カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2017年12月 3日 (日)

定番印度

ようやく香川遠征の記事を書き終えた。それでもその後の書かなきゃいけないエントリーがたくさん控えている。今日も近場だね。天気はいいけど。疲れたので二度寝をしたら11時前だった。布団を干してから家を出る。今日はラーメン等は端から選択肢に入れていない。久々にインド料理店のカレーが食べたくなった。そうなると我は『モハン』のラムカレーだ。昨年までインド料理店も少し新店開拓してみたけど、結果をいうと味に明確な差がないので食べ歩きのし甲斐が感じられないので日本風のカレー店に絞ったんだよ。でインド料理のカレーなら我はこの『モハン』さえあれば十分。そしてそのラムカレーには我にとって習慣性が高く、定期的に口にしたくなる一品だ。他はネパール系の店が多いけど、この店にはネパールの旗が見当たらないので本当にインド人経営の貴重な店かもね。正午ちょっと前に入店。先客4人後客6人。口頭で注文。この日本の景色とは完全に異なる地下空間と流れるインドミュージック。トリップ準備は万端だ。

171203mohan00 171203mohan01 インド料理モハン 『LUNCH D Set ラムカレー(very hot)』 1050円

口に入れた瞬間から「もーう、これこれ!」と思ってしまった。このアツアツのナンとインドの複雑な香辛料による激辛スパイスでヒーハーヒーハーすれば現実は霞んで精神は別の世界に擬似転送される…ように思う。その激辛大汗トリップが落ち着いた頃に少しづつ飲む甘い甘いホットチャイ。ここまで我をホッとした気持ちに落ち着かせる飲み物はない。大満足。今日はこの満足感のまま帰宅するとしよう。

2017年11月26日 (日)

咖喱台所

『牛肉拉麺』食べた後に近くのサミットで買い物をした。でも連休最後が蘭州拉麺だけというのが寂しくて。たまたま行ったら開店してたので入ってしまっただけの事。本当は日本のカレーが食べたい気分だった。なので近くにある我のお気に入りのカレーハウス『キッチン・Y』に入店した。厨房にはおばさん店員1人。前後客ゼロ。口頭で注文。

171126kitcheny00 171126kitcheny01 カレーハウス キッチン・Y 『ビーフカレー』 900円


我の定番ビーフカレーを注文。この柔らかな牛肉がたまらない。先程筋張った牛肉を食べたので余計にそう感じる。そしてこのカレーに一番あった辛さで提供されるカレーがとても美味い。辛さだけがカレーではない。カレーの味というものがある。他の店も見習ってそこは守って欲しい。満足して帰路についた。早々に帰宅して香川旅行記を書き上げるとするか。

2017年11月19日 (日)

牛焼咖喱

どんよりと雲に覆われているが少し青空がのぞく、そんな日曜の朝。年末調整書類を作成したりして過ごす。10時頃家を出て関内方面からイセブラ。今日はラーメンはいいや。久々に『アルペンジロー』のカレーが食べたい。土日は11時半開店だから11時頃到着し名簿に名前を記入しておこうと店へ向かった。店前には「閉」の看板が立てかけられていた。あれ?外装変えたのか。山小屋風ではなくなっていた。元町にも支店が出来て、こちらは今や本店だからか。名簿に名前を記入していると中から店員がやって来て入店を促された。あれ?もう営業しているの?早速入店。テーブル席の方には先客3人、テーブル席側には数グループ入っていたと思う。口頭で注文。

171119alpinjiro00 171119alpinjiro02 171119alpinjiro01 横浜カリー アルペンジロー 本店

『牛サーロイン200g(天国)』 3100円+『大盛』100円+『季節のサラダ』 300円=3500円

今回はいよいよ牛サーロインを食べるぞ。焼き方はミディアム。まず前菜としてサラダを注文。中央のは温泉玉子で少しずつ潰して混ぜて食べた。ライスの量は今までちょっと少ない気がしていたので大盛を選択。飯盒で登場するスタイルは変わらず。ドン!とのったステーキが美味そう。肉は結構噛みごたえがある。でもね、正直言っちゃうと人参が一番甘くて美味かった。スプーンで簡単に切れる柔らかさだし。行儀が悪かろうが飯盒からスプーンで直接ご飯を掬ってカレーに浸して食べる。辛さ最上級の天国でも全然余裕。やや苦味を感じられるカレーは相変わらず絶品。大満足の食事を味わう事が出来た。

171119gyuunikuramen00 近くの『バーグ』弥生町店『濱龍』の間に新店を発見した。また蘭州拉麺の店。機を見るに敏だね。既存の大陸系家系ラーメン店が全部蘭州ラーメン店に鞍替えするような時代が来たりするのかな。

2017年11月 5日 (日)

白楽咖喱

171105hammar02 何の予備知識もなく街を歩いて見つけたカレー店についフラフラと入ってしまった。白楽駅前の路地を歩いて1分もかからない雑居ビルの2階に店舗を構える『ハマール』という店だ。今調べると今年7月18日に開店したばかりだという。早速入店。L字型カウンター7席のみの狭い店内。厨房にはおじさん店員2人。でも雑居ビル2階にある店としては入りやすい明るい雰囲気。先客5人後客4人。口頭で注文。

171105hammar00 171105hammar01 横濱咖喱商会 ハマール

『ハマールカレー』 750円+『目玉焼き』 100円=850円


油そばを食べた直後だったので基本のカレーに目玉焼きトッピングのみにした。ライスは黄色いサフランライス?。青のりとナッツがかかっている。具はドロドロに煮崩れて良くわからない。ルーはドロドロ。塩や油を控えたくさんの野菜でルーを作っているそうだ。どうりでトマト的な酸味が強く出ている。我はスパイスの粒粒が感じられるタイプが好みなので、個人的ストライクゾーンには入ってこなかった。でも良い店だという雰囲気は伝わってきた。

2017年10月15日 (日)

綱島咖喱

朝から雨の日曜日。横浜で買い物をした後東横線で綱島へ。今日の目的店はスープカレーの『らっきょ&star』。スープカレーの発祥の地札幌で店舗展開しているグループの出店らしい。開店は2013年5月25日。元々地元で有名店だった『スープカレーのハンジロー』の跡地。信州に移転してしまったそうだ。開店時間まで少しあったので駅から5分くらいのところにある東急ストアで買い物。その後路地裏を通って陸橋を渡って駅の反対側に出て店に到着。開店6分前くらいに到着したのだが既に4人が開店を待っていた。開店時間までに10人を超える行列になった。女性客が多いね。木材を多用した山小屋風の内装。厨房には男の店員2人と女の店員2人。厨房周りにJ字型カウンター6席。テーブル席は2人がけ席5卓、4人がけ席2卓。初回で満席となり外待ちまで生じていた。

171015rakkyostar00 171015rakkyostar01 らっきょ&Star  『知床鶏と野菜のスープカレー(LEVEL3)』 1700円

基本の鶏と野菜のスープカレーを頼むつもりだったけど、土日数量限定の知床鶏があったのでそちらにしてみた。ライスは白米か玄米、その量も選べる。我は白米の中220gを注文。ご飯にはあまり意味なさそうな小さい海苔が2枚張り付いていた。そしてメインのスープカレーの中央には知床鶏のモモ肉がまるごと1本入っている。その周りにジャガイモ、ニンジン、ナス、かぼちゃ、おくら、いんげん、ブロッコリーの野菜たち、そして茹で卵半個。無化調スープカレーは普通のカレーと違い薬膳的な味わいがある。野菜の甘さが引き立ち美味い。辛さはレベル3なのに結構な辛さ。汗が止まらない。鶏肉を上手くほぐして食べていたら自然とスープまで減ってくる。ライスの量とちょうどのタイミングで無くなった。バランスが良いね。野菜たっぷりで発汗作用があり健康的な食事をした満足感が得られた。流石百名店、再訪したいと思わせる店だった。

東横線各駅停車に乗り帰路に着いた。

2017年10月14日 (土)

付足咖喱

いつもどおり早朝起床してゴミ出しをしたのだが、その後二度寝をしてしまい起きたのが10時過ぎだった。元々今日は天候が悪いという予報だったので家に引きこもる予定でいた。だから特に行きたい店もなかったのでゆっくりと過ごす。でも一面雲に覆われてはいるが空から雨粒は落ちてこない。正午前に外出。近場の伊勢佐木町へ。昨夜2軒のラーメン店をはしごしたのでラーメンを食べる気持ちは高まらない。となるとカレーかな。選んだ店は『CoCo壱番屋』。今日は本当に行きたい店が無かったから。このブログでも何回か書いたが我はこの店と何故か相性が悪い。以降我は一切この店に足を運ぶ事は無かった。でも「世界最大のカレーチェーン」と呼ばれるようになったのは何か理由があるはず。そんな知的好奇心からだけで伊勢佐木モールの店舗に入ってみる事にした。一列のカウンター16席。厨房には男の店員2人と女の店員2人。先客2人後客4人。口頭で注文。注文を取りにきた若い男の店員はアジア系で、注文を間違って確認してきたので、すかさず店長と思しき中年男店員が「失礼しました」と再確認に入ってきた。ナイスフォローと感心したけど、人手不足の大変さの一面を見せられた気がした。

171014cocoichi00 171014cocoichi01 カレーハウスCoCo壱番屋 中区伊勢佐木町店

『ポークカツカレー(3辛・ライス200g/ロースカツ/チーズ/きのこ/ガーリック)』 1260円


この店の最大の特徴はトッピング。なので好きなものを色々追加。その分ライスを減らしたが十分な量。辛さを増すと別料金というのが気に入らないのだが3辛指定してみた。そうしたら結構辛い。ギリギリ平静に食べれるくらい。カレー自体はとろみのある一般的な日本のカレー。チーズ入りだからなおさらドロッドロ。悪くはない。でも味はフツー。この店はカレーの味で人気なのではなく、単にトッピングの多彩さでウケているのだろうとしか理解出来なかった。そのトッピングを追加してここまでの値段になってしまう。同じカレーチェーン店なら我は味もボリュームも断然『ゴーゴーカレー』派だ。再確認してみて相性自体は悪くなかったけど、満足度ではやはり良くないので、やはり再訪問の可能性は著しく低いだろうな。

その後伊勢佐木モールで買い物をして帰路に着いた。

2017年9月23日 (土)

吉野咖喱

2014年11月4日開店した『バーグ』吉野町店の存在は前から知っていたが、日曜定休の為訪問出来ていなかった。なので土曜日である事を利用して本日2店目として突発的に行ってみる事にした。蒔田から吉野町まで大岡川に沿って歩く。川べりの散歩は心が落ち着く。

店に到着。内外装共に白。新しいから当たり前だけど綺麗なバーグにちょっと戸惑ってしまった。厨房には男の店員2人と女の店員1人。店舗入口から左手にコの字型カウンター20席、左手に2人がけテーブル1卓と4人がけテーブル席3卓。先客6人後客3人。口頭で注文。料金後払い。

170923barg00 170923barg01 スタミナカレーの店 バーグ 吉野町店

『極厚ロースカツカレー』 950円


いつものスタミナカレーでは代わり映えしないなーとメニューを見ていたら目に飛び込んできた吉野町店限定メニュー。即決定。後客のスタミナカレーはすぐ提供されていたが、こちらはかなり待たされた。その分期待は高まる。登場したのは確かに肉厚カツがのっかった日本のカレーライス。千切りキャベツが多めが嬉しい。卓上からキャベツにドレッシングを、カツにソースを、カレーには福神漬けを添える。久々に『バーグ』でスタミナカレー以外のメニューを食べたが、ルー自体がこんなに濃厚だったのか。まるでチーズが入っているようだ。そしてカツは確かに肉厚で、これぞカツカレーという感じ。最近せんべいみたいなカツがのったカツカレーばかり食べていた気がする。『ぴょん吉亭』とあまり間を置かずの連食だった為後半スプーンのスピードが落ちたけど美味しくいただけた。満足。満腹。これは少し運動しないと。近くのマックスバリュで買い物をしてから徒歩で帰宅した。

2017年8月 6日 (日)

大船林檎

大船に来たのでカレー店もチェックした。インド料理店ではないカレー店ね。すると駅から徒歩4分くらいのビルにある店を発見した。『ちぃりんご』という面白い名前の店。ビルの奥のバーみたいな店構え。ちょっと入りづらかったけど勇気を出して入店。中もバーみたいだけどやや飲み屋感が薄い。女性店員2人で切り盛りしているらしく店内もそんな感じの小物が置かれているからかな。先客ゼロ後客6人。口頭で注文。

170806chiiringo00 170806chiiringo01 ちぃりんご 『あいがけカレー』 1100円

筆頭はキーマカレーで焼きカレー等もある。迷ったけどあいがけカレーがあったのでそれを注文。小さなサラダバーとドリンクバーが設置されセルフで取りに行くシステム。ほどなく長皿でカレーが提供された。チキンカレーとキーマカレーのあいがけ。チキンカレーの方はバターチキンで酸味を感じるもの。これは正直イマイチだった。一方の温玉入りのキーマカレーは筆頭メニューにふさわしい、肉の甘味とカレーの辛さのバランスがよく美味しかった。食後にドリンクバーからコーラを一杯し退店した。支払後アメを貰った。

2017年7月29日 (土)

爽癒休日

髪の毛が伸びて暑くて先週くらいから床屋に行きたくてしょうがなかったが、排骨カレーチャーハンをとって錦糸町に行ってしまった。今週こそ床屋に行く。事前に予約してあるので朝9時前に家を出て床屋へ向かった。天気予報では曇りとの予報だったが昨日と同じく青空がのぞき日差しが強い。朝イチの床屋で髪を短くしサッパリと爽やかな気持ちになれた。床屋を出たその足で中華街へ向かう。約半年ぶりにマッサージをしてもらう事にした。足つぼだけではなく全身、リンパ、耳燭等も含めた2時間コース。1万円超えだけど価値は十分にある。肩と腰がメチャクチャ凝っていると言われた。その分痛かったけど心地よい痛みだ。極楽気分とはこのコトだ。店を出ると休日の中華街の賑わいが広がっていて何だか白昼夢を見ているような気分になった。

さて今日の昼飯として選んだのは『アルペンジロー』。でも弥生町ではなく今年3月に開店したという中華街の外れにある元町支店だ。『アルペンジロー』が支店を出すとは思わなかった。中華街のそばと言っても観光客はまず来ないような人通りの少ない場所にお洒落な外観の店を発見。山小屋風の本店とは雰囲気がかなり違う。券売機は店の外に設置されており食券購入後入店した。中もお洒落な喫茶店風で清潔感がある。厨房にはおばさん店員が2人。客席は2人がけテーブル席7卓。先客3人後客2人。

170729alpinjiro00 170729alpinjiro01 アルペンジロー 元町店 『鶏カリー』 1080円

メニューは鶏・豚・野菜・牧場の4種。筆頭メニューを選択。辛さは同時提供される辛味ソースで自分でカスタマイズするようだ。出てきたカレーもフライパンや飯盒で提供される本店とはかなり様相が異なる。でもカレーはアルペンジロー。肉や野菜を煮詰めた苦味や酸味や甘みをかんじる。ジャガイモもニンジンも美味い。鶏肉は普通かな。満足は出来た。本店とコンセプトが異なるのは明白。この支店の位置づけは『アルペンジロー』の本店が持つ敷居を低くし普通のカレーショップに近づける試みかなと感じた。言うなれば『アルペンジローLite』。本店が好きな客が本店と支店を比較してケチつけるのは筋違い。我は結構気に入ったね。

床屋でサッパリしてマッサージで疲れを解して、昼はアルペンジローのカレー。とてもよい休日を過ごせた。

2017年7月 8日 (土)

間違満腹

170708kamioooka02 『らーめん龍』を出てから腹ごなしを兼ね歩いて上大岡へ移動する。涼を求め大岡川沿いに歩いていると川へ降りられるところがあったので降りてみた。木陰と水の流れる音はいいね。大きな鯉が数匹と大きめの亀が1匹泳いでいるのが間近で確認出来た。

銀行に寄るのと食材の買い物等で上大岡の街をしばしブラブラ。腹もこなれてきただろうと今度はカレー店を探す。前回訪問した『サニー・タージ』はスルー。その時近くに別のインド料理店があったのを覚えていたのでその店に行ってみる。『サティー』という小さな店だ。でも中は客で賑わっているのが確認出来た。早速入店。4人がけテーブル席が4卓と6人がけテーブル席が2卓くらい。先客13人後客6人くらい。厨房には男の店員4人くらい。口頭で注文。

170708sathi00 170708sathi01 インディアンダイニング サティー

『マトンカレー(辛口)』 780円+『ラッシー』 100円=880円

我の好きなマトンカレーを辛口指定し、ナンを指定。サラダ付き。猛暑なので水分補給の意味でラッシーも注文。程なくして提供された。ナンを千切ってカレーを浸して食べたが、やたらサラサラしている。あれ?レンコンみたいのが入っている。この店は変わったマトンカレーを出すなー…とか思っていたけど、食べ進める内に明らかにマトンではなく鶏肉が入っている。ようやく注文が間違えられているのがわかった。カレーってわかりにくいんだよ。店員を呼んで確認、詫びを言われて再提供してくれた。でも肉が変わっただけであんまりカレーは変わっていない気がする。辛口指定も忘れられたようだし。それに背脂二郎ラーメンを食した後の食べ直しなので満腹になってしまった。ナンも残して退店する事にした。今回の訪問は失敗に終わった。

暑さが酷いので無理せず帰宅する事にした。ゆっくり休もう。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき