カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 太平山謎 | トップページ | 一蘭拉麦 »

2019年3月20日 (水)

筑豊拉麺

今回も5年前にニコニコ動画にアップしたご当地ラーメンのスライド動画にあった、おそらく地元の人からであろうコメントから得た情報でひっかかっていた店に向かう。その店は『筑豊ラーメン 山小屋』。昭和44年創業。九州&中国全域から首都圏にまで店舗を展開するバリバリのチェーン店。特に九州北部内では小さな町にも支店を出していた為、地元の人には馴染みのあるラーメン店であるようだ。我も大分宇佐市に出張した時立ち寄っていた。その創業した本店が福岡県でも大分県寄りの、はっきり言って田舎町である田川郡香春町という場所にある。門司港から44km。いくら本店だからって普通のラオタだったらまず行かないだろう。でもそれが我の為の旅。1時間以上かけて田園地帯が広がる日本の田舎町へやって来た。国道沿いを走っていると看板を見つけた。本店だけあって大きな店舗で広い駐車場を完備していた。早速入店。券売機は無し。『ラーメン山小屋』の特徴として焼き肉も一緒に提供している店舗が多いことが挙げられる。もちろんこの本店もそうで、店舗の左半分はラーメン店、右半分は焼肉店の客席になっている。総座席数180席らしい。ラーメン側はL字型カウンター。厨房には男の店員が5人ほど見えた。午後3時という半端な時間帯の為先客1人後客2人。口頭で注文。
190320yamagoya00190320yamagoya01
九州筑豊ラーメン山小屋 香春本店 『ラーメン(バリカタ)』 630円

筆頭基本メニューを注文。麺は極細ストレート。具はきざみネギ、きくらげの細切り、もやし、バラチャーシュー2枚。「のっぺりした豚骨スープかなー」とあまり期待しないで食べてみると…あれ?悪くないじゃん。味はしっかりしているよ。豚骨濃度だってなかなかある。唸るほど…ってことは全然無いけどこれでこの値段だったら十分だよ。本店だからだろうか?そのあたりはわからない。わざわざやって来てみて良かった。

« 太平山謎 | トップページ | 一蘭拉麦 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 太平山謎 | トップページ | 一蘭拉麦 »