カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 文化振休 | トップページ | 池袋二天 »

2019年11月 6日 (水)

拉麺紅葉

我のお気に入りつけ麺店に指定した『つけ麺 はま紅葉』。つけ麺専門店ということで今までラーメンの提供はなかったが、水木限定という形ながらいよいよラーメンの提供を始めたと聞き定時退社日を利用して帰宅途中に立ち寄った。だいたい夕方6時半くらいに入店。入口近くの券売機を見ると確かに「水木曜限定 豚魚濃厚ラーメン」というボタンがあった。迷わず選択。厨房には女店主と男の店員1人。先客9人もいたので25分近く待たされることになった。後客2人。
191106hamakouyou00191106hamakouyou01
つけ麺 はま紅葉

『豚魚濃厚ラーメン 大』 900円+『味付玉子』 110円=1010円

もう腹が減っていたので大を味玉付きで注文。待たされてようやく提供された一杯はなかなかいい顔をしている。これが『はま紅葉』のラーメンか。麺はモチモチ食感でのどごしに快感を感じられる極太ストレート。さすがつけ麺専門店の麺だと感じる。具はきざみネギ、玉ネギのみじん切り、平メンマ数本、海苔1枚、肉厚で大きめのチャーシューがドーンと1枚。トッピングの味付玉子は半分に切られた状態。そしてスープは濃厚の名に恥じない魚介豚骨。あのつけ麺を作る店主が作るだけあると納得するレベルの一杯。満足出来た。…でもほんの僅かの物足りなさも残った事は事実だ。あのレギュラーメニューのつけ麺を出す店なのだから…と、どうしてもハードル高く設定してしまう。

我はラーメンを作ったことなど一度もないので偉そうに言えないのだが、10年以上食べ歩きを続けていて実感としてわかっているのは「魚介豚骨はバランスが非常に難しい種類のラーメン」であるという事。味が少しでも薄けりゃ物足りなさを感じるし、少しでも濃過ぎると食べてるうちに飽きが来て箸を置きたくなる。しかし絶妙のバランスの一杯を提供してくれる店が稀にある。そういう魚介豚骨ラーメンは、他の味のラーメンなど目ではないくらいな至高の美味さを得られる。そんな店は本当に出会う確率はあまりに低く僅かで貴重だった。一時の魚介豚骨ラーメンブームの時、玉石混交の中でも石の方が圧倒的に割合が多かった為、魚介豚骨は飽きられ廃れてしまった。

191106hamakouyou02

この店はつけ麺専門店だけあって「つけ麺じゃないんだから…」とついつい濃さを僅かながらセーブし過ぎてしまったように感じた。それでも我はこの店のラーメンのレベルアップに期待している。店主もそれを自覚しているからこそ、今はラーメンを曜日限定で提供しているのだと思う。レギュラーメニューに昇格させるまでさらなる高みにいってくれることを期待したい。

はー、自分で書いていて偉そうで嫌なラオタだなーと思ったがそう思ったから書いた。

« 文化振休 | トップページ | 池袋二天 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 文化振休 | トップページ | 池袋二天 »