カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 日吉再丼 | トップページ | 水俣菜麺 »

2018年12月23日 (日)

人吉好来

4月の時点で12月25日を特別休暇にする申請をしていたので我は年末休暇を前に4連休になっている。これは毎年恒例のようになっていたクリスマスライブを当て込んで入れた休暇だったのだが、何たることか今年はライブの時期がズレて10月になってしまった。なのでこれを家で無為に過ごすにはもったいない!と、長崎旅行と同時期の10月に飛行機や宿の手配をして熊本旅行に出かける予定を立てていた。

でも長崎旅行から1ヶ月という短い期間で再び旅行というのはテンションが上げるのは難しい。寄る年波のせいか、体力も精神力も追いついてくれない。特に風邪の方は回復はしてきているものの完治しているわけではない。そんな訳で今回の旅立ちは前回のようなハイテンションな感じではなかった。しかし何かの予感があったのか、我は先月頭の時点で当初昨日出発の予定を本日に変更していたんだよ。これがいい具合に休養と旅への心持ちの準備をする事が出来た。

早朝4時40分過ぎに家を出て、横浜からリムジンバスに乗り羽田空港へ。前回の失態がまだ記憶に生々しく残っているので忘れ物については慎重に確認した結果、無事7時過ぎに熊本行きの便に乗る事が出来た。熊本空港には9時過ぎに到着。今回の旅はレンタカーで移動する事になるので、送迎車に乗りレンタカー事務所へ移動し手続き。乗り慣れたヴィッツを借りる事が出来た。しかもほぼ新車。実際運転してみると至るところにセンサーが着いていて、車線に近づくだけでピーピー鳴ったりする。バックモニター等ももちろんある。車に興味ほぼゼロの我なので最近の車の進歩には驚かされた。そのままほぼ直線的に移動し九州自動車道へ。そして今回遅ればせながらETCデビュー。料金所の度に小銭を準備するのは財布を紛失する元になるので何とかしないとと思っていたのだ。なかなかスムーズでいいね。でも返車する際抜き忘れるととても怖いので結局同じか、ということもやってみて判った。今回は注意したから大丈夫だったけどね。

181223hitoyoshi00 今回の旅は天草がメインなのだが、その前に人吉や水俣に立ち寄るコースにした。地麺巡りの要素を高く設定。我は2010年3月に熊本遠征は行っていたけど、玉名にちょっとだけ移動した以外は熊本市内の店を重点的に食べ歩くに留まった。なので人吉の名店『好来(はおらい)』に未訪問に終わっていたのは大きな心残りだった。創業は昭和33年。ラオタ界隈では『なんつッ亭』@秦野の店主の修行先として有名。今回の旅は車移動。自由度があるのでまずは人吉の『好来』を目指す。高速を1時間以上飛ばして人吉に到着したのは11時10分前くらいだったかな。空は鉛色の雲が立ち込め今にも雨が降りそうな感じ。近くの店専用駐車場に車を止め11時頃店前に到着。「食べログ」では11時半開店とあったので有名店だから30分前に到着していれば大丈夫だろうと踏んだのだ。店前に人はいない。すると横で何やら作業していた店主と思しきおじいさんに「どうぞ、開いてますんで」と言われた。これはラッキーだ!幸先いいぞ。早速一番客として入店。その後3人の客も続いて入店した。客席はテーブル席のみで1人卓☓1、2人卓☓1、4人卓☓2。町のラーメン店然とした飾り気のない雰囲気が良い。店内に置かれたお土産用のラーメンだけが浮いているようだ。驚いた事に店内にメニューが書かれたものが一切ない。「ラーメンしか出来ないんで」と先ほどの店主。なんか老舗ラーメン独特の良さを感じる。なので口頭注文すらなし。

181223haorai00 181223haorai01 好来ラーメン 『ラーメン』 600円

着丼した瞬間に「どーだいこの顔!」と心の中でつぶやいてしまうほどのオーラをまとった一杯が登場。ちゃんぽん巡りではまだ味わった事のない高揚感!空港について車で町中走っても全然熊本に来た実感は得られなかったが、このスープを啜った瞬間「あー我は今本当に熊本人吉で好来ラーメンを食べているんだなぁ…」と実感出来たよ。やっぱり現地へ赴いてのラーメン食べ歩きはたまらないものがある。麺は固めに茹でられた自家製中太ストレート。何と通常で麺量250g。そこに薬味ネギ、大量の茹でもやしと細切りきくらげ、チャーシュー2枚が加わる。最初の一杯目で結構お腹いっぱいになってしまい、この後が心配になってしまったほど。大丈夫だったけどね。そしてニンニクと胡麻油、ラードで作った自家製マー油と豚骨、鶏ガラ出汁が一体になった黒いスープ。見た目ほど苦くはなく優しい味わい。でもこれこそが原初、という感じのいい塩梅な味。もちろん大満足。久々に地麺巡りの楽しさを思い出させてくれた一杯に感謝だ。店主はもう80歳手前くらいだろう。跡継ぎがいるのかわからないが、我は間に合って良かった。

181223hitoyoshi01 181223hitoyoshi02 その後せっかく人吉に来たので観光らしいものをしようと人吉城跡に行ってみた。天候も相まって寂しげな雰囲気が逆によかったな。

« 日吉再丼 | トップページ | 水俣菜麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人吉好来:

« 日吉再丼 | トップページ | 水俣菜麺 »