カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 嵐後夜明 | トップページ | 極太二郎 »

2019年10月14日 (月)

鮮烈南印

台風一過は1日しか保たず雨がシトシトと降る祭日休みの月曜日。この天気では遠出する気も起こらず、昨日同様イセブラ。ダイソーで便利そうなグッズを物色したり、有隣堂で旅本を立ち読みしたりと、気持ちをゆったりさせて休日を満喫することにした。

そして今日こそ昼はラーメンかなーと思っていたけど結局カレーにすることにした。関内住吉町付近、短命に終わってしまった『港軒』跡地の隣あたりに本格的な南インド料理店が開店したという情報を知ったからだ。この店の定休日は日祝なので来週訪問するしかないと諦めていたのだが、先週土曜は台風上陸に備え臨時休業した為、代替として本日特別営業するらしい。それを知ったので訪問は決定。営業開始は昼12時だったのでゆっくりとイセブラしたというわけだ。

これまで日本のインド料理店と言えばそのままイコール北インド料理店だった。サラダ、ナン、こってりしたカレーが提供され、インド人ではなくネパール人が働いているパターンがほとんどらしい。ネパールはインド北部で国境を接しているので、北インド料理を学んだ後料理人として日本に出稼ぎに来るパターンが多いからだそうだ。ネパール人はそうだとしても何故インド人の料理人が少ないのか?それはカースト制によって上位カーストの人しか日本へのビザが発行されない為だ。生活が安定している上位カーストのインドの料理人がわざわざ日本にやってくる理由があまりない。そういった理由で北インド料理偏重になってしまった日本のインド料理だったが、その状況を変えつつあるのが、昨今大阪を中心にブームを引き起こしているスパイスカレーの台頭。スパイスカレーの多くは、今まで日本で馴染みのなかった南インド料理から多分に影響されている。南インド料理はカレーはサラサラしており米主体、菜食主義が色濃く出ている。それを日本人が学んで独自解釈して作ったのがスパイスカレーというわけだ。このスパイスカレーブームの影響を受け少しづつ日本でも南インド料理を提供する店が現れ始めた。今まで関内近辺でも南インド料理も提供している店が出てきてはいたが、それは「南インド料理も提供する北インド料理店」だった。それがようやくこの近辺でも南インド料理専門店が開店したというのは嬉しい知らせだった。屋号は『bodhi sena(ボーディセナ)』。9月24日に開店したという。コンクリートとトタンの天井という店構えからそれらしい雰囲気を醸し出している。12時定刻ピッタリになるまで待って入店したのだが既に先客7人。内装も白壁に品良く小さな絵がかけられている程度。昨日訪問した『モハン』のように赤と金の派手な内装と大違い。インドBGMもない。厨房にはインド人と思しき男の料理人2人。食べログ百名店に連続登録されている京橋のインド料理店『ダバ・インディア』出身であるとの噂あり。あと日本人の若い男女の店員2人。客席は一列のカウンターが入口付近に4席と窓側に3席。テーブル席は2人がけ1卓、4人がけ3卓、6人がけ1卓。後客も次々と来店し8人くらいきたかな?口頭で注文。
191014bodhisena00191014bodhisena01
南インド料理店 bodhi sena 『ホリディランチコース』2000円

ランチコースはABCの3コース。Aはランチミールス、Bはドーサセットだった。南インド料理の定番ミールスにしようかと思ったけど、複数のカレーが少量づつ提供されるのは良いが、結局口の中で味が混ざるし、食べていて落ち着かない。だからといってドーサだけでカレー無しだと物足りない。なので一番高いCコースを選択。これだとカレーは好きなのが選べるし、ハーフサイズになるけどドーサも食べられるので南インド料理感が高まる。ハーフサイズとはいえ迫力のあるパリパリのマサラ・ドーサ。中心部にはマッシュポテトが少量入っている。端の部分はちぎって、やや酸味のある野菜スープのサンバル、ココナッツジャムのチャトニにつけて食す。サラダとかではなくいきなり前菜にマサラ・ドーサ、豪華だねー。
191014bodhisena02191014bodhisena03 メインのカレーは10種類以上のカレーから選べる。我はマトンカレーが好きなので、その中でも激辛ではないものをと言ったら店員から勧められたのが「ウディピーマトンマサラ」というもの。これがマトン肉がゴロゴロ入っており玉ネギの甘みとパクチーの爽やかさが加わってめちゃくちゃ美味い!久々に感動を覚えたよ。鮮烈という言葉が脳内に浮かんだ。付け合せでバスマティライスとバトゥーラが選べるというが、また現れたインドの未知の食べ物。ライスorパンであろうことは何となく理解出来たが、ナンなのかよくわからない。店員からは「ウディピーマトンならバトゥーラが合います」と勧められたのでそれに従った。現れたのは直径12cmくらいの丸く平たい揚げパンで、我の知識で一番近いのは高級カレーパンの外側の部分だけのようなパンだ。ナンに比べて脂分が多くクリスピー感がある。カレー自体がほとんどマトン肉でスープ感がないので、バトゥーラをちぎってマトンを掴んで食した。バトゥーラは北部インドでよく食べられており、サラサラ感とは無縁のマトンカレーなので南インド感は希薄になってしまったけど、非常に美味いので全く問題ナシ!当然の完食だった。
191014bodhisena04
そして最後にデザート。今日はパンプキンのチーズケーキ。これもうんまいねー。コーヒーとチャイが選択出来るが我は迷わずチャイ。店員が高い所から銅製のコップに2回くらい注いでくれた。程よい甘さが心地良い。口中をリセットしてくれた。それにしてもこの店想像を超えてレベルが高い。こういう店が近場に出来て非常にありがたい。でも客層も何だか相当なグルメっぽい人達が多く、店の雰囲気も合わせて行列店になってしまう可能性が高いと感じた。食べログ百名店入りしてしまいそう。そうしたら敷居が高くなってしまうよなー、今のうち行っておこうかなーと思った。

さて、雨の休日三連休最終日は部屋でゆっくり過ごすとしよう。コンビニに立ち寄ってから帰路についた。

« 嵐後夜明 | トップページ | 極太二郎 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵐後夜明 | トップページ | 極太二郎 »