カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 頑爺咖喱 | トップページ | 西口頑固 »

2019年1月31日 (木)

戸塚幸豚

『ガン爺』を出たのがまだ11時20分だった。雨も上がっているし、これはまだ欲張っても良いかな。そう思って新橋駅まで戻る途中考えを巡らせた。そして当初行く予定だった戸塚の新店へ連食するという強硬手段に打って出ることにした。新橋から戸塚まで東海道線1本で行けるし。移動している間に腹はこなれているだろう。12時10分頃には戸塚駅に到着。目的の店は『ラーメン幸豚(ゆきぶた)』といい、『麺や幸村』スタッフが手掛ける二郎インスパイアの店らしい。『YUKIMURA NOOODLES&COFFEE』といい、このグループは戸塚で勢力を拡大すると決めたようだ。場所『カミカゼ』とかある方だな。駅から結構距離があるのでバスに乗る為バスターミナルに出てバスに乗る。10分弱で付近のバス停で下車し坂道を上がって歩くこと約5分、黄色地に黒の二郎カラーの店舗を発見。何か事務所のような店舗だ。敷地に入って入口に回り込んで白い暖簾を割り入店。入口脇に券売機。厨房には男の店員2人と女の店員1人。厨房前に一列のカウンター8席と4人がけテーブル席2卓。先客9人後客5人。

190131yukibuta00 190131yukibuta01 ラーメン 幸豚 『ラーメン』 750円

基本メニューを注文。好みは食券を渡す時にニンニク、アブラ、ヤサイを聞いてくれる。腹はこなれてきているとは言え、ボリュームのあるカレー定食の後の二郎系ラーメンなので全部普通を選択しておいた。先客のほとんどがラーメン待ちの状態だったので、15分くらい待たされ着丼。でもレンゲがない。ああ給水器の上にあった。何で卓上に置かないのだろうか。麺は平打太麺ストレート。具はほぼ茹でもやしのみと言っていいヤサイと、肉厚の巻きバラチャーシュー2枚。そしてきざみニンニク。スープは思いっきりの良い非乳化でサラサラのやつ。しょっぱめでありながらどこか甘みも感じる二郎系然とした味わい。ニンニクの辛味も活きる。我はジロリアンではないのでこれで満足。麺と具はキッチリ食べきり腹いっぱい。もう真っすぐ帰宅するだけだ。

午後2時前には帰宅出来た。平日休暇を堪能したなー。

« 頑爺咖喱 | トップページ | 西口頑固 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸塚幸豚:

« 頑爺咖喱 | トップページ | 西口頑固 »