カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2017年10月 8日 (日)

吉祥珉珉

171008kichijyouji01 秋晴れの日曜日。気温はやや高めで少々暑いくらい。半年ぶりくらいに吉祥寺にやってきた。井の頭恩賜公園。ここは個人的なパワースポット。だけど訪問する度にその癒やし効果が薄れている気がする。公園自体はそれほど変化はしておらず、季節に応じた顔をみせてくれるのだが…。これは我の内面の変化が要因だろう。年齢を重ねるにつれ心の負荷を逸らす手法が慣れてきたんだと思う。

公園を半周した後、戦後闇市の雰囲気を残すハーモニカ横丁にやって来た。我のお気に入りは『珍来亭』の半チャーハンセットで今回もそこが狙いだったのだが、この店以外にも有名な町中華の老舗がある。『みんみん』という店だ。ここは餃子が名物となっている。何故かは知らないが餃子の名店というのはこれと同じ屋号を掲げているね。数え切れないくらいこの街を訪問しているのに行った事がないというのはいかがなものかと思い計画を変更してこちらを訪問してみる事にした。到着したのは開店3分前くらいで店員が店内の掃除をしているのがわかったが、暖簾が出ているので割って入店してみた。すると「いらっしゃい」と声をかけてくれた。よく見ると奥のテーブル席に4人家族が座っていた。厨房には大陸系の男の店員3人とおばさん店員2人。餃子のお土産用に店外から買えるようになっている。厨房前に一列のカウンター8席と4人がけテーブル席3卓。噂通り後客は続々来店し外待ちが生じるほど。口頭で注文。

171008minmin00 171008minmin02 171008minmin01 ラーメン・餃子専門店 みんみん

『あさりチャーハン』 730円+『餃子』 450円=1180円


名物の餃子は頼むとして、迷った挙句チャーハンを注文。ラーメンはまた今度。餃子はかなり大ぶりで一口では無理なほど。皮が厚くモチモチとしていてたった5個でも食いでがある。ドラマ「孤独のグルメ」ばりに酢に大量の胡椒を投入してよく浸けて食べた。そしてあさり入りの炒飯はこれぞ炒飯といったパラパラで豚肉と卵が香ばしく量も満足。グリーンピースとザーサイが町中華って感じ。スープは塩味で野菜入りで口の中をリセットしてくれる。満足の食事。美味かった。今度はラーメンを食べてみたい。会計は一度外に出てお土産コーナーで支払った。

その後いつも行く本屋で立ち読みをしてからついつい1冊買ってしまった。駅に戻り中野へと向かった。

2017年10月 7日 (土)

平沼田中

『丸和』で満足の食事をした後、関内から根岸線に乗り横浜へ移動。買い物を済ませてから久々に川を超えて、ほぼシャッター商店街になった平沼商店街へ。ここには例外的に行列が出来る店がある。1920年創業の老舗蕎麦店『田中屋』だ。我は約3年半前の2月一度訪問している(『咖喱饂飩』参照)。ここも日曜定休。1時半頃店に到着すると行列は出来ていなかったが、入店すると8人の行列が生じていた。店内にある名簿に名前を記入して待つこと10分程度、前客の内7人がグループだったのでごっそりといなくなり、その後はすぐ案内された。奥座敷の卓だった。口頭で注文。

171007tanakaya03 171007tanakaya02 171007tanakaya01 そばうどん 平沼 田中屋 『ポークカレーうどん』 1080円

カレーうどんの美味い店というのは珍しい。たいがい野暮ったい甘さととろみのある和風味になってしまい、我はあまり好まない料理なのだが、この店で食べたカレーうどんは確かに美味いのだ。質の良い蕎麦つゆを使うとこうなるのか。うどんはやや細めの中太。具はねぎまと玉ネギ。前回訪問時は赤と黄のパプリカが入っていたのだが無くなっていた。付け合せにライスかパンが選べるけど、カレーうどんにパンが合うと思えないので前回同様ライスを選択した。うどんを食べ終えた後レンゲに掬ってスープに浸して食べた。今回も満足出来た。

戸部の方まで歩いてバスに乗って帰路についた。食べ過ぎたので晩飯は抜いた。

土曜丸和

このところ朝晩がめっきり涼しくなってきた。だから毎朝起きるのが辛いんだよ。休みに入ったら好きなだけ寝てやろう。今日は予報では昼くらいまで雨の予報だったからそのつもりでいた。ところがいつも通りの時間に起きてしまい、2度寝を試みたが無駄だった。自分の体内時計の正確さに関心してしまった。いつも通り早朝ゴミ捨てに行ったら雨は止んでいた。今日は用事があったので11時くらいまで家で過ごした。出遅れたので今日は遠出は無理だな。ならば土曜の近場を堪能しよう。関内駅方面に出る。行ってみたいラーメン店も無かったので今日は孤独のグルメでジャンル解除。「食べログ百名店」でとんかつのカテゴリーが増えていたので、近場を確認すると馬車道に『丸和(まるわ)』という店が紹介されていた。大森にあるとんかつ屋『丸一』という店の姉妹店だとか。『勝烈庵』は知っていたけどこの店は行ったことが無かったので行ってみよう。突発的に行ったらちょうど行列が中に入るタイミングだった。後について我も入店。するとちょうど我のところで「ここで満席です」と言われてしまった。先に口頭で注文し10分ほど待ってようやく着席。厨房には男の店員2人と接客のおばちゃん店員2人。厨房周りにL字型カウンター9席と4人がけテーブル席3卓、座敷にちゃぶ台1卓。

171007maruwa00 171007maruwa01 171007maruwa02味のとんかつ 丸和 『ロースカツ定食』 1900円

分厚い!美味そう!まずキャベツの千切りにソースをたっぷりかけ食す。そしてとんかつにはソースはかけない。小皿に卓上から岩塩をたっぷり出しておく。とんかつには岩塩がめっぽう合う。以前蒲田の『いっぺこっぺ』に行った際に学んだ事だ。そして使用されている豚は林SPFポーク。これも感動した『いっぺこっぺ』と同じ。外はサクサクの衣、中の豚肉はレア気味、そして脂身がたっぷりあり甘い。その甘さを岩塩が引き立てる。ご飯、キャベツの千切り、豚汁、それぞれおかわり。食が進む。これは大満足で満腹。また訪問したい。でも日曜・祝日定休なんだよなー。

2017年9月22日 (金)

雨夜成駒

雨の勢いは衰えることがない第一京浜沿い。『鶏冠』を出たその足で『なりこま家』に入店。こちし3月以来の再訪になる(『成駒家丼』参照)。入口付近に券売機。厨房には男の店員2人と太った女の店員1人。相変わらずやや暗くやや薄汚れていて敷居は限りなく低い。我にとっては居心地の良い雰囲気だ。先客6人と空いていたが、この雨にも関わらず後客9人と盛況になった。客はいずれも男ばかり。国道沿いの正しい店という感じ。

170922narikomaya00 170922narikomaya01 なりこま家 『ハンバーグ定食』 650円

前回訪問時は人気No.1メニューのカルビ丼を注文していたので今回はハンバーグ定食を注文。時間は10分くらいかかると言われた。確かにそれくらい待たされた後に提供された定食はサラダに小ぶりのハンバーグ3個、ご飯と味噌汁、漬物付き。サラダ付はありがたい。これくらい野菜は摂っておきたい。ハンバーグは柔らかいのではなく、肉粒が大きくかたい焼肉団子といった感じ。それでいて噛むと肉汁が出てくる。甘辛ダレもややスパイシーになっていていい塩梅。流石は肉屋直営。看板メニュー2つは抑えたので、次回はトンカツ定食か焼肉定食を食べてみたい。

2017年9月18日 (月)

一過豚丼

敬老の日。秋の三連休最終日となった月曜は、明け方強風が雨戸を叩く音で目覚めた。雨戸を開けると久々の青空が広がっていた。わかりやすいほどの台風一過。但し、気温は一気に30℃超えで夏に舞い戻った。

170918ishikawachyou01 快晴の休日。本来ならば何処かに行こうという気になったかも知れないが、明日からの事を考えてしまうと出来るだけ近場の移動に留めゆっくりしたい。それに今日はラーメンやカレーを食べたいという気持ちにならなかった。あるテレビ番組を斜め見していた中で炭火焼きの豚丼が写り、豚丼食べたいなという気持ちになっていた。調べると東神奈川駅近くに豚丼の店があるらしい。東神奈川くらいなら近いし足を伸ばしてみる気になった。イオンから道路を挟んで向かい側あたりにある『炭火焼き 我が家のとん丼や』という店だ。11時半過ぎの到着。早速入店。厨房には親父店主が一人。その前に一列のカウンター7席。奥に2人がけテーブル席が1卓あった。結構狭い。先客1人後客2人。口頭で注文。

170918tondonya00 170918tondonya01 炭火焼き 我が家のとん丼や 『相模豚ロース丼(並)』 780円

豚丼はバラとロースがあり、贅沢気分でロースを注文。でもバラの方が豚丼らしかったかと注文後ちょっと後悔する。でも次の楽しみでいいや。それほど待たずに提供された豚丼は漬物と味噌汁付き。 炭火で焼かれた美味そうな豚ロースが3枚も入っている。あー、この炭火焼きの香りは待ち望んでいたものだ。パクつく。甘辛くも香ばしい相模豚の炭火焼きは実に美味い。ご飯をかき込む。味噌汁を飲む。丼ものを久々に食べた気がする。満足の食事が出来た。

店を出て向かいのイオンで買い物をしてから電車に乗った。

2017年9月 9日 (土)

真打焼麺

秋雨前線の影響でこのところぐずつき気味の天候が続いたが、今日は晴れる予報で気温も上がっている。でもちょっと前のような蒸し蒸しした暑さは感じられない。外出日よりなので東京方面に足を伸ばしてみる事にした。ラーメン激戦区高田馬場へ。だけど今日はラーメンが目的ではない。焼きそばだ。焼きそばの専門店というのはどんな感じなのだろうと調べる中で見つけたのが「手打ち麺焼きそば専門店」と名乗る『みかさ』高田馬場本店だ。JR高田馬場駅から徒歩5分弱の路地裏の店に到着したのは開店3分前。大変な行列店という情報もあったので来てみたら誰もいない。暖簾もまだ出ていないが、店内を覗くと店員が仕込みをしているのが見えたので待ってみる事にした。その直後に後客が1人続いた。開店時間ぴったりに暖簾と営業中の立て札が出され入店を促された。入口脇に券売機。厨房には男の店員2人。奥に伸びる店内で厨房前に一列10席のカウンター。お好み焼き屋のように鉄板が目の前にあるわけではなく、調理したものが提供される方式。後客4人。

170909mikasa00 170909mikasa01 手打ち麺焼きそば専門 真打みかさ 本店

『やきそば(ネギ多め)』 800円


メニューはやきそば1種のみ。基本はソース味だが塩味にも出来る。またネギ増しと麺増しが無料。基本のソース味でネギ増し、麺は普通を選択した。ほどなく提供された一皿はお好み焼きのようなものだった。鰹節にまみれている。具はザンギリ葱ともやし、豚肉がふんだんに入っていて目玉焼きも入っている。麺は平打ち縮れ中太麺でソース色。さすが専門店。これほどちゃんとした焼きそばは初めて。卓上には紅しょうが、天かす、普通のソースと辛口ソースが置かれているので少しづつ投入し変化も楽しんでみた。美味しいは美味しいけどやっぱりソース味なので普段食べる焼きそばと同じ。焼きそば食べ歩きはすぐ飽きが来てしまうよなと思った。

せっかく高田馬場に来たのだから未訪問のラーメン店に寄ってみようかと思って食べログでチェックしてみたが心惹かれる店を見つける事が出来なかった。いつの間にか『けいすけ』も撤退してしまったし、何だか一時期よりラーメン激戦区の盛り上がりが色褪せてしまった気がした。結局駅前で買い物をしただけで駅に戻り横浜方面へ戻った。

2017年9月 1日 (金)

盛岡冷麺

盛岡繁華街にある事前予約していたホテルに到着。平泉で自転車で走り回ったので結構疲れてしまい90分弱ほど休憩した。そして身軽になってホテルを出て夜の盛岡の街に繰り出す。盛岡にはご当地ラーメンは存在しないが、いくつかの地麺が存在する。「わんこそば」「じゃじゃ麺」、そして「盛岡冷麺」だ。我は結構冷麺は好きだったりするのだが、ちゃんとした盛岡冷麺というのを食べた事がない。だから食べてみたいとは思っていた。どうせ食べるなら盛岡冷麺発祥の店といわれる『食道園』を狙う。その店は宿泊しているホテルから徒歩1分程度のところにあった。昭和29年の創業らしいがビル1階に店舗を構えあまり歴史も感じない内外装にちょっと拍子抜けした。ただ木の看板に「元祖平壌冷麺」と書かれていた。午後7時過ぎに早速入店。店内は客がまばらで店員は若い男の店員が4,5名。コンロ付きのテーブル席が15卓くらいあったかな。冷麺専門店などではなく、しっかりと焼肉店だった。

170901syokudouen00 170901syokudouen01 食道園 『冷麺(辛さ普通)』 900円

焼肉セットもあったけど余計なものを食さない。冷麺単品を注文。辛さは4段階選べるが普通にしておいた。本場では蕎麦粉を使ったねずみ色の麺で日本人には色的に抵抗があったので、この店では小麦粉とじゃがいものデンプンを使った事が盛岡冷麺のはじまりだそうだ。具はカクテキ、ゆで卵半個とキュウリの漬物数切れ、味付け牛肉の細切れ。食べ慣れた中華麺に近く確かに食べ易かったけど、個人的には心太のような本場の麺が冷麺っぽくて好きかな。とりあえず名物盛岡冷麺を食べることが出来たので満足だ。

2017年8月18日 (金)

野毛焼麺

午後3時過ぎに桜木町に到着した。このところぐずついた天気が続き、今日は雨こそ降っていないが空はほぼ一面灰色の雲に覆われ、直射日光は弱いが蒸し暑い。せっかくの平日休暇、満喫しようと久々に万葉倶楽部へ行って汗を流す事にした。何年ぶりだろうか?久々過ぎて浴衣の借り方とか忘れてしまった。基本的に大きな変化はない。お湯に浸かり冷水に浸かりを繰り返し、身体を洗ってスッキリ。浴衣に着替えて足つぼマッサージを受けた。女性マッサージ師だったが結構グイグイやってもらえた。流石はプロだね。リラックスルームで持参のキンドルで本を読みながら横になった。会社帰りにこんな過ごし方をすると何だか凄い贅沢な気分になる。夜7時前に退館し送迎バスに乗ってランドマークタワーまで移動。動く歩道で桜木町駅前に行き、更に野毛まで歩を進めた。

最近焼き立ての焼きそばを食べたいと思うようになり近くに店を探したところ、野毛に専門店があることがわかった。『まるき』という店だ。ところがこの店夕方オープンで深夜までの営業となっていた。もしや…と思ったが、行ってみるとやっぱり飲み屋だった。しかも満席。入口の立ち飲みスペースだけ空いていたので、せっかくだから入店。

170818maruki00 170818maruki01 野毛焼きそばセンターまるき 野毛本店

『ウルトラ』 1072円+『レモンサワー』 431円+『お通し』 105円=1608円


先にレモンサワーとお通しが到着。お通しと言っても柿ピーの小皿のみ。セットメニュー3種と素焼きそばから自分好みでトッピングを加えオリジナルにする2タイプがある。面倒なのでセットメニューの中からひとつを選ぶ。豚バラ、生玉子、キムチ、ニラ、ネギ、フライドガーリックらしい。玉子は目玉焼きの方がよかったな。麺は太麺ストレート。かためでモチモチした食感。ソースはやや甘め。そこにフライドガーリックとキムチの味が強く合わさってくる。そこそこ美味かったけど我にとってこの雰囲気は落ち着かないな。暑いし早々に店を出た。孤独のグルメで締めていい半日休暇になった。

2017年7月15日 (土)

親子鶏飯

今日から三連休。ご当地ラーメン巡りをしていた頃はこういう機会を狙って地方に出かけていたもんだけど、今は近場でゆっくり過ごす。数日が梅雨明け宣言がまだ出されないのが不思議なくらい猛暑が続いているが、今日も雲もほとんどなく夏の陽光が容赦なく照りつける朝を迎えた。ゴミを捨て布団などを干したり家のことをしてから10時頃に家を出た。我としてはゆっくりのスタートだ。今日の目的地は鶴見。久々に『ばーく』へ行きたくなった。開店数分前に店に到着するともう営業中の札がかかっている。でも待ち客もいないし店内に客が入っている様子もない。1分ほど迷ってから思い切って入店すると「いらっしゃいませ」と挨拶された。早速席に座る。後客は家族客は無く男客ばかり6人。口頭で注文。

170715bark00 170715bark01 レストランばーく

『バターライスとりのからあげ』 700円+『目玉焼き』200円=900円


この店のメニューは魅力的で全メニュー制覇したいと思って、家を出る時は「チーズハンバーグ定食」か「チキンライス目玉焼き」と迷ったんだけど、結局この前食べた「バターライス」を選んでしまった。他のメニューは味が想像出来るが、このメニューは他の店では味わえない一品だ。今回は目玉焼きもトッピング。すっかり親子飯。目玉焼きを加えた事でキャベツの山盛りもいいね。この懐かしい優しい味わいとボリューム。やっぱり「バターライス」を今回も頼んで良かった。大満足で店を出た。
この店のメニューはどれも

2017年7月 9日 (日)

夏日酔来

今日も昨日と同じく暑い日となりそう。遠出はしないで近場で買い物で済ませる。今週…じゃないや先週は結構暴食気味。ラーメンとカレーの新店開拓はいいや。今日はチャーハン食べよ。チャーハンというと我にとっては『酔来軒』の五目チャーハンが定番。今日は冒険もしない。近所なので歩いて店へ。到着したのは開店3分過ぎくらいだったが、テーブル席は1卓残して埋まっていた。やっぱりこの店人気だね。口頭で注文。後客は空席待ち席で待ち。

170709suiraiken00 170709suiraiken01 広東料理 酔来軒

『五目チャーハン』 800円+『半ラーメン』 200円=1000円

この店の看板メニュー「酔来飯」は過去食べた事があるが、どうも引っかからなかった。でも「五目チャーハン」は思いっきりツボにはまった。焦げ感を感じるほどのチャーハンと、イカと海老が景気良く入っていて食感が楽しいのも気に入った。そして目玉焼きがのっているのがトドメ。何にも考えずに食べられるね。半ラーメンが200円で頼めるのもいい。これはチャーハンのオマケで付く中華スープに中華麺とネギとチャーシューを入れただけのものだからラーメンとしての満足度はないけど、このラーメンがないと満足度は減るんだよ。あー満足した。

その後横浜橋商店街を通ってサミットへ。横浜橋商店街はどんどん店が無くなっていくね。横浜では既に貴重になった昔ながらのアーケード式商店街で結構好きなんだけど、中華食材や韓国食材の店ばかりになったら嫌だなーと心配になった。買い物を済ませ午後1時前には帰宅出来た。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき