カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 端島上陸 | トップページ | 南京千両 »

2019年3月19日 (火)

日田菜麺

今回の旅の最大目的、軍艦島上陸を果たした我。土産物を買ったらもう長崎には用がない。なので日帰りもやろうと思えば可能だった。でもそれではせっかくの特別休暇が勿体無い。旅行の計画を立案した時色々と迷った。これから離島に行ってしまおうかとも考えた。でも時期的に考えても石垣島奄美大島で見た絶景を凌ぐのは望めないだろう。だったら我の望むまま、観光なしで食べ歩きメインの旅にしてしまおう。我による我の為の我しかやろうとしないであろう我の旅だ。
190319takaraya02
長崎港を後にして長崎自動車道に入る。そして佐賀、福岡を横切って大分自動車道に入っていく。長崎から大分とは我ながら自由過ぎる。やって来たのは日田。ここにもご当地ちゃんぽんがあるらしいのだ。高速を降りて日田駅前に到着したのは午後5時あたり。そこにそびえ立つビルそのままが『寶屋本店』という創業70年以上の大衆食堂だ。一階がテーブル席メインの普通の食堂で2階より上は座敷メインや式典会場になっているらしい。なので我は1階に入店。厨房は奥にあり見えない。6人卓が3つと8人卓が4つ、座敷に4人卓が2つ。先客4人後客3人。メニューは麺類以外にも定食や寿司、カレー、お子様ランチと何でもありな感じ。おばちゃん店員に口頭で注文。
190319takaraya00190319takaraya01
寶屋本店 『日田ちゃんぽん(小)』 620円

日田ちゃんぽんは大中小あり、我は連食予定なので小を注文。麺は一般的な丸太ちゃんぽん麺。具はもやし、キャベツ、にんじん、ネギ、かまぼこ、ちくわ、豚肉。スープは豚骨ではない。鶏ガラ主体の和風出汁。そして甘さを感じる。やはり長崎から離れるとかなり変わるんだねー。海を挟んだ愛媛八幡浜ちゃんぽんとかなり近い。同じちゃんぽんでも朝食べた武雄ちゃんぽんとはまるで違う。それでいてこちらも美味しい。
こういうところで距離の差による伝言ゲームの結果みたいなものが感じられて面白い。地麺巡りの楽しさを感じられて良かった。満足。

夕闇迫る大分日田。しかし宿泊地はここではない。また高速に入って1時間ばかり長距離運転だ。

« 端島上陸 | トップページ | 南京千両 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 端島上陸 | トップページ | 南京千両 »