゼロ。口頭で注文。

170401indie00 170401indie01 ドライカレーとスープカレー インディー 大森店

『デラックスドライカレー(8辛)』 880円

この店の看板メニューを注文。辛さも選ぶ事が出来る。食べログレビューによるとこの店はあまり辛くないとの事だったので、思い切って超大辛指定の8辛を選択。先に付け合せが提供された。玉ネギのみじん切りと干しぶどう。遅れてドライカレー登場。挽肉カレールーの上と黄色いサフランライスの上に、それぞれ粉チーズとパセリでラインが描かれているのがいい。このメニューの写真を見て訪問する気になったのだ。ドライカレーはあまり食べない我。久々に食べたが美味しい。挽肉感がいいね。辛さもピリ辛レベル。粉チーズが濃厚さと辛さを中和させスプーンが止まらなくなる感じ。玉ネギと干しぶどうも少しづつ加えつつ文句なく完食。満足出来た。

2017年3月22日 (水)

立喰牛八

大井町駅そばに『牛八』というカレー&牛丼の店がある。中国人が店主で、やたら出たがりな性格らしくテレビには何度も紹介されていたりする。先日大井町に行った時見つけた。かなりの狭さと薄汚れ感があり、まあ我好みな店構え。定時退社日を利用してわざわざ帰宅途中大井町まで出た。JR中央改札から徒歩1分程度、東急大井町線駅まで行く線路沿いの上り坂の途中にある。派手で薄汚れた感じは相変わらず。早速入店。そうしたら狭い店内に先客6人でギュウギュウ状態。椅子なんて無い。全員立喰い。でも厨房に立つ店員は「壁側にどうぞ」と言ってきた。狭くて身動きが取れないが1人壁側を向いて立った。あっ、その前に口頭で注文。料金後払い。先客6人後客2人。中国人店主ではなく日本人店員だった。

170322gyuuhachi00 170322gyuuhachi02 170322gyuuhachi01 牛八 『スタミナカレー』 650円+『サラダセット』 50円=700円

大井町名物とまで名乗る看板メニュー「スタミナカレー」を選択。注文時甘口か辛口か聞かれるが、うっかり辛口を選択すると50円プラスになる罠。その罠を回避し、代わりに同じ50円プラスのサラダセットを注文。最近流石に野菜不足を感じていたので。福神漬けの有無も聞かれた。卓上に福神漬けがあるのに。先に出されたサラダはほとんど千切りキャベツにドレッシングをかけただけのもの。だけど適量。コストパフォマンスはいいかな。そしてカレーも間髪入れずに先客の肩越しに手渡された。だけど皿がヌルヌル。ちょっと危なかった。いよいよ食べようと思ったら、壁側のスタンドの上に何故か小さい板が出っ張っておりとても食べにくいんだよ。先客が退店したのを見計らって厨房前のスタンドに180度回転し移動。また皿がヌルヌルで危うかった。スタミナカレーは豚丼&カレーになるのかな?『バーグ』の「スタミナ」とは違う。どちらかというと高円寺の『タブチ』の「牛丼&カレーW盛り合わせ」に近い。でもこちらは豚だ。そして両方共玉ネギが大量に入っている。皆何処かで食べたことがあるであろう日本カレーの味。でもそれが仕事終わりの空きっ腹に心地よい。満足して帰路についた。

2017年3月11日 (土)

燻製咖喱

『雷鳥』を出て人形町方面へ歩を進める。気になるカレー店を見つけたので行ってみる事にした。燻製にしたルーで作ったカレーを提供する店『くんかれ』という店だ。大久保にも支店をだしているらしいが、この人形町にある店が本店らしい。複数の飲食店が入ったビルの1階にあり、なかなか見つからずビルを1周してようやく発見。早速入店。ちょっとバルのような雰囲気。厨房には黒服の男の店員2人。厨房前に一列のカウンター8席、2人がけテーブル席3卓と奥の方に4人がけテーブル席が2,3卓見えた。先客2人後客3人。口頭で注文。

170311kunkare00 170311kunkare01 燻製カレーくんかれ 日本橋人形町本店

『燻製全部のせカレー(辛口・やや濃い目)』 1000円

一番人気という全部のせを注文した。辛口で20円増し。燻製の強さまで3段階選べたので中間のやや濃い目選択。ライスの量も選べたのでこれはMサイズ(200g)にしておいた。5分ほど待って着皿。おおっ燻製の匂いがする。カレーの匂いに負けておらず合わさっている。のっている具はチーズ、玉子、ベーコン、鶏肉。いずれも燻製処理されている。ご飯はかために炊かれている。ラーメンの麺の感覚で200gで適量かなと思っていたが、全然足らなかった。こんなに少ないのか。ご飯とカレーの割合がおかしい。それでも初めて食べる味わいの燻製カレーは面白かった。これほど独特の風味を持ったカレーに出会ったのは初めてだ。ライス量のバランス以外は大満足。我が主に日本風カレー店の食べ歩きをしているのは、インド料理店のカレーはどの店行ってもそう大した味の差は感じられないのでつまらないからだ。日本風カレーの店はラーメン店並に個人店が多くバラエティーに富んでいる。この店は特にそう感じた。

その後人形町駅に出て都営浅草線に乗り東銀座に出た。

2017年2月17日 (金)

二色盛食

仕事を終え7時半頃有楽町駅に戻ってきた。晩飯はこの辺りで食べて帰るか。ラーメンはもういいや。となるとカレーか。調べると駅前丸井の地下に『東京カレー屋名店会』なる店があるらしい。どうもいくつもの有名店のカレーが一緒に楽しめる店らしい。『エチオピア』@御茶ノ水、『デリー』@湯島、『共栄堂』@神保町、『プティフ・ア・ラ・カンパーニュ』@半蔵門、『ビストロ喜楽亭』@三宿の5店。行ってみると地下飲食店街の一角に店を発見。コの字型カウンター15席。厨房にはインド系と思しき男の店員2人。先客は5人くらいだったかな?後客は2人くらい。口頭で注文。

170217tokyocurryyameitenkai00 170217tokyocurryyameitenkai01 170217tokyocurryyameitenkai02 東京カレー屋名店会 『2店盛り組み合わせ Aセット』 1020円

『エチオピア』の「名店会オリジナルチキンカレー」と『デリー』のバターチキンカレーのセットを注文。小さなカレーポット2つに色の違うカレーが入っている。『エチオピア』の方はあっさりとしたスパイシーなチキンカレー。『デリー』の方はぼってりとした甘いバターチキンカレー。コントラストは面白いし美味しいとは思うけど、何か落ち着きがなく一皿としての満足度は低かった。

2017年2月 4日 (土)

魯肉咖喱

このところ朝起きるのが異常に辛くて「休日になったら昼まで寝てやろう」と思っていたが、実際となると習慣でいつものように早朝に起きてしまった。ゴミを捨てにいかなければならないしね。外へ出ると雲ひとつない青空が広がっている。あんまり寒さを感じない。明日は雨が降る予報だったし、出かけるか。特に行きたい店も考えていなかったけど、ちょっと興味を惹かれた店があったので考えなしで行ってみることにした。ちなみにラーメン店ではなくカレーの店だ。まず横浜に出て買い物をした後、東海道と山手線を乗り継いで新宿に出て、更に総武線に乗り換え一駅目の大久保で下車した。狙いは昨年12月1日に開店したばかりなのにマスコミに注目され話題となっている『魯咖(ろか)』という店だ。薬膳カレーと、台湾のソウルフードである魯肉飯を提供するという斬新な店。この組み合わせは考えつかなかったな。到着はちょうど正午過ぎ。店は駅から2分程度の路地にあり、遠目から行列が生じていたのですぐ判った。雑居ビル1階の片側が店舗になっていて明らかに狭い店。その前に10人以上並んでいた。我の後にもすぐ列が伸びていく。すごい人気だ。結局40分待ちで入店出来た。厨房にはさっき招き入れてくれた女性店員が一人。ああ女性店主ひとりで切り盛りしていたのか。これは大変だ。厨房前に2人がけカウンター席と壁向かいに7人がけカウンター席のみ。厨房前には香辛料がいくつも飾られていた。口頭で注文。

170204roka00 170204roka01 SPICY CURRY 魯咖 『ろかプレート(チキンカレー)』 950円

店主オススメとして筆頭メニューになっているカレーと魯肉飯のあいがけプレートを注文。カレーは4種から選べたが、これも店主オススメの魯咖チキンカレーを選択。粒粒がたくさん入ったカレーの中に焼いた鶏肉が入っており結構辛い。ご飯の上に豚肉がのっているけど、これがまさか魯肉飯?あまりに存在感が希薄。ご飯の後ろ側に野菜や酢漬けの玉ネギ等があり、これを後半混ぜて食べるよう女性店主がアクション付きで説明してくれたのでそれを実行。食感に変化ががあり美味しい。エスニック感溢れるカレーだ。カレーとしてとへも美味しく満足出来た。でも肝心の魯肉飯とのミックス感はほとんど感じられず終いだった。

2017年1月28日 (土)

虜鶏咖喱

170128nakano00 懐かしい中野駅周辺を散歩した。中野ブロードウェイに入りしばらくぐるりと探訪。懐かしいおもちゃが売られていて冷やかすには面白いけど、買ってしまう事はないねー。買っってしまうとブラックホールに入ってしまう気がする。商店街のパン屋でパンを買ったくらい。駅の方に戻ったが改札には入らず迂回。懐かしい『タブチ』中野店に行ってみたが見つからず。閉店してしまったか。そうとなれば事前調査で当たりをつけていた店へ行くとするか。線路に沿って西の高円寺方面へ8分ほど歩いた。初めて来たけどこの辺りになるとすっかり住宅地になるね。線路沿いに行列が出来ている店が遠目からでも判った。店の名は『トリコカレー』。昨年5月に開店したらしい。秋葉原近くにある行列店『カレーノトリコ』と似ているが無関係のようだ。店前に5人の行列。その後に続いて並ぶ。先客は数人店から出ていったがなかなか店員が呼び込みにこない。15分くらい経ってようやく入店。中に入ると厨房には初老の店主と思しきおじさんと、若い男と女の店員の3人。青い内壁でなかなかお洒落な店内だ。厨房前に一列5席のカウンター席。2人がけテーブル2卓と4人がけテーブル1卓。ほとんど席は埋まっていないが店内が狭い為間隔を設ける為客を呼び込まなかったのか。これは回転遅いはず。口頭で注文。

170128toricocarry00 170128toricocarry02 170128toricocarry01 トリコカレー 『チキンカレー(白米・普通盛・辛口)』 1100円

この店の看板は「ピピカレー」という野菜をふんだんにトッピングしたメニューらしいが、我はチキンにした。ご飯は白米か玄米か選べ、量も大盛り無料、辛さも辛口か普通か確認される。注文直後にパスタ入りサラダの前菜が提供された。5分ほどしてカレーが登場。白い鶏のささみが多めに入っているのが目につく。ただボイルしただけの味付けなしのサッパリした鶏のササミ。したしかしご飯の量が多い。普通盛りで350gだとか。そしてルーは濃厚で純日本風な感じ。あまりにルーが濃厚なので割りスープ(鶏)がカップで提供される。辛口指定なのでなかなか辛さはある。それにしても凄いボリューム。カツカレー頼んでいたら食べきれなかっただろう。このチキンカレーは何とか食べきった。満足。

2017年1月14日 (土)

須田咖喱

予想していたより寒くない朝を迎えた土曜休日。今日は都内に出かけてみようという気になった。最初はカレー。選んだ店は『トプカ』。結構有名な店で、以前伊勢佐木町にあった「カレーミュージアム」に出店してた時に食べた気がする。でも本店は初めて訪問する。神田須田町の路地裏に緑に囲まれたような店があった。インドとイギリスの国旗が店内から貼られている。この店はインドカレーと英国カレーの2本立て。入ったとたん驚いたのだが、入口に若いインド人女性が立っていて注文を確認してくる。料金先払。なので店に入る前に食べたいメニューを決めておく必要がある。厨房は店の奥にあり見えにくかったが男の店員2人。壁側に一列7席のカウンター7席、2人がけテーブル席3卓と4人がけテーブル席3卓。先客2人後客6人。

170114topuka00 170114topuka01 トプカ 神田本店 『インド風ポークカレー』 950円


色々メニューがあって迷ったのだが、迷った時は筆頭メニューの法則に従い注文。具は脂身の多い煮込みポーク、ジャガイモとナス、玉ネギと人参。何となくポトフのような感じ。スープカレーのようにサラサラしている。辛さも結構強烈。インド料理店の複雑な辛さではんく、唐辛子のように鋭い辛さ。なかなか個性もあり有名になるのもわかる。インド風と欧風の二刀流カレー店ということでメニュー豊富でまた訪問してみたくなった。満足だ。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき