カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 嵐前新橋 | トップページ | 嵐後夜明 »

2019年10月11日 (金)

銀座一蘭

191011ginzaichiran04191011ginzaichiran00

一昨日の10月10日、豚骨ラーメン『一蘭』の新たなプレミアム店『銀座一蘭』が開店した。一蘭 銀座店ではなく『銀座一蘭』だ。今夜の真の目的店だ。駅から有楽町寄りに徒歩3分くらいの場所のビルの地下にある。結構階段を下ったので地下2階くらいかな。入口には券売機が2台並ぶ。店員がいて「お好きな席へどうぞ」と案内された。結構空いているようだ。銀座プレミアム店だからといって特別豪華な客席があるわけでもない。仕切りがあるいつもの味集中カウンターのある部屋が3つくらいあった。我が入った部屋は一列10席が背中合わせで20席くらいあったが先客5人後客3人といった感じ。
191011ginzaichiran02191011ginzaichiran01
銀座一蘭 『天然とんこつラーメン(銀座重箱)』 1180円

この店舗オリジナルの銀座重箱。蓋の付いた四角く重い重箱で登場。同じ重箱仕様の天神西通り店と似ているが、あちらのように釜だれとんこつではなく、一般店舗の一蘭と同じスープを使用しているそうだ。その代わり「大吟醸麺」というこの店のみの提供となる酒粕を入れたオリジナル麺を使用しているそうだ。それと『一蘭の森』で作られた手巻きチャーシューも使用。でもこれは一般客にはほぼ伝わらない差異でしかなく、他店舗との差別化としては弱すぎると言わざるを得ない。丼だって重いだけで、スープ面から3cmくらいで箸先が突き当たる上げ底。我は『一蘭』派ではあるけど、流石にこれは自己満足でしかないんじゃないか?そう思っていたのだが、これの狙いは外国人観光客、インバウンド需要を見込んでの高級化店舗という事だそうだ。『一蘭』ってやたら外国人に好評だからね。非豚骨ラーメンを開発したりなど海外の目を意識した戦略を積極的に推し進めていたのからそこに気がつくべきだったか。帰りに開店記念品の箸を受け取り退店した。

明日の引きこもり生活に備える為コンビニに立ち寄り少し多めに食料品を買って家路についた。

« 嵐前新橋 | トップページ | 嵐後夜明 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵐前新橋 | トップページ | 嵐後夜明 »