カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 再丸祇羅 | トップページ | 既視醤油 »

2019年12月10日 (火)

関内支那

イセザキモールで目的の買い物を終え再び関内駅付近へ戻ってきた。平日の昼の関内。土日休日昼間の状況とは若干異なった光景が見られた。多くの飲食店は店前にはテーブルが出され店員が弁当を並べて売っていた。ビジネス街だからそうなるよなーと思ったが、こんなにどこもかしこも店前で弁当を売って競い合っていたとは知らなかったよ。そういう光景を横目で見ながら市役所方面へ歩を進めた。そして古びた雑居ビルの地下へ続く階段を降りていった。そこには飲食店が数件軒を連ねるちょっとした飲食店街になっている。ただしそれは平日のみ…だろう。平日休暇を有効に使うダメ押しで、ここにある土日祝定休の難関店『支那そば屋ぴーちゃん』への再訪問を試みた。前回訪問は何と2007年6月2日だから約12年半ぶりの長いブランクを経ての再訪となる。この店は夜は居酒屋になってしまうんだよ。だから平日昼間のみの難関店なのだ。早速入店。厨房には店主夫婦と思しき初老男女2人。厨房周りにL字型カウンター6席。2人がけテーブル席1卓と4人がけテーブル席2卓。先客1人後客ゼロ。口頭で注文。
191210peechyan00191210peechyan03 支那そば屋ぴーちゃん 『支那そばセット』 680円

ラーメンメニューは支那そば、とりそば、塩ラーメン、つけめん、カレーライスを取り揃えている。でもウリになっているのはランチサービスメニューの支那そばセットorとりそばセット。ラーメン単品600円に80円プラスするだけでライスorミニカレーライスorミニ肉丼が付くのだ。前回同様看板メニューの支那そばセットを選択。12年半前だけど前回好印象だったのは覚えていたから。
191210peechyan01麺は縮れ細麺。具は刻み葱、メンマ数本、ナルト1枚、チャーシュー1枚。オーソドックスな中華そばといった感じの顔をしている。でもスープを一口すすると驚いた。結構なニボニボ加減なのだ。まるで青森の『くどうラーメン』のようだ。そう思うと地麺好きの我は嬉しくなってしまった。味を変えた…んだと思う。
191210peechyan02セットはミニ肉丼を選択。これも前回のミニチャーシュー丼が美味しかったという記憶が残っていたから。こんかいはほぐしチャーシュー丼となっている。前のチャーシューの方が良かった気がするとはいえ、これも十分な美味さ。大満足といっていいだろう。とりそばとか気になるし機会があればぜひ再訪したい。

午後1時過ぎに帰宅し今度は家でゆったりと平日休暇を堪能する事にしよう。

« 再丸祇羅 | トップページ | 既視醤油 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 再丸祇羅 | トップページ | 既視醤油 »