カテゴリー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2018年12月 1日 (土)

高値肉挟

181201italiayama01 今日から12月突入。早いもので長崎旅行から帰ってきてから1週間も経ってしまった。それなのにほとんど旅行記事が出来ていない。この旅行記が書き終わらないと、頭の中で次に進めないので苦しい。そして自分の旅行記を書いている内に、佐世保バーガーが食べたい気分になってしまった。調べるといつの間にか「食べログ百名店」にハンバーガーの項目があり、我が横浜にも一店紹介されていたので、そこへ行ってみる事にした。

場所は横浜駅ルミネ6階、店名は『ヴィレッジヴァンガードダイナー』だ。ヴィレッジヴァンガード?あの事実上雑貨屋の?調べたら本当に同じ経営だった。ハンバーガーもやりはじめたのか!すでに結構店舗展開されていたようだ。到着したのは開店15分後あたりかな?レストラン街にあったけど目立った仕切りも少なく風通しの良いウッディな内装の店内。店員は若い男と女の店員が各2人計4人。先客もいなかったんで適当に座って口頭で注文。後客は若い女客や家族連れでルミネらしいな、ハンバーガー屋は我がいつも行くようなところと客層も違うなーと思った。

181201villagevanguarddiner00 181201villagevanguarddiner02 ヴィレッジヴァンガードダイナー 横浜ルミネ店

『ベーコンチーズバーガー(180g)セット』 2030円


ベーコンチーズバーガーは100gと180gがあり、今回はケチケチしないで180gを選択。セットにしてポテトとコーラも注文した。そうしたら2000円超えだってよ。ハンバーガーは基本マクドナルドやモスでしか食べていない我からすれば驚きだ。で、思ったより小さい。『LOGKIT』のスペシャルバーカー980円より小さいぞ。見た目はバンズもテカテカして、具も潰れてないし美味そうではある。

181201villagevanguarddiner03 実際美味しかったよ。幸運な事に我の嫌いなものも入っていないので安心してかぶりつく事が出来た。かぶりついて食べるってのは、原始的な快楽なのかことさら美味く感じる。かぶりついている間に色々な異なる食感が来るのもいいよ。バンズやパテやベーコン、チーズの質もさることながらマクドナルドとはそこらへんが違うね。やっぱり長年のマクドナルド感覚を捨て去る為にもハンバーガー食べ歩きは機会があればやってみようかな?味は満足は出来たのだが、我にとってこれはあくまでも軽食の部類。それにしてはちょっと高いなというのが正直な感想。

2018年11月28日 (水)

揚物閉別

半ば消滅しかかっている近所の山元町商店街。そこには我が家が昔から愛してやまないフライ屋があった。『さかい』という店だ。昔から親しみ過ぎて屋号なんか知らず単に「フライ屋」「ポテト屋」と呼んでいた。ここのソースが美味くて唯一無二の存在。揚げたてポテトが美味いのなんの。開店時間や定休日は気ままで結局知らなかった。「あっ!営業している!買って帰ろう」という感じ。我の子供の頃から営業しているので、あって当たり前のような存在だった。それが…何と来月10日で閉店してしまうというという情報を聞いた。驚愕情報だ!

定時退社日だった会社帰り、事の真偽を確かめるべく遠回りして山元町へ。あっ営業しているぞ!店前に先客2人が待っていた。とりあえずいつものメニュー、ポテトx4本、うずらx2本、串カツx1本を注文。ソースが染みるとせっかくの揚げたてのクリスピー感が無くなるのでソースは別にしてもらった。情報はやっぱり本当だった。悲しい張り紙が貼ってあった。

181128sakai00 181128sakai03 フライ屋さかい

50年以上3代に渡って営業していたのか。今になって初めて知ったよ。こうやってこの店前で待つのも乙な時間だった。それが…。我の分が揚げ終わって呼ばれた。おばちゃん店主から「もうすぐ店閉めますので、ソースサービスしておきますねー!」と嬉しいけど悲しい一言。これは来月11日を前にして早仕舞いしてしまいそうだ。このアツアツを家に持って帰る楽しみがもう…。本当に寂しくなるなー。我だけではなく近所の住民ほぼ全てが悲しんでるはずだよ。「なお、今後につきましては未定となります」の最後の一文にちょっと期待してしまう…。
181128sakai02 181128sakai01_2 帰宅後オーブンで少し温め、早速ポテトを食した。サクサクで美味い。ピリ辛ソースが美味い。このソースは長く保たないんだけど、それまで大切に使おう。この味は忘れられない。本当に唯一無二の味だった。本当に長い間ありがとうございました。お疲れ様でした。

2018年11月24日 (土)

雲仙食堂

地獄めぐりを終え、土産物屋等が集まる町の中心部あたりにやって来た。帰りのバスが到着するまで30分ある。すでに食堂も営業を始めているようだ。朝はカステラくずしか食べていなかったので、その内の一軒に入ってみる事にした。『朝日食堂』と書かれた暖簾が掲げられた店に入ってみる事にした。引き戸を開けてみるとおばちゃん店員とおばあさん店員が2人だけ。先客なし。古めかしい温泉街の食堂。4人がけテーブルが6卓ある。2階は座敷席になっているらしい。後客もなし。口頭で注文。

181124asahisyokudou00 181124asahisyokudou01 朝日食堂 『トルコライス』 900円

もうちゃんぽんはいいや。ラーメンとは違い早くもちゃんぽんに飽き始めている我はトルコライスを注文。サラダとスパゲティとポークカツ。ここまでは抑えられているが、ポークカツにはとんかつソースがかかり、バターライスはチャーハンになっている。庶民化トルコライス。そこに先程食べきれなかった温泉たまご1個をこっそりプラスした。満足の食事になった。バスチケット売り場があったのでチケットを購入。余った時間で土産物屋を冷やかし、定刻にやってきた諫早駅行きのバスに乗り雲仙を後にした。

2018年11月23日 (金)

長崎洋食

ちゃんぽんとは別に長崎名物となっているのがトルコライス。前回訪問時、本場のトルコライスを食べられなかった事は小さな後悔を残した。今回はそれのリベンジ。

長崎港から再び街の中心地である思案橋に路面電車で戻ってきた。その思案橋電停から歩いて1分程度のところにある『ツル茶ん(つるちゃん)』へ。大正14年創業という九州最古の喫茶店だそう。トルコライスを提供する店の中では有名店。入店すると天井が高い吹き抜けになっており、古めかしい大正レトロな雰囲気の内装。壁には昔の写真や柱時計、蓄音機などレトロな品が所狭しと飾られていた。客席は1階26席と2階44席の計70席。いずれもテーブル席。その1階から2階へ向かう階段に空席待ちの客が20人ほど並んでいた。軍艦島周遊ツアーを終えて急いで戻ってきたけど、到着したのは13時20分くらい。祝日の昼だから行列は仕方のないこと。我もその後に続いて並ぶ。30分ほどの待ちで案内され着席。2階の隅の席になった。冊子メニューを眺めながら口頭で注文。

181123tsuruchan00 181123tsuruchan01 ツル茶ん 『昔なつかしトルコライス(大盛)』 1460円

ハヤシライスやオムライス等様々な洋食が提供されている。トルコライスだけで7種類もある。我は基本メニューを注文。待っている間腹がグーグー鳴っていたので+180円で大盛りにした。ようやく到着した大ボリュームの美味そうな一皿。まるで大人向けのお子様ランチの様相。サラダとスパゲティとバターライス、揚げたてで短冊切りされたポークカツには辛さを全く感じないカレーソースがかかっている。日本人の口に合わせて作られた洋食の詰め合わせなので美味くないわけがない。大ボリュームだけどぺろりで終わった。大満足。我は長崎で本場のトルコライスを食した経験を持つ男になった。

181123tsuruchan02 +『ハーフミルクセーキ』 350円=1810円

この店オリジナルで名物でもある元祖長崎風ミルクセーキをハーフサイズで注文していたので食後に提供された。長崎のミルクセーキはシャーベットになっており冷たい食べ物になっっている。懸念していた甘さも控えめで実に美味しい。上にのっているさくらんぼが懐かしさを醸し出しているね。大満足で長崎最後の食事を終える事が出来た。

3分ほど歩いて宿泊していたホテルに到着。預けていた荷物を受け取って路面電車で長崎駅前バスターミナルへ。さようなら、長崎の街。2時40分発雲仙行きの高速バスに乗り、今日の宿泊地である小浜温泉へ向かった。

2018年11月22日 (木)

佐世保夕

181122sasebo00 平戸から佐世保への約90分のバス旅。最初の難関をクリアした安堵感でついうつらうつらと睡魔に襲われ気がついたら…それでも佐世保はまだまだだった。このまま到着すれば当初の予定で乗るはずだった長崎行きのバスに乗り換えられるけど、予定に追いつく事が旅の目的じゃない。やはり佐世保で佐世保バーガーを喰っていこう。次の長崎行きの高速バスは30分後に出るのだからそれにすればいい。という訳で佐世保駅前につく手前の京町というバス停で下車。向かったのは佐世保バーガーの店でも有名店『BigMan 京町本店』だ。昭和45年の創業。佐世保バーガーといえばベーコンと焼いた玉子が入ったベーコンエッグバーガーが連想されるが、そのベーコンエッグバーガー発祥の店だそうだ。アーケード商店街の出口からひとつ裏にまわった路地に、赤と白の縞模様の屋根が可愛らしいこじんまりした店を発見。思ったより小さい店舗だった。八坪しかないそうだ。早速入店。厨房には女の子店員が2人。先客は注文中のカップル2人だけ。普段は行列店らしい。平日夕方の強みだね。注文支払い後余裕で着席。客席はカウンター2席と4人がけテーブル3卓。後客3人。

181122bigman00 181122bigman01 佐世保バーガー BigMan 京町本店

『元祖ベーコンエッグバーガー』 650円+『セット(フライドポテト&ジンジャーエール)』 500円=1242円(税込)

元祖ベーコンエッグバーガーは確定だったけど、セットにするか迷った。結局セットにして佐世保バーガーを堪能する事を選択。その為マクドナルド感覚でいると高いなと思う値段になってしまった。でも佐世保バーガーは注文してから手作り。だからちょっと待たされた。待ったと言ってもモスバーガーくらいの待ち。提供されたのは可愛らしさすら感じる手作り感。いいね!正直味はハンバーガーなのでマクドナルドとかとそう変わるものではないが、ベーコンの食感が活きている。そしてアツアツで美味いや。ラーメンやカレーの次はハンバーガー食べ歩きも悪くないかも知れない。

181122bigman02 アツアツのフライドポテトをジンジャーエールで流し込みごちそうさま。あまりゆっくりと時間はかけられないのだ。でも我は佐世保バーガーを現地で食べた経験を持つ男になれた。

本当はもう一店寄りたかったんだけどせめてテイクアウトで!と立ち寄ったのが佐世保駅前にある『LOGKIT』佐世保駅前店。佐世保バーガーを事前調査した際一番美味そうに見えたんだよね。行ってみると凄い小さい店舗で客席はかろうじて2席あるが、これはもうテイクアウト専門と言っていいレベル。厨房にベテランおばちゃん店員と新入りの若い男の店員の2人。テイクアウト注文後先客が2人待っていたので外で待つように言われた。

181122logkit00 181122logkit01 LOG KIT 佐世保駅前店 『Special Buger』 950円

この店の看板メニュー、スペシャルバーガーを単品で注文。7分くらい待って提供された。温かい内食べたかったが我慢。明日の朝食にする事にした。

そろそろバスターミナルに行かなくては。もう今日はバスづくしだ。しかも長距離。夕日で色づいた佐世保の街を後にして5時半発の長崎行き高速バスに乗車。約5年半ぶりの長崎へ向け再び90分バスに揺られることになった。

2018年10月 7日 (日)

横須賀遊

快晴となった三連休中日の日曜日。いい天気だが暑い。30℃超えの完全に夏日だ。それは喜ばしい事なのだが、我はといえば昨日のライブの疲れが抜けきれず、もう朝からダラダラと過ごしたいという衝動に駆られていた。いや、それではイカン!きっと後悔する、と自分に迷わせないように朝9時半前には家を出た。

181007yokosuka00181007yokosuka01一応昨夜検討していたのが横須賀観光。我はまともに横須賀を観光という視点で訪れた事が一度もない。ラーメン食べ歩き目的で盲目的に訪れた事が何度かあるだけだ。ラーメンの方はようやく落ち着いてきたのでコテコテの横須賀観光してみようかと考えた。調べていると京急で「よこすか満喫きっぷ」なるものが売っているらしい。横須賀市内の京急線、京急バスが乗り放題で、加盟している店の食事とか入場料が免除されるとか。これは我の狙っている横須賀コテコテ観光に合致する。という事で、その切符を売っている上大岡駅に向かった。券売機で買えるんだね。案内所でパンフを貰って京急線に乗り込む。汐入駅に到着したのは朝10時15分くらいか。初めて降りた駅だと思うが駅前は開けて大きい建物が並んでいる。とても京急各駅停車しか止まらない駅とは思えない。

181007yokosuka04_3 181007yokosuka05 まずは駅から徒歩ヴェルニー公園へ訪れた。横須賀港に面している公園なので、対岸には米軍横須賀海軍施設と、公園の先には海上自衛隊横須賀基地があるので、普段は見れない護衛艦や潜水艦の本物のやつが停泊しているのが見える。これはなかなかのファーストインパクト。横須賀に来ている気分を盛り上げてくれた。青い空と海のコントラストが見事だ。だから休日気分も盛り上がった。

181007dobuita01 続いて訪れたのが有名な「どぶ板通り」。我は中学生の頃に一度来たというのが微かな記憶として残っている。もう少し狭い印象だったが、実際は普通の商店街っぽいね。ここで名物ヨコスカネイビーバーガーというのを食べてみる事にした。狙ったのは『TSUNAMI』という有名店。開店10分前くらいに到着したが、既に20人を超える行列が生じていた。客席は60を超えていると食べログにあったのですぐ入れるだろうと思って待っていたら大間違い。暑い日差しが降りかかる場所で30分待ちで店内に入れたのはいいのだが、そこからが長かった。調理に時間がかかるんだな。40分待ちでようやくハンバーガーが提供された。

181007tsunami00 181007tsunami02 TSUNAMI CURRY&GRILL 『よこすか満喫バーガーセット』

まずは体験と満喫きっぷの食べる券を使用して出来たのがこれ。ドリンク付きだけどクォーターサイズというちっちゃいのが出てきた。待っている間他の客に提供されたでかいハンバーガーを見ていたのでこれはガッカリ。ケチケチせず金だしてレギュラーサイズを頼んでいればよかった。手作りだからカリカリベーコンとシャキシャキ野菜で美味かったけどね。ファーストフード店とのものとは段違いだった。

2018年9月19日 (水)

奄美旅終

加計呂麻島瀬相港からフェリーで奄美大島古仁屋港に戻ってきたのは11時半くらい。3時55分発の飛行機に乗り帰路につく予定なので、午後3時には空港に戻りレンタカーを返さなくてはならない。でも古仁屋港というのは島の最南部にあり空港は最北部にある。約70Kmも離れており、島に高速道路なんて無いから車で休憩無しで1時間半くらいはかかる。もう戻って昼飯食べてお土産買ったらタイムアウトになるだろう。残念だがもう観光は出来ない。十分楽しんだしね。

カーナビで目的地を鶏飯の有名店『ひさ倉』にセットし出発する。奄美空港の10kmくらい手前か。今から休憩なしで車を走らせても到着は13時前くらいになるなー。加計呂麻島ドライブは予想以上に体力と精神力を奪う難所だったので、2車線道路になったとはいえ更に1時間の運転は、ペーパードライバーに毛が生えたような我としてはなかなかキツかった。最後の方は精神力が続かず眠気に襲われるような危険な状態だった。朝5時から運転しっ放しだからな。それでも何とか耐えて13時前には店に無事到着することが出来た。店舗は大きく店前には大きな駐車場がありたくさんの車が停車されていた。人気のほどが伺える。早速入店。入口にある名簿に名前を記入。3分ぐらい待つと案内され着席。テーブル席が多く奥に座敷席もある。134席あるそうだ。広い。厨房は仕切りがあり見えない。土産物等も売っていた。年中無休らしい。口頭で注文。

180919hisakura00 180919hisakura03 けいはん ひさ倉 『焼鳥付きけいはん』 1250円

腹が減っていたので焼き鳥付きのけいはんを注文。最初に焼き鳥が提供された。もも2本と皮1本。空きっ腹に焼きたての焼き鳥はたまらなかった。

180919hisakura02 180919hisakura01 続いてメインの鶏飯が到着。こちらは御飯はおわかりOKらしい。小さなおひつなので茶碗2杯分くらいの量。焼き鳥もあるし当然おかわりした。鶏肉、(錦糸)玉子、パパイヤ(漬け)、タンカン(皮)、ねぎは店自家製らしい。これが最後の本場の鶏飯と思ってゆっくり味わいながら食べた。もちろん美味かった。

180919big200 締めくくりとして美味しい鶏飯も食べたし、あとは土産を買うだけだ。『ひさ倉』から車で10分くらいのところに島では有名店の『ビッグⅡ』へ向かった。大型ホームセンターだが土産物も豊富らしい。我はそんなに土産物をガンガン買う方ではないので最小限に抑えた。

180919amami01 あとは空港に戻って車を返すだけだ。最後に名残惜しくなってしまい途中の名も知らぬ海岸で車を降りた。もう雲を出て来てしまったね。もう帰れという事だろう。溜まっていたストレスも霧散出来た。平成最後の夏休みは充実したものになった。

無事車も返して帰りの飛行機には間に合った。鹿児島から羽田行きの飛行機に乗り継いだのだが混んでいたね。1時間半ほど鹿児島空港で待ってから乗り継いだ。羽田には8時過ぎに、家には9時半頃に帰ってこれた。

2018年9月18日 (火)

朝食鶏飯

奄美旅行2日目の朝を迎えた。ものすごい寝癖の状態で目が覚めた。朝6時に大浴場に行って朝風呂に浸かる。誰もいなかったのでのびのび出来た。今日もこの島では珍しい、快晴の夏日となった。この日は午前も午後もそれぞれオプションツアーに参加する事になっていたので朝9時にホテルロビーで待っていれば良いという予定。でも朝飯を食わせるような店が近くに見つからなかったので、仕方なくホテルロビーに併設された食事処に入店。事前申し込みしていなかったのだが料金払えば大丈夫らしい。鶏飯が朝食で食べられるようでなかなか良さそう。

180918aikana00 180918aikana01 和食・中華レストラン 愛かな 『朝食バイキング』 900円

鶏飯だけではなく島豆腐やもずくなど地のものを付けた。バイキングが苦手な我だがなかなかのセレクションだったと自画自賛。鶏飯って朝食にいいなー。ただ鶏肉がない鶏飯ってのはなー。トータルとして美味かったし満足は出来た。

2018年9月17日 (月)

元祖鶏飯

島北部の美しい景色を楽しんでいる中空腹に襲われ車中「腹が減った…」と呟いてしまうくらいな状態に陥った。そこで狙ったのは奄美大島名物「鶏飯(けいはん)」の元祖を名乗る『みなとや』を訪問した。我はもう恥も外聞もなくガイドブック片手にその土地の名所名物を狙っていくという旅のスタイル。行き当たりばったりを楽しむなんていう「時間に余裕がある生活」を送っていないからね。我にはよくある事なのだが、偶然につい最近人気テレビ番組に紹介され話題になっていた。店に到着したのは正午ちょっと前。混雑しているだろうなと思ったが、偶然にも店前の駐車スペースに1台分空きがあったので駐車し店に突入。入り口に名簿があったのでそれに記入し入り口で5分くらい待たされて案内された。座敷席とテーブル席でトータル80席あるらしい。我はテーブル席へ案内された。

180917minatoya00 180917minatoya01 元祖鶏飯 みなとや 『鶏飯』 1000円

鶏飯とは乾燥させた鶏肉、錦糸玉子、椎茸、ネギ、大根の漬け物、海苔などをご飯に適当に投入し鶏スープをかけてお茶漬け感覚で食す郷土料理だ。この店は昭和21年創業。それまで炊き込みご飯のようだった「鶏飯」を、鶏スープをかけて食べる現在のスタイルにしたのがこの店発祥らしい。鶏スープは油分を感じさせないで鶏の旨味を抽出されている。

180917minatoya02 「郷土料理に美味いものなし」などと言われ大概は当たっているのだが、これは美味いね。お茶漬け感覚だからとても食べやすいというのもある。小さめのおひつにお茶碗3膳分くらいの量はあったので楽しめた。奄美旅行の間は1日1回は鶏飯を食べることにしたくらい好きになった。

2018年9月 8日 (土)

檸檬印飯

頭上の雲は多少秋っぽくなってきたかなと思うが、歩いているとやはり体力を奪われているのがわかるくらい暑い。横浜スタジアムを突っ切り中華街に移動する。横浜公園近くではアジア各国の料理が並ぶ屋台が並んでいた。魅力的で思わず手が出そうになるが、屋台は屋台。ここは我慢してスルー。「まいばすけっと」で食料品を購入する。

180908yokohama01 次の目的店は『麺恋亭』店舗の2階にある『ナクシャトラレストラン』だ。南北インド料理を提供してくれる良店だ。我はこの店の南インド料理北インド料理の味を確かめる為に2度訪問したことがある。三度目の訪問となる今回の目的はレモンライスセット。南インドランチセットを頼んだ時にあったレモンライスが美味かったので狙っていたのだ。階段を登り入口のドアを開けようとした瞬間先客2人が出ていった。入店するとインド系の男の店員2人のみ。日本人女性店員はいなかった。口頭で注文。前後客なし。

180908nakshatra00 180908nakshatra01 ナクシャトラレストラン 『レモンライスセット』 1100円

ドリンクはラッシー選択。最初にサラダとラッシーが提供される。でもその後あまり間を置かずすぐメインも提供された。最初にドーナツのような豆で作ったワダを食す。これ自体にはあまり味はしないのでサンバルに浸けて食べた。サンバルは辛味も酸味もなく野菜スープとして悪くない。ココナツチャツネはどうしたものか持て余したが直接スプーンで食べた。

180908nakshatra02 メインのレモンライス。インディカ米をレモンエキスに浸して炊いた、爽やかな酸味と若干の苦味を感じるごはん。スパイスの味付けは軽めで、炒めた唐辛子とピーナッツが入っている。インディカ米のホロホロという食感と合う。やはり美味い。滅多に食べられない、非日常的な味わいに満足だ。

180908nakshatra03 開店一周年のサービスと言われてデザートも提供された。何というものかは知らないがインドのお菓子。おとなしめの甘みがあり干しぶどうの酸味も感じる。プチプチした不思議な食感を味わえた。満足の食事が出来た。ただ多少ボリュームに物足りなさを覚える。インドの人は意外と少食なのかな?多少値は張ってもいいからたくさん食べられるミールスセットとかがあればいいのになあ。

午後1時過ぎには帰宅して休日をゆっくりと楽しんだ。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき