カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 恐山入山 | トップページ | 粘昆布麺 »

2019年7月14日 (日)

大間鮪丼

霊場恐山を後にして本州最北端の地、大間崎へ車を走らせた。まず恐山山地を抜けてむつ市の津軽海峡側に出なければならない。これがかなり大変だった。舗装はされているけれど、いつまで続くんだよと思うようなくねくねした山道だった。ようやく海が見えて幾分ホッとはしたのだけれど、今度は海岸線に沿ったくねくね道が延々と続いた。ノンストップで70分、何とか大間崎へ辿り着いた。
190714oomasaki00 190714oomasaki03
朝から曇りっぱなし時々雨だったので今日は天候の方は我慢しなきゃいけないなと思っていたら、大間崎へ到着したらこの景色だよ。梅雨の真っ只中なのにツイているな我。海の透明度が高いので美しく、我のテンションも盛り上がってきたよ。近くに見える灯台がある島は弁天島という島だそうだ。
190714oomasaki01 190714oomasaki02
ここが本州最北端の地。北海道最南端より北にあるそうだ。でもこの前日本最北端の島である礼文島に行ってきたばかりの我にとってはあまり関心を引くような事ではない。それより腹が減ってるんだよ!慣れない運転の上くねくね道ばかりだったからひと息つきたいし!というわけで土産物屋が並ぶ中で食事を提供する店があった。大間といえばマグロ!マグロ丼!早速入店。店は混雑していたが離れにも客席があってそこに案内された。口頭で注文。後客も続々。
190714kaikyousou00 190714kaikyousou02
民宿 海峡荘 『マグロ丼』 2500円

腹が減りすぎて色々のってる「海峡日替わり丼」を注文してしまったが、いやいや大間といえばマグロ!マグロ丼だと思い直して注文中に訂正。あまり待たずにやってきた。小ぶりの丼に大トロ、中トロ、赤身の三種盛り。味噌汁付き。普段好んで刺し身を食べる方ではないので近所で食べる刺し身との明確な違いみたいなものはわからなかった。でも美味かったよ。空腹は最高の調味料となった。空腹は収まり人心地がついた。そして味噌汁の出汁がなにげに美味かった。
190714kaikyousou01

« 恐山入山 | トップページ | 粘昆布麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 恐山入山 | トップページ | 粘昆布麺 »