カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 武者濃口 | トップページ | 北新横戻 »

2019年1月18日 (金)

中本二色

今週は4日間で仕事も比較的凪だったので平和だった。しかし職場でインフルエンザが猛威をふるい始めたので気が気でない状態で働いていた。

今夜は横浜駅で降りて久々に『中本』に行ってみようかという気になった。寒さがそうさせたのか。横浜店には開店翌日に訪問して以来の再訪問。あの時は雨の中1時間以上待ったが今はどうだろう?と見てみると店前に10人ばかりの行列が出来ている。どうせ店内の階段の上まで行列状態なのかな?と疑ってみたがそんな事はなく目に見える行列だけのようだ。途中女店員に促されて券売機で食券を購入し店前で待つ。10分ちょっとの待ちで着席出来た。厨房には男の店員3人と女の店員1人。

190118nakamoto00 190118nakamoto01 蒙古タンメン中本 横浜店

『得々セット(北極ラーメン&味噌タンメン)』 750円+『ライス』 170円=920円

中本の極辛メニューの北極ラーメンは一度挑戦してみたい気持ちはあったが、極辛好きでもなければコアな『中本』ファンでもない我はなかなか手が出せないでいた。そうしたら店頭の広告で横浜店限定メニューとして、味噌タンメン、蒙古タンメン、北極ラーメンの三種類の内2つのハーフサイズをセットで頼める得々セットというものが紹介されているではないか。これはいい機会。蒙古タンメンは食べた事があるので、北極ラーメンと味噌タンメンを選択。避難場所としてライスのレギュラーサイズを合わせて注文。両方共かために茹でられた縮れ中太麺。単純に辛さだけが違うのかと思ったら具が全然違うんだね。

190118nakamoto02 北極ラーメンの方は茹でもやし、小さい豚肉の切り身。余計なクッションは置かず唐辛子の辛さがダイレクトに伝わるようにしているようだ。なので予想通り強烈な辛さ。我はカレー好きで複雑な香辛料の辛さは好きなのだが、唐辛子の直線的な辛さは得意ではないのだ。案の定咳き込み、唇が腫れるような感覚を味わった。スープをご飯にかけたが、唐辛子の破片まみれになっていた。何とか麺と具は食べきった。北極ラーメン、我は一度で十分だな。経験値を積む事が出来て満足。

190118nakamoto03 そしてもう一方の味噌タンメン。これが美味い!クタクタになった白菜の甘みとニンニクの味わいで、辛さではない方法で体が温めてくれる。よく蒙古タンメンは辛さの中に旨味があると言われるが、実はこの味噌タンメンこそがその旨味の正体なのだと理解した。『中本』に来るとどうしても「辛いものを食べる」という考えに陥っていたが、これは改めなくてはならないな。次この店に来る事があったら味噌タンメンレギュラーサイズ一択だな。満足の食事になったが、唇のヒリヒリがなかなか止んでくれなかった。

« 武者濃口 | トップページ | 北新横戻 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中本二色:

« 武者濃口 | トップページ | 北新横戻 »