カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 赤味噌斗 | トップページ | 頑爺咖喱 »

2019年1月30日 (水)

太豚統合

会社帰り市営地下鉄ブルーラインに乗り換え新羽まで出て『ハイパーファットン』に立ち寄ることにした。2017年8月18日に訪問以来の二度目の訪問。何でもここの本店にあたる六角橋の『ファットン』が人手不足の為一時休業して、こちらの店舗に集中するのだとか。これからそういう店が増えてくるよね、例え大人気店でも例外なく。そうなってしまうことを食い止めようとするより、今を楽しんでおいた方が良いのかもね。6時半くらいに店に到着すると店前には行列なし!早速入店。券売機で食券を購入し、ちょうど1席空いていたのですんなり着席。前回訪問時は1時間待ったというのに。平日夜の強みだね。それでも我の後から来た客は店外で待つよう指示されていた。厨房には店員3人。

190130hyperfaton00 190130hyperfaton01 ハイパーファットン 『FBラーメン小(ニンニク)』 850円

再訪問なので別のメニューを…と探すと限定メニューがあった。FBラーメンとFBそば。FBとはなんぞ?後で調べるとファットンブラックの意味だとか。FBそばの方は追い飯付きと書いてあったので台湾混ぜそばインスパイアなのだろう。我は通常汁無しよりは断然汁有り派なのでFBラーメンの方を注文。いくつか制限があって、大盛り不可でミニor小の選択のみ。またニンニク、カラメは選択できるがヤサイ増しはない。出てきた一杯はヤサイ抜き二郎のような感じだった。麺はうどんのような平打太麺。でもうどんとは違い密度のある麺なので噛みごたえがあり腹にたまる。大盛り不可が納得の麺量だった。具はメンマと豚3つ?見た目はブラックな感じはしないスープだが、飲んでみると醤油ダレがかなり強めで結構なしょっぱさ。豚骨濃度が高いから黒くならないのか?このボリューム、この塩分濃度。さらに追い打ちをかけてくるおろしニンニクパワー。目一杯働いた後には満足度が高い一杯。そうではないと少しキツイ一杯。我は麺と具は平らげたがスープは飲み干せなかった。

« 赤味噌斗 | トップページ | 頑爺咖喱 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太豚統合:

« 赤味噌斗 | トップページ | 頑爺咖喱 »