カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 炒飯麻婆 | トップページ | 中村咖喱 »

2019年3月 9日 (土)

非豚一蘭

良い天候に恵まれた土曜日。布団を干して朝9時前に家を出た。

190309shinjyuku01 今日は久々に新宿に出てみる事にした。我の好きな有名豚骨ラーメン店『一蘭』が豚骨不使用の特別店を2月28日に開店したというのだ。他の一蘭の店と変わらず24時間営業なので早めに家を出たのだ。店に到着したのは朝10時20分くらいだったかな。早速入店。入口にお土産用ラーメンの売店があるが店員も客もいない。タッチパネル式券売機が2つあり、基本のラーメンを注文。えっ!1180円!さすが『一蘭』、こういう事は躊躇しないね。客席に移動。ほとんど空席ランプが点灯中。中はちょっとレトロな雰囲気の味集中カウンター。誰もいない。着席して注文表に記入した。

190309ichiran00 190309ichiran01 100%とんこつ不使用ラーメン専門店 一蘭 西新宿店

『ラーメン』 1180円

好みは麺のかたさ以外は店のおすすめに従った。味の濃さ:基本、こってり度:基本、にんにく:基本、秘伝のタレ:1/2、青ネギ、牛弥郎、麺のかたさ:超かた。普通の一蘭と違って、チャーシュー代わりに「牛弥郎」という牛バラ肉が選択出来る。ここまで豚排除だと、豚アレルギーの人向けに開発したのかな?と思うが、アルコール不使用もアピールしているのでハラール対応を意識しているようにも見える。でもハラル認証を示すマークはないな。取得すればマーケット・シェアは広がると思うけど。
そしていよいよう着丼。見た目普通のラーメンのスープより醤油の色が濃くでていて透明度もあるように見える。まずはスープを一口。こってり感や味のはほぼ一蘭の豚骨ラーメンスープと遜色はない。それでも何とか違いを探ろうと食べ進めてみる。鶏や鰹の味が垣間見えるが我の駄舌ではこれ以上推測不可能だ。豚骨無しで『一蘭』の味を作るというのは凄い事だと思うよ。食の人に与える影響力ってのは結構凄いからね。今はインバウンドビジネスかも知れないけど、いずれハラル認証を取得してイスラム圏に進出すれば大きな影響を生み出せると思う。訪問時外国人の姿は見なかった。店頭でもう少しわかりやすく表記した方が良いかも知れない。

« 炒飯麻婆 | トップページ | 中村咖喱 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非豚一蘭:

« 炒飯麻婆 | トップページ | 中村咖喱 »