カテゴリー

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 待望酔来 | トップページ | 直系朝食 »

2019年4月12日 (金)

濃煮干斗

日が落ちた上永谷駅から地上に出て10分くらい下り坂を歩いて『niるい斗』に到着したのは19時20分くらいだったか。またもや限定メニュー狙いでやって来た。我ながら普通のラオタっぽい行動。この店はご当地ラーメン愛好家である我を刺激する限定メニューを出してくるからついつい訪問回数が増えてしまう。早速入店し券売機で食券購入。厨房には店主と若い男女の店員各1人の計3人。先客1人後客6人。

190412niruito00
190412niruito01

niるい斗 『濃厚背脂煮干しラーメン』 800円

メニュー名を聞いた限りでは『宮本』@蒲田のような濃厚煮干しラーメンの背脂入りだろうと想像してしまいそうだが、この店は違う。レギュラーメニューである新潟燕三条発祥のご当地ラーメンの「背脂煮干しラーメン」と、先日まで限定提供していた新潟市発祥のご当地ラーメン「(割りスープ付)濃厚味噌ラーメン」をかけ合わせた、新潟ご当地ハイブリッドラーメン、「割りスープ付き燕三条ラーメン」ともいうべきものなのだ。麺は縮れの強い太麺。具はきざみ玉ねぎと細切りメンマ、チャーシュー2枚。たしかに普通よりしょっぱさはあるが、先日提供された濃厚味噌ラーメンほどではない。濃厚煮干し混ぜそばといった感じで普通に食べ進められるレベル。後半まで割りスープは使わなかった。こういう2種以上のご当地ラーメンを掛け合わせるメニューの登場は、ラーメンという食べ物の進化の姿のひとつだ。満足。

190412niruito02 190412niruito03

+『ネギ玉丼』 200円=1000円

サイドメニューで頼んだネギ玉丼はごま油と混ぜ合わせたネギの塊の上に生玉子が投入されたもの。お互いが冷たいので、ご飯が冷えてしまっているのが残念。味は悪くなかったけどね。

バスで港南中央駅まで移動し帰路についた。

« 待望酔来 | トップページ | 直系朝食 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 待望酔来 | トップページ | 直系朝食 »