カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 文庫辰巳 | トップページ | 青葉台晴 »

2018年12月 5日 (水)

実力確認

長崎旅行で現地のちゃんぽんを食べ歩いた。ほとんどが美味しく食べられたのだが、何店かは満足したとは言えないちゃんぽんにも当たってしまった。そして本場長崎で見た『リンガーハット』の存在感。長崎港近くだけではなく、小浜温泉の中心部にも出店しており結構客入りが良かったのが印象に残っていた。横浜に帰ったら伊勢佐木町で食べて再確認にしよう、と旅行中に思ったくらい。ラーメン食べ歩きをするようになってから『リンガーハット』にはご無沙汰になってしまったが、横浜生まれの我からすれば『リンガーハット』のちゃんぽんこそが原点であり基準。現地の味を知った今、その実力を再測定する。

リンガーハットは1974年、長崎県市宿町に1号店を開店。それが今や海外も含め700店舗に展開して今も店舗数を増やしている。先日山下町にオープンしたMEGAドンキにも出店しているしね。伊勢佐木町には昔からあった気がするが入店するのは久々だなあ。入口にタッチパネル式券売機。入口は狭いが奥行きがあり広くなっている。食べログによると32席あるそうだ。客入りは15人くらいはいたかなあ。後客もガンガン入店。人気店だなあ。

181205ringerhat00 181205ringerhat01 長崎ちゃんぽん リンガーハット 伊勢佐木モール店

『長崎ちゃんぽん(麺400g)』 630円


色々なちゃんぽんメニューがあったが今回は基本の味を確かめるのだ。労働後で空腹だったので麺ダブル400gを注文。でもサービスだって。気前が良い。しっかりとした食感のちゃんぽん麺。具も肉、野菜、エビや練り物など、ちゃんぽんには定番で欠かす事が出来ないものは全て抑えてある。スープもトロリとして味がしっかりしている。やっぱり美味いわリンガーハット。高い水準で安定を維持してしまっている。これが基準で比較されると、他の個人経営の店は可哀想だ。ちゃんぽん業界で追従するものなしの理由がわかった気がする。

181205ringerhat02 +『チャーハン』 360円=990円

サイドメニューのチャーハンも低価格ながら味、ボリューム共に納得の品質。これは普通に通えてしまう。食べ歩きブロガーとして障害になってしまいそうなレベルだった。満足の食事となった。

« 文庫辰巳 | トップページ | 青葉台晴 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実力確認:

« 文庫辰巳 | トップページ | 青葉台晴 »