カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 天草上島 | トップページ | 初太平燕 »

2018年12月24日 (月)

天草上麺

181224maeshima00 時刻は午後1時近く。もちろん昼飯は再び天草ちゃんぽんを狙う。観光客向けのレストランとかでも提供しているけど我が行きたい店はそういう店ではない。出来れば老舗の食堂が望ましい。そういう選択をした結果浮かび上がってきた店が、「三代継いだ昭和の味」がキャッチフレーズの『しろやま食堂』だった。創業1947年だそうだ。場所は天草の一番北の玄関口、大矢野島の国道沿い。意外と新しいデザイン性のある店舗だね。何とか店の駐車場に駐車し入店。厨房にはおばちゃん店員1人が孤軍奮闘している。客席は厨房前に一列のカウンター9席とその背後の壁側に2人卓が3つ。口頭で注文。先客6人だったが後客7人でほぼ満席。女将さん大丈夫か?と心配したが、慣れた感じで客をさばきつつ、調理をしっかりしていた。これは期待出来る。

181224shiroyamasyokudou00 181224shiroyamasyokudou01 しろやま食堂 『いつものちゃんぽん』 600円

メニューには具材の凝った「四郎ちゃんぽん」や「南蛮ちゃんぽん」等1000円超えのちゃんぽんもあったが、我の望んでいるのはそういうのではない。筆頭基本、その名も「いつものちゃんぽん」だ。先客が誰も待ちの状態だったから大分待たされるかな?と思ったけど、先客の「いつものちゃんぽん」調理に合わせて咄嗟に1人分追加して調理してくれたらしく、あまり待たずに提供された。ありがとう女将さん。麺は丸いストレート太麺。具はもやし、キャベツ、にんじん、たまねぎ、細切りきくらげ、かまぼこ、豚肉、そして海老。小ぶりだけどこの海老が入っているか否かでちゃんぽんの評価はまるで変わってしまう事がよくわかるようになった。スープは説明によると「昆布と鰹節などを元にした醤油味」だそうだ。厨房の上にもわざわざ「天草醤油ちゃんぽん」と書かれていた。確かに長崎のものに比べて豚骨感が希薄なので、これが天草ちゃんぽんの特徴なのかも知れないが、醤油も九州の薄口を使っているため、関東の人間からするとほぼ塩味でいつものちゃんぽんの味なんだよな。でもだからこそなのか、とても美味かった。炒めたてのアツアツ具材も良かった。天草最後にこの店に入れて良かった。

181224soft01 この店に来る途中に道の駅を見かけたのでわざわざ戻って土産物を物色、からし蓮根等を購入した。そして食後のソフトクリームを、広場で猿回しを見ながら食した。これから熊本市に向かって再び長いドライブが続く事になる。

« 天草上島 | トップページ | 初太平燕 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天草上麺:

« 天草上島 | トップページ | 初太平燕 »