カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 壱岐牛焼 | トップページ | 丿貫青唐 »

2019年9月 1日 (日)

祇園一双

190901hakatakou01壱岐芦辺港から出発したジェットフォイルだが、途中何かがスクリューに当たったという事で調整の為止まってしまった。このあたりではクジラやイルカがいてよくこういう事もあるらしい。スクリュー自体は問題ないという事で無事運転再開したが、当初の予定より10分遅れて博多港に着岸した。

190901hakatakou03

午後3時40分か。当初飛行機の出発まで2時間弱あるから、あわよくば博多で豚骨ラーメンを一杯食べる事が出来るかもと期待していたが、ちょっと難しそうだ。博多駅行きのバスに乗る。当初『一蘭』の釜だれ豚骨でも食べようかと思ったが、場所がちょっと離れて難しそう。でも空港の集合施設は味気ないしなー。じゃあどうしようかとバスの中で食べログ検索。そんなに豚骨ラーメン食べたいか我?と自分にツッコミを入れつつ。そこで見つけたのが祇園駅近くにある『博多一双』なる店。選んだ理由は空港線駅近くということと通し営業だったから。本店は博多駅近くにありこの祇園店は3店舗目だという。到着した時には店前に待ちはなし。だけど早速入店したら満席。でも先客に食べている途中もいたのですぐ空くだろうと食券を買おうとしたら厨房の店員が「お時間いただきますがよろしかったでしょうか?」と聞いてきた。「よろしくありません!」と返答しようとしたが止めて「どれくらい待ちます?」と聞いたら「20分から30分…」と言われた。行列先頭で博多ラーメンでそれはあり得ないだろう!と言い返すのも何だと思い食券を買って店外で待った。飛行機搭乗手続き締め切りまで1時間前。するとやはり5分もしない内に店内へ案内された。厨房には男の店員2人。客席は厨房周りにL字型カウンター8席と2人がけテーブル席3卓。

190901hakataissou00190901hakataissou01  
博多一双 祇園店 『ラーメン(麺バリカタ)』 650円

筆頭基本メニューを注文。真っ白い泡まみれの一杯が出てきた。店頭にも豚骨カプチーノと宣伝されていた。最近「泡系」豚骨と言われているらしくこういう店が増えているらしいね。その元祖は『博多一幸舎』でこの店はその系統だそうだ。麺は極細ストレート。具は青ネギの小分け切り、細切りきくらげ、海苔1枚、チャーシュー1枚。豚骨濃度はそれほどでもないけど、別の意味で豚骨感というのが濃厚で博多に来ている実感を味わえて良かった。

すぐそばの祇園駅から空港線に乗り10分程度で福岡空港へ。無事搭乗手続きを終え余裕を持って飛行機を待つ事が出来た。夜7時半には羽田空港へ到着。しかしバスが何らかの理由で1号線を通らないルートを通り横浜到着が遅れた。それでも夜9時前くらいに帰宅出来た。良い旅が出来て大満足だった。

« 壱岐牛焼 | トップページ | 丿貫青唐 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 壱岐牛焼 | トップページ | 丿貫青唐 »