カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 黄金町剣 | トップページ | 北歩輝勇 »

2018年11月14日 (水)

水曜北挫

定時退社日を利用し市営地下鉄センター北駅近くに出来た新店を狙ったが、何たることか「スープ調整の為」と理由で臨休を喰らってしまった。仕方ないから『センター北郎』を訪れるとこちらは定休日だった。これまた何たることかだ。くだらない時間を最小限に抑える為、駅に戻って近くの『青森煮干中華そば JIN 海老の陣』へ2013年1月18日以来の再訪問。この店は高田大倉山にもあったけど今残っているのはここだけじゃないのかな。入口はデカそうだが、中に入ると奥行きがなく横に伸びた板のような空間。入口脇の券売機を見る。何だかやたらメニュー数が多い。絞りきれない感がある。厨房は仕切りがあり見えないが、子供の声が聞こえる。店主の子の兄妹のようだ。客席は一列2席と5席のカウンター席。奥に4人がけテーブル席が2卓。先客4人家族後客ゼロ。

 

181114jin00

 

 

181114jin01

 

 

青森煮干中華そば JIN 海老の陣

『ニボガッツ』 820円+『小ライス』 100円=920円

 

フラれ失意の状態だったので景気良くガッツリと喰って元気だそうと思い、二郎インスパイア風と思われるメニューを選択。麺は黄色く四角い極太ストレート。具は茹でもやし、きざみ玉ねぎ、きざみニンニク、海苔3枚、薄めの炙り巻きバラチャーシュー1枚。スープは最初の一口目は「おっ煮干し」と思ったがそれは一瞬の事で、後から濃くてしょっぱい醤油の味が圧倒した。黄色い麺が黒く染まってくるほどの濃さ。ニンニクの味も相まって濃い口二郎ラーメンとなった。確かにガッツリはいけたけど煮干二郎を期待すると目が線になる。小ライスが良い口休めとなった。

« 黄金町剣 | トップページ | 北歩輝勇 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水曜北挫:

« 黄金町剣 | トップページ | 北歩輝勇 »