カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 鶏喰夜訪 | トップページ | 壺抑浸麺 »

2018年9月28日 (金)

味道夜訪

鎌倉街道吉野町付近からちょっと脇道に入ったところにひっそりと営業を続ける九州ラーメンの店があった。『らぁめん味道(あじどう)』。長後に本店があったがとっくに閉店してしまい、残っているのはこの吉野町店だけ。こちらは2008年9月10日に開店しているのでちょうど10年になるのか。よく続いているなーと関心した。我は開店直後の2008年9月15日に一度訪問したっきり。10年ぶりの再訪シリーズでずっと後回しにしまっていた。今夜暖簾を割る。居酒屋然とした内装。厨房にはおじさん店主1人だけ。厨房回りに変形L字型カウンター12席。先客1人後客ゼロ。テレビバラエティがBGV。口頭で注文。料金後払い。

180928ajidou00 180928ajidou01 らぁめん 味道 吉野町店 『九州南部とんこつ(粉落とし)』 780円

筆頭基本メニューを注文。細麺ストレート。具は薬味ネギ、もやし、細切りきくらげ、チャーシュー2枚。チャーシューが肉厚で2枚入っている以外はオーソドックスな昔ながらの九州豚骨ラーメン。どのあたりで九州南部なのだろうか?熊本や宮崎、鹿児島って感じではなく、博多っぽかったんだけど。味はそこそこ美味しかったけどお値段高め。10年前の初訪問時と同じ感想になってしまった。

« 鶏喰夜訪 | トップページ | 壺抑浸麺 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 味道夜訪:

« 鶏喰夜訪 | トップページ | 壺抑浸麺 »