カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 粉雪沙県 | トップページ | 四六年閉 »

2019年2月10日 (日)

蒔田純塩

190210sora01 結局昨日の雪はほとんど残らず、晴れた日曜日となった。でも明日また雪が降るかもという予報。ならば買い物も明日ではなく今日行っておこう。そんな感じで11時過ぎにゆっくり外出。今日も新店開拓の為遠出なんて気は起こらず近場の店へ赴く。先月13日に訪問したばかりの『とらや』へ。この店はあえてノスタルジックなラーメンを提供していながら、そのやり方がわざとらしくないので、とても我好みで好印象の店だ。あ、看板が変わっている。『味のとらや』か。またノスタルジックでいいじゃないの。早速入店。厨房には男の店員2人。正午ちょっと前の訪問で先客1人後客2人。口頭で注文で料金後払いというのを意図的にやっっているのもいいね。

190210toraya00 190210toraya01 ラーメン専門店 味のとらや 『塩ラーメン』 700円

メニュー表には味噌、塩、生油の順に表記されている。初訪問時は筆頭味噌だったので順番で今日は塩にしておこう。麺は自家製の中太ちぢれ麺。具は薬味ネギ、メンマ、もやし、チャーシュー1枚。味噌と同じ。いや、もやしの量が増えている。もやしラーメンかと思ったくらい。そして丼になみなみと注がれたスープは極限みたいに透明。そしてかなり油っぽくアッツアツの状態。最近流行りの魚介ダシじんわりといったものではない。この店らしい、懐かしい気持ちにさせる塩ラーメン。定冠詞付きの塩ラーメン。稚内のラーメンを思い出した。今この近くではこういった塩ラーメンを食べさせてくれる店はなくなったと思う。美味かった。そして味噌を食べた時以上に体が温まった。そのくらいアッツアツのスープだった。これは残る生油を食べるのが楽しみになった。

その後徒歩で伊勢佐木町まで移動、サミットで買い物をした。

« 粉雪沙県 | トップページ | 四六年閉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒔田純塩:

« 粉雪沙県 | トップページ | 四六年閉 »