カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 梅蘭炒飯 | トップページ | 早桜並木 »

2019年3月30日 (土)

他人炒飯

今日も特にわざわざ出向いてでも行きたいような店が思い浮かばず、結局昨夜フラれた、ネットでは横浜中華街一美味しいと評価されている炒飯を出す店に行ってみる事にした。土日に中華街なんか訪問しちゃいけないとわかっていたのに…。『清風楼』という店なんだけど、開店が11時45分という殿様商売っぷり。知らずに11時開店だろうと11時20分頃行ったら既に店前に20人以上店前に行列が生じていた。しかも家族客が多くどんどん後から割り込んでくる。昨夜のようなルーズ閉店とは対照的に開店時間ピッタリには開店した。1階テーブル席のみで15,6卓くらいあったかな。ギリギリ我は初回で着席出来たが、我の後に続いた客から店前立ち待ち。口頭で注文。

190330seifuurou00
190330seifuurou01

中華料理 清風楼 『上炒飯』 1500円

普通の炒飯は880円。海老が入るだけの上炒飯だと一気にこの値段になるが注文してしまった。先にザーサイが提供された。炒飯は何故かやや赤みがかっている。期待して食べたんだけど味は悪くないけど普通に感じた。そしてコストパフォマンスは感じない量。これなら我は昨夜食べた『梅蘭新館』に軍配を上げる。ネット上の評価に騙された感じ。ラーメンの評価は良くも悪くも多くの人によって評価され、その精度はある程度信頼出来るものとなるのだが、その他の料理となると一気に精度が下がるというのを身をもって理解した形となった。逆に言うと炒飯というジャンルは自分の足のみで美味しい店が見つかるかも知れないって事になるか。

190330seifuurou02

 +『焼売(四ケ)』 540円

店頭でも持ち帰りが売られているほどこの店のイチオシメニューの焼売。最近我はシューマイにハマっているのでこちらも注文してみた。 小ぶりな焼売が4個。悪くはなく、いたって普通。中華街の店、土日に並んでまで食べる事はない。それを改めて再認識させられる形となってしまった。

190330motomachikouen01


その後元町に移動しウチキパンでパンをいくつか買った後、坂を登って元町公園へ行ってみた。桜の開花、他のところはまだ五分咲き未満だけど、ここだけはやや開花が進んでいた。

« 梅蘭炒飯 | トップページ | 早桜並木 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅蘭炒飯 | トップページ | 早桜並木 »