カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2017年6月10日 (土)

焼麺劔訪

昨晩はいつもより遅い時間に就寝したのだが習慣でいつものように早朝に起きてしまった。「あ、今日は土曜だ!二度寝出来るんだ!」と再び眠りに落ちようとしたのだが、何故か寝れない。身体の疲れが残っているのが判る。逆にこういうコンディションの時寝れない、というのは過去経験がある。諦めて雨戸を開けたら「今日は暑くなる」とわかるような陽光が差し込んできた。身体の疲れは感じるが気分転換の為都内に出てみるかという気になった。

170610takadanobaba01 最近カレー店の調査は熱心にしているが、ラーメンの方、特に都内の新店等はすっかり情報弱者となってしまっている。いつかたまたま見たテレビ番組で紹介されていた気になっていた店に行ってみる事にした。その店は我がラーメン世界最大激戦区と思っている街、高田馬場にある。横浜から京急で品川に出てから山手線に乗り換え高田馬場駅に到着したのは10時半過ぎ。駅から徒歩5分、神田川にほど近い、材木屋などがある路地裏に目的店を発見。『焼麺 劔(つるぎ)』という。早く着きすぎてしまい周辺を散策してから開店5分前に再度訪問。それでも先客なし。高田馬場でも人気店に上り詰めたと聞いていたのでちょっと肩透かし。結局開店時間まで我だけ。暖簾を出しに来た店員に「お待たせしました。どうぞ」と入店を促された。入口脇に小さな券売機。内装は黒く厨房も黒い木板で覆われている。店員はおそらく男の店員2人。L字型カウンター11席。一番奥の席に案内された。予め小さな擂鉢が置かれている。中には鰹節のようなものが入っている。これを卓上の擂粉木で自分で擦って魚粉にしてラーメンにかけるのか。しばらくすると後客が続々来店しほどなく満席で外待ちも出ていた。

170610tsurugi00 170610tsurugi01 焼麺 劔 『目玉焼麺』 840円

この店は中華麺を焼いて4分割したものをラーメンのスープに入れた焼麺というものをメインにしている。ちょっと面白いし単純に見た目が美味そうだなと思った。以前駒込にある『4代目けいすけ』で焼き麺のつけ麺を食べた事があるけどね。中太縮れ麺をこんがり焼いたもの。具は青ネギの小分け切りとメンマ、脂身の多い長いバラ肉チャーシュー1枚。そしてトッピングの目玉焼き。カレーもそうなんだけど目玉焼きをのせるだけで我的にはワクワクするビジュアルになる。スープは野菜豚骨のベジポタ豚骨醤油。味は醤油控えめ。思った通り焼麺の香ばしさがスープにいい感じに写って美味い。半分ほど食べたところで擦った魚粉を投入すると魚介豚骨に味変。焼麺、なかなかいい感じだ。さすが世界最激戦区だ。面白いものが出てくるね。店を出て街を歩くと目移りしてしまった。

2017年3月 6日 (月)

鳴龍坦々

事前申請し今日は会社を休んだ。平日休みを利用し目指す店は2015年5月に大塚駅近くに開店した『創作麺工房 鳴龍』。言わずと知れたミシュランガイドで『蔦』に続いて一つ星認定の店。こういう機会でないと行けないからね。店主は『ちゃぶ屋出身で、その上級店『MIST』で料理長となり、香港で1つ星を獲っていたらしい。そういう経緯もあって今回の獲得に繋がったのかな?ミシュランガイドがどれほどのものかと言っておきながら結局は興味あるのかと自分に突っ込みを入れる。ただ最近担担麺への関心も高くなってきたし、その担担麺でミシュラン一つ星獲った事に興味があった。

どんよりと雲に覆われ、いつ雨が降り出してもおかしくないような空の下、湘南新宿ラインと山手線を使って大塚駅で下車し、歩くこと5分くらい。店に到着したのは開店予定から35分前くらい。でも店の前には11人待ち。定刻に開店。店内は10席しかないらしく我の一人前で満席。店前には2つだけ椅子が設置されているのでそこに座って悠々順番待ち。後続の行列は30人を超えている。正午になってちょうど入店。入口脇に券売機。厨房には男の店員2人と女の店員1人。厨房周りにL字型カウンター10席。

170306nakiryuu00 170306nakiryuu01 創作麺工房 鳴龍

『麻辣担担麺』 850円+『パクチー』 100円=950円


我は担担麺に花椒の痺れを求めているので麻辣坦々麺を選択。パクチーも合うかなと思ってトッピング追加。麺は細麺ストレート。柔らかめでねっとりした食感。具は薬味ネギと肉味噌、中央に麻辣玉。スープはサラッとしているがコクがあって胡麻の風味がある。正統派担担麺王道の味でそのままハイレベル。行列も納得の満足度。ただ担担麺王道の味だから、『蔦』には少し及ばないかなというのが個人的な印象。

2017年2月 4日 (土)

護摩龍飢

次はラーメン食べようか。でも今日はろくに事前調査をしていない。大久保駅の方に戻ると、駅前に『一条流がんこ』ばりの真っ黒い店を発見した。暖簾には「地獄」の文字や髑髏の紋章が見える。近づくと「地獄の担々麺」と書かれていた。食べるなら味噌系がいいかなと考えていたのでここでいいやと入店してみる事にした。店外券売機で食券購入し暖簾を割る。あー店内も真っ黒。そして先客なしで、厨房に男の店員1人。BGMがデスメタルだったらまんま過ぎて引いていたところだが、そこは配慮してかクラシックがかかっていた。厨房周りにL字型カウンター8席。後客に4人入ってきた。

170204gomaryuu00 170204gomaryuu01 地獄の担々麺 護摩龍 百人町総本山

『地獄の担々麺(飢餓)』 850円


看板の地獄の担々麺、マー油入り担々麺の黒の修羅場、あとつけ麺というメニュー構成。辛さはレベル1から護摩龍、飢餓、阿修羅、血の池、無限とか名前を付けている。辛さを売りにしているのでレベル1ではつまらなそうだったのでレベル2の飢餓というやつを選択した。卓上に背脂無料と書かれていたので、背脂好きとしては思わずオーダー。麺は平打ち中太ストレート麺。具はほうれん草と挽肉。スープは胡麻の風味がよく出ていて我好みの担々麺となっているが、濃度が高く普通の担々麺よりラーメン感が出ていた。具が大人しい分挽肉の量も多めで満足した。激辛好きの人にとっては良い店なのかも知れない。

2016年9月24日 (土)

堀内笊麺

今日も雨がシトシトと降る1日。こうまで続くと気分も憂鬱になりがち。それを振り切るという言い訳で今日も都内遠征を試みた。この頃新店というか結構新しめの店ばかり訪問していたが、我は老舗店巡りが性に合っている感じがする。先日訪問した『珉珉』とかね。最近なぜかちょっと気になっていたのが『満来』@新宿の系統。巨大チャーシューと大ボリュームのざるラーメンが看板という老舗。新宿大ガードに先代の引退と共に右腕だった人が独立した『らぁめんほりうち』と、先代の子が看板を引き継いだ『らぁめん満来』が並ぶ。我は2009年2月に両店連食をしている。当時はあまりにもあっさりした醤油スープと柔らかいピロピロ麺が我の好みと合わない印象だった。それがどういうわけか近頃、昭和の醤油味をウリにしていたこの系統が勢いづいているというのだ。『ほりうち』の方は2013年5月に新橋に支店を構えたし、『満来』で修行した弟子が独立し、今月大久保で『満家』を立ち上げた。7年越しの再評価をしてみたいなと新宿に訪れた。

店に到着したのは開店から10分過ぎた辺り。早速入店すると店内は賑わっていた。店内隅に券売機。厨房には男の店員2人とおばちゃん店員1人。L字型カウンター14席。先客9人後客7人。

160924horiuchi00 160924horiuchi01 らぁめんほりうち 『チャーシューざるらぁめん』 1150円

ウリであるチャーシューを入れるのは決まっていたが、基本のらぁめんにするか、看板のざるらぁめんにするかかなり悩んだ。前回訪問時に基本のらぁめんを食べていたので、今回は看板にいっていみよう。『東池袋大勝軒』とほぼ同時期につけ麺黎明期を支えたとされる同店。ツルツルした喉越しの平打ち麺の上には大雑把に切られた海苔がかかっている。麺は大皿に山となっている。つけ汁側には薬味ネギ、メンマと共にぶつ切りチャーシューが大量に入っている。つけ汁は想像していたより酸味が少なくあっさり醤油な感じ。初訪問時に食べたらぁめんと同じ印象。味にインパクトが希薄なので、我としては珍しく卓上から酢と胡椒を投入して味を整えた。チャーシューの肉の食感は良かったけどね。

2016年9月18日 (日)

節骨鶏穴

昨日池袋から帰宅してからほとんど寝ていた。よほど疲れが溜まっていたのだろう。やっぱり無理してはいけなかった。でもその甲斐あって今朝起きたら疲れが抜けたように感じられた。眠りの力だ。今日も雨が降ったり止んだりの天気で外出もためらわれる状況だが、午前中は行動してみようと思った。我が行動するとなると今のところラーメン食べ歩きでしかないのだが。そして思いついたのが昨日と同じ池袋。あそこならば駅からほど近いところで選択肢は驚くほどある。そしてみなとみらい線を使えば確実に座れて乗換なしに1時間もかからず到着できる。楽なのだ。なので再び池袋を訪れた。今回は東口に出る。難点は駅が大きすぎて外に出るのが一苦労なこと。本日最初の目的の店に選んだのは『節骨麺たいぞう』池袋本店。今や6店舗を展開しているらしい。到着出来たのは開店予定時刻ピッタリ。店員達が暖簾をかける作業をやっていた。それでも先客が一人いた。開店と同時に入店。ほぼ同時に後客4人も入店。和を感じる内装だけど、派手な文字と元気良い店員の声。『町田商店』系に似ている雰囲気。入口近く店内隅に券売機。厨房には男の店員3人と女の店員1人。コの字型カウンター16席と4人がけテーブル席2卓。後客はその後も次々と来店した。

160918taizou00 160918taizou01 節骨麺たいぞう 池袋本店

『節骨こってりたいぞうらーめん』 790円


店1番のオススメメニューを注文。ほとんど待たずに着丼。美味そうなビジュアルだ。麺は平打ち気味のちぢれ中太麺。もちもちした食感。具は2種の薬味ネギ、平メンマ、海苔2枚、半味玉、脂身の多いチャーシュー1枚。節の味がぎっちり効いた、醤油の味が立ったスープに背脂がのっている。ラーメンらしい、良い意味での下品さがバッチリ効いた美味い一杯。満足した。でも店にいると何だか既視感がある。前にここ来たことある気がするなー。帰宅後調べてみると、この店には2009年3月に訪問済だった。自分の記憶力の無さに愕然とした。

続いて地下通路を通り駅西口側に移動。大通り沿いに5分ほど歩いたところに次の目的店『鶏の穴』を発見した。屋号から想像出来るとおり鶏白湯の店だ。開店したのは2008年5月。最初の入口に券売機が設置され、2つ目の扉で客席に入店する。既に満席で後方に空席待ちの先客4人が立っていた。我も続いて立って待つ。6分程度待って着席。厨房には男の店員3人。コの字型カウンター16席。後客も続々来店。

160918torinoana00 160918torinoana01 らーめん・つけめん 鶏の穴 『白湯らーめん』 700円

筆頭基本メニューを注文。麺は中太平打ちストレート麺。具は薬味ネギ、青ネギの小分け切り、鶏そぼろ、メンマ数本、鶏チャーシュー2枚。スープは他店の鶏白湯にみるアッサリした感じではなく、ポタージュスープのように濃厚。鶏だけではなく野菜も使っている感じ。鳥白湯ラーメンの中でも存在感を放っている店だけあって美味かった。激戦区池袋で8年営業し続けているだけあって満足感を得る事が出来た。

雨が降ったり止んだりの天気。早々に帰宅したくて副都心線に乗り込み横浜へ戻った。

2016年9月17日 (土)

無敵再訪

3連休初日。特に予定はなく休養するつもりだったが、この秋の長雨の中唯一今日は晴れるというので無理矢理出かけてみた。場所は何となくだが池袋にした。ジュンク堂書店にでも寄ろうと思ってね。で、訪問店なのだが、池袋でも筆頭行列店になっている『無敵家』にちょうど10年ぶりに再訪問してみる事になった。9時過ぎに家を出て元町・中華街駅からみなとみらい線特急1本で池袋へ。45分程度で池袋に到着出来てしまうようになったのだから便利になったものだ。ところが駅西口側の出口に出てしまい、店に辿り着くまで10分以上かかった。店には開店5分後くらいに到着したが既に店外に20人以上の行列。並んでいる間に口頭で注文。20分以上待って店内へ案内された。厨房には男の店員4人と女の店員4人くらいかな。厨房周りにL字型カウンター9席と窓側に7席。客はほとんどが中国語圏の観光客。

160917mutekiya00 160917mutekiya01 麺創房 無敵家 『本丸麺』 800円

10年前の初訪問時と同様看板メニューを注文。70円値上がっているね。麺は中太縮れ麺。具は薬味ネギ、菜の花、半味玉、カルシウムで文字が書かれた海苔1枚、小ぶりのチャーシュー1枚。背脂が薄くかかったマイルドな豚骨醤油スープ。我は今まで初訪問で肩透かしだった店をもう一度確かめるつもりで行くと、「やっぱり初訪問時の印象は正しかった」という経験を何度もしている。この店もその例に漏れず、至って普通のどこでも食べられるような味だった。

それからジュンク堂書店に寄って90分ほど立ち読み。結局一冊も買わずに出てきた。

迷ったけど2店目も行けそうな感じだったので食べログで周囲の店を検索。その中に『熊本玉名ラーメン』というストレートな店名がヒット。ご当地ラーメンに敏感な我は興味がそそられた。よく読むとこの店はラーメン評論家として有名な石神氏プロデュースの期間限定出店の店らしい。過去には『麺屋白神』@岐阜、『長尾中華そば』@青森、『金沢濃厚中華そば 神仙』@石川、『大分佐伯ラーメン』@大分、『えびすこ』@富山といった店が出店していたらしい。我は基本的こういったイベント的な出店の店は興味外になるのだが、「玉名ラーメン」というのはなかなかこちらでは食べられるものではないので行ってみる事にした。場所は池袋駅東口すぐのところ。運悪く店前に一人待ちの状態。5分ほど待って入店。入口に券売機。厨房には男の店員2人。一列カウンター9席のみ。後客も続々来店し常に満席状態が続いていた。

160917tamanaramen00 160917tamanaramen01 石神秀行厳選極み麺selection第6弾 肥後国熊本玉名ラーメン

『熊本玉名ラーメン ニンニクチップあり』 750円


筆頭基本メニューを注文。麺の好みとかは確認されなかったが対応可能なようだ。我は知らずノーマル注文となった。熊本ラーメンの源流にあたる玉名ラーメン。我は2010年3月、熊本遠征の際に玉名に訪れている。玉名最古と言われている『天琴』という店を訪問している。それは久留米ラーメンにニンニクチップを投入しただけのような素朴な一杯だった。それに比べると食感も味も豚骨濃度もメリハリの効いた一杯に仕上がっている。玉名ラーメンの基本項目は押さえているけど、東京で食べる事を意識して変えているなーという印象を強く持った。一杯のラーメンを食べた後の満足感はあったけどね。

帰りは山手線で秋葉原に出た後京浜東北線に乗り換え横浜に帰った。

2016年4月16日 (土)

純正悪魔

160416ganko02 また『一条流がんこ総本店』に来てしまった。今年に入って4度目になる。このところ家元のブログをずっと見ていたけど、この人は本当に自分の作るラーメンが大好きな人なんだなと思う。作るのに夢中になりすぎて体調を壊してしまう事もしばしば。独りよがりなのではなく、自分の大好きなラーメンを多くの人に振る舞いたい。その思いが強すぎて原価率ほぼ無視の値段で提供してしまう。この人は商売人ではない。ラーメンがただただ好きな人。なんかそういう人って好感がもてる。さて今日の主目的は「純正悪魔」を食すこと。先週突発的に訪れた際食した人生初の「がんこ悪魔ラーメン」は、悪魔中毒になった家元がこっそり家で食べていたという「賄い悪魔」だった。それは誤解を恐れずに言えば、悪魔と言うだけあって体に危険な凄みも感じる事が出来たし、それでいて間違いなく美味しいと感じたのでスープを飲み干し完食マークを出し満足はした。でもね、スープも白濁していたので『一条流がんこ』を食べに来たのに違和感を感じていたのは事実。逆に「本当の本当の純正悪魔を味わってみたい!」という思いを強固なものにしてしまった。それから家元のブログを日々チェックしていたら、このところご無沙汰だった「悪魔」への愛が再燃したらしく毎日悪魔の事ばかりになった。そして今週は休日土曜、つまり今日まで「純正悪魔」をやると告知されていたので、たまらず朝7時半過ぎに家を出て朝9時5分前には店に到着していた。開店予定の1時間5分前だ。でも既に3人先客が並んでいた。土曜日だからむしろ少ないくらいの印象だ。4番目として簡易イスを自分で立てて座る。その後は徐々に行列は伸び、開店直前には突き当りから折り返した行列は建物の外まで伸びていった。10時5分くらいに開店。厨房には家元夫婦。初ロットにありついた。しかしカウンター7席の中で「悪魔」を頼んだのは我ただ一人。前回は全員ほぼ悪魔だったのに。なので家元チェックに捕まった。「悪魔は何回目?」。もう正直に「んー2回目です。」と答えた。先日賄いをいただきました。」「賄いって2週間くらい前か。今日のはそれより美味しいと思いますよ。」で終わった。ともかく今日の悪魔は自信作らしい。本当の悪魔が食べられるぞ。奥さんに代金を小銭で手渡し。「助かります」と言われた。4度目ともなればそれがわかってくる。小銭を作るため並んだ椅子に荷物を置いた状態でわざわざ駅近くのコンビニにお茶を買いに走ったのだった。

160416ganko00 160416ganko01 一条流がんこ総本店 『悪魔ラーメン(純正)』 700円

現れた一杯はチャーシュー以外に豚バラ肉がのって先日食べた賄い悪魔に似ている。でもスープは賄いほど濁っていない。スープの量が若干少なく麺が多い気がする。やっぱりかない味が濃い、しょっぱい。「うわっ、しょっぺー」と箸が止まるはずなのに、何故か止まらない不思議な一杯。我が生まれも育ちも関東地方だからかも知れないが、多少しょっぱくても醤油の旨味を感じられるラーメンに喜びを感じる。甘い醤油スープというのはどうもしっくりこない。そしてこのしょっぱさは醤油のものではなく出汁が強烈に濃いため。食べている最中から鼻孔の奥、胸の奥が熱くなるような感覚に襲われる。体が何かを感じて何らかの信号を発しているのだろう。やっぱり不特定多数に出せる一杯ではなかった事が食べてみてわかった。今日の悪魔は家元本人もかなり上手く出来たと言っていた。本物の悪魔を味わう事が出来て大満足。とりあえず我の『がんこ』への訪問もこれで一区切りついた感じ。今まで食べた中で一番美味しかったのは家元の自信作である澄み切った「自由が丘」だった。

2016年4月 7日 (木)

頑固悪魔

今日は朝起きた時からやる気が全く起きず会社に行きたくなかった。別に体調が悪いわけでもなく、仕事が立て込んでいたからでもない。むしろ今は仕事は凪の時期。理由は自分でもわからないが何故だかこういう朝を迎えるときがある。朝から雨が降っていたのもそれに追い打ちをかけた。この気持ちに負けるとやっぱり危険だからと思ったから、動けば吹っ切れるかなと着替えて傘をさして家を出た。それでもやっぱり通勤電車に揺られ、会社の最寄り駅に到着する頃には「今日は午後半休しよう」と決めていた。こういう時ってある。

突発的に気分で午後自由の身になったので特に予定は決めていなかった。どうしようか…。最近ラーメンに対する意欲も減衰気味ではあったのだが、ラオタが身に染み込んでいる我。自然と行くべき店を探していた。頭に浮かんだのが年明けから2度ほど訪問している『一条流がんこ総本家』。最初は2時間、2度目も開店前から1時間待ちした。そんな店に三度挑もうとしたのは他でもない。ラオタなら一度は耳にした事があるだろう「悪魔ラーメン」を体感する為だ。ただでさえ敷居の高い『一条流がんこ』の、不定期に登場する裏メニューだ。最近家元は食材探しに熱を上げていたようでしばらく悪魔作りから遠ざかっていたようだが、ここにきて悪魔ラーメンを復活させているようなのだ。なので行ってみることにした。しかし店の営業時間は一応午後2時までとなっているが、スープ切れ次第終了。昼過ぎに会社出て間に合うか微妙なところだった。午後1時20分くらいに店に到着すると店の前に6人ほど待っていた。営業はしているようだが、悪魔スープは残っているのかは判らない。15分ほどの待ちで着席出来た。厨房には家元夫婦2人。家元に注文を確認された時ドキドキしながら「悪魔で」と答えたら黙って頷いてくれた。ホッとしたね。
160407ganko00 160407ganko01 一条流がんこ総本家 『悪魔ラーメン(賄いVer)』 700円
そもそも悪魔とは何なのか?ネットでいろいろ調べてみると、家元の原点となった「親父の味」がベースになっているらしい。それは通常の倍以上の量の素材を、通常の半分の水で炊きだした特濃出汁で作った醤油ラーメン。この特濃出汁はとんでもなくしょっぱいとの噂。普通は拒否反応が出るレベルだが、繰り返し食べると習慣性が生じるとか。故に悪魔ラーメンだという。出てきた一杯は今まで食べた『がんこ』とは違い、スープがやや白濁している。上にのった豚バラ肉と相まって徳島ラーメンに見えなくもない。これは悪魔中毒になっている家元が家でこっそり作って食べているのが今回提供された「賄い悪魔」というもの。他の具は薬味ネギ、海苔1枚、肉厚チャーシュー1枚、味玉丸1個。黄色い中細縮れ麺もいつものもので我の大好きな麺のひとつだ。そして悪魔スープの味だが、やはりしょっぱいねー。でも醤油が濃いのではなく出汁で濃くなっているので抵抗感はあまり生じなかった。やっぱり麺も上手くラーメンを食べている喜びで満たされた。悪魔スープも飲み干し完食した。
「ごちそうさまでした」と家元に礼を言い店を出ると10人以上の行列が続いていた。店を出てしばらくすると胸の奥のほうが熱くなっている気がした。台湾で檳榔を噛んだ時に似た感覚だ。これが悪魔か。

2016年1月23日 (土)

寒来本郷

今日から明日にかけて日本に大寒波襲来が予報されており、日本海側のみならず関西地方も大雪警報が出されていた。関東は夜に平野部でも少し雪が降るとの予報が出されていた。その為空はどんより曇っており寒さも余計身に滲みる感じ。

そんな中我は週末の道楽、東京奇麺巡り。最近買ったラーメン本の中に面白そうな店を見つけた。イカを使った濃厚煮干しそばを出す店が本郷に出来たとか。そういえばイカって日本人が好きな魚介類なのに、ラーメンではあまり前面に出した使い方をしていない。それをするとどういう風になるのかいささか興味が湧いたので、丸ノ内線本郷三丁目駅へ向かった。駅から徒歩3分くらい、大通りに面した所にある『麺屋ねむ瑠(ねむる)』、昨年9月16日に開店したばかりの新店だ。到着時は開店3分過ぎくらいだったが店の外に1人待ち。店内でも3人位待っているのが見えた。カウンターは奥の6席のみを使用し、入口側にも3席くらいあるのにそれを何故か使っていない。6席では並ぶはずだよ。行列商法だ。15分ほど待たされて店内で食券を買って着席。厨房には店主1人のみ。後客は3人ほど。
160123nemuri00 160123nemuri01 麺屋 ねむ瑠 『超濃厚烏賊煮干中華そば(麺かため)』 800円
通常基本の中華そばもあるようだが目的のメニューを注文。麺は丸い中細ストレート。具は薬味ネギ、三つ葉、低温調理チャーシュー3枚。そしてスープなのだが、かなり甘く感じた。甘い魚介豚骨スープ。烏賊のせいでそうなるのかな。甘いので煮干しの苦味はほとんど感じず。そして烏賊は匂いはあるけどスープの中に紛れている程度の感じで、期待していたほど前面に出てきていない。やはり前面に出しすぎると厳しい食材なのかもしれない。
今度は東大赤門前方向に歩を進め3分ほどのところにある『山手ラーメン本郷 安庵』という店に連食で入店。この店の本店は駒場東大にあり、背脂入の雪ラーメン、ニンニクラーメン、トマトラーメンなどメニュー多彩。その中でここ本郷店オリジナル(?)のみどりラーメンというのが狙い。このみどりラーメン、ほうれん草とかいう生易しいものではなく、ミドリムシを使用しているとのこと。しかも一杯約6億匹!食材としてはタンパク質を豊富に含んだ良質なものだとか。早速入店。店は狭く奥に伸びるウナギの寝床状態。番号入力式の旧型券売機がある。厨房には髭の店主と若い男の店員1人。東大生のバイト?厨房前に一列12席のカウンター。先客4人後客2人。
160123yamateramenanan00 160123yamateramenanan01 山手ラーメン本郷 安庵 『みどりラーメン(麺かため)』 750円
好みも家系なみに選択出来るようだ。ほとんど待たないで着丼。現れた奇怪な一杯。緑黄色野菜とは明らかに異なる緑色をしているスープ。麺はやや半透明の丸い多加水中太ストレート。具はワカメと、もやし、キャベツ、赤と黄色のピーマン、肉厚の柔らかチャーシュー1枚。スープの基本は塩とんこつスープのよう。ミドリムシ自体に味は無いよう。塩スープに野菜なので健康的な感じがする。東大近くのラーメンらしい一杯。面白いものを食べた。

2016年1月16日 (土)

頑固清湯

160116ganko02 『一条流がんこ総本家』@四ツ谷三丁目。先週末訪問し2時間待ちした為思わず1日限りのスペシャルラーメンを注文してしまったが、やはり基本の定番メニューを押さえておきたくて早速再度訪問することにした。店主のブログに定番の「自由が丘(清湯)が究極の域に…」と書かてていたからだ。開店は10時半とあるが、最近どうも10時には開店しているらしいので、前回の轍を踏まないように早めに出発。朝型の我にはむしろ好都合。店に到着したのは9時20分頃だったが既に7人程度並んでいて、ちょうど一条氏が前客に世間話をしているところだった。とりあえず簡易椅子に座れたので座って待つ。時々一条氏が客に話しに来た。開店時間3分ほどまわって開店。列の先頭に移動。入店出来たのは10時20分過ぎ。今回は1時間待ちで入店出来た。

160116ganko00160116ganko01_2 一条流がんこラーメン総本家 『自由が丘(醤油)』 700円

席に座ったがしばらくは待たされ前客が全員食べ終わった頃に注文を聞かれた。「醤油で」と口頭で注文。すると一条氏は「すっきりした方?」と聞いてきたので「ハイ!」と答えた。一条氏自身が一番好きで、しかも出来が最高レベルになった清湯スープの一杯。調理中も自身でスープを見ながら「キラキラと輝いてるよ」と惚れ惚れとしている。澄んだ醤油色のスープに黄色い細麺が透けて見える色合いはシンプルで美しい。ラーメン好きが心躍らせる光景だ。定番にはもうひとつ濃厚な「下品」と呼ばれるスープがある。それに対しての「上品」な清湯は、氏の考える上品な街のイメージから「自由が丘」と呼んでいるそうだ。しょっぱさが「がんこ健在」と感じさせるが、以前よりは大人しくなっている。でもこれは味重視の為の改善と言えるだろう。調度良いバランス。具は薬味ネギ、メンマ、カニカマ1本、海苔1枚、味玉丸1個、脂身の多いチャーシュー3枚。他の店では特のせとか言ってしまいそうな豪華な一杯。流石はラーメンを心底好きな一条氏、ラーメンが出された時のトキメキを判っていて、それを損なわないよう頑張っているのが伝わってくる。自分がラーメン好きであるこを再認識させてくれるような一杯だった。汁一滴残さず完食した。大満足だ。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき