カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 文月定食 | トップページ | 梅雨関二 »

2019年7月 5日 (金)

大野夕迷

7月最初の金曜日は早く会社をあがる事が出来た。このまま家路についてしまうのは勿体無い気がした。でも訪問したい店など全然想定していなかった。でも突発的に捻出し相模大野駅付近に出来た家系ラーメンに狙いを定め町田経由で小田急線に乗り一駅、相模大野駅で下車。この駅に降りるのは7年ぶりだ。駅から歩くこと6分くらいで目的の店に到着したのだが、店のドアには臨時休業の貼り紙。突発的に訪問すると我は不思議と大抵こういう目に遭う。一期一会かな。仕方なくこの近辺で代替えの店をスマホで検索。その中で選んだのは『鈴木ラーメン店』。この店には2012年3月2日に訪問済。当時はまだ珍しい煮干しラーメンの店だったが、あれから新潟燕三条スタイルに鞍替えしたそうだ。早速入店。店入口付近に券売機。厨房には店主と思しき男の店員1人と女の店員1人。厨房前に一列7席のカウンター席と、背中合わせの窓側に一列6席のカウンター席。先客3人後客2人。水セルフ。
190705suzukiramen00 190705suzukiramen01
肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店 『背脂煮干』750円

筆頭基本メニューを注文。特に背脂の量とかの好みも聞かれなかった。しばらく待って着丼。見た目はいい顔をした一杯。燕三条スタイルの基本である岩のりと刻み玉ねぎ、細切りメンマが配置され、柔らかそうな叉焼は3枚ものっていた。スープも煮干しがバッチリ効いた醤油ベースで大粒の背脂が一面に浮いている。麺は中太平打麺。でもかための中太ストレート麺なんだよなー。ちょっとスープと馴染んでいなかった。でもまあこの一杯で今日は満足する事が出来た。

大和に出て相鉄線で横浜に出て帰路についた。

« 文月定食 | トップページ | 梅雨関二 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 文月定食 | トップページ | 梅雨関二 »