カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 最北離島 | トップページ | 礼文巡雨 »

2019年5月 1日 (水)

礼文上陸

礼文島に無事上陸する事が出来て嬉しい。嬉しいのだが、旅をしていながらもうひとつのものの存在が気になり落ち着かない。それはラーメンだ。ここ礼文島には残念ながらラーメン専門店というのは確認出来ず、自ずと地麺というものも存在しない。それでもラーメンがあれば食べておきたい。なにせ朝羽田空港でハンバーガー食べたっきりで腹は減っている。そこで香深港近くに黄色い暖簾を掲げた店を発見した。定食屋兼居酒屋の『さざ波』という店だった。この店ではラーメンも提供されているようなので早速暖簾を割る。居酒屋然の店内。厨房にはおばちゃん1人。厨房前に一列5席のカウンター席。4人がけテーブル席2卓と座敷席に4人卓1卓。先客は4人だがいずれも地元民で世間話に話を咲かせていた。口頭で注文。

190501sazanami00
190501sazanami01

お食事&喫茶 さざ波 『岩のりラーメン』 1250円

カレーやかつ丼他定食メニューも幅広く書かれていたが、ラーメンメニューが豊富だった。塩・醤油・味噌とそのバリエーション。悩んだけど一番ご当地ラーメンっぽい岩のりラーメンを注文した。うわっこれも離島料金か。しばらくして提供された一杯はなかなかいい顔をしていた。麺は黄色い縮れ中太麺。具はきざみ葱、メンマ数本、なると1枚、チャーシュー1枚。スープは塩ベースで大量の岩のりで覆われている。素材が良いのか、居酒屋で出すラーメンのレベルではない。麺もシコシコで、そこに絡みつく岩のりの味わいが良い。メンマにジャリっと塩を感じた。脂身の多いチャシューは小ぶりだが肉厚で甘みを感じた。礼文島に到着出来た喜びと共に満足の一杯だった。
先客のひとりが外に出ていって戻ってきたと思ったら、我に「地元の方ですか?」と聞いてきた。「いいえ」と答えると何やら白い縞模様が浮き出た貝殻のようなものを差し出してきた。プレゼントだという。なんか奥ゆかしい距離の縮め方をしてくるなあ。支払いを済ませて今夜宿泊するホテルに徒歩で向かった。

190501rebun04

今回の宿は我にとっては過ぎる高級ホテル。そこしか確保出来なかったから。そして離島なので選択肢は限られるであろうから今夜と朝の食事付きで予約していた。ホテルの部屋は海側で眼の前には利尻島が望めた。大浴場でひとっ風呂浴びた後、大広間で食事。定番の魚介メインのお造り。カニやちゃんちゃん焼きもある。うには完全にシーズンオフなので無かった。でも満足。昨夜は全然実感はわかなかったけど、我はこうして礼文島で一夜を過ごす事が出来ている。それが嬉しかった。

« 最北離島 | トップページ | 礼文巡雨 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最北離島 | トップページ | 礼文巡雨 »