カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 魁星濃塩 | トップページ | 星川満席 »

2018年10月26日 (金)

松原極鶏

相鉄線天王町駅南口からすぐの交差点の角に今月10日新店が開店した。屋号は『松原家』。家系ラーメンとは名乗ってはいないが明らかにチェーン店の家系ラーメン店。メニューに「極み鶏」というのがある時点で「ああ松壱家系か」とわかってしまう。もうその時点で自分はラオタなんだということを自覚すべき。一般の人はそういうのわかったところで「何言ってんの?」という世界だからね。我などは『松壱家』が本拠地藤沢で鶏白湯専門店を出していた事まで知っているので、自慢というより逆な気持ちになる。早速入店。奥行きがある店内。入口を少し進んだところに券売機が設置されている。手前側に2人がけテーブル席2卓と4人がけテーブル席1卓。中央から店奥まで厨房があり、その前に一列のカウンター10席。厨房には男の店員が6人もいた。先客は7人程度でカウンター席には1人しかいなかったが席は指定された。後客2人。

181026matsubaraya00 181026matsubaraya01 松原家 天王町駅前店

『極み鶏(麺かため・油多め)』 800円+『小ライス』 110円=910円


普通の豚骨醤油とか食べてもつまらないので、じゃあ「極み鶏」を食べてみるか。好みは我の家系定番指定。サイドメニューのセットもあったが、家系ラーメンは白飯以外は邪魔だという事がよくわかってきたので小ライスを注文。具材は家系とは異なるけどラーメンだけを見ると家系だね。麺も家系。シコシコした食感の縮れ太麺。具は薬味ネギ、揚ネギ、糸唐辛子、サニーレタス、半味玉、巻きバラチャーシュー1枚。トレードマークのようなメンマは無い。別皿で味変アイテムのレモンが一切れ。スープはこってりした鶏白湯?麺のせいかも知れないけど、家系塩豚骨に限りなく近い印象だった。ライスは適量。まあ満足出来たかな?

ようやく辿り着いた金曜の夜。そのまま保土ヶ谷駅まで歩いて帰路についた。

« 魁星濃塩 | トップページ | 星川満席 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松原極鶏:

« 魁星濃塩 | トップページ | 星川満席 »