カテゴリー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2018年12月 1日 (土)

利尻黒帯

ルミネから出て京急に乗って金沢文庫にでるつもりでいたが、ふと気が変わり、気になっていた都内の店に行く為JRの改札を抜け東海道線に乗った。新橋で下車して虎ノ門方面に向けて歩くこと10分弱、目的の店に到着した。『利尻昆布ラーメン くろおび』という店だ。利尻ラーメンといえば新横浜ラーメン博物館の『味楽』だが、そのラーメンを食べる限りではあまり昆布出汁を全面に感じることが出来なかった。ところが都内には利尻昆布の味を全面に押し出した独立店があるという事を知り興味があったんだよ。開店は2015年11月13日。当初浜松町付近にあったが、2017年9月13日にこちらに移転。和を感じるおしゃれな店構え。早速入店。券売機はなし。厨房には男女の店員2人。厨房前に一列のカウンター6席、テーブル席は2人卓☓2、4人卓☓1。12時半くらいの入店で先客8人後客4人。口頭で注文。卓上の冊子に店の立ち上げと無化調にこだわった薀蓄が書かれていてちょっと面白かった。割り箸にも一般的なやつだと添加物があるというのでヒノキの割り箸だってさ。

181201kuroobi00 181201kuroobi01 利尻昆布ラーメン くろおび 『くろおびラーメン 塩』 1000円

屋号を冠した筆頭メニューを注文。塩と醤油が選べるが、塩の方が出汁の味を感じられるだろうと塩を注文。麺はかために茹でられた細麺ストレート。北海道の塩ラーメンらしい麺。具は薬味ネギ、糸唐辛子、クレソン、穂先メンマ2本、海老ワンタン2個、小ぶりながら肉厚のチャーシュー2枚、半分に切られた味玉1個。そして最大の関心事である半透明で綺麗なスープ。無化調なので穏やかな味わいだけど、じんわりと旨味成分が口の中に広がっていく。我が何となく利尻昆布ラーメンに求めていたものと合致したのでこれは美味い!自ずと麺も具も全部美味く感じて完飲完食!大満足で店を後にした。

2018年11月17日 (土)

肉汁麺油

181117aozora01 週末は雨が降るという予報だったが、いつの間にか晴れに変わり快晴の空が広がった。好機を逃さず布団干し。そして家を出る。今日は久々秋葉原に行ってみる事にした。買いたいものがあったし。

そして秋葉原で食べる店として選んだのが『肉汁麺ススム』秋葉原本店。なんか食欲をそそられる良い屋号だと思ってね。2016年4月オープン。高田馬場に支店があるそうだ。店外に券売機。食券を買ってから入店。厨房には男の店員4人。客席は厨房前にカウンター14席と4人がけテーブル席4卓。ほぼ9割方の席は埋まっていたが何とか座る事が出来た。ちょうど正午頃の入店だったのでその後来客が相次ぎ店前で待ちも生じた。いずれもアキバ系男子といった客ばかりだ。

181117susumu00 181117susumu01 肉汁麺ススム 秋葉原本店 『肉汁麺 レベル2』 880円

肉の量によってレベルが設定されており、券売機の筆頭に大きめのボタンでレベル2があったのでこれがスタンダードサイズなのだろうと選択。レベル2は200gだそうだ。見た目が徳島黒系ラーメンに酷似している。標準で生卵が別皿で付いていて、これを投入すると更に似た。麺は低加水の平打太麺ストレート。ワシワシとした食感。具に茹でもやしもあるので麺の食感と共に二郎っぽい印象も受ける。スープは若干背脂が浮く真っ黒い濃口醤油スープで輪切りのネギと共に『新福菜館』のような京都濃口醤油系のような印象も受ける。だからご当地ラーメン混合タイプかと思ったが、このラーメンの主役たる豚バラ肉は片栗粉が表面を覆い、甘口タレと油をたっぷり吸ったジャンクなシロモノなので、ここはオリジナル要素も合わせ持つ。甘く濃い味付けで具だくさんで油っぽい。ジャンクを追求したような一杯。我は本来こういったラーメンが好きなはずなんだけど、あまりに濃い味付けで油分が強烈だったので胃もたれしてしまった。なので今日はこの一杯で打ち止めにした。

2018年10月13日 (土)

田町武蔵

先週の三連休は夏日だったので10月といえど衣替えなど当分先だなーと思っていたら、半袖だとちょっと涼し過ぎるのを感じはじめた、どんより曇り空の土曜日。最近の我といえばすっかり引き篭もり願望が高くなってきている。最近になってすっかりGoogle Earthにハマってしまい、モニターも27インチに買い替え3Dマウスも買ってしまった。1日中ドローン気分を味わってみたい欲望を抑え9時半頃家を出た。

181013itariyayama01 かつて一世を風靡した有名店『麺屋武蔵』。1996年新宿に創業。今でこそ当たり前だけど動物系と魚介系を合わせた二刀流スープが話題となった。勢いに乗った『麺屋武蔵』は各店舗ごとに味が異なる店舗展開をするという、ラオタ族のマニア性、コレクター性に火を付け各店舗とも人気になっていった。我も10年越しでラーメンを食いているので、自分でも「ラオタ」である事を否定出来ない。食べ歩き初期の頃は狂ったように有名店に赴いていたので一通り『麺屋武蔵』の店舗に訪問している。以来、『麺屋武蔵』の新店が出来る度にコレクションするように訪問する事にしている。
で、このところ『麺屋武蔵』の名前を聞かないなと思っていたら、2011年開店の『虎嘯』@六本木から7年ぶりに新店を田町駅近くに立ち上げたというので行ってみる事にした。田町駅に到着したのは開店時間の30分以上前。銀行寄ったり薬局寄ったりコンビニ行ったりと時間を潰し、開店15分前くらいに店に到着。黒い和の雰囲気で統一された『麺屋武蔵』らしい外装。今度の店は『五輪洞(ごりんどう)』の屋号を冠する。店前に先客1人だけ待っていたので後に続いた。すぐに我の後にも行列が生じた。黒い暖簾は定刻よりやや前倒しで出された。前客に続いて入店。店入口にはタッチパネル式券売機。奥に長い店内。厨房には男の店員ばかり5人。昔のように掛け声合わせての麺上げなどはしないようだ。厨房回りにL字型カウンター20席くらいかな。奥の方から詰めて着席。

181013musashigorindou00 181013musashigorindou01 麺屋武蔵 五輪洞 『五輪洞らー麺(大盛)』 1150円

迷わず、というより何も考えず屋号を掲げた看板メニューを注文。通常のラーメンに味玉と角煮1個が加わったものらしい。麺はかために茹でられた平打縮れ太麺。大盛サービスを選択。茹で前で200gだそうだ。茹で前という言い方。薬味ネギ、穂先メンマ2本、海苔1枚、味玉丸1個と角煮2個。角煮は黒酢で味付けしおり、とても柔らかいのに香ばしさもあるのが特徴らしい。またもうひとつの特徴として、鰹節に香味油をかけているそうだ。スープは豚骨・鶏ガラ・煮干し・昆布出汁に加えカニまで加えているという。こってり感、ボリューム感、そして甘みを感じる『麺屋武蔵』らしい味わい。毎日食べるものではなく、『麺屋武蔵』のラーメンを食べるという晴れの日に食べる、といった感じ。大盛りでも忘れてたくらいに普通に箸が進んだ。満足の一杯だった。

その後そのまま田町駅に戻り横浜に出た後買い物をして帰路についた。

2018年9月22日 (土)

覆麺再訪

神保町には数々の未訪問店は存在するが自分の気持ちに引っかかる店がすんなり思い浮かばない。もう未訪問店は諦めよう。ひとつの店が思い浮かんだからだ。2008年8月28日に一度訪問したことがある『覆麺』だ。2008年7月24日開店というから開店1ヶ月くらいの時だったんだね。当時は家元が蒸し暑い厨房の中で覆面を被って「コンガ」とか言っていたっけ。その後『覆麺 智』と屋号を変えているが、それは家元が店を離れたからだろう。久々『がんこ』系ラーメンが食べたくなったから。午後2時をまわったあたりで入店。入口正面に券売機。厨房には素顔の男の店員2人。厨房前に一列のカウンター8席のみ。先客5人後客5人。

180922fukumentomo00 180922fukumentomo01 覆麺 智 『醤油(赤甘鯛)』 1000円

月別曜日別で食材を変えるという『がんこ』らしい仕様になっている。食券を渡した時に「ラーメンorつけ麺」「醤油or塩」を聞かれる。今日は赤甘鯛だそうだ。北海道ラーメンで多用される黄色い縮れ細麺。我はこの麺が好き。200gありかなり多め。具はきざみネギとメンマ数本、海苔1枚、チャーシュー2枚。尾道ラーメンのようにミンチ背脂がスープに浮いているのが面白い。あーしょっぱ美味い。やっぱ「がんこ」系美味いわ。かつては家系図みたいなものがあって広まりを見せていたけど、ある時点を堺にどんどん閉店・鞍替えが起こったけど何があったんだろうか?

その後本屋をぶらついたが何も買わずに御茶ノ水駅まで歩いて電車に乗って帰路についた。

2018年4月28日 (土)

不甘下松

180428kandagawa01 山口県の地ラーメン、下松牛骨ラーメンの店が都内に開店したというので行ってみる事にした。こんなマイナーな地ラーメンまでもが都内進出するなんて何でもありだなーと思う。『スパイスボックス』から歩いて3分くらいで店に到着。『下松ラーメン五つ星』。4月24日開店。下松市に隣接する周南市の企業が経営しているそうだ。ちょうど正午くらいに到着。店前に待ち無し。早速入店。白を貴重にした清潔感がある内外装。入口脇に券売機。奥に厨房。男の店員1人と女の店員2人。両側の壁がカウンター席になっている。9席と5席。2人がけテーブル席が1卓だけある。先客5人後客3人。前客にラーメン官僚という人が混じっていた。

180428itsutsuboshi00 180428itsutsuboshi01 下松ラーメン 五つ星 『ラーメン(並)』 680円

筆頭基本メニューを注文。見た目は下松ラーメンの筆頭『紅蘭』の一杯によく似る。麺は中太ストレート。具は青ネギの小分け切りともやし、スライスされた柔らかな豚肉チャーシューが4枚くらい。スープは牛だけではなく鶏も使っているのかなー。やや乳化している。味は程よくしょっぱめでなかなか美味しい。但し!味は本場のものとは大きく異なっている。最大の特徴である牛骨感が乏しい。あのすき焼きを食べる時感じるような甘さが感じられない!かなり東京進出に合わせて変更してしまっている。どちらかというと広島ラーメンに近い感じさえする。ここまで変えるならわざわざ下松ラーメンの名前を使わなくてもいいのでは?とさえ疑問に思う。でもこれは「ご当地ラーメンはご当地に行かなくては味わえない」という我の経験則がまだ活きているという事の証明にもなった。ラーメンとしては美味しかったので食後は別に満足だったけど、ちょっと残念だったという気持ちを抱えて退店した。

その後秋葉原まで歩いて京浜東北線で横浜まで戻った。

2017年12月 9日 (土)

勝本中華

水道橋の老舗ラーメン、半チャンラーメンの祖『さぶちゃん』が閉店してしまった。「そこにあって当たり前」のような存在だった古き良きラーメン店が次々と人知れず消えていく。悲しいことだけどこの流れは全国規模で加速していってしまうだろう。我はその直前の良いタイミングで全国地麺巡りが出来て幸せだったんだなあと思う。

閉店する店もあれば新たな店も現れる。水道橋駅西口にほど近い場所に2015年3月14日に開店…というから新たな店というわけでもないんだけど。『中華そば勝本』という店だ。和風で豪華な店構え。時刻はちょうど正午あたり。店前には6人くらい行列が生じている。入口脇店外に券売機が設置されているので食券購入後列に並んだ。すると前客が千円札9枚を我に差し出してビックリした。我は1万円札を投入しお釣りを小銭しか取っていなかったのだ。危ないところだった。礼を言って受け取った。8分ほどの待ちで入店。中も豪華な作りで厨房には和風料亭の職人みたいな男の店員が5人並び接客の女店員が1人。厨房前と背中わせの壁側にそれぞれ一列10席のカウンターが配置されている。15分くらい待たされてようやく提供された。

171209katsumoto00 171209katsumoto01 中華そば 勝本 『味玉中華そば』 830円

基本メニューに味玉トッピングで注文。他に濃厚煮干しそばやつけそばがあった。麺は中太縮れ麺。ナルトと薬味ネギ、メンマ数本、海苔1枚というオーソドックスなスタイルと思いきや肩ロースとバラ肉2種の肉厚チャーシューが2枚。煮干しがやんわりと香るほんのり甘さを感じる醤油スープ。完成度の高い一杯だった。満足も出来た。

その後水道橋駅から東京駅へ。地下の土産物売り場を少し覗いてから帰路についた。

2017年9月 5日 (火)

馬子禄来

中国甘粛省蘭州に創業百年以上の歴史をもつ、中国本土1番人気のラーメン店と呼び声高い『馬子禄牛肉面(マーズルーぎゅうにくめん)』が、先月22日神保町に1号店を出店した。店主は日本人で、中国へ留学した際、蘭州ラーメンにハマって、馬子禄本店に何度も頼み込んで弟子入りを許可され、厳しい修行の末この度日本に店を出店する運びになったという。開店以来行列が絶えない大変な人気だという。我は今日まで遅い夏休みという事で、最終日を利用して行ってみる事にした。京浜東北線に乗り向かったが、品川手前で停電被害で20分近く社内に閉じ込められてしまった。何やってんだよ、もう。品川から京浜急行に乗り換え三田から三田線に乗り神保町に到着したのは開店時刻を8分ほど過ぎてしまった。案の定20人以上の大行列が出来ていた。すぐ目的店の行列とわかり後ろに並ぶ。開店時間の20分前に到着する予定で家を出たのに!結局35分待ちで入店出来た。入口に券売機。でもメニューは1種類のみで麺が細麺・平麺・三角麺の三種類から選べる。あとはパクチーと牛肉増量トッピングだけ。内装は高級中華茶房のようで胡弓の音楽が流れ雰囲気たっぷり。客席はテーブル席のみで45席。厨房は奥にありガラスの向こうで男の店員が3人ばかり麺を打っていた。あとは接客担当の日本人らしい女の店員が3人。接客は高級中華料理店並に丁寧。

170905maazulu04 170905maazulu01 蘭州拉麺 馬子禄牛肉面 神田神保町店

『蘭州牛肉麺(三角麺)』 880円


細麺が初心者にはオススメらしいが、興味を惹かれた三角麺で頼んでみた。パクチーの有無とラー油の量も店員に聞かれたが、全てノーマルの量を注文。ほどなくして着丼。パクチーの匂いが強烈だ。三角麺は手延らしい不揃いの肉厚平打ち麺といった感じ。具は大量のパクチーと葉ニンニク、大根、牛肉スライス。底の方には細かい牛肉片もあった。スープは牛骨と種々の薬膳スパイスで作ったあっさりしたものらしいが、ラー油に押されてしまっている。ラー油は少なめの方が日本人には合う感じ。とにかくパクチーとラー油の味、そして牛肉の甘み。台湾で食べた牛肉麺と基本的に同じ。でもこれほど高級感がある牛肉麺は初めて食べた。それにしても蘭州拉麺が日本にやって来たか!という思いもありつつ、今頃?という気持ちもある。これだけ中国人が日本で生活しているのに故郷の味も懐かしくなる人も多いだろうし、日本で一旗揚げてやろうと思う人もいたっておかしくないと思うのだが。結局日本に蘭州拉麺を連れてきたのは日本人だったか、と思うと不思議に思った。

2017年7月24日 (月)

月楽農園

今日は午後神田で外部講習受講。ついでに近くの店で食べようと食べログで検索。すると平日営業のみの山形ラーメンを提供するという変わった店を見つけたので行ってみた。『最上 楽農園』という変わった店名。そしてラーメン店に似つかわしくない、東京のオフィスビルらしい真っ白い外装。ラーメン店は地下にあり、2階では稲庭うどん、1階では喫茶店になっている。山形最上地方のアンテナショップっぽい。白い階段を降り入口の自動ドアを入ると入口脇に券売機。店内まで都内オフィスのようで真っ白で明るい。3~5席並んだカウンター席が7つくらいあった。2人がけテーブル席は4卓くらいか。店員は誰もおらず先客1人のみ。BGMは洋楽が流れている。なんか異様。テーブル席に座ってみるとバーコードリーダーが設置されていた。これに食券のバーコードをかざすと厨房に情報が届くシステム。なんとも斬新だけど素っ気なく感じた。

170724rakunouen00 170724rakunouen04 170724rakunouen02 170724rakunouen01 最上 楽農園 『山形あっさりラーメン』 600円

山形だから夏季限定の「冷やしラーメン」もいいかな?とも思ったが、先日『拉麺大公』で冷やしを選んで後悔した記憶が生々しい。このところの暑さで冷たいモノばかり飲んでいたからこれ以上腹を冷やしたくないしね。筆頭基本メニューを注文。山形は地ラーメンの宝庫だが、ここのは最上地方のラーメン。最上地方というと「新庄とりもつラーメン」だけど普通のラーメンはあまり良くわからないからね。しばらくすると初めておっさん店員がラーメンをのせたカートを押しながら登場。ラーメンは漬物付きで登場。山形訛で「ご飯はいかがですか?」というのでお願いした。卓上の「辛味みそ」を薦められた。言われるがままにご飯にのせる。ああ、これは岩手で食べた「南蛮味噌」と同じだ。美味いね。そしてラーメン。麺は平打ち中太ストレート。具は散切りネギ、ワカメ、メンマ数本、茹で玉子半個、肉厚のチャーシュー1枚。スープはあっさり醤油味。深い味わいではないけど毎日食べるのに適したスープだ。ラーメン消費量日本一の山形県民が好む一杯。良い食事が出来た。

2017年6月17日 (土)

秋葉背脂

朝から雲ひとつない青空が広がった土曜休日。ゴミ出しをして布団を干す。朝食は抜きで朝9時半過ぎに家を出て秋葉原に向かう。特に行ってみたいと思える店もなかったが、久々に背脂チャッチャラーメンを食べたいかなーと思って、ひっかかったのが『超ごってり麺ごっつ』。本店は亀戸にあるらしいが亀戸まで行くまでもない。開店数分前に到着すると既に店前に一人待ち。何か派手な店構えだなーと見ている内に後に2人。開店時間ぴったりに入店。入口脇に券売機。厨房は奥にあり男の店員2人、大陸系の女店員1人。変形一列のカウンター13席。あと客も続々行列をなし満席。こんなに人気店だったとは知らなかった。

170617gottu00 170617gottu01 超ごってり麺 ごっつ 秋葉原店

『しょうゆラーメン(背脂ごてごて)』 750円

基本メニューを注文。背脂の量は一番多いやつを頼んだ。麺は丸い中太ちぢれ麺。具は大量の葱の輪切り、もやし、豚バラチャーシュー2枚。背脂チャッチャの王道だね。天地返ししてクチャグチャに混ぜて食べる。でも醤油ダレが弱く背脂に負けてしまっている。背脂ごてごて頼んでおいてなんだけど。久々に背脂チャッチャ系を食べられて満足したけどね。

2017年3月18日 (土)

神田八重

久々に神保町の本屋を巡って休日の時間を楽しんだ後、小川町方面へ散歩。昔この辺りにいい感じの立ち食いそば屋があったんだけどなーと探してみたが見つからず。代わりに見つけたのが八重山そばの店。沖縄そばの店は数多く有り珍しくもないが、八重山そばとなるとレア度は跳ね上がる。なのでついつい入店してしまった。最初から下調べをしなかった店に入るのは久々だ。昨年末に開店した新店だとか。厨房は奥にあり見えない。店内中央に券売機。2人がけテーブル席3卓と4人がけテーブル席3卓。店内には沖縄民謡が流れていた。

170318miyaraseimen00 170318miyaraseimen01 みやら製麺 『八重山そば』 480円

筆頭基本メニューをシンプルに注文。あー見た目が石垣島で食べたものと一緒。思い出すなー。シコシコした平打ち太麺が八重山そば。青ネギの小分け切りと、揚蒲鉾の細切り、豚肉の細切り。昆布と鰹出汁が効いたあっさりスープ。いい感じ。半分ほど食べたところで卓上のコーレーグースを数滴垂らしてスパイシーに味変。これも懐かしい。本場感も味わえ満足した。

この後御茶ノ水経由で秋葉原に出て帰路についた。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ラーメン(神奈川県>横浜市>中区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>西区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港南区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>磯子区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>金沢区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>鶴見区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>神奈川区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>港北区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>旭区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>戸塚区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>都築区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>泉区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>保土ヶ谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>栄区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>瀬谷区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>緑区) | ラーメン(神奈川県>横浜市>青葉区) | ラーメン(神奈川県>川崎市南部>川崎区・幸区) | ラーメン(神奈川県>川崎市中部>中原区・高津区) | ラーメン(神奈川県>川崎市北部>多摩区・麻生区・宮前区) | ラーメン(神奈川県>中央東部>海老名市・大和市・座間市・綾瀬市・寒川町) | ラーメン(神奈川県>中央西部>厚木市・伊勢原市・秦野市) | ラーメン(神奈川県>北部>相模原市・愛川町・清川村) | ラーメン(神奈川県>三浦半島地区>横須賀市・逗子市・三浦市・葉山町) | ラーメン(神奈川県>鎌倉市) | ラーメン(神奈川県>藤沢市) | ラーメン(神奈川県>茅ヶ崎市) | ラーメン(神奈川県>平塚市) | ラーメン(神奈川県>西湘地区 小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町・他) | ラーメン(東京都>23区都心部>千代田区・中央区・港区) | ラーメン(東京都>23区副都心部>新宿区・豊島区・文京区) | ラーメン(東京都>23区北部>練馬区・板橋区・北区・荒川区・足立区・葛飾区) | ラーメン(東京都>23区西部>台東区・墨田区・江東区・江戸川区) | ラーメン(東京都>23区東部>渋谷区・中野区・杉並区) | ラーメン(東京都>23区南部>品川区・目黒区・世田谷区) | ラーメン(東京都>23区南部>大田区) | ラーメン(東京都>町田市) | ラーメン(東京都>多摩地域) | ラーメン(北海道地方) | ラーメン(東北地方) | ラーメン(関東地方・東京 神奈川県以外) | ラーメン(東海地方) | ラーメン(甲信越・北陸地方) | ラーメン(関西地方) | ラーメン(中国地方) | ラーメン(四国地方) | ラーメン(九州・沖縄地方) | カレー(神奈川県) | カレー(東京都) | カレー(東京&神奈川以外) | 孤独のグルメ | 心と体 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき