カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 難解帯麺 | トップページ | 十人十色 »

2019年10月 3日 (木)

廣島変更

関内ラーメン横丁にある『ナルトもメンマもないけれど』が今月1日から突如リニューアルしたという。塩メインでこれまでも時々カレーとか味噌とか限定メニューを繰り出しており、どれも上質の一杯を提供していた。それがリニューアル後は何と広島ラーメンに絞った展開にするという予想外の展開。何だってご当地ラーメンの中でもマイナーな広島ラーメンに…。しかも「小鳥系」と言われる広島でも老舗からなる系列のオマージュっぽい。ではその選択肢にも興味を惹かれ帰宅途中急遽立ち寄る事にした。
191003narumen03191003narumen04 セルテ6階までエレベーターで移動し関内ラーメン横丁へ。平日夜は相変わらず寂しい入りの状態。横丁で一番人気の高い目的の店も店前に人はなし。券売機が店外設置されたんだね。それ以外は以前と変わらない内外装。食券を買って入店。厨房には店主と女店員1人。先客3人後客3人。
191003narumen00191003narumen01 廣島らぁめん ナルトもメンマもないけれど 『廣島らぁめん(並)』 800円

メニューも並と大しかない。このシンプルさもよい。しばらくして着丼。おお、我好みの顔をしている。丼がロゴ入りのシンプルなものから、龍が描かれた昔懐かしいものに変わっている。麺は中細ストレート。具は薬味ネギともやし、チャーシュー2枚。薬味ネギも苦味が感じられ、もやしも現地と同じブラックマッペ種を使っており再現度が高い。チャーシューだけは現代風というか。スープは一口目で「広島ラーメン、こうだったよなー」と思い出されるもので、かつ単に懐かしさだけで終わらない、ハッキリとした輪郭を感じさせるものに仕上がっている。元々美味しい塩ラーメンが食べられなくなる寂しい気持ちもあるにはあるが、こういう一杯を食べさせてくれると、ご当地ラーメン好きの我は嬉しくなってしまう。
191003narumen02+『切り落としチャーシュー』 50円=850円

卓上に案内されていた切り落としチャーシューを現金50円払って注文。脂分を感じるがラーメンに入れるより、そのまま食べた方が美味い。なかなか思い切ったリニューアルをしたなーと思うけど、今までの経緯からこの店主は気まぐれな性格のようなので、また色々なことを思いついて楽しませてくれる事だろう。満足の退店となった。

« 難解帯麺 | トップページ | 十人十色 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 難解帯麺 | トップページ | 十人十色 »