カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 蒔田焦醤 | トップページ | 札幌塩斗 »

2019年1月25日 (金)

鶏白太翔

会社帰り久々に屏風ヶ浦にやって来た。『元気鶏』なる焼き鳥屋が移転、跡地にラーメン店を今月21日に開店させたという情報を得たからだ。屋号は『横浜太翔』。早速入店。厨房には金髪の小柄な男の店主と、金髪ギャル風の女店員。接客は普通にちゃんとしている。厨房前に一列のカウンター6席と4人がけテーブル席2卓。店内は狭い。先客はおばちゃん1人がテーブル席に大量の荷物を置いて座っていた。客なのか店の関係者なのか不明。後客4人。口頭で注文。

190125yokohamataisyou00_2 190125yokohamataisyou01 横浜太翔 『鶏白湯(塩味・細麺)』 650円

この店は辛麺と鶏白湯の2本立て。悩んだけど辛麺は味が想像できて面白みに欠けるかなと思い鶏白湯の方を注文。味は塩か醤油か選択出来、麺も太麺と細麺から選択する。辛麺の方はそれに加えこんにゃく麺も用意していたから、単に辛いラーメンではなく宮崎発祥の本当の辛麺のようだ。しばらく待って着丼。見た目がちょっと華がなく寂しい感じがした。麺は細麺ストレート。具は刻みネギとスプラウト数本、脂身の多いチャーシュー1枚。スープは若干透明度があるので濃厚という感じではない。あまり期待出来ないなーと思いながら一口啜ると、あら、美味しい。優しい鶏の味わい。調理の真面目さを感じたね。いい感じだ。

190125yokohamataisyou02 +『ネギ丼』 300円=950円

サイドメニューのネギ丼も注文。きざみ鶏肉ときざみネギときざみ海苔。味付けは胡麻油とピリ辛。いたって普通のネギ丼だけど、中サイズの丼に半分くらいご飯が入ってそこそこのボリューム感有り。晩飯として満足出来た。

« 蒔田焦醤 | トップページ | 札幌塩斗 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶏白太翔:

« 蒔田焦醤 | トップページ | 札幌塩斗 »