カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 上大岡猿 | トップページ | 背脂番長 »

2019年9月 9日 (月)

嵐後苦難

昨夜から今朝にかけて首都圏を直撃した台風15号。台風直撃は今まで何度も経験していたが、今回の被害は甚大だった。家屋にはそれほど被害はなかったのだが、午前3時過ぎに突如ブラックアウト。停電だ。雨戸を叩く強雨により叩き起こされた感じで起きていたからその瞬間を目撃した。あ、停電だ…とわかった瞬間から1分後に復帰。何だー良かったーと思った瞬間10秒程度でまた暗闇へ。それ以降電気が復帰する事はなかった。もうこれは外が五月蝿かろうが眠りの世界に逃げ込むしかない。なかなか寝れなかったけど少し寝れた。そして朝6時頃になってようやく起床した。普段ならもう通勤で出発している頃だが、昨夜から既にJRは朝8時まで運行停止を決定していたのを知っていたからだ。これも前代未聞の事態だった。計画通り8時に運行開始したとしても通常ダイヤで進むわけがない。そして人が殺到するのが目に見えている。そう見切って午前中の出勤はまず諦めた。案の定計画から2時間遅れの10時頃運行を開始したらしいけど、全然運行がままならなかったという情報を後で知った。


問題は停電の方だ。朝9時になっても10時になっても復帰してくれない。そもそも今どういう状態なのかわからない。停電しているのでてテレビが見れないからタブレット端末で何度も何度も確認したが、自宅地域が停電中だという、わかりきった情報しかない。このままでは冷蔵庫の中のものが危ない。そして日が高くなる度に猛烈な蒸し暑さが襲ってきた。こうなったらもう今日の出勤は諦めるしかない。出勤していた人には申し訳ないが、責任感の欠如と言われようと、もうこの際どうでもいい。どうしようもない状況だと割り切った。扇風機さえ使えないから、濡れたタオルを身体にかけて日の当たらない板の間で横になるしか手段がない。冷蔵庫を明けたくないので冷たい飲み物も氷も駄目だ。テレビのニュースも見れないからタブレット端末を使ってかろうじて外部の情報を得ていた。でも充電残量が心許なくなっていく。あの東日本大震災でも停電を経験していなかったが、猛暑の中の停電はこれほど辛いものなのかということを身に沁みてわかったよ。

190909sora01そして昼になっても停電から回復しないので近所の状況を見てこようと横浜橋商店街まで歩いてみた。するともう何事もなかったようにいつもの日常風景。信号機どころかコンビニも商店街の店も通常営業中。肩透かしをくらった感じだ。何だよこの地域格差は!イセザキモールまで出てみた。いつもの人通り。何事もなかったかのようだ。ここまで来たら昼飯食べよう。でもここまで歩いてきて我のよく行く食べ物店はことごとく営業していなかった。停電からの復帰は早かったとしても仕込みとかに影響があったのかも知れない。なのでイセザキモールにある量産型家系店『伊勢佐木家』でいいやと入店してしまった。最近家系ラーメンを食べていなかったのでわかりやすい量産型でいいや。厨房には男の店員と東南アジア系女店員の2人。先客5人後客ゼロ。
190909isezakiya00190909isezakiya01
横浜家系ラーメン 伊勢佐木家 『ラーメン(麺かため・油多め)』 730円

基本のラーメン。我定番の家系好み。玉ネギの角切りは店員に言えばくれるシステム。半ライス無料。可も不可もない安定の…を望んだつもりだったが、やたらしょっぱかった。味濃いめと間違えられたか?嫌なしょっぱさだ。スープはほとんど残して退店した。

その後コンビニを5店舗くらい調査したが、おにぎりとサンドイッチ類がことごとく売り切れ状態だった。見た目は日常だけど、やはり今は災害時なのだ。バスもまともに運行していない。電車不通のあおりを受けてく道路が渋滞しているからだ。やはり今日は休んで正解だった。

帰宅後まだ停電状態は継続だった。3時半頃になってようやく電気が戻った。この時は嬉しかったねー。安堵したよ。今夜ろうそくかなー、窓全開にして濡れタオル巻いて寝るしかないのかーというのも想像したよ。本当に良かったが、結局12時間も停電だったということだ。しかも市内外には今日中に復帰が見込めない地域がたくさんあると聞く。そういう人たちは本当に大変な夜を過ごすことになる。今日振り返ってどれだけ大変か分かる。停電に関する情報の欠如が一番問題だと思う。他地域の一刻も早い復旧を願うばかりだ。

« 上大岡猿 | トップページ | 背脂番長 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上大岡猿 | トップページ | 背脂番長 »