カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 博多菜麺 | トップページ | 未亡人飯 »

2019年3月21日 (木)

一九拉麺

時刻は正午をまわった。今日午後3時20分発羽田行きの飛行機に乗って帰る事になる。二泊三日の九州北部の食べ歩きの旅も大詰めになってきた。でも腹の空き容量はわずかなので、あっさりと、そして待ち時間などのストレスが少ない、それでいて我好みの老舗感のある渋い店がいいなーと思っていたら、さすが福岡、ありました。1964年創業、『一九ラーメン』だ。福岡市とその周辺で7店舗支店を展開しているが全て親族経営のみの地域密着型ラーメン店。我はいつものように本店狙いで大橋本店へ向かう。大橋駅のすぐ近くにあるが、車で行くとなると駐車に難があるような街なかなので、ちょっと離れたコインパーキングに駐車。降りてみると街路樹の桜が少し咲いていた。春の陽気も感じて福岡の街を明るくしていた。

190321fukuoka01

 店に到着。なんとも味わいのある渋い店構えで我好みだ。早速暖簾を割る。店内も昔ながらのラーメン店で初めて入ったのにもう懐かしい。券売機などない。厨房には初老の男の店員と妙齢の女店員の2人。厨房周りにL字型カウンター17席。4人がけテーブル席4卓。豚骨臭はあまりしないな。これが久留米や北九州との違いかな。先客は常連っぽい3人後客ゼロ。口頭で注文。

190321ichikyuuramen00
190321ichikyuuramen01

一九ラーメン 大橋本店 『ラーメン(バリカタ)』 500円

基本のラーメンを注文。福岡の中心部で今どき500円。見た目もかなり素朴で好感が持てる。我が最後に望んでいた一杯そのもの。麺は博多ラーメンにしてはやや太い、中細ストレート。具は多めのきざみネギとチャーシュー1枚。スープはあっさりとした口当たりでやや甘さを感じる。豚骨独特の甘さ。福岡最後にふさわしい一杯だった。ごちそうさまでした。満足。
190321maizurukouen01
退店して車に戻った。まだ13時前だ。街路樹の桜に誘発されて近くに桜の名所があればちょっと寄ってみるかなと舞鶴公園に行ってみる事にした。でも今日は祭日だったんだ。移動で結構時間がかかってしまい入口付近で撤退した。午後2時過ぎには福岡空港前のレンタカー営業所に無事返車。でも精算手続きの最中ETCカードを抜き忘れていたのを思い出し返してもらった。危ないところだった。

出発前計画していた工程を全て滞りなく終える事が出来た。特に念願の軍艦島上陸が叶ったのが何より良かった。そして九州北部で地麺巡りで訪問出来ずに心残りが残った店も全て回収出来たし、ご当地ちゃんぽんも追加出来た。ほぼ観光抜きの旅だったけど満足度と達成感は高い。旅行の計画をしている時は自分の頭の中だけにある妄想みたいなものだけど、旅を進めていく内にどんどん現実化していくのがとても面白い。

昨年9月の奄美大島以来、長崎天草に続いて平成最後は九州への旅ばかりだった。新たな年号が決まった後の最初の旅の目的地はもう決まっている。今から楽しみだ。

« 博多菜麺 | トップページ | 未亡人飯 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 博多菜麺 | トップページ | 未亡人飯 »