カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 南京千両 | トップページ | 丸幸豚骨 »

2019年3月19日 (火)

夜久留米

無事ホテルに到着し30分ほど休んだ後再び夜の久留米の街へ。平日というのもあるかも知れないけどアーケード商店街のほとんどの店はシャッターが降りていて寂しい街という印象。西鉄久留米駅から約1kmほど歩いたところに小頭公園があり、その周辺に屋台が数件出ているというのでやって来た。目的は久留米ちゃんぽん。元祖豚骨ラーメンの『南京千両』店主はラーメン店開業前に久留米のちゃんぽん店に通って豚骨スープを生み出したという噂もある。つまり豚骨ラーメンの源流の源流が久留米ちゃんぽんというのでこれは抑えておきたかった。でも昼営業しているような店はことごとく閉店しており、今久留米ちゃんぽんらしいものを提供しているのは夜の屋台だけらしいのだ。当初『秀ちゃん』という店を狙っていたのだが、公園一周しても見つからない。というか屋台は1店しか出てないぞ。というわけで営業しているその屋台に突入した。『原田』という昭和44年創業の老舗屋台らしい。我のような酒を好んで飲まない人間にとってはとても入りづらかった。厨房には親父一人。接客は良い感じ。「お飲み物は?」と聞かれて「結構です」と答えるとお冷を出してくれた。先客は2人。話し込んでいるようで絡まれる事はなく安心した。
190319harada00190319harada01
原田 『ちゃんぽん』 800円

目的のメニューもあったのでそれのみ注文。今日食べた今までのちゃんぽんとは違い、とてもオーソドックスな長崎と同じちゃんぽん。屋台ということもあって多少ワイルドだが、『リンガーハット』と甲乙つけ難いレベル。我の中では『リンガーハット』はちゃんぽんの基準となっている。なので褒め言葉だ。調べると久留米ちゃんぽんの元になった中華料理店は、長崎ちゃんぽんの祖『四海楼』の親戚の店だったらしい。つまりそれは長崎ちゃんぽんとほぼ同じで当たり前なのだ。まあ1店食べただけだけど、実食してみて長崎ちゃんぽんとの違いがわからなかった。

« 南京千両 | トップページ | 丸幸豚骨 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 南京千両 | トップページ | 丸幸豚骨 »