カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 長崎夜景 | トップページ | 朝眼鏡橋 »

2018年11月22日 (木)

長崎再食

181122nagasaki01 稲佐山ロープウェイで下山し、通りに出てバス停についたらちょうどバスが止まっていたので適当に乗ってしまった。そうしたらちょうど宿泊予定のホテルの近くまで運んでくれた。奇跡の数珠つなぎはまだ続いてくれているのか?宿泊予定のホテルは長崎市電観光通りのすぐ近くで繁華街のど真ん中。早速チェックインして重い荷物を部屋に置きホッと一息。正直肉体は疲れているのだが、気分は高揚している。身軽になって早速長崎の夜の街へ。長崎でも最も賑やかな思案橋付近を歩いてみる。路面電車がある風景というのはいいね。

181122shinchichyuukagai01 遅い晩飯はやはり長崎ちゃんぽんと決めていた。5年半前に長崎ちゃんぽんの元祖『四海楼』には訪問したが、長崎市民に親しまれている地麺としての普段着の長崎ちゃんぽんを食べてみたいと思った。選んだのは思案橋横丁にある『純中華料理 天天有』という店。純中華料理という初めて聞くような看板を掲げ、屋号はご当地ラーメン好きなら惹かれてしまう『天天有』の文字。我は屋号にやられてフラフラと入店してしまった。後で調べたら創業70年以上という老舗中華料理店だそうだ。あまり派手ではないけど中華料理店然とした店内。厨房は見えない。普段着っぽい男の店員が2人見えた。奥の座敷に店のおばあちゃんが座っている。家族経営丸出し。カウンター8席と6人がけ丸テーブル2卓と座敷に4人がけテーブル3卓。先客2人後客3人。口頭で注文。

181122tentenyuu00 181122tentenyuu01 純中華料理 天天有 『特製チャンポン』 1100円

長崎旅行実現祝いで具材多めの特製チャンポンを注文。麺は太麺ストレートのちゃんぽん麺だが、やや細め、やや柔らかめの仕上がり。具はもやし、白菜、ニンジン、ピーマンといった野菜類、ゲソ、小エビ、ホタテといった魚介類、プラス豚肉。スープは結構あっさりしていた。昔ながらのチャンポンという事だろう。でも味が薄い。何故かピーマンの味が目立つくらい。後半たまらず卓上の胡椒を投入したが満足には至らなかった。

そんなわけでこのままでは収まらなくなって連食。『思案橋ラーメン』に入店。前回の長崎訪問時に入店しているので再訪になる。何故同じ店に入ったかというと、強烈な豚骨臭が漂っていたのをまだ記憶してたから。今我の胃はパンチがあるものを求めている。早速入店すると中は大賑わい。何とか着席出来た。相変わらず強烈な豚骨臭が漂っている。博多や久留米などの店より強烈。個人的には北九州市の店と同じレベルに感じた。後客は店外で待ち。人気のほどが伺える。厨房には男の店員3人とおばちゃん店員3人。横に長い厨房の前に一列のカウンター14席。2人がけテーブルと4人がけテーブルが各1卓。口頭で注文。

181122shianbashiramen00 181122shianbashiramen01 思案橋ラーメン 『バクダンラーメン』 700円

ちゃんぽんはもういいや。やっぱりラーメンだ。前回は普通のを頼んだが、今回はパンチを求めているのでバクダンラーメンを注文した。バクダンといってもおろしニンニクがちょっと入っているだけなんだけど。麺は細麺ストレートやわめ。具は薬味ネギ、細切りきくらげ、紅生姜、うずらの卵1個。スープは豚骨&鶏ガラ。臭いの強烈さに反しあっさりサッパリスープ。表面にゴマも少々浮いている。長崎ニンニクラーメン。飲んだ後には良さそうな一杯。我は飲んでいないが2杯目として食べやすく満足できた。

ホテルに到着し風呂に入ってひと心地。ようやく波乱万丈の長崎旅行1日目は幕を閉じる。長崎で一泊している事にまた感謝しながら眠りに落ちた。

« 長崎夜景 | トップページ | 朝眼鏡橋 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎再食:

« 長崎夜景 | トップページ | 朝眼鏡橋 »