カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 諫早昼下 | トップページ | 旅帰三酉 »

2018年11月24日 (土)

諫早食堂

そろそろ諫早駅に到着する、といったところで一軒の味のある食堂を見つけてしまった。『お食事処 なるほど』。屋号もそそられる。予定外だがここで今旅最後の食事をしてから長崎を後にしよう。早速入店。内外装ともドラマにでも出てきそうな町の食堂って感じ。厨房は仕切りの向こうで見えない。おばちゃん店員が1人だけ。小窓から注文が伝えられ、その小窓から注文の品が出てくるようだ。客席は一列のカウンター5席と4人がけテーブル席4卓。先客3人後客1人。店内上隅のテレビではNHK朝ドラが放送されていた。口頭で注文。

181124naruhodo00 181124naruhodo01 お食事処 なるほど 『ラーメン』 540円

壁に貼られた短冊メニューにはちゃんぽんを筆頭にラーメン、皿うどん、親子丼などの丼もの、カレーライス、唐揚げ定食など揃っている。ちゃんぽんはもういいや。ラーメンを注文。出てきたのが豚骨ラーメン。ラーメンとしか書かれていないのに豚骨ラーメンが出てくるところが九州だねと嬉しくなる。麺は中太ストレート。具は青ネギの小分け切りとメンマ数本、海苔1枚、小さなチャーシュー2枚。スープはあっさり飲みやすい豚骨スープ。素朴さが素敵な一杯だった。料金を払って店を後にした。

店から徒歩3分程度で諫早バスターミナルを発見。これで長崎空港行きのバスに乗ればもう今回の旅は終了。チケットを買い30分後に到着するはずのバスを待っていると、15分後にそこに現れたのは「特急長崎空港行き」と書かれた大型バス。あれ?運転手に聞いてみると乗っていいそうだ。あらっ?また奇跡の数珠つなぎ?早めに長崎空港に到着出来そうだ。今回の旅は最初から最後までバスづくしだったなー。空港までのバスの車中、撮った写真を見ながら今回の旅を振り返ってみた。旅の食の目的、平戸ちゃんぽん、佐世保バーガー、長崎ちゃんぽん、トルコライス、小浜ちゃんぽん、全て食べる事が出来た。観光だって平戸、稲佐山、眼鏡橋、軍艦島、小浜温泉の夕陽、雲仙地獄めぐり、プラスアルファで諫早眼鏡橋まで体感出来る事が出来た。出発前に大きなトラブルを経験したが、長崎に着いて以降、好天に恵まれ奇跡の数珠つなぎが続き、とても良い旅が出来た。

そうこうしていると14時10分前くらいに長崎空港に到着。出発以降常に財布は気にしていたので大丈夫。チケット発券システムにカードを入れる。すると何故か「確認できません」という恐ろしいメッセージが!急いで係員を呼び止めて確認すると、「お客様が搭乗予定の便が満席状態でシステムトラブルがあったようですが、お客様の席は確認出来ました。失礼しました。」との回答。チケットを発券してくれた。…もう!最後でまた血の気を引かせるなよー!最後に長崎カステラなどの土産物を購入し飛行機に搭乗。羽田には午後5時には到着出来た。午後7時前には無事帰宅出来た。波乱の旅だったけど楽しめた。記憶に残る旅だったなー。感謝!

« 諫早昼下 | トップページ | 旅帰三酉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 諫早食堂:

« 諫早昼下 | トップページ | 旅帰三酉 »